先日の真昼のシャンソンライブには、たくさんの方にお越し頂き、誠にありがとうございました。

 

間際まで集客が思うようにいかず、やはり平日の昼にライブをするのは無謀であったかと思いましたが、親しい生徒さんに泣きついて、お友達を誘って来て頂きました。

 

お陰で、ちょうどいい感じのアットホームなライブとなり、お客さんにも楽しんで頂けたようでよかったです。リフレプラザは、使い方によってはとてもいい会場です。あまり使われていないのはもったいない限りですね。

 

さて、シャンソンライブから1週間がたちましたが、アンサンブルポトフのコンサートまであと10日となってしまいました。

 

1つ1つのコンサート、ステージは私にとっては大きな挑戦で勝負だと思っていますが、今回のポトフのコンサートは、特にそういう気持ちを強く持っています。

 

最近、私は今後の生き方について結構考え、悩んでいました。

音楽を教える仕事、演奏の仕事、整体師としての仕事、これらを自分なりにバランスを取って行っていたつもりでいましたが、逆に言うとどれもが中途半端なのではないか?そう考えています。

 

例えば、コンサートで歌う時に、暗譜が遅くなったけど、それは歳のせいだと思っていましたが、今回、シャンソンライブとアンサンブルポトフのコンサートで合計20曲ほどを暗譜したのですが、20曲といえばリサイタル1回分になるので、普通なら最低でも半年はかけて準備するのですが、危機感を持って練習したところ、2カ月弱で大体覚えることが出来ました。(あとちょっと・・・)

 

要するに、バランスを取って・・・、と思っていたのは、他の人が1つのことにかけている労力の1/3しか自分は使っていないで、やれているような気がしていただけなのだなと自覚しました。

 

今回のコンサート、今はこのコンサートに集中しようと、レッスンや施術以外の時間全てを歌の練習と準備に費やしています。それで、見えてくることもあるだろうし、逆に自分の限界を悟ることになるかもしれないし。

 

でも、仮に今回が最後のステージになったとしても悔いの内容に、あと10日頑張ろうと思います。

 

幸い、共演する4人の皆さんは素晴らしい音楽家ばかり。たくさんの刺激を受けて、練習で合わせをするのも楽しいです。練習後の食事会も。笑

 

さて、ダラダラと書いてしまいましたが、私が心をこめて歌うコンサート、ぜひ多くの方に聴いて頂きたいと思います。ぜひお越しください。

 

アンサンブル・ポトフ 第1回 コンサート

日時:2016年9月19日(月・祝) 開場18:30 開演19:00

(最初、間違って22日と打ってしまいましたが、正しくは19日です)

会場:聖パウロ教会(目黒区五本木2-20-1)東急東横線祐天寺駅より徒歩5分

出演:堀部 一寿(歌)、前原 結子(フルート)、高辻 瑶子(ヴァイオリン)、服部 真理子(ピアノ)、梅村 博美(歌・ゲスト)

料金:一般3000円 シニア(65歳以上)ペア5000円 学生2000円 未就学児 無料(全席自由) ※ 当日は各500円プラス

曲目:コーヒーカンタータ(J.S.バッハ作曲)、他

 

※ 熊本地震チャリティーコンサートとし、売り上げの一部を寄付する

 

AD

コンサートのご案内

テーマ:
もう8月も終わりですね。

先日の台風は、どうなるかと冷や冷やしていました、幸いこちらの方は避けて通ってくれましたので、被害に遭われた地域の方々には心からお見舞い申し上げます。

相変わらず毎日せわしなく過ごしておりますが、もう明後日となってしまったコンサートの宣伝をさせてください。

下記の通り、シャンソンのライブを行います。

今回は、これまでで初めて平日の昼間に行うコンサートを企画してみました。
なかなか集客は難しいのかなと思っていましたが、予想以上に大変で、生徒さんからも「なぜ、土日にやらないんですか?」と言われてしまいました。

この様子では、やはり次回からは土日祭日の昼間をメインに企画するしかなさそうです。

なんて終わる前に反省の弁を述べていてもしょうがないので、やれることはしようとブログの記事を書いている次第です。

シャンソンメインですが、他にも「少年時代」やら「帰れソレントへ」なども歌います。

また、6月の93歳で来日公演の行って私も聴きに行ったシャルル・アズナブールの影響を受け、アズナブールの珠玉のナンバーも3曲歌います。乞うご期待。

皆様のご来場お待ちしています。

真昼のシャンソンライブ in リフレプラザ 2016 秋
日時:2016年9月2日(金) 開場13:30 開演14:00
会場:リフレプラザ(牛久市ひたち野東1-33-6)
出演:堀部 一寿・三浦 みどり・三浦 ともみ(歌)、濱田 淳子(ピアノ)
料金:前売2000円、当日2500円(飲物付き)
チケット予約:horibe3721@gmail.com(堀部)まで








AD

つくばで第九2016

テーマ:
久しくブログを更新できていませんでした。

怒涛の発表会&コンサート&公民館講座に追われる日々からようやく一段落。でも、ここでのんびりしちゃうと秋のまた怒涛の忙しさに対処できないので、少しでも夏休みの宿題と思っていろいろと頑張ります。

我ながら子どもの頃の学校の宿題より、よっぽど忙しく頑張っています。

さて、そんな中、毎年行われている、つくば市の「第九」の合唱指導に5年ぶりに復帰することになりました。

5年前にいろいろと大変で辞めさせてもらったのですが、忙しさだけで言えばその頃と同じ、いや今の方が忙しいかな?という感じではあるのですが、必要とされていると感じたのと、今回は自分の思うように自由に指導をやれそうな感じなので引き受けさせてもらうことにしました。

それで、昨日が復帰最初のレッスンでした。7月は初心者向けレッスンなのですが、前からいる歌えるメンバーも参加しくれて、懐かしい顔にもたくさん会えて楽しい時間を過ごせました。実行委員さんも、とても頑張ってくれていて頼もしかったです。

私はというと、5年のブランクはあるもののやはり長年やっている「第九」は好きですし、新鮮な気持ちでいられます。5年前と違うのは、最近はクラシックを歌っていなかったので、一緒に声を出しているとすぐ声が疲れちゃうことかな?と思ったのですが、考えてみれば、全パートを皆さんと一緒に音取りで歌っていたら、以前も声は枯れちゃっていたなあというのを思い出しました。

また改めてお知らせしますが、9月には久々のクラシックも歌うコンサートを都内で行うので、「第九」で指導しながら一緒に声を出すのは、そのためのいい声出しにもなるかなあとも思います。

あとは12月までの間、指導12回、ヴォイストレーニング7回の「第九」のレッスンを、他の仕事とともに無事にやり遂げられるように体力もしっかりつけなければいけませんね。

AD
今週末に迫った、生徒さんの発表会の最後を締めくくる「ピアッツァ・アルテ音楽教室発表会2016」 のプログラム。

前にこのブログでアップしましたが、その時点では未完成でしたので、修正したもの(当日配られるもの)をアップします。

ぜひ、皆さんのお越しをお待ちしています。




昨日の発表会、無事に終えることが出来ました。

自分が企画したとは思えない盛り上がり?で、いまだに興奮冷めやらずといった感じです。

最後のゴスペルとタップダンスのコラボのクライマックスをちょっと見せちゃいます。

余韻に浸っていたいけど、来週も発表会、さて準備準備。