フランク・チャンス

テーマ:
フランク・チャンス(Frank Leroy Chance, 1877年9月9日 - 1924年9月15日)は、1900年?1910年代のアメリカ・メジャーリーグで活躍した選手、及び監督。主なポジションは一塁手。カリフォルニア州フレズノ生まれ。右投げ右打ち。1906?1908年のカブスのリーグ3連覇を支えた「ダブルプレー・トリオ」の一人であり、監督である。略歴1898年にカブスに入団。当初は主に捕手として試合に出ていたが、1903年頃からは主に一塁を守るようになる。それに伴って打率も上昇し、同年から1906年まで4年続けて打率3割をマークする。1905年途中から、フランク・セレーに替わってチームを率いる監督兼任選手となる。チームは1906年から1910年までリーグを4度制覇、ワールドシリーズも2度制覇する。1906年にはメジャーリーグ記録となるレギュラーシーズンでの116勝を挙げ、チームの牽引役であったチャンスは、"the Peerless Leader" (比類なきリーダー)と呼ばれるようになる。1910年のワールドシリーズ第3戦では、シリーズ史上最初の退場者となった。1913年から2年間はニューヨーク・ヤンキースの監督を務めたものの、チームは上位に浮上できず、1914年途中で監督を退く。長いブランクの後、1923年にレッドソックスの監督を1年だけ務める。監督を退いた翌年の1924年に、ロサンゼルスにて他界。1946年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。かつてのダブルプレー・トリオであるジョー・ティンカー、ジョニー・エバースと共に、3人揃っての選出であった。通算成績打撃成績※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。獲得タイトル・記録盗塁王:2回(1903,1906年)最多得点:1906年一塁手最高守備率:1907年(.992)ワールドシリーズ出場:4回(1906,1907,1908,1910年)監督としての戦績※順位は年度最終順位脚注^ 2001年のシアトル・マリナーズとタイ出典・外部リンク監督の通算成績と情報 Baseball-reference.comBaseballhalloffame.org(英語)? アメリカ野球殿堂(National Baseball Hall of Fame)による紹介選手の通算成績と情報 Baseb

11月第3次産業活動指数、0.2%低下(時事通信)
民主の消費税議論「公約破綻を自白」谷垣氏批判(読売新聞)
レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)
ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解消実験(読売新聞)
日立市など、茨城でも1万6000世帯に避難勧告 (産経新聞)
AD