1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013年12月29日

徳島の繁華街を歩く

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)

【記事内の行程】徳島市 柳沢家→(17km 12/11)→小松島市立江町
【旅の途中で入った温泉】280湯目 御寶言泉(おたからげんせん)




ゴールイン予定日もいよいよ近づいてきて、気持ちはどんどんせっぱ詰まっていく

出発
3泊させていただき柳沢家を出発



裏道
この日は柳沢さんが再び一緒に歩いてくれることになった
普段から徳島市内をよく歩いているので道をよく知っていて、最短の道を教えてくれる



新町川
懐かしの新町川


眉山
徳島市のシンボル、眉山(びざん)


西新町
徳島の昔の中心街の一つ、西新町
今は人影もまばらだ




林金物
その一角に林金物店がある

徳島のB-FM(FMびざん)のパーソナリティー、サニーさんのお店だ


林さん登場
「すみませ~~ん、この包丁おいくらですか~?」

奥からサニーさん登場

「付いてる値札の半額ですよ」


なんだ
なんだ、おまえらかい!!



おまえらかい!
こらっ!


わあー
わあ~~



東新町
続いて東新町へ

子供の頃、年末に家族皆で東新町に出かけ、「丸新」というデパートで買い物をして
階上のレストランで食事をして、私はいつも食後にクリームソーダを食べるのが楽しみだった。
この右側の公園になってる場所にあったデパートだ

いつの間にやら「アニメの町」になってる



ニコニコヤ
服などの買い物が終わった後、このニコニコヤへ行く時が一番わくわくする瞬間だった
館内中おもちゃがいっぱいでまるで宝の城のようのように感じたものだ。
まだちゃんとあるんだなあ

この日は休みだったけど



アーケード
あの頃は平日でもごったがえしてたアーケードだが、今はリヤカーを押していっても邪魔な顔もされない



秋田町
徳島の繁華街、秋田町
昼間は店も閉まっていて静かなもんだ



柳沢さん
柳沢さんのおかげでスムースに市街地を抜けることができた
ありがとう



アスティ徳島へ
そしてまず向かうのはアスティ徳島



到着
到着~~

柳沢さんとはここでお別れ。
また歩いて帰っていかれた。どうもありがとう




B-FM
ここはB-FMのスタジオ



BーBカフェ
これから「B・Bカフェ」という生放送の番組に出演するのだ



生放送中
B-FMの番組にはもう何度も出てるのでそれほど緊張はしない



終了
放送が終了し、再び出発
ゴールインイベントの作業をする時間が必要なのでできるだけ進んでおきたい

夕方になって冷え込んできたな



畑田本舗
急いで歩いていると、こんな看板に出会った
お菓子のハタダのお接待「おもてなし」

遅くなるけど、これは立ち寄らない訳にはいかないね



おもてなし
お茶に、お菓子に、コーヒー




栗タルト
お菓子はもちろんハタダの「栗タルト」



いただきます
いただきま~す
うん、美味い




日が暮れる
ちょっとゆっくりしてる間に日が暮れてしまった・・

寒いなあ



赤石トンネルへ
疲れた体にむち打って歩く

赤石トンネル



最後のトンネル
日本徒歩縦断の旅で最後のトンネルとなるかな
あっ、もう一つあったな




テント
ようやく目的地まで来た

温泉「御寶言泉(おたからげんせん)」の裏にある公園

手がかじかむ




マットふくらます
エアマットを膨らます

よし寝る準備はできた

でももうこの寒い中で自炊をする気力も残ってない


受付担当してもらうまりこさんとなすさんがわざわざこのキャンプ地まで来てくれて
近くのカレーハウスCoCo壱番屋で夕食兼打ち合わせ。
二人には道具関係の買い物などいろいろとお願いしてしまった。すんません




打ち合わせが終わると温泉に入って、テントに戻り就寝
今夜が今回の旅で最後のキャンプの夜となるだろう


あ~~疲れた



ゴール予定日まで残り4日!!
(少し過去にさかのぼって書いてます)





<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年12月28日

回り出した歯車

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)

【記事内の行程】徳島市 柳沢家3泊滞在12月8日~11日
【旅の途中で入った温泉】280湯




歩いてる道端で突然写真担当の人が決まったその夜徳島市内の柳沢さん宅にたどり着いた



私がヨーロッパ・南米徒歩の旅から帰国した15年ほど前に知り合った柳沢さん夫妻には
以来ずっとお世話になっていて徳島市内で飲んだ夜にはよく家に泊まらせてもらった

そして今回もまたお世話になってしまった


鍋
夜にはあったかいおでんをいただく
うまい!幸せだな~


作業中
参加人数を知るため電話やメールで一人ずつ確認をとっていく。


宴会会場をどうするか、駐車場はどこが使えるか、宴会の料理やお酒などはどうするか
札幌から来てもらうあゆみ母の飛行機、さつま町から来ていただく人たちの宿、迎えの手配
ウェディングドレスに着替える場所や打ち合わせ場所の確保
さつま町であずかってもらっていたカートを最終日に使うため送ってもらう手はず
受付、司会、送迎、駐車場係などの各役割担当との連絡


