2017-05-16 00:19:48

今日は『奇跡の新人王』粟田祐之のリベンジマッチでした!!

テーマ:ブログ
まず、今日の試合は2年半前に自主興行の『大和魂』で敗北を喫した鈴木貴彦選手(横浜光)とのリベンジマッチ!!

鈴木選手はその後順調にキャリアを伸ばしたものの一年のブランク。

そして、前回敗れた試合から腰の手術で一年のブランクを作った粟田祐之は復帰戦から連戦連勝!!
全日本新人王を獲得し、日本SFe級15位にランクインピースジロリピース

2年半前とは立場を変えての再戦となりました。

しかし、その前にもスパーリング大会で対戦したことがあり、その時は粟田が勝っており…

この因縁めいた対戦に決着をつけるべくこちらからオファーを出しての対戦でしたアイアンフィストアイアンフィストアイアンフィスト

そして当然、勝つ気マンマンでの試合でしたGOOD


アップから入場まではいつも通り。


ちょっと写真はブレていますが、たくさんの応援団に囲まれての入場ですイエーイ


そして、試合が始まると…
体格で勝る粟田は適度に距離を作りリードから左ストレートに繋ぎまずはポイント&ペースを奪います。

2R目に入り鈴木選手がプレスをかけてきますが、粟田もカウンターを取りながらブロックを固めるところは固めてスタミナを温存。

ポイントは微妙ですが、ペースは渡しませんピースジロリピース

そして、お互いが完全にほぐれてきた3R目。

先に粟田が仕掛けて、強烈な左で鈴木選手の膝をガクッと揺らします!!


倒せるか!?


と詰めた所で、今度は乱戦が得意な鈴木選手の右を被弾・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

あれれ!?の攻守交代で少々ロープに詰められますが直撃は回避!!

粟田のラウンドかな。

しかし、ここで感触を掴んだ鈴木選手は4・5R目にプレスをかけてきて粟田を追い回します。

それほどクリーン・ヒットをもらっているわけではありませんが、コーナーやロープを背負ってガードを固める時間帯が増えてきました。


4R目は取られたな。

5R目は割れてる??

クリーン・ヒットの数は粟田ですがロープを背負う場面が多すぎる!!

こういった場面をどう取るかでこの試合のポイント計算が決まってしまうという展開です苦笑 苦笑 苦笑

こっちに都合良く取ればクリーン・ヒットで粟田なのでしょうが、あのプレスからの連打を取られていればイーブン位は十分ありえる展開…(*_*)

勝負の6R目の前のインターバルで

『1ポイント負けてる気持ちで攻めろ!!』

という指示を出して更に…

『気持ちで絶対に負けるなよ!!』

とも、言った気がします…


そして、勝負の6R目は序盤戦を粟田が支配し、後半は根性で鈴木選手が前に出る競ったラウンド苦笑

試合終了と同時に『敗北』まで覚悟しましたよ、はい。

そして、運命の判定は…

57ー57  
まぁ、あるだろうな…

58ー57
お~当然、そんなポイントの感じだよな。

59ー56
あれ!?ウチは最低でも2ポイントは取ってるよね??


…って言うことは!?


『2ー0の判定を持ちまして、勝者・赤コーナー粟田祐之~!!』


うぉっしゃ~!!


なんとか首の皮一枚の差で勝利~ イエーイ イエーイ イエーイ

今日のジャッジは粟田のクリーン・ヒットを評価してくれました。

この勝利者コールの時の粟田の表情が全てを物語っております。


でも、何とか生き残った!!


この勝利は本当に大きいです。

『Mr.スプリット・デシジョン』(2ー1の判定)
もしくは
『Mr.マジョリティ・デシジョン』(2ー0の接戦)
の面目躍如!!

毎回ハラハラドキドキさせてくれます。

トレーナーの関島さんともこのポーズ。

しかし、ここの所なかなかスカッとした勝ちをもらえません。

相手のレベルも上がって来ていることもありますが…
粟田祐之自身にも、もう1つ上のステージに登ってもらいたい!!

次は本当に勝負かけますよ力こぶ(右)ジロリ力こぶ(左)

ここからの粟田祐之の頑張りにご注目下さい。

以上。
今日はなんとか勝てました(^_^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

片渕剛太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。