パタリロ編集局

思いつくままに ぶらぶらと・・・・ そんな日和です


テーマ:


クラシカルな趣味の品々が並ぶ中で
ナントうまい干物が食べられますョ!!




知ってました!!知ってました!!
ついにやりましたョ!!待っていましたョ!!
宮崎県延岡市土々呂町(ととろちょう)の「高橋水産」が
ランチ始めましたョ!!始めましたョ!!



正直な商品作りで有名なあのととろの高橋水産ですョ!!
日本全国高橋水産っていうお店はいくつかあるんですけど(たまたま高橋水産っていうお店です、親戚でもなんでもないそうです!!)
それがどのお店も正直な干物の作りをしているお店なんですョ!!
天日干しの無添加正直な干物、ちりめん、珍味を生産直売するお店です!!






※↑は私がわがまま言って「ご飯抜き、その代わりアラ汁と冷汁二つ付けってって言っちゃいまし た!!本当は汁物はどちらか選ばないといけないんですが!!



宮崎県延岡市の土々呂漁港にあります高橋水産がついに念願のランチを!!



チョ―だしのきいたアラ汁!!



夏に嬉しい冷汁!!



小鉢1は他所ではなかなか食べられないめひかりの南蛮!!



魚の酢の物!!



そしてメインはその日の2種類の干物を選べます!!
今日はいわしORアジでした!!





別途料金でお店の中のお好きな肴にチェンジできますョ!!

最高ですョ!!





以前はこんな感じで!!売店の一角が休憩処で!!







無料で試食させてくれていたんですョ!!(今でもお茶&試食あります)
でもハマって食いて―な―!!飲みて―な―って思っていたんですョ!!
さすがに試食でハマるわけにはいかないよな・・・なんて思っていました
※私は試食でもかなりハマって勝手いやっていましたが!!
今回からは、いつでも!!ハマれます!!
※私はいつもハマっていましたが!!


↑揚がったばかりの豆アジで作ったアジのフライ!!


↑こちらも揚がったばかりのアジで作った自家製寿司!!


↑食べ応えありの甘エビ!!


↑自慢のちりめんで作ったちりめん味噌

他にも↑の様にいろいろな商品が店内にありますのでイートインしちゃいました!!



こちらのお店は業界では有名なお店で、あの世界的フレンチも○○シェフが仕入れに
来られたり○○の巨匠が毎回お取り寄せをするなど、すごいお店です!!



ヴァイオリニストの古澤巌さんもお気に入りのお店です!!
この前も「東京でのコンサートの打ち上げでふるまう」とたくさん仕入れて帰られました!!







旨し!!新鮮!!丁寧!!清潔!!そして従業員のみなさんすっごく親切でフレンドリーな
素敵なお店ですョ!!







合名会社高橋水産直営 お食事処「ととや」
〒889-0513 宮崎県延岡市土々呂町3丁目4029-2
電話0982-37-0626
FAX0982-37-7411
創業 明治35年