やってもやっても作業は減らない

計画してそれをこなすというのは一番苦手な分野だ
寝不足と焦燥感で、どうも少しカリカリきてしまっているようだ

口内炎が治ったかと思うと唇にヘルペスができた
私の口内炎はいつもストレスがかかった時にのみできる


ああ、やっぱり計画無しに気楽に歩くのが楽しいな
と、逃避したくなる





翌日、今回受付をお願いするまりこさんとなすさんと打ち合わせすることになったが、
二人が私達に会わせたい人がいるという

赤ん坊と
それがこの赤ん坊だった



みんな
という訳ではなく、この赤ん坊のお母さんのamiさんだった

この美人には見覚えがあるんだけどいったい誰だったっけ?

えっ、iki君の奥さん?
そういえば京丹後の酒蔵で働いてる時に二人で来てくれた時に驚いたけど今回もまた
驚いてしまった

あゆみも大いに驚く。

えええ~!!このきれいな人がikiくんの奥さん!?
ということはこの赤ん坊はあのikiくんの子供!!


ikiくんは7年前に私が札幌に滞在していた頃に北海道で出会い、一緒にあちこちに
出かけたり飲んだりしてた徳島県人で、あゆみと知り合った頃あゆみ宅でやった
パエリアパーティーとかにも一緒に行っていた。
その頃「フリースペースくろまめ」をやっていたみっちーさんを紹介してくれたのも彼だ

北海道の仁木町から余市まで一緒に歩いたこともある→→→余市より


amiさんは東京でikiくんと出会い、結婚することになって徳島に来たという。
そのamiさんが今回私達のイベントに協力してくれるというのだ。
ありがたい

しかしなんでまりこさん達がamiさんを知ってるんだ?
聞くと全く別の関係で知りあったそうで、そちらも驚きだった



打ち合わせ2
市内の感じの良いオーガニックのお店で打ち合わせをする

右側のまりこさんとなすさんには受付以外にも、当日使う備品や来場者リストの作成なども
お願いしてフルで手助けしていただいている


そしてamiさんはいきなり本領を発揮
受付時の「目からうろこ」の様々なアドバイスをいただいた。
できる人だな~
しかも彼女はメイクができる、というのであゆみのメイク担当になっていただくことに

あゆみは普段全くと言っていいほど化粧をしない。
最初は当日もナチュラルメイクでいくつもりでいたが、ウェディングドレスにナチュラル
メイクは衣装負けするという兄のカメラマンとしてのアドバイスで化粧をすることにしたのだ




ウェディングドレスはさつま町あびーる館の女将が購入し、当日持参してきてくれて
さらに着付けまでしてくれる
そして年末の週末という忙しい時期に、社長と女将、そして女将と共にあびーる館の実務を
担っているY弟まで来てくれるというのだ

今回のイベントも、さつま町の人達が来てくれるということから始まったようなものだ。
しかもY弟には当日の司会までお願いしている






この日はまりこさんに車に乗せてもらって、イベントの小道具に使うある物を取りにいった

役場で
行った場所は市役所




戸籍係
戸籍届の係

そう、婚姻届の書類を取りにいったのだ
書き方を丁寧に説明していただく


私達はもともと豪華で費用のかかる型通りの「結婚式・披露宴」をするつもりは全くなかった

元々付けないしこれからも一生付けることがないだろう指輪などにお金をかけるつもりもない。
だから指輪交換もしない。

でも式の形として何かないと締まらないというので思い出したのが、昔南米を旅していた頃に
ペルーの山奥で結婚式に参加した時のことだ


ペルーの結婚式
ペルーの地方都市ワラスからさらにバスに揺られること丸一日の山奥の村で、私はひょんな
ことからある結婚式に参加した



ペルーの結婚式2
のみならず婚姻届の新郎側の証人にまでなったのだ。

電気もきていない田舎の実家で行われた結婚式。
再婚同士のカップルなのだが、カトリックで離婚は認められず婚姻届に署名することを結婚式代わりとしていたのだ

よし、これでいこう!




作業中
ありがたいことに柳沢さんの事務所の一角を自由に使わせてもらえて、作業を続ける
1泊のつもりが、2泊、3泊と延びる

電源を気にせずにパソコンやスマホが使えるのはありがたい

新聞やラジオ、テレビ局の出演などの話も同時に進める



あゆみはスカイプでタスマニア島のマナブさんと話をする。
休日を返上して私達のイベントの撮影をしてくれる西尾さんにどうお礼したらいいだろう

「お兄ちゃんの大ファンだから次に日本に来た時のお兄ちゃんとの握手券でもプレゼントしようか」
「イベントの撮影は下見、準備から始まって後のデータ処理まで、本当に大変な仕事なんだよ。わかってる?
ほっぺにチュー券でも構わないよ~ん♪」



さらに最大のサプライズ!!

