2017年05月15日

旅の費用がピンチに!!

テーマ:北米徒歩横断編
Total distance I've walked on foot これまでの総歩行距離】約21,500km(12ヶ国)
We are here 現在地】ブリティッシュコロンビア州ビクトリア2日目 Victoria, British Colombia(Canada5日目) 

【現在の旅】北米大陸夫婦徒歩二人旅、Cuba→USA→Canada  キューバ徒歩縦断後、バスでアメリカ横断し、カナダ徒歩横断の旅開始



バンクーバーのダウンタウンに出て街を歩く。

まだカナダドルを持ってないので、まずは両替だ。

餞別で残ってた日本円をカナダドルに替える。



{74CC9F85-E770-4EF6-80F9-9A5CD21D0CB2}

カナダへの入国には特に問題はなかったのだが、これからの旅に関する気がかりが1つある。

旅資金のことだ。


キューバでの1ヶ月の滞在費については、ある程度かかったのはまあ仕方ないとしよう。

問題はアメリカでの費用だ。

物価が高いことは知ってたけど、トータルの出費は予想をはるかに上回ってた。


グレイハウンドのバス代は比較的安いのだが、ちょこちょこと何度も移動してたので、移動費も結構かさんだ。

でもこれから歩き旅に入れば移動費はほぼ要らなくなるから、それほど問題ではない。


食費に関しては、滅多に外食せず自分で作ったサンドイッチばかり食べてたはずなのに、それなりにかかった。

でもこれに関しても、歩き旅に入ればぐっとおさえられるはず。


やはり大きな出費となるのは都市でのホテル代だ。

アメリカの48泊のうち、キャンプが20泊、トモさん宅とミッチ宅に泊まらせてもらったのが計15泊、グレイハウンドバスの車中泊が3日。残りの10泊がホテル泊だ。

ホテルはネットのbooking.comやhotels.comなどを使ってほぼ最安のホテルを探して泊まっているが、それでも2人で一泊40$から50$くらいはする。

これが大きい。

カナダでは主にトレイルを歩くとはいえ、途中では街も通るし、たまにはテント以外にも泊まりたいし、洗濯もしたい。


バンクーバーでもホテル代はそれなりの値段だった。
カナダでも同じ調子だと2年間の長旅に予算がとてももちそうにない。

そこでアメリカにいる時にホテル以外のいろいろ他の方法を試してみた。

まず、民泊の「Airbnb(エアビーアンドビー)」
空いている部屋や家を貸したり借りたりするシステムだ。
ホテルに比べるとかなり安い場合が多いので使ってみようとしたのだが、登録に電話番号が必要だった。
その電話番号宛にコードが送られてくるので他人の番号を借りるわけにもいかない。
アメリカは電話無しで済ませたので結局Airbnbは使えなかった。


そこで次に、台湾の旅の時に知ったけど、未だ使ったことのなかったカウチサーフィン(Couchsurfing)をやってみようとした。
カウチサーフィンは、(基本的に)無料で家に泊めてあげても良いという人に、泊まりたい人を紹介するというシステムだ。
数年前は登録するのも簡単らしかったが、年々難しくなってるのだそうだ。
実際にやってみるとプロフィールや趣味、写真、クレジットカード情報、電話番号などの自分に関する情報を英語で書いて、一定以上の条件をクリアしなければ登録できない。
その時は途中で面倒臭くなってやめてしまった。

しかし、バンクーバーで旅の準備のためにホテルに何日も滞在する余裕はないので、再度カウチサーフィンに挑戦して
なんとか登録を完了し、バンクーバー市内で場所を提供してくれる人を探してみた。

とりあえず「当日の連絡でもOK」と出ていた2人に今日明日2晩のリクエストを送ってみると、すぐに1人から連絡があった。
「翌日は弟が訪ねてくるから無理で、しかも仕事がとても忙しく、あまりお構いはできないけど今夜だけならOK」
だとのことである。

なんてありがたい話なんだろう!
それにまず、返事の早さに驚いたし、連絡がとれてからの話が早い。

ホテルをチェックアウトして、早速教えてもらったダウンタウンの中の建物に向かう。

{709E8122-D2E6-46A3-9ED9-70CFDCF460FA}
ホストのケンドリックは広い中庭のある豪華なホテルの一角に住んでいた。
彼女と一緒に住んでるそうだが、彼女は帰省中らしく1人だけだった。