高橋水産
http://miyazaki-totoro.net/









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


   天は父なり
     人は同胞なれば
   互いに相信じ
     相愛すべきこと

           大正2年 石井十次




飲みの翌日 喫茶店でモーニングコーヒー → 

気になるガール展を 美術館へ

その後引き寄せられるまま畑のど真ん中へ





以前一度訪れたことのある 石井記念友愛社へ

ココは児童福祉の父 石井十次 が最後の地と選んだ茶臼原ユートピア
  ※茶臼原は宮崎県高鍋町~川南~木城町の広大な開拓大地

この地に石井十次は

自然主義

家族主義

友愛主義

自律主義

を掲げ孤児院を創りあげた




石井十次は高鍋藩(現在の宮崎県高鍋町)の藩士の子として生まれる

宮崎病院長の勧めで岡山県甲類医学学校に進む

貧児前原定一を救ったのをキッカケに孤児教育に目覚め

岡山県に孤児院を開設する

その際に医学の道と決別するために医学書を焼きすてている

その後、岡山から、故郷の宮崎に移住し孤児院を開設する



そんな石井十次の資料を語り継ぐ資料館が現在の宮崎県木城町の

孤児院の敷地内にある

石井十次は当時岡山県の孤児院に東北地方冷害被害にあえぐ

家庭のこどもたちを孤児院に引き取り育てる

多い時には1200人ものこどもたちで施設がいっぱいになったそうだ

そんな十次をたくさんの友愛の心で支えた

その中にのちの倉敷紡績、倉敷絹織(現在のクレラ)社長となり

大原美術館を創りあげた大原孫三郎の姿もあった

今回のブログは石井十次 大原孫三郎 児島虎次郎この3人を中心に

語りたいとおもう



資料館の奥には石井十次をモデルにしたステンドグラスある




「ごめんなさい!!聞いていただきたい内容が
 見ていただきたい内容がたくさんあって話がばらばらになっていますが・・・・」




このステンドグラスは人間国宝芹沢銈介が作成したものである

これは資料館を作る際に石井十次の孫である児島虓一郎氏が直接
 ※児島虓一郎氏は日本を代表する画家児島虎次郎の子である

芹沢氏に依頼して制作されたモノだ



案内してくれた方が室内の明かりを全部消してこのステンドグラスを見せてくれた

私は涙がこぼれるような感動を受けこの場に立ちつくし

自然に両手を合わせていた


案内してくださった方が石井十次が良くいわれていた教えに

 ”言霊 ” があったそうだ

不平不満 いやなこと 悪口を口にすればそれはすべて自分に帰ってくる

楽しいこと 幸せなこと 夢を語ればいつか叶うと・・・・・・・




こちらをご案内くださった方はただこちらの管理を仕事と考え

行動されている方ではなく石井十次の考え、意思を

この世に広めたいという語り部、伝道師のように感じた

このように感じたのは以前にも経験がある

それは岡本太郎記念館(表参道)を訪れたときである

そこの受付の方は写真?どうぞどうぞ

ココもお入りになってよいですョ

この椅子にも腰掛けてくださいと立ち入り禁止の

中にも案内してくださり思い出を、岡本太郎の

考えを語ってくれた

おっと話がそれて行きますね!!



これは ルノワール作 ココの像 です

ココとはルノワールのこどもさんです

あの絵画の巨匠がブロンズ像??

彫刻は行っていませんでしたが粘土をこねこのような作品を

のこしている

多分○億円??下世話な話で申し訳ありません!!

何でこんな物がココにあるか?

その前に先ほど出てきました石井十次、大原孫三郎、児島虎次郎3人の

話を先にさせてください!!

大原孫三郎氏は岡山の大地主の息子で家はさまざまな会社を

経営していた

そんな息子の孫三郎は学生時代に今でいう数億円を遊興費に

費やすツワモノであった

そんな孫三郎は岡山の地元に引き戻され謹慎をさせられていた

そんな中、孤児院を創立していた石井十次と出会うことになる

孫三郎は十次の博愛の心に感銘を受け福祉と向き合って行くことになる

石井十次の最大の支援者となって行く

児島虎次郎はそんな大原孫三郎が創設した奨学生制度で

美術を学び海外にまで美術の勉強に行かせてもらっれいる

その際に出会ったモネ等の近代の巨匠と言われる画家達と

交友を深め、その話を大原孫三郎に聴かせた

孫三郎は「そんな素晴らしい者たちの作品を買ってきて見せなさい」と

虎次郎に絵画の買い付けを任せた

そのコレクションが今の大原美術館の基礎となっている・・・・・




↑こちらの写真は岡山県倉敷市の大原美術館です
現代の真新しい美術館のコレクションと違い
直接、画家たちと語り合って集めた作品には
次元が違うような気がしてします

↑大原美術館内部から見た飾り窓







そうそうこの作品の説明でしたね!!