さらなるあゆみの説得で、ついにあゆみ兄の心が揺れた

「タスマニアからだと、シドニーで一泊しないと日本への便はないんだよ。
今からじゃ無理かもしれないけど、まあ一応シドニー・日本行きの飛行機が取れるかどうかあたってみるよ」


そして奇跡的にチケットがとれたのだ

マナブさんの徳島到着はゴール前日の夜。
西尾さんは当日マナブさんのアシスタントとして撮影することになった

すでにふみ実家周辺や当日歩く予定のコースの下見にまで行ってくれているという




なんだろう、これまでゆっくりとしか動かなかった歯車が、突如うまく噛み合って滑らかに
回り出したような感じだ

まだまだ問題は山積みだけどいけるかも!




ゴール予定日まで残り5日!!
(少し過去にさかのぼって書いてます)





<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年12月26日

奇跡の巡り合わせ

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)

【記事内の行程】20km 徳島県阿波市鴨島町→(20km 12/8)→徳島市
【旅の途中で入った温泉】280湯






出発
鴨島の遍路宿出発の朝

実はこの日、阿南から私の両親、香川の琴平から妹一家が徳島市に来て、家族一同で今回の
イベントの打ち合わせをする予定になっていた。

前夜すきま風の入る部屋で震えながら何とかノートパソコンで作り上げた当日のスケジュールと
役割担当表を近くのコンビニでプリントアウトする。

打ち合わせは午後で、寄り道する余裕もほとんどないのにいったいどうやってパソコンの
データをプリントアウトしたらいいんだ?
そう悩んでいたら、いつの間にやらコンビニでプリントアウトできるようになってたんだな。
PDFファイルに変換してUSBメモリースティックに入れておけば、コンビニのコピー機
で印刷できるのだ。
素晴らしい。助かった~


石井町
どんどん歩いて石井町に入る。

待ち合わせ場所はグーグルマップで国道沿いのちょうど良い距離くらいの場所にファミリー
レストランのガストを見つけたのでそこにした

初めは余裕で歩いていたが、待ち合わせ時間にぎりぎりになりそうで焦り始める

両親に会うのも数年ぶりで、父は特にせっかちなので初っぱなから時間に遅れることは避けたい

が、見あたらない・・
急ぎ足で歩いてるのに見つからない
歩き続けるとあるはずの場所を通り過ぎてるのにどこにもガストがない

電話してみると両親もガストが見つからず鴨島まで来てしまったと言っている

しまった!
もしかしてもう閉店か、移転したのか。そこまで確認しなかった

結局すぐ近くのお店に変更して皆と出会えたのは30分以上後だった
案の定、両親の機嫌は悪くなっていた・・・


まあ無理はない。
突然の思いつきでこんな大事を数週間前に言い出され、私達は歩き続けているのだから
実質的に現地の準備をするのは私の家族なのだ

しかも待ち合わせの店は存在しないし

やばいな・・
両親はどうやら派手にやることを望んでいないみたいだ

両親の協力無しにこのイベントは始まらない
というより両親に喜んでもらえないならやる価値がない
なんとかしなければ


琴平の妹と旦那のけんちゃんは全面的に協力的で、当日も妹に総指揮を任せてある

試着
この日もあゆみが本物のウェディングドレスに着替えるまでの数キロを歩くための衣装にと
白い給食エプロンとカーテン生地を元に手作りの即席ドレスを作ってきてくれていて、駐車場で試着した

我が妹ながら素晴らしいぞ~~!!
まあ元々兄よりはずっとしっかりしてるんだけどね



両親が一番気にしているのは人数のことだ。
私の実家の周りは田舎なもんで施設などもあまりない。
宴会場にしても、駐車場にしても、人数次第だからその気持ちはよくわかる

その人数が掴めないのが今回のイベントだ
そもそも自分達でイベントなんて企画したこともないのだから。
でもなんとかしなきゃならない

もう一つ頭を悩ませていたのが写真担当だ
プロのカメラマンに来てもらうような金銭的余裕はない!
かと言って素人に頼む訳にはいかない

タスマニアに住んでるプロカメラマンのあゆみ兄に来てもらえたら、それこそ一番良いんだけど
さすがにこの時期に来日しろと突然言われてものはさすがに無理な話だろう

でも数日前にあゆみのお母さんが札幌から来てくれることに決まったことだし、
家族写真もしっかり撮っておきたい

どうしたもんだろう



徳島市へ
両親と妹一家と別れ、さらに東へと進みついに徳島市に入った

この辺も懐かしの場所なんだけどどうも精神的余裕がなくて楽しむという感じではない
作業も山積みだし、今日は何とか市内の柳沢さん宅まで歩いておかなければ



国府町のスーパーの駐車場横を通りかかった時に私達に声をかけてくる人がいた

そういえばその日の午前中にも話しかけてくれた人がいて、ブログの読者の方だった。
急いでるとはいえ、こういうのは嬉しいものだ
通りすがりの知らない人にでも旅の途中で話しかけられた時は普段からできるだけ話をするようにしている

西尾さんと遭遇
この人もやっぱりブログで見たことがあるということで声をかけてくれた
「差し入れといっては何ですけど」
その朝に打ったのをいただいてきたという「祖谷(いや)そば」の生麺を持たせてくれた

この人は西尾さん。
聞けば、実は私達よりも元々あゆみ兄のマナブさんの写真の大ファンなのだそうだ

ん、ということは?

