嶋津栄規のブログ SLOW FISHING

グレ釣りをメインに紀伊半島の釣りや日常の出来事を紹介


テーマ:

こんばんわ。

 

先週末よりの大寒波の影響で連日爆風荒天状態

 

当然釣りには行けません。

 

仕方なく家でおとなしくしていましたが前回から10日目にしてついに我慢の限界で

 

昨日は太地に行って来ました。

 

路面凍結の恐れがあるので少し早めに自宅を出発し近所のエサ屋でマキエを作って

 

太地に向け出発です。

 

お世話になったのは太師丸渡船様

 

この日は釣り人も私を含め3名と超少な目

 

午前6時20分に出船でホテル中の島を横切ります

 

 

いつもながら太地や勝浦の出船は独特の雰囲気です。

 

船はゆっくりと沖磯を目指しカツオ島を過ぎアシカ、梶取崎を過ぎ渡礁したのは

 

沖の大島

 

いきなり釣り座ですが

 

沖の大島の沖向きの先端釣り座

 

沖向きは広大な太平洋が広がりロケーションも最高。

 

グレ釣り師なら一度は上がって見たいと思う釣り座の位置と足場の良さにテンション上々

 

本命の下り潮が流れれば間違いなしのはずですが

 

残念ながらこの日はガンガンの上り潮

 

当然水温急降下で15度。(前日差マイナス1度)

 

それでも太地の一級磯の底力を引き出すべく

 

グレが釣れそうなところを狙うと小型ながら何とかポツポツとヒットします。

 

 

25~27㎝ぐらいの尾長が飽きない程度にキューンとロッドを絞ってくれますがすべて

 

リリース。

 

あとこの子も

 

定番ですね。

 

しばらくこのサイズの魚で楽しみますがすぐに飽きてしまい

 

サイズアップを試み

 

あちこち探ります。

 

ですが

 

水温低下状態では沖の速い流れやそれに引かれる流れ等

 

とにかく本来グレが釣れそうなところは何処もサシエすら取られない状態で

 

四苦八苦

 

仕方なく磯際に狙いを絞り込みしつこく狙い続けるとやっとこさ少しだけサイズアップ

 

30㎝口太

 

釣れたパターンでさらにサイズアップを狙いますがまたまた尾長木っ葉ラッシュで

 

思うように行きません。

 

高活性になった尾長木っ葉の猛攻に耐え兼ね仕掛けの変更とか色々少しずつ調整し

 

その甲斐あってか

 

まぁまぁサイズがヒット

 

35㎝尾長

 

ほんま苦労します。

 

午後からも上り潮の勢いは衰えず

 

結局本命の下り潮は流れず納竿。

 

30㎝オーバーは5匹をキープ

 

厳しい状況でしたが太地の沖磯の雰囲気はやはり魅力的で個人的には大好きですね

 

またリベンジ行きますよ~

 

家に帰ると何やらオレンジの封筒が

 

中には

 

マルキューグレパワーV9の20周年記念キャンペーンにてステッカー当選

 

残念賞なのか?

 

狙っていたものとは違いますが何もないよりましかな?

 

さてさて

 

寒グレ後半戦は海水温の低下が本格化する時期ですので

 

釣り方により工夫が必要となるうえ釣り場と磯の選択が今まで以上に釣果を左右します

 

黒潮の動きも要チェックですね

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんばんは。

 

連休最終日となった昨日

 

天気予報では北寄りの風が朝から吹く様子でしたので串本大島の樫野・須江

 

出雲辺りに行こうかとも考えたのですが明日から仕事のため近場で過ごすことにしました。

 

向かった先はまたまた大引

 

年末に「また大引に一緒に行こうね」と約束していた山本君と上野渡船様にお世話になり

 

午前6時10分に出船

 

やはり北寄りの風が強く波も高いので沖磯は飛沫を被ってバシャバシャしています。

 

当初アシカの親に渡礁し南の鼻で釣りをしますが潮位が高くなると波飛沫

 

がシャワーのように頭上から降ってくる状態。

 

堪らず地方に磯替わりし釣り再開。

 

ここで山本君に待望の良型がヒット!

 

釣り上げた瞬間に白子が飛び出しました。

 

その後私にもレギュラーサイズがヒット

 

 

中型ながら良く肥えた大引ならではのグレ

 

重量感ある引きを堪能しました。

 

この日は午後からも風が強く一日苦しみましたが何とか釣果ありで楽しみました。

 

中型オンリーですがお土産には十分の結果に満足

 

山本君は40㎝を確保です。

 

天候や潮流の影響で日によって釣果にムラもありますが

 

今シーズンの和歌山県下は年明け以降も好調をキープしています

 

中紀エリアはこれから良く肥えた良型狙いがお勧めですし

 

南紀エリアは数釣りがまだまだ狙えます。

 

今後も非常に楽しみですね。

 

では

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

 

初釣り釣行の続きですが

 

1月4日の連荘釣行2日目に向かった先は中紀・大引

 

お世話になったのは上野渡船様です。

 

やはり連荘となると少し疲れが残っているので朝早く起きるのも辛くなります

 

しかしながら

 

そこは大好きな釣りですから頑張って起きて午前5時15分に待合所に到着

 

この日が新年営業開始日とあって満員御礼状態

 

1人で「どこに行こうかな~」なんて考えていると

 

船長が来たので相談します。

 

私「どこか空いてる?」

 

船長「チョボ空いてるけどな」

 

釣り人が多いのでどこここ言う訳にも行かないしチョボが空いてるなら即決です。

 

同じく一人で来ていた中村くんと咸本くんと3人で渡礁することにしました。

 

私オオクラ・チョボの船着きからスタートです。

 

潮は上り潮が走っていますがそれほど速くもなくこういう時は船着き結構釣り易くて良いです

 

一方、中村くん、咸本くんは沖向き先端からスタート

 

徐々に上り潮が速度を上げて行きます。

 

引かれ潮と沖の潮との合流点や沸き上がりの淵を狙って仕掛けを流すと

 

 

中村くんの2017年初グレです。

 

流れの抵抗が加わり中型ながら40㎝クラスの重量感が手元に伝わります。

 

すぐに咸本くんも続きます。

 

沸き上がりを丁寧に狙いヒットしたのは大引らしい良く肥えたグレ

 

バックに写る海面が潮波になっていますが如何にも釣れそうな雰囲気になってます。

 

沖へと向かう潮流の速度が上がるほど船着きが釣り辛くなって来ますが

 

2人に続けとばかりに頑張った結果、私にも何とかヒット

 

非常に美しい魚体です

 

テンポよく追加と行きたいですがその後は中々思うように行きません。

 

午後からは下り潮に替わりますがこのタイミングで北西風が強くなり

 

沖向きは非常に釣り辛い状況となります。

 

それでも仕掛けの投入位置や流し方をあれこれ工夫しポツポツと追加し

 

結果は3人で17匹

 

まあ坊主じゃなくて良かったです。

 

他の磯は40アップが混じる状況だったので次回は私もここらで45㎝クラスゲットと

 

行きたいですね。

 

こんな感じで2日間楽しみました。

 

中村くん、咸本くんお疲れ様でした。

 

では

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。