この作品が宮崎のこちらの施設に来たいきさつは

大原孫三郎の子大原総一郎氏がこちらの地を訪れた際に

石の台座だけが残る姿を見て「ココには何があったのですか」と

訪ねられたそうです

そこには以前石井十次の胸像が飾られていたが戦争で供出され

何もない台座だけが残されていた

総一郎は「寂しいから何か飾りましょう、何が良いですか?」と

話されたそうです

「そうですね、施設のこどもたちが嬉しくなるようなモノが飾りたいですね」と

答えたそうです

それで送られてきたのがルノワールの作品だったそうです

少し前までこの作品は野外に展示されていたそうです(ナント!!)

最近になって館内に設置するようになったそうです!!

その際設置をしたのが田中等先生です!!あのお酒の大好きな(笑)







敷地内には岡山県から施設ごと移住してきましたが(東京ドームいくつ分だろう?)

その際に岡山の建物をすべて解体して移築したそうです

十次は「皆様の善意で建てられら物を捨てることはできない

瓦一枚も割らずに運んでくれ」とココ宮崎県現在の木城町に

施設を切り開きました


資料館に敷かれている瓦もすべて当時のモノだそうです






こちらの建物は石井十次がこどもたちと向き合い

悲しみも 楽しみも 共に過ごした思い出の場所だそうです

そして十次が最後の時を迎えた部屋だそうです





そこには何と!!何と!!これは話していいものか????











ナント!!児島虎次郎の作品が!!

こんな近くで!! フィルターなしで!!

いいのか??いいのか??


時々大原美術館などに貸し出しをしているそうだ・・・・・・・


以前テレビ番組の「なんでも鑑定団」で児島虎次郎の作品が出品されていたが

5,000,000円の値がついていたぞ―――!!(下世話)



こちらは日本が世界に誇る巨匠 藤島武二氏の作品でないか!!!!!!!


私は思う・・・作品のコンディションからすると

ちゃんと美術館で管理しなければと・・・・・

しかしそうなれば・・・・・・・・

こんな近くで・・・・何でこの絵がココにあるのかと感じることができなくなる





石井十次先生どうなんでしょうか・・・・・・

先生また参ります






現在も社会福祉法人石井記念友愛社として

施設全体は建物のある敷地以外に

田んぼ、畑、牛舎・・・・・とさまざまな施設が自然の中に広がる








こちらは 祈りの丘空想ギャラリー




石井十次資料館には石井十次が書きつづった膨大な資料が残されている

現在もまだこの資料の調査研究が続いている

この資料 石井十次という人間がこの世に示したモノは

これからの児童福祉・教育のバイブルとなって行くだろう



社会福祉法人 石井記念友愛社
 〒884-0102
 宮崎県児湯郡木城町大字椎木644-1
 ℡0983-32-2025
 fax0983-32-3916
 友愛社のHP
 http://service.kijo.jp/~yuuaisya/index.html







ぜひとも、訪ねて行かれてください

特に、これから新たに家庭を築こうとされている方は絶対に、お薦めします



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



谷川のせせらぎを聞きながら~宮崎市田野町のひなびた温泉宿‼




立ち寄り湯もOk デスヨー‼






お宿のロビーを抜けて‼谷川の露天風呂に‼







こちらのお湯は西南戦争で傷ついた薩摩の兵士も傷を癒したそうですよ




蒸し風呂も‼




天然水の水風呂も気持ちいいですよ‼




お湯は適温に沸かされてちょうどよいですよ‼




本当‼森林浴をしながらのお風呂は体も‼心もリフレッシュ‼






風呂上がりには‼薬草湯&天然水で体の中からまたまたリフレッシュ‼






あー‼ゆっくり泊まって呑みてー‼


長日川
〒889-1702
宮崎県宮崎市田野町乙11297
℡0985-86-1192
Fax 0985-86-1389

長日川さんのHP
http://www.haseotei.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。