耳ざといあゆみは聞き逃さず、カメラのことについて尋ねる。
彼が取り出したカメラも本格的だ

どうやら車の上に付けてある台も写真を撮るための物らしい。
これはただのアマチュアカメラマンではなさそうだぞ。

「次の日曜は開いていますか?」
いきなり尋ねるあゆみ
そしてたたみかける
「ゴールイン当日の写真撮影をお願いできませんか?」

「えっ!?一つ撮影が入ってるんだけど・・・わかりました」



出会って5分でお願いする方もする方だけど、その場で引き受ける方もすごいぞ!

そしてそのまま西尾さんの車で近くの喫茶店「亭望」に行って詳しい打ち合わせをする
西尾さんが撮っている写真も見せてもらう

うん、いけそうだ


打ち合わせその2
事前に私の実家に下見に行って撮影ポイントや歩くルートの選定などをしていただけることになった

ありがたや~~


しかし何という巡り合わせなんだろう
「渡りに船」とはまさにこのこと。
ちょっとあり得ないほどに都合の良い偶然だ

イベントが全て終わってからわかったんだけど、実はその時の西尾さんの最大の関心は
「当日マナブさんが来るかどうか」
ということであり、もしマナブさんが来るならば会いに行こう、と思っていたそうだ。
つまり来ないなら顔を出すつもりはなかった、という意味で、たまたま私達が道を歩いて
いる姿を見たからそのことを質問するつもりで待っていたらしい

これはマナブさんがひき合わせてくれたに違いない



突然の写真担当打ち合わせが終わってカートを置いていたスーパーに戻るとすでに日は
暮れていて、その時の一番の懸案事項が片づいてその後の足取りも軽くなっていた

またもやヘッドランプを付けて徳島市内を歩き、柳沢さんの家に到着

そば
いただいた「祖谷そば」は山かけそばにしていただきました。ごちそうさま


よし、写真担当も決まったぞ

ゴール予定日まで残り7日!!
(過去のことを書いてます)





<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年12月24日

懐かしき徳島を歩く

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)

【記事内の行程】24km 徳島県美馬市脇町→(8km 12/7)→阿波市山川町→(16km 12/8)→鴨島町
【旅の途中で入った温泉】279湯目 鴨の湯(鴨島町)






次こそは日本縦断歩き旅のウォーキングウェディング&ゴールインの瞬間だ!
と思ってた人が多いだろうけど、肩すかしでごめん。



この前からふみとあゆみのブログの内容がほとんど同じなのだが、それは最近まで二人に
新たに分を書く精神的余裕がなかったからだ


ゴール当日は自分等ではほとんど写真を撮っていなくて、プロの写真家であるマナブさん
(あゆみ兄)と西尾さんに完全に任せていた。
超多忙なマナブさんがタスマニアに帰る前夜、写真担当の二人が撮った膨大な数の写真から
とりあえずごく一部の写真を選んで写真データをいただいたのだが、その限られた写真を
使って二人がブログを書くと結局写真はほとんど同じとなる


マナブさんはとっくにタスマニアに戻っていて、「タスマニア10,000人プロジェクト」
の大詰めで休む暇もない中で写真の選別作業をしてくれているらしい。
日本に来るだけでも大変なことだったのに申し訳ない、ありがとう

ということで、その写真データが届くまで書けていない出来事を先に書こうと思う


ゴールしてしまってからそれ以前の話に戻るのも興ざめだろうし、少々お待たせする
ことになるが、少しだけさかのぼって徳島県に入ってからのことを書く







もう20日も前のことだけど覚えてるかな?
香川県から阿讃山脈を越えて、舞ちゃんと3人で徳島県美馬市脇町まで歩いた時
→→→「最後の県境越え。舞ちゃん 歩く、押す、食べる、寝る」

あまりいろんなことがあり過ぎて、もう遙か昔のことのように感じる



舞ちゃんと別れ、ブティックで一晩泊めていただいた

試着室寝
あゆみが寝たのは試着室


ブティック床寝
私が寝たのはブティックの床


でも今までの寒いテントのことを考えるとすごくありがたかった
トイレも水道もコンセントもあるし、暖房も入れてくれたし




ブティック発

前日は風邪気味で調子の悪かったあゆみも朝にはかなり回復していて安心!!

朝にも井上さんに近くの素敵な喫茶店で朝食を食べさせていただいて、いざ出発!




