23日に新党を結成する自民党の舛添要一前厚生労働相(61)と矢野哲朗前参院国対委員長(63)は22日午後、自民党本部で離党届を提出する。一方、大島理森幹事長は舛添氏に対し、比例代表で党公認として参院選に当選したことを踏まえ、議員辞職するよう求めた。

 21日に新党結成の意向を表明した舛添氏は、一夜明けた22日午前8時50分ごろに都内の自宅を出発し、現在の心境について記者団に「雨が降っているけど、さわやかです」と語った。

 その後、国会内で新党のあり方について説明。新党の形は「いったん改革クラブに入り、これを新党に変えるという手続きになると思うが、あくまでも『舛添新党』をつくる一つの手段だ」と述べた。新党の理念には(1)デフレ克服(2)カネにきれいな政治(3)国際競争力強化-を挙げた。

 その上で、新党結成に対して自民党内に批判があることには「いろいろな批判があるのは当然だ。今必要なのは、過去を見るのではなく、いかにして新しい政治を作るかだ。今自民党がどうこうということではない」と語った。

 大島氏は22日午前、舛添氏らの新党結成について、党本部で記者団に「わが党の議員を勧誘している行為は、明らかに党の規律を乱す」と非難した。

 舛添氏に対してはさらに「党の公認なしで当選できることはなかった。政党の政治家のあるべき道として、議員を辞職して、わが党に議席を戻し上で(新党に)参画するべきだ」と述べた。

 新党には舛添、矢野両氏のほか、自民党離党届を提出している小池正勝氏(58)、改革クラブからは渡辺秀央代表(75)、荒井広幸幹事長(51)、山内俊夫氏(63)の計6人の参院議員が参加する。

【関連記事】
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
「足元固めないと」「汗をかいたか」 森田知事、舛添氏に苦言
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
アスベスト被害で2400万円賠償命令 介護に慰謝料初認定 大阪地裁(産経新聞)
島田製粉「深大寺そば」、無断でJASマーク(読売新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
AD