高速道路の通行料金を後日に支払うと偽り、金を支払わなかったとして、警視庁高速道路交通警察隊は4日までに、詐欺と道交法違反(無免許)の疑いで、東京都品川区南大井、会社員工藤健司容疑者(35)を逮捕した。
同隊によると、容疑を認め、「財布を忘れたときに通れたので、味をしめた」と供述。2006年5月以降、首都高速料金所を100回以上通過し、約7万円を支払わなかったとみて、裏付けを進めている。

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
未公開株詐欺、計21億か=容疑で7人再逮捕
顧客預金1000万円着服=元山梨県民信組職員を逮捕
本四高速料金「現時点で見直さず」=首相の「理解」発言に

谷亮子、初街頭演説に1800人(スポーツ報知)
菅、樽床氏の争いへ=4日に民主代表選(時事通信)
文科省、学力テスト事業委託の改善策を検討(産経新聞)
首相辞意に平野長官が号泣(産経新聞)
ニキビがかわいいのは何歳くらいまでですか?(Business Media 誠)
AD