今関さん宅
その日はゴールインの準備作業で一日が終わり、結局近くの山川で、知り合いのえいこさん
の家に泊めていただくことになった

友人の柳沢さん夫妻も来てくれて一緒に鍋をつつく
温かくておいしい



台湾留学生と
えいこさんのご主人で、4年前に亡くなられた今関知良さんは農業をやるために千葉から
一家で徳島に移住し
「百姓になりたい!」「ぼくは農家になった」「ほどほどに食っていける田舎暮らし術」
などたくさんの著書がある→→→今関さんの著書

もちろんえいこさんも農業や生活全般に豊富な知識があり、一人暮らしをしている今でも
海外からのホームステイを受け入れたりしている

この日も台湾からの留学生におもちを作り方等を教えたりしていた



今関家発
今関家を出発




山川
これが山川

車では何度も通ったことがある道だが、歩くとやっぱり感じ方が違うな



柳沢さん歩く
リヤカーを押してあゆみの後をついていってる柳沢さん
徳島市でずっと昔からお世話になっていて応援してくれていた方だ



川島
柳沢さんはこの日一日私達と一緒に歩くことにしたのだ

リヤカーを押す柳沢さん
舞ちゃんといい、なぜかリヤカーを押したがるんだなあ


今まではいつも知らない土地ばかり歩いてきたが、逆に見知った場所を歩くというのは
なんだかかえって新鮮だ



東に向かって3人で順調に歩き続けていたが、いつもの問題が起こる

あゆみがトイレに行きたくなったのだ。
近くにコンビニなどもなく、あたりを探し回る

かなり遠いところにやっとコンビニを見つけて走り戻ると、あゆみは待ちきれなかった
らしく、ある民家に駆け込んでいた。

こんなこともたまにある



新築のきれいな家だな
とある家
外で待っていると、なぜか私達も家の中に呼ばれた。

なんだ?




コーヒー
なんと!
トイレを借りに行った家でコーヒーをごちそうになることになったのだ

何年も歩き続けているが、トイレ借りてコーヒーをいただいたのは初めてだなあ



ここで柳沢さんが私の趣味「折り紙」のことに触れたため急遽折り紙を折ることになった

折り紙を折る
紙は柔らかい和紙しかなかった

この紙は折り目が付きづらくて、折りながらもちょっと心配だ


和紙のトカゲ
トカゲ
ちょっと開き気味ではあるが、なんとか形にはなって安心



到着
そんなハプニングを挟みながら進み川島町を過ぎて鴨島町まで歩いた

柳沢さんは私達の歩く速度に驚いていた。

一番歩きやすい速度で歩いているのだが、サイクルメーターで見ると大体時速5.5km~
6.0kmくらいで、普段歩いていない人にとってはかなり速く感じるそうだ

柳沢さんは山登りが好きで最近はしょっちゅう北アルプスまで登山に行っている健脚だが
山道と舗装路とでは疲れ方が違ってしんどかったらしく、ずいぶんぶーぶー言っていた



遍路小屋
この日は温泉付属の遍路小屋に泊めさせていただくことになった

もちろん私達はお遍路さんではないが、歩き旅だし、一部ではあるけど遍路道も歩いている
から大目に見ていただこう



遍路小屋2
電源も水道もあるし、コインランドリーもトイレもある。
温泉はすぐそこだ

ありがたいなあ



遍路小屋
壁にはたくさんの納め札が貼られている

屋根と壁はあっても壁には小さな隙間があって結構寒い
これならテントの方がずっと温かいなあ。でも電気があるだけでもありがたい

すぐ寝袋に入って寝てしまいたいところだが、ゴールインイベントのスケジュールと役割
分担を作ってしまわなければならないので、寝てしまう訳にもいかない




遍路小屋寝
なんとか作り上げて、カイロを足に貼り付けて、ようやく寝られるぞ~

ゴール予定日まで残り8日!!






<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月22日

幕間のドッキリ物語

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)
【旅の途中で入った温泉】280湯






今回のウォーキング・ウェディングに、札幌から遠く離れるのは無理だと言っていたあゆみ
の母が一人飛行機を乗り継いで徳島まで来てくれることになったのはゴールのほんの2週間前のことだった

あゆみのお父さんは他界し、お母さん一人を札幌に残して旅を続けてきた私達二人にとって
それは何よりも嬉しいことだった。
それから急いで飛行機を予約した



これであゆみのお兄さんが来てくれたら言うことないんだけど、兄のマナブさんが居るのは
オーストラリアのタスマニア島→→→「タスマニアで生きる人たち」

しかもマナブさんはタスマニアで活躍するプロのフォトグラファーであり、
今年はタスマニア島全体を巻き込んで、今年1年で一人でタスマニアに住む10,000人の
ポートレートを撮影するという一大プロジェクト
「タスマニア10,000人プロジェクト」
の真っ最中だ

あゆみのウェディングドレス姿を撮ってもらうのにこれ以上最適な人はいないが
この大詰めの差し迫った時期にさすがにそれは無理だろうし、本人もそう言っていた。


ここであゆみの説得が始まった
「たった一人の妹の一世一代の晴れ姿見たくないの?」
「一生後悔するよ~」
「お母さんが徳島に来て、近藤家と児玉家の全員が集まるなんてもう二度とないよ~」
などという半ば脅しをかけて、最後はあゆみの粘り勝ち


それからでは無理だと思われたタスマニア→シドニー→成田→大阪のチケットが奇跡的に取れ、
プロジェクトとはまた別にやっている仕事を直前で拝み倒してどうにか数日の休みをとってくれたお兄さん


