1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年06月30日

至福の海

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,553km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】28km 笠石海浜公園(和泊町)→屋子母海岸(知名町)→沖泊海浜公園
【現在地】鹿児島県 知名町 沖泊海浜公園3日目(沖永良部島13日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯






沖永良部島で訪れたビーチも現在の沖泊海浜公園で四ヶ所目となる


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ワンジョビーチ
最初に訪れたワンジョビーチ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-笠石ビーチ
すぐ前をフェリーが通っていく笠石ビーチ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-屋子母ビーチ
海亀が泳いでいた屋子母(やこも)ビーチ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-沖泊ビーチ
そして現在いる沖泊(おきどまり)ビーチ

どのビーチもそれぞれに特徴があってどの海も美しく、トイレ・シャワーがあり無料でキャンプできて素晴らしい




島に着いて2週間近くになるが、島で歩いたのはうち3日間のみで総距離も33km。

徳之島以降「歩いて移動する」と言えば「ビーチから次のビーチに移動する」ことを意味するようになっている

それで良し!

私達にとって島ではビーチが全ての拠点だ。



毎日海に入って、泳いだり、貝採ったり、地元の人達と話したり、コーヒー飲みながら本を読んだりする。
折り畳みバケツで洗濯して、時間をかけて料理をする。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヤギおじさん

ワンジョビーチで出合ったおじさん

神奈川から移住してきているのだが、島でヤギを飼って廃屋や荒れ果てた荒地にヤギを繋ぐことで
町おこしをしようとしている
ヤギはわりと何でも食べてくれて餌代もかからず、草が延び放題の土地でもきれいにしてくれるそうだ

私達は勝手に「ヤギおじさん」と呼んでいるのだが、笠石ビーチまで訪ねて来てくれて農家に人にもらったという大量の里芋を持ってきてくれた。
ちょうど今は里芋の出荷時期なのだそうだ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あふれる野菜
その上に、バーベキューの時にいただいた野菜などで、たぶんこれまでの旅中で最高にたくさんの野菜が手に入ったと思う
里芋はこの後さらに一袋いただいている



さらにさつま町から送っていただいたお米と差し入れの食料
$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-差し入れ
これは既にいくつも食べてしまった後に撮ったもの。
野菜はにいに夫妻が入れてくれたものだ


すごい。もう島で食料を買う必要はないぞ
というかこんなに食べきれるのか?




そう思いつつ、里芋だけでも思いつく限りの方法で料理した

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ホイル包み焼き里芋
これは焚き火台でホイル包み焼きにした。これが一番うまい食べ方かも。




さらに私が海で採ってくる貝
$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-貝
あゆみはあまり興味を示さず味見程度にしか手を付けないのでほとんど私の晩酌島焼酎のつまみとなる




そして現在、あれほどあった食料は一つも腐らせることなく全て二人の胃袋におさまった
しかも意外と早く・・・





島では島の旅

毎日仕事してる人に申し訳なく思ってしまうリゾート気分満載の生活だな


でも私達にとっても、例えばこの沖永良部島にもまたいつか足を運ぶかもしれないが、もう二度と訪れる機会はないのかもしれない。
ある場所が気に入ったらそこばかり何度も繰り返し訪れる人がいるが、私はそういうタイプではない。
いつだってまだ見ぬ新しい地を求めてしまう根っからの旅人なのだ


現在の南の島を巡る旅は二人の徒歩日本縦断の旅の中でも最大のハイライトになるのは間違いない
どんなに今回の旅が楽しかったとしても、人生でもう一度歩いて日本縦断をすることはあり得ない

島でのビーチ生活はこの先、何度も繰り返し思い出す人生最良のかけがえのない時になるかもしれないのだ



だから決して先は急がない




「先の予定が決まっていることで旅の楽しみは半減する。
立てた予定通り行動することで楽しさは更に半減する」

私の勝手な持論だ

気が済むまでここのビーチにいてもいいし、気が向いたらまた別のビーチに行ってもいいし、次の島に行っても構わない

この自由度こそ、期限・予定なしの旅の一番いい点だ







最初の頃に素肌を出して泳ぎ、背中がヒリヒリして一気に皮が向けた経験から、泳ぐ時のスタイルも島の人に習って肌を露出させないようになった

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あゆみの泳ぎスタイル
あゆみはこんな格好



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ふみの泳ぎスタイル
私はこんな感じだ






さあ、今日も海に潜るぞ~~







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
入れ替わりが激しいぞ
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ、トップに返り咲き⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「九州編」 の記事
2013年06月29日

女性シャワー室で寝る男

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,525km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km 笠石ビーチ(沖永良部島)
【現在地】鹿児島県 知名町 沖泊海浜公園(沖永良部島12日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯






もう一週間も前のことになってしまった

泳いだり、料理したり、日々を楽しむのに忙しくてなかなかブログの更新もままならない





徳之島や沖永良部島ではビーチは町役場の管轄で、ビーチのある海浜公園などでキャンプする場合
町役場で使用許可の申請をすることになっている

沖永良部島のワンジョビーチでは現地に着いてから役場に電話したのだが、事前に申請が必要とのこと。
でも役場の人がこちらに来る用事があるらしく、ついでに申請用紙を持って来てくれるという。
なんだか申し訳ない




で、その時に初めて台風が来ているということを知った(先日の台風4号のこと)。

あれま!さあいったいどうしたもんだ

役場としてはその日はまだ問題ないけど、台風が接近した時はキャンプを許可できないそうだ。
テントが飛んでしまったら問題になるし、私達としても台風の中テントと一緒に心中したくはない。


ワンジョビーチはフェリーの着く和泊の町から離れた反対側の海で周りには人家もない。
台風が近づいたらテントは撤収するとして、カートの荷物をどうしようかと思案していると役場の人がこう言ってくれた

「台風の時に海に入る人はいないからカートを女子シャワー室に入れておいてもいいですよ」

それはありがたい
$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-シャワー・トイレ設備
公園にはとても立派なシャワートイレ設備があるのだ




そして台風が近づいてくる。
ワンジョ公園は電波の入りが悪くてネットがたまにしか繋がらずなかなか情報が入ってこない

でもどうやら直撃することはなさそうだ

雨が降る前にテントを撤収し、シャワー室に荷物を持ち込む
雨風があたらないというだけでもありがたいものだ



で、夜はシャワー室にシートを敷き、エアマットを敷いて眠る

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-女性シャワー室

役場の人はシャワー室に荷物を入れていいとは言ったけど寝泊まりしてもいいとまでは言ってなかったんだけど・・・




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-寝る男
女性シャワー室でグースカ眠る男

