2015年05月17日

日本の遊牧民まきちゃん

テーマ:準備編
【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)
【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市 旅休止&準備中












もう二週間も前の話になってしまった








あゆみが働いてるカフェはシフト制で不定休だからあまりまとまった休みはない。


年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休はかえって忙しいのだが、働き始めて半年で有休が


とれるようになって今回は初めての4連休だそうだ






あゆみ宅で


あゆみの母宅であゆみの作った朝食を食べる。


パン焼き器で焼いたパンがうまい!




モエレ沼まで歩いた以外は特にどこにも行かず、DVDを借りて映画を見たりして過ごす。


そんな何気ない日々が今は貴重なのだ






あゆみの連休も終わってしまって一人で、友人のたっちゃんがバイトしてる「ドラマシアターども」の喫茶に行く




コーヒーを淹れるたっちゃん


ずっと紅茶派だったたっちゃんがコーヒーを淹れている。




しかも美味しい











食事を出すたっちゃん

ここではランチも出している。

たっちゃんは知識も豊富だし、飲食業がなかなか似合うと思うぞ













居酒屋で

そして夜は仕事帰りのあゆみも合流して、札幌の安くてうまい居酒屋で飲む










でも楽しかった日々は早くも終わり










帰りは切ない

離れて住んでいるのはどうにもつらいなあ




空港

新千歳空港で飛行機を待つ










普通は帰りの飛行機に乗るともう寂しいばっかりなんだけど、今回はまだ楽しみが残っていた











ゲルとしろ

それがここだ







馬がいて、ゲルがある

馬は見覚えがある。シロだ




でもこのゲルは初めて見るな










馬たちとまきちゃん

おお、ブチもいる

そしてこのビニールハウスにも見覚えがある。




違う!ビニールハウスじゃなくてハウスだった




ここは滋賀県。琵琶湖の西側の山裾に馬二頭と犬一匹と共に住む友人女性まきちゃんのおうち。

電気もガスも水道もきていない







数年前にまきちゃんの家の動画をアップしたことがあったな。

そういえばこの時はたっちゃんと一緒だった




これは2011年に撮った動画

















ビニールハウス内


ビニールハウス内部。あまり変わってない。

まきちゃんはこのビニールハウスで馬と一緒にもう何度冬を越したんだろう













テント



おや、なんだか見たことのあるテントが!

あれ?これは私らのテントと同じスノーピークの一回り大きいやつだ









アキ君一家とぶち君

テントは山口の友人チャリダーアキ君一家のものだった。今回もアキ君からのお誘いだった




アキ君達には私のブログにも何度も登場してもらっている。

最後は山口のアキ君の家を出て歩き始めた時だったかな→→→あゆみのアンパンマン
















ゲル内

よっちゃんも大きくなったなあ。

あんなになついてくれてたけど、残念ながら私のことは全く覚えていなかった







さて、気になっているこのゲルだけど、実は工事用の防水シートと竹が主素材の手作りのゲルで、

まきちゃんが大工さんに頼んで日本の気候に合うように、日本で手に入る材料で作ったゲルなんだそうだ



















猪肉カレー

夕食は猪肉カレー。


ここの近くの林で獲れた子猪の肉が入ってる。

残ってたあばらをもらった















影絵

よっちゃんのリクエストで、ゲルの中でトランプをして遊んだ。



焚火の灯りでゲルの壁に影絵もできる














満月と焚火

月がきれいだったので外で焚火する







日本を8年かけて歩き旅してまわったが、日本でまきちゃんほど遊牧民的生活をしている人を他に知らない







冬はこのビニールハウスで雪に埋もれて過ごし(あちこち出かけてるけど)、夏は馬と共に移動して

いろんな場所で過ごしている。




普段はどんな風に過ごしてるか尋ねると

馬で遠出したりもするし、馬の行動を眺めて

「う~~ん、しろ君かわい~~♡」

とか言って世話してる間に一日が過ぎていくのだそうだ。




近所のおばあちゃんとかが時々、孫を連れて遊びにきたりするので子供達を馬にも乗せてあげる。

もちろんお金はとったりしないが、

「まきちゃんには食べ物を持って行ってあげると喜ぶ」

と広まっていて(自分でも言ってるけど)、

食べ物も集まるし、物々交換で欲しい食材を手に入れたりもする







前にも書いたと思うが、まきちゃんは元ライダーで世界百ヶ国、約34万キロをバイクで旅している。

しかもほとんど野宿で!




友達も多く、いつもいろんな人が遊びに来てるが、遊びに来る人達にも彼女はこういうそうだ




「私をもてなしてね」




まあここを訪ねる時には食べ物かお酒を持ってきてくれるととてもありがたい、というくらいの意味だ。

本当に何にもないこともあるみたいだから







そんなまきちゃんのブログはこちら。→→→馬、大好き!