また後日詳しく書くが、当日マナブさんの撮影アシスタントをすることになった、徳島在住で
マナブさんの熱狂的なファンである西尾さん→→→「東祖谷 村の記憶」



役者は揃った



舞台はふみ実家から約500m、打ち合わせやあゆみの着付けや、お母さんや特別ゲストに
宿泊していただいた「ベイサイドホテル竜宮」



朝からスタッフ用におにぎりを作ってくれていたお母さんが当日手伝ってくれる関係者の
顔合わせに現れた

お母さんはマナブさんが来ていることは知らない


集合
いたずらっぽい顔のマナブさん

お母さんの目にはあゆみしか映っていない



なんでぶつかるの
あゆみと話してると横からぐいぐい押してくる人がいる

何なの、いったい?



えっ?
えっ?


えええ!?
えええええ~~!!??



なんで?
な、なんで??



わー
わーーー!!!




わーー
抱きつくあゆみ母
周りの人も大喜び



本物?
本物??




親子揃ったね
感極まって涙を流すあゆみ母




わーい
わーーい、大成功!!



もー
もうみんなで黙ってたんだねー




よかったね
よかったね、お母さん



みんな知ってたの?
ほんとにもう



きったんも涙
あゆみの幼なじみ「きったん」ももらい泣きする





カメラはこちら
はい、カメラはこちら。

ドッキリ大成功~~~





「続く」



西尾さん、いーーい写真です。ほんとにありがとう


ゴールイン当日ふみ&あゆみはほとんど写真を撮ってなくて、いただいた写真を使って
いるのであゆみのブログと写真はほとんど同じなんだよ~







<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年12月21日

延長5kmのバージンロード

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)(2005年8月)
【最南到達地】沖縄県 波照間島 沖縄最南端  (2013年10月)
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!! (2013年12月15日)
【旅の途中で入った温泉】280湯






ブログの更新どころか、お礼の電話もメールの返事もコメントの返信もできてなくて申し訳ない

イベントを計画準備するという慣れないことをしたせいか、ゴール一週間くらい前からゴール後
数日間は高揚状態が続いて夜疲れて眠いのに眠られない状態が続いた。

それがようやく落ち着いて少し余裕も出てきたのでずっと気にかかっていたブログの更新を再開しよう








2013年12月15日

日本徒歩縦断の旅、最後の一日の出発点は歩き人ふみの生まれ故郷の隣の町、阿南市桑野町(くわのちょう)


準備運動
軽く準備運動

あゆみはいつも念入りにやってるが私は普段は滅多にしない

しかも着ているのはタキシードだ




着替え
あゆみも出発前に着替えるのだが、何?背景の文字が気になる?

「タン」「ミノ」「レバ」「ホソ」「センマイ」とくれば


そう、焼肉・ホルモンの店だ

その名も・・・


「も」




着替えさせてもらったのは中学校からの同級生たっちゃんがやっている焼肉ホルモン屋「も」の店内
前日はここで宴会があったのだ





しかもあゆみが身に付けているのは!?


なんと!
えっ、給食のエプロンとカーテンですが、何か?





田舎道
遠目に見るとウェディングドレスに見えないこともない




おーい
先日香川県の琴平で二人がお世話になったふみ妹が、学校給食のエプロンとカーテンの生地に
レース飾りを付けて、手作りで用意してくれた
「なんちゃってウェディングドレス」
なのだ




砂利道
まあ、服はちょっと違うけどいつもと変わりはないよな

靴もカートもいつもと一緒だし
(最後の一日は四国で使ってたリヤカーに変わり二代目のカートに復活してもらった)




歩くよ~
ベールだけは本物だけど、手には青い手袋、中にはダウン着てる





そして、いつものように急にトイレに行きたくなるあゆみ


仕方ない。
ローソンでトイレ借りよう




祝福
カップ麺やガーゼマスクが祝福してくれる中バージンロードを歩いてレジへ





サングラス
何よりも天気が良いのが一番嬉しいね






田んぼ道
気持ちが良い日だなあ
犬だって気持ちよさそうだ








竜宮へ
このどうにも目立つ格好で5km以上を歩き、そして実家から500m手前の中継地点「竜宮」へ


あゆみがエプロン・カーテンドレスを脱いで、ついに本物に着替えるのだ



実はこの道を一緒に歩いてくれた旅人がいるんだけど、その話はまた後日



「続く」







この日の模様は阿南市で放送されている「ケーブルテレビあなん」でも12/20から一週間の間
繰り返し放送されるようだ







<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2013年12月17日

ゴールインしました!!

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,401km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約21,000km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)
【最西到達地】沖縄県 与那国島 西崎(いりざき) 日本最西端
【最終日行程】阿南市桑野町「も」⇒⇒⇒橘町のふみ実家
【現 在 地】徳島県阿南市のふみ実家到着!!
【旅の途中で入った温泉】280湯






最終のゴールまでタキシードとウェディングドレス姿でカートを押して6kmを歩き
日本各地から集まってくれたたくさんの人達に迎えられ、ついにゴールした



ゴール!!!
いろいろなハプニングはあったけど集まってくれた皆に助けられ、信じられないほど何もかもが
上手くかみ合って、自分で言うのもなんだけど素晴らしいゴールイン&ウェディング&宴会に
なった

遠くから無理をして来てくれた人、来られはしなかったけど応援・祝福してくれた人、小さい頃からの友達、
そして旅で出会った全ての人達に心から感謝したい!

