2017年03月28日

キューバの面倒なWi-Fi事情

テーマ:北米徒歩横断編

Total distance I've walked on foot これまでの総歩行距離】約21,500km(12ヶ国)

Distance I've walked on foot with Ayumi あゆみと歩いた距離】6,096kmWest Japan,Taiwan,Cuba)西日本+台湾+キューバ)

We are here現在地】テキサス州ヒューストンHouston,Texas(USA5日目)

Walked disrance in Cuba キューバで歩いた距離】136km Caibarien➡︎Playa La Boca(Trinidad)

【文章中の場所】20173/8-3/9 Baracoaバラコア→Santiagoサンティアゴ→Ciego de Avilaシエゴ アビラ

【現在の旅】北米大陸夫婦徒歩二人旅、We've walked across Cuba!キューバ縦断完了



現在はキューバを出て、アメリカのテキサス州ヒューストンのアメリカンな豪邸に居候中


ブログは引き続きキューバだよ




バラコアからサンティアゴまでビアスールバスで帰る。

今度はバスも故障もなく速い。


{E2E72528-8D14-4B54-8B28-FA593D425CE0}
山を越え、カリブ海側の海岸で昼食休憩。
バラコアの海はずっと荒れてたけど、こちらは穏やかでいいな。


{96D341CE-D2A0-4D86-A34F-4CDB48C1D963}
ビーチでは海に入ってる人達がいた。
3月初めでも泳げるんだなあ。

せっかくキューバに来たんだからビーチにも行ってみたいぞ。


バラコアに居る間に、どこに向かうかをあゆみと相談してた。

キューバのどこを歩くかだが、既に入国して2週間近くが過ぎてしまい、残りの半月程度では大した距離は歩けそうじゃない。

でもせめて島を海から反対側の海までは歩いてみたいところだ。

行ってみたい町にカリブ海側のトリニダーがある。

それとは別に地図を見て気になっていた地形があった。


{E6839FF3-4F6B-46A5-ACDA-CAA1AD973BC2}
北の海岸に飛び石のように続いてる島々とそこに向かって延びている何本かの道路だ。

これはいったいどんなところなんだろう?
海の中の道ってどんなんだ?
歩けるんだろうか?
どうやらビーチがたくさんあるみたいだ。

ここへ行ってみたい。
よし、行ってみよう!

でも歩ける日数を数えてみると最短距離くらいでないとキューバ島を横断できそうにない。
ガイドブックは元々持ってないし、どうやって行くのかもわからない。

とりあえずはキューバの真ん中付近まで行ってみよう。
バラコアからはハバナ行きのバスもあるし、サンティアゴで乗り換えれば、ハバナまでの途中の主要都市ならどこでも下りることができる。
でも、時刻表を見ると、どこに下りるにしても到着は夜になるので泊まるカサを探すのが面倒だ。
それならサンティアゴで乗り換える時に22時発の夜行便に乗れば、宿代も浮くし朝から行動できて都合がいい。
よし、そうしよう!

でもどこで下りる?
カマグエイじゃ早すぎるし、サンタクララは観光地っぽいし、その間にあるシエゴ デ アビラっていうよく知らない町に行ってみよう。
そこからモロンという町に行けば、島に行く方法も見つかるはずだ。