{33E6024A-E57F-4119-9634-06A7BEC8E320}
部屋には個室の清潔なベッドがあって、すぐ横に専用のバストイレもあった。

彼はすごく忙しそうで、私達を案内するとすぐにパソコンでの仕事に戻り、私達は町に出かけていろいろと用事を済ませることにする。

そこへもう1人リクエストを出してあった人からも返事が来た。
(日本食レストランで夕方から夜中まで仕事しているのでその間は無理だけど、夜中からでもよければどうぞ」
とのことだ。
翌日の夜について尋ねてみると、やはり夜中からなら大丈夫だそうだ。
おー、素晴らしい!!
これで2晩とも泊まれる所ができたー。

ダウンタウンであゆみのアイフォンにカナダのSIMカードを買って入れる。
よし、これで電話番号が手に入ったし、Wi-Fiがないところでもネットが使えるぞ。
でも使える容量はあまり多くないのでまあ非常用だけど。

ケンドリックの家に戻り、忙しそうな彼に夕食を作ることを申し出た。
彼は忙しすぎて料理どころか、キッチンには洗ってない食器が山と積まれていたので、まずはそれから片付けにかかる。
でも後で、彼はなかなかのグルメでしかも料理好きだと知って、私達の料理を出すのはちょっと恥ずかしかった。
しかも食後のデザートに手作りジェラートをごちそうになってしまった。


{64764F79-B373-46B2-9AD0-2F44BD1E0305}
ゆっくり眠らせてもらって、翌日は前夜のスパゲティの残りを昼食に食べる。

キッチンやテーブルもなかなか素敵だ。
せめてものお礼に掃除をしてから家を出た。

しかし、カウチサーフィンで知らない人に無償で部屋を提供するのってのは、真実すごいことだと思う。
自分の家に居ながらにして、世界各地の人に出会えるのが、カウチサーフィンのホストになる主な理由のようだ。
でも、そのために、自分の時間を使って、待ち合わせたり、掃除をしたり、シーツを洗ったりしなければならないのだ。
やっぱりただただ頭が下がる。

ケンドリックにしても、本当に忙しい合間を縫って私達を泊めてくれたのだ。
ありがとう!ケンドリック!



昼過ぎに友人との昼食にダウンタウンまで来ていた2人目のホストのケンジと落ち合い、彼の住んでる東バンクーバーまで一緒に歩く。

{BB0B551F-897D-4846-BCE1-0844E6A27AEF}
母親が日本人なんだそうだ。
バンクーバーには驚くほどアジア人がたくさん住んでいて、通りには各国のレストランがひしめき合っている。
日本食レストランもたくさんある。
ラーメンの店も多い。


{FFC02FA1-F8FF-4453-A13F-0619D05A7ED6}
ケンジは数年前に日本に行ったらしく、日本調のインテリアも多かった。
アートが好きでインテリアのセンスもなかなか良い。
結局彼が仕事に行ってる間も家で居させてもらうことになった。

私達はこの日、バンクーバーの向かいにあるバンクーバー島のビクトリアという町に翌日移動することに決めて、
ビクトリアに住む4人の人にカウチサーフィンのリクエストを出しておいた。


{2593B96D-DE3D-42A2-99E3-91A5A4E2208C}
ホストの提供する寝場所はもちろんホストの自由で、ケンジの家ではソファが寝床だ。
あゆみは下が固い方が腰にいいらしく床にマットを敷いて寝袋で寝た。


朝起きてみるとビクトリアの2人から断りの連絡が入っていた。
昨日が土曜で今夜は日曜だし、さすがに昨日の今日では難しいのかもしれない。
そうそううまい話はないか。

ビクトリアでのカウチサーフィンは諦めて、電話番号ができたことだし、次はAirbnbで民泊をあたってみよう。
探してみるとビクトリアで3千円代の部屋が見つかったので、あゆみのアイフォンで登録を済ませ、予約をしてからケンジの家を出る。


{7C52E397-E94E-4DE9-8F6F-696662127B41}
彼はこの日家族の住むトロントに帰るのだそうだ。
カウチサーフィンのおかげで出会えて良かった。

素晴らしいぞ、カウチサーフィン!

ありがとう、ケンジ!!


さあ、いよいよカナダ横断歩き旅の出発点ビクトリアだ!



ウエブサイト→→Fumi's trek around the world on foot  歩き人ふみの徒歩世界旅行


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます。

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「北米徒歩横断編」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。