私達のいきなりの無茶苦茶な担当振り分けに文句も言わずに最大限に協力してくれた多くの友人、
長年ブログを見てくれていたが直接会うのは初めてなのに式の手伝いをかって出てくれた何人
もの人達
歩き旅を続けている私達に変わって現場の総指揮役を一手に引き受けてくれた妹一家と手伝ってくれた弟一家

そして何より迷惑をかけ続け親不孝をし続けてきたのにかかわらず会場や駐車場の手配やら
大変な準備をしてくれたふみの父、母

はるばる札幌から一人飛行機でかけつけてくれた76歳になるあゆみの母

そして遠くオーストラリアのタスマニア島から壮大なプロジェクトの重要な時期に飛んできて
くれたプロのフォトグラファーであるあゆみの実の兄


みんなみんなの絶大な協力があって一世一代のイベントを、一生忘れられない楽しい夢のような
ひと時として成功させることができた

いくら感謝しても足りない



当日はプロカメラマンのあゆみ兄の写真はもちろん、他にも写真、動画、地元のテレビ局やケーブルテレビ局、
新聞社なども撮影してくれてたくさんの素晴らしい写真、動画がとれた

早く皆に公開したいけど、なかなかメールの返信やお礼の電話さえできていなくて申し訳ない

落ち着いたらボチボチアップしていこう

お楽しみに
更新するのも楽しみだ



詳しくは、また後日

  歩き人ふみ&あゆみ




今晩、徳島のテレビ局「四国放送」の番組「フォーカス徳島」に出るらしい






<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2013年12月14日

ゴールインまで残り一日!!

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,320km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,900km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)
【最西到達地】沖縄県 与那国島 西崎(いりざき) 日本最西端
【現 在 地】徳島県阿南市 桑野町 友人の焼肉ホルモンの店「も」
【最終日行程】阿南市桑野町「も」⇒⇒⇒橘町のふみ実家
【最終目的地】徳島県阿南市の実家(到着目標12月15日)残り5km
【旅の途中で入った温泉】278湯





ゴールである私の実家の隣町桑野町の中学時代の同級生がやっている焼肉ホルモンの店「も」
に到着しほんの少々を残すのみとなった



最終キャンプ
今回の旅で最後のキャンプとなったのは小松島市立江の御寳言泉という温泉近くの公園


阿南市入り
そしてここから「も」までは5年前からブログを見てくれていた「勝ぼうず」さんと一緒に
歩くことになった

その様子は勝ぼうずさんがyoutubeに配信してくれている



http://youtu.be/ktT-N2oWx6I
勝ぼうずさんはいろんな動画を配信していて一日1,000アクセスもあるというから驚きだ




そして明日、「も」から私の実家までの約5km、その間をウェディングドレスにタキシードで
カートを押してゴール、という見世物のような姿でゴールインするのだ

勝ぼうずさんや四国放送などの取材も入るようだ






ゴールには旅の途中で出会った人達が遠くから集まってきてくれる



鹿児島からはあの名物女将と社長、そして司会は○○~○館のY○?!

赤穂からは猫好きの謎の鍼灸師!

沖縄から貝殻に何やら描いたりしてる元徒歩日本一周旅人!

さらにブログランキングでお馴染みの現在徒歩日本一周中の○~○○くんまで!!

超多忙の中、遠く海外からなんと○○○さんが駆けつけてきてくれるなんて!!!





年末の忙しい週末に突然降ってわいたようなイベントに集まってくれる人達は皆が皆、
大変な無理をして来てくれるのは間違いない

何とかやりくりして無理算段したあげく、やっぱりどうしても無理だという人も多数いるようだ

気持ちだけでも嬉しい。本当にごめんなさい



もっと早めに決まっていれば何とかなったかもしれないが、これが私達の旅だから仕方ない





私達の方はというと、ゴール前のことだから現地で準備する訳にもいかず、家族や友人に作業
してもらって、友人宅やテントの中でパソコンやスマホで連絡、するという毎日で、慣れない
ことばかりで頭がパンクしそうだ
普通に歩いてキャンプする旅がどれだけ気が楽か思い知った。

最後の2週間くらいは何とか毎日ブログを更新しようと思っていたが、私達の能力では到底
無理だった






なんにせよ、明日で私達の徒歩日本縦断の旅は終わる
二人の歩き旅はまだまだ終わらないが、こうやってカートを押して日本を歩くのはこれで最後だ


たくさんの人に見守ってもらって続いてきた旅を、皆に見ていただきながらゴールを迎えられると
いうのは何より幸せなことだと思う



いよいよ明日がゴール
詳しくはこちらに⇒⇒⇒歩き二人旅のゴールイン&ウォーキングウェディングのお知らせ!!