バラコアからビアスールのバスでサンティアゴまで行き(15CUC)、サンティアゴのバスターミナルで22:00発の便を予約した。24CUC。


その後、 両替をしておこうとカデカ(キューバの両替所)に行くが、この日は「女性の日」の休日で休みだった。

サンティアゴくらいの大きな都市でないと日本円からの両替はできなさそうだったから、もう一ヶ所のホテルサンティアゴ デ クーバ内のカデカに行って両替を済ませる。


夜まで時間があるし、Wi-Fiパークのプラサ デ マルテ(火曜広場)でネットを始めたんだけど、ちょっと問題が起こった。




ここでちょっと長くなるけど、キューバのWi-Fi事情について説明しておいた方がいいかもしれない(2017年3月時点)。

+++++++++++++++++++++++++++++

キューバではインターネットができる場所は限られている。

旅行者がネットを使うには、一部の高級ホテルか、大半はWi-Fiパークと呼ばれる公園に行く。

文字通りWi-Fiの電波が飛んでる公園だ。


{B36A9575-44EF-4852-8785-6FBF523A5951}
ハバナのWi-Fiパーク

{5F2C112B-5CF6-4FA0-BD5C-83C6716C13D4}
トリニダーのWi-Fiパーク


主要都市でなくてもある程度の大きさの町ならWi-Fiパークはあるようで、その公園に行けば、スマホやノートパソコンを使っている旅行者や地元の人がいるのですぐにわかる。

公園の片側しか飛んでないところもある。

たくさんの人が集まっている所が電波の強いところだ。


ただそこへ行くだけでWi-Fiが使える訳ではない。

キューバのWi-Fiは全て有料だ。


まずETECSAという電話会社のオフィスに行ってWi-Fiカードを買う。


{35BFE842-1F07-496A-AAAD-0AB3413B2434}
これはトリニダーのオフィス。ここはいつも人が並んでた。
カデカ(両替所)と同じで、入り口にガードマンが居て、1人外に出ると次の1人が中に入れる。
購入にはパスポートが必要で、午後には売り切れてることもあった。
他の町では郵便局や民間の販売所でも売ってることがある。

{62BDAA0B-F379-42A7-9B1D-7B0F05CD903F}
これがWi-Fiカード(タルヘッタ デ ワイファイ)だ。
1時間のカードが1.5CUC。
最近まで2CUCだったようで、徐々に安くなっていってるらしい。
裏の左上に12桁のログイン番号が書かれている。


{CE416B2B-CB7E-497A-AD8B-781053765480}
その下にパスワードは隠されていて、コイン等で削るとパスワード(12桁の数字)が出てくる。

この2つの数字さえメモしておけば、実はもうカードはなくても問題ない。
メモとともに番号の写真を撮っておくと安心かも。

Wi-FiパークでスマホのWi-Fi画面を開けると「WIFI_ETECSA」が出てくるのでそれを選ぶ。
ここで大切なのは焦らないこと。
急いで何回もボタンを押すとかえって遅くなるか、おかしくなる。
たいていの場合自動的に「Wi-Fi_ETECSA」にチェックがついた後、さらに黙って待っていると、次の画面になる。
(いくら待ってても出てこない時だけ他のボタンも押してみよう)


{10BE9940-2FD0-44DC-B42F-1DEB3FE5D94C}
上の欄の「Usuario」にログイン番号、
下の欄の「contraseña」にパスワードの番号を入力する。
右上の「English」を押せば英語でも出てくる。
私の場合はスマホに番号をメモしておいて、コピー&ペーストで貼り付けていた。

そしてその下の「Aceptar(ログイン)」を押す。これも一回だけ押して辛抱強く待つ。

すると次の画面になるはず。

{431FDB31-2EBB-4C13-BAC2-A4A3F707D9A8}
「Tiempo consumido」が「消費時間」で、見ている間にもどんどん進んでいく。
「Tiempo disponible」が「使用可能時間(ログイン時点での)」だ。
上の画面で使用可能時間が2時間になっているのは、5時間のカードを使っていて、残りがちょうど2時間の時にログインしたからで、普通の1時間のカードだと最初は「1時間+少々」になってるはず。
この画面になればもうネットは使えるはずだ。

ここで大切なことがまた1つ。
この画面を消さないで残しておくことだ。
時間に残りがある状態でログアウトするには、ここからするんだけど、どうやってもこの画面が出てこないことがある。
Wi-Fiを切断したら接続が切れると思うんだけど、実は切れてなくていつの間にか残り時間がゼロになってたこともあった。