電気はなくてもブログは書ける。

徒歩旅でテント生活しながらでも書けるんだから当然か









外で



馬と焚火を眺めながら話をするだけで、なんだかほっとする







ああ、私はやっぱりこちら側の生活を望んでいる、と思う







水道や電気のない生活をしたいという事ではない。

自分の本当にやりたい事を人目を気にせず、迷うことなく突き進むという生き方が素晴らしい













現在私は友人のおかげで、会社から給料をもらって土日祝日は基本休みで、ちゃんと残業代もついて、

実家から通勤、というかつてない安定した生活を送っている。

20年前に勤めていた会社を辞めて以来、ずっと旅かアルバイトしかしていなかった私にとってみれば

どこを探しても見つからない、あり得ないほどに恵まれた環境だ。

本当にありがたいと思う




でもこのまま会社員としていつまでも仕事を続けていく、という未来は正直なところ頭に浮かんでこない




私が本当にやりたいことはやはり旅しかないのだ






そんなことを再認識した夜だった






















夜も更けてきた。

まきちゃんからの質問


「寝るのはゲルと馬小屋とどっちがいい?」







う~む、なかなか素晴らしい選択肢だ。




ゲルは今まで何回か寝る機会があったので、まだ寝たことのない馬小屋を選んだ








馬小屋で寝る


ブルーシートの上に布団を敷いて寝床完成。

馬はこの季節いつも外で寝ているそうだ













水汲み場

水道はないので水路を流れる水をバケツで汲んで使う。

顔を洗うのも食器を洗うのもこの水だ。




誰も住んでない山からのきれいな水だけど、いつも葉っぱやら木くずやらは浮かんでいる







ちなみにトイレもないんだけど、すぐ横は林なので用足しには紙とスコップを持って適当なところでいたす










コーヒー豆を挽く

朝のコーヒーのために豆を挽いていると、シロが近寄ってきた


良い朝だ















リヤカーを押す家族


アキ君一家が一週間のテント生活に使った荷物をまきちゃんのリヤカーで車まで運ぶ




なかなか良い光景だね




よっちゃんの記憶にも鮮明に残る一週間だったに違いない
















ああ、早く旅に出たいなあ













にほんブログ村


 ↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます

一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」


旅が終わるといつも通り長期ブログ冬眠状態に入った。次に再び目を覚ますのはいつの日か





あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ

タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2015年05月09日

再び札幌へ

テーマ:準備編
【これまでの総歩行距離】約21,400km (海外12,000km、国内9,400km)

【あゆみと歩いた距離】5,960km
【前回の徒歩旅】
 日本列島縦断9,400km(2005年8月~2013年12月)
 台湾縦断700km(2014年5月~7月)
【現在地】日本 徳島県阿南市





今勤めている会社では、ゴールデンウイーク期間中に全員少なくとも二日は有休をとるようにとのお達しがあった。

素晴らしいね。


昨年末に札幌に行ったから、しばらくはあゆみにも会えないと思っていたが、せっかくの機会だからまたまた行くことにした。




ピーチ
毎度おなじみのピーチ航空。

飛行機代が関空から新千歳までゴールデンウィーク中でも行き5,000円、帰り10,000円ほど。

まあそのくらいで行けるとわかったから行く気になったんだけど





関空への橋
たまたま窓側の席だった。

飛行機は昔からわりと好きで、乗るとわくわくする。

眼下に大阪の街から関空の島に渡る橋が見えている








千歳空港
新千歳空港に到着




歩く

翌日、早速妻のあゆみと二人で歩きに出かけた。歩こうと言い出したのは彼女だ


入籍して既に1年5ヶ月になるが、その間一緒に居たのは台湾・東南アジアを旅していた4ヶ月間ほどだから

未だに夫婦という実感はあまりない。

やっぱり別々の時期が長いと寂しいなあ



札幌市中心部のカフェで働いている彼女は冬の間あまり歩けなかったので、まともに歩くのは久しぶりだという。

スタートはいつも歩いてる川沿いの散歩コースから。




梅と桜
札幌ではちょうど桜の時期だった。

手前は梅で、奥が桜。北海道では梅も桜もつつじも同時に咲くのだ




さすがの札幌でも平地の道端にはもうどこにも雪は残ってないのだが、未だに雪がたくさん見られる

場所がある


黒い雪山
この黒いのが雪の山だ。


高さは5~6m。

正体は雪捨て場で、冬の間に運ばれて積み上げられた雪が今も残っているのだ。

近くを通るとそのあたりだけ風が冷たい




モエレ
目指したのはあゆみの希望したモエレ沼公園。

イサムノグチがデザインした広大な公園だ。

あゆみの家からだと16kmほどあった。



歩いて旅している時には毎日普通に20kmくらいの距離は歩いていて何ともなかったのだが、ちょっと

歩いていないとすぐに体力は落ちるもので、最初は調子良かったあゆみも公園につく頃にはかなり

ヘタレていた。


奥に見えるのが人工の山で高さ52mのモエレ山。




あゆみジャンプ!
それでも写真を撮るとなるとサービス精神旺盛だ。

私がうまく撮れないので何度もジャンプしてくれた


モエレ山にも上る






頂上より
モエレ山頂上より。
右手の川沿いに見えるのがにガラスのピラミッド。
内部にはギャラリーやイベント施設もある



疲れて眠る
しかし、ついに力尽きてガラスのピラミッド内のベンチで眠ってしまったあゆみ
腹も減ってる



落日

モエレ山の山裾に沈む夕日。
あゆみは寒がりなんでまだダウン着てる。
でも必要かも




帰りはバスと地下鉄


ちょっと贅沢して居酒屋で。
あゆみがご馳走してくれた
たまたま北海道の美味い地酒の原酒があって、ちょっと飲みすぎてしまった。

幸せ~





にほんブログ村
 ↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
長期ブログ冬眠状態に入った彼女が次に再び目を覚ますのはいったいいつの日になることか

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ
タスマニア10,000人プロジェクトの撮影も終了。展示会が楽しみ⇒「タスマニアで生きる人たち


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。