連絡

当日はゴール後、宴会が始まるまで電話に出ることができませんが、ご了承ください

参加したいというメールが迷惑メールに紛れて一件消えてしまいました
もしまだ返事がないという方はもう一度メールくださいね

ふみ実家の辺りは田舎ですが、前の道は交通量が多く危険なので横断には十分にお気を付けください
歩き旅のゴールを見に来て交通事故などということにならないよう

当日、お祝い金は辞退させていただいています。よろしくお願いします






<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2013年12月11日

ゴールまであと4日。頭はじけ気味!

テーマ:四国編
【日本縦断、これまでの歩行距離数】9,320km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,900km
【出 発 地】北海道知床半島 相泊(あいどまり)
【最西到達地】沖縄県 与那国島 西崎(いりざき) 日本最西端
【現 在 地】徳島県徳島市 北田宮の友人宅
【最終目的地】徳島県阿南市の実家(到着目標12月15日)残り4日
【旅の途中で入った温泉】278湯




8年以上かかった日本徒歩縦断の旅のゴールまであと4日
ウェディングドレスとタキシードでカートを押して歩いてゴールイン
詳しくはこちら⇒⇒⇒歩き旅のゴールイン&ウォーキングウェディングのお知らせ



12月11日午後2時よりB-FM(79.1)のラジオ生番組B*BCafe
12月12日午後5時より四国放送の番組「ゴジカル」
に出演することになりました!!





歩いて進みつつ、4日後のゴールイン&ウォーキングウェディングの準備、連絡、
打ち合わせ、手配などをやりつつ、ブログも更新

人生最大のてんやわんやで、悲鳴が出そ~~



でも旅の終わりに集まってきてくれる皆に楽しんでもらえるよう頑張るぞ~




<strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
↑↑↑このバナーをクリックすると一日一回ランキングポイントがカウントされます
一日一回のクリックが更新の励みになります。いつもどうもありがとう







一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」>
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2013年12月09日

歩き二人旅のゴールイン&ウォーキングウェディングのお知らせ!!

テーマ:四国編
12月15日午後2時にゴール!!

ウェディングドレスとタキシードでカートを押してゴールイン!




日時 12月15日(日) 午後2時頃にゴール予定 
               午後3時頃よりパーティー(宴会)

場所 ゴールイン:徳島県阿南市橘町青木50-1 ふみ実家の庭先⇒⇒⇒地図
   パーティー:ふみ実家の近所の集会所(約50m先)


8年越しの日本徒歩縦断の旅。
北海道知床を一人で出発した旅がゴールでは二人に。
みんなにゴールインを祝福してもらえれば嬉しいなあ



コスプレ・かぶりもの大歓迎!

ゴールイベントは野外です。
決して正装ではなく、ラフな温かい服装で来て下さい


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ふみあゆみ


お願い

・駐車場が離れているので車の人は20分前までには来てください⇒⇒⇒駐車場地図
・当日早めに来て手伝える方を募集してます
・料理やお酒は用意しますが、食べ物、飲み物の持ち寄り歓迎
・公共交通機関で来られる方、送迎あります(詳しくは下記)
・当日宿泊希望の方、12日までにメール下さい

連絡は以下のアドレスへメールでお願いします
arukibitofumi@yahoo.co.jp



パーティー会場(宴会場)はふみ実家のすぐ近くの集会場で。

夜はふみ実家等で雑魚寝もできるけど寝られる人数は限られています
駐車場も部屋も狭いので、人数を把握するため、当日来られそうな方はどうか12日までに
ご連絡くださるようお願いします(連絡は早いほどありがたいです)。
その際、人数と交通手段、車ならば台数、パーティーへの参加・不参加、宿泊が必要かどうかを教えてくださいね

宴会芸も募集中!!

なお、お祝い金は辞退させていただきますのでご了承下さい


公共交通機関
・JR
もよりの駅はJR牟岐(むぎ)線の「阿波橘」駅ですが、そこから会場まで4.5kmあります。
徳島駅10:09⇒⇒⇒阿波橘10:54
徳島駅11:39⇒⇒⇒阿波橘12:28
・高速バス
大阪からは「なんば」「梅田」から、徳島バスの「室戸・生見・橘行き」に乗り
「橘営業所」で降りると一番近くて、会場まで3km。バスは神戸の「舞子」でも乗れます。
⇒⇒⇒「徳島バス 大阪→室戸・生見・橘」
南海なんば7:30⇒⇒⇒ハービス大阪7:55⇒⇒⇒舞子 9:00⇒⇒⇒橘営業所11:05
南海なんば9:30⇒⇒⇒ハービス大阪9:55⇒⇒⇒舞子10:55⇒⇒⇒橘営業所13:00

「JR阿波橘駅」「橘営業所」へは送迎しますのでご希望の方は連絡ください




連絡は以下のアドレスへメールでお願いします
arukibitofumi@yahoo.co.jp







><strong>にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ</strong>  にほんブログ村 日本一周人気ランキング

一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。