8日午後1時半ごろ、兵庫県伊丹市野間北の交差点付近で、県警機動捜査隊の覆面パトカーが直進しようとした際、道路を横切ろうとした近所の小学1年の男児(6)とぶつかった。男児は右腕を骨折する重傷。パトカーは右にハンドルを切って対向車線側の電柱にぶつかり、乗っていた警部補(35)と巡査部長(31)がけがを負った。
 パトカーは青信号で交差点に入ろうとしたといい、伊丹署が詳しい状況を調べている。
 同署によると、パトカーは伊丹市内の幼稚園から侵入警報を受けて現場に向かっていた。巡査部長が運転し、赤色灯はつけていなかった。男児は友人と一緒に、近隣の友人宅に向かう途中だったという。 

【関連ニュース】
送迎バス突っ込み園児9人重軽傷=園長「ペダル踏み間違えた」

平城遷都1300年祭 全国の僧侶らが平和の祈り(産経新聞)
<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
拳銃?強盗、1・3億円奪う 千葉で2人組(産経新聞)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
AD