そして、この画面の右下の「Cerrar sesion」を押すと「ログアウト」になる。
これもまた一回だけ押してただ待っていると「ログアウトできました」の画面になる。
ちなみにこのページは今のところスペイン語表記しかないようだ。

電波の状況は非常に悪いので、何よりも忍耐力が必要となる。
今考えると、問題の多くは通信速度が遅いのに、何度もいろんなボタンを押してしまって、動かなくなってしまっていたのかもしれない。
動画のアップも諦めた方がいい。
メールやブログもあらかじめスマホにテキストを作っておいて貼り付けるようにする必要があった。
さらに、設定でアプリのバックグラウンド更新等を無効にしておかないと、肝心のしたい作業が全然進まない可能性もある。
+++++++++++++++++++++++++++++++


サンティアゴのWi-Fiパークで起こったのも、このログアウトできないという問題だった。

1時間のカードなら使ってるうちにそのくらいの時間はすぐに過ぎてしまうんだけど、その時使ってたのは5時間のカードだったのだ。

ハバナの平野さんが、ハバナ動物園の近くにあるETECSAに売ってるのを知ってて、平野さんが買う時についでにお願いしてあったのだ。

5時間のカードは1枚7.5CUCだった。

さすがに使い出はあるんだけど、途中でなかなかログアウトができなくて困った。

どうしてもログアウト画面が出てこない。

URLに「1.1.1.1」と打ち込むとログアウト画面になるというのを聞いて打ち込んでみるがやはり繋がらない。

Wi-Fiを切ってみても、もう一度繋げてみるとログイン画面も出てこずにそのまま繋がる。

つまりログアウトできてない、ということで使ってなくても使用可能時間は減っていって無くなってしまうのだ。

結局1時間以上ログアウト画面を出すために頑張ってみたが無理で、バスの時間が迫っていたので諦めて、残り数時間のカードが無駄になった。

しかし、Wi-Fiを切るだけでちゃんとログアウトできてることもあって、よくわからない。

対策の1つとしては、ブラウザでどこかの画面を表示しておいてから、Wi-Fiにログインすると、その画面が残せることが多い気がした。


バラコアにいる時は、逆にどうしてもログイン画面に行けずに難儀した。

何時間もかかっていろいろ試してるうちに急にできるようになったけど、未だに何が有効だったのかもわからない。


結論としては、1時間のカードを使っていれば、仮にログアウトできなくても大して無駄にならない、ということかな。

ノートパソコンだと簡単にログアウトできるらしい。



という訳で、どうにも中途半端な気分のままバスターミナルに行く。

でも、考えてみればいろいろと面倒なキューバのWi-Fi事情も、今現在の移行段階だけの特殊な事情なのかもしれない。

数年前にはWi-Fiカードも存在しなかったらしいし、もしかしたら数年後にはもう存在しなくなってるかもしれない。

それどころか、現在の2種類の通貨だって、そのうち

「キューバペソが2種類もあった面倒臭い時代もあったなあ」

と言われるようになるのかもしれない。

何十年経っても状況がほとんど変わらない国もあれば、急速に変わりつつある国もある。

キューバは間違いなく後者の国だ。

私達の旅も、その国のその時代のほんの一部を切り取ったものに過ぎない。

今のキューバを旅してると特にそう感じる。



サンティアゴ22:00発のビアスールの夜行便に乗り込み、バスに揺られながらシエゴ デ アビラに着いたのは翌朝の5:50だった。





   にほんブログ村 
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます。

いつもどうもありがとう

 ***************************************************************************

歩き人ふみが自費出版した本の内容、注文の仕方はこちらに⇒⇒⇒目次とプロローグ

いただいた感想はこちら⇒⇒⇒感想  皆さんからのご意見、ご感想をお待ちしてます!

→→→ arukibitofumi@yahoo.co.jp

徳島県内の平惣(ひらそう)各店、紀伊國屋徳島店、キダブン書店で売ってるよ。

アマゾンでも注文できます→→→

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

歩き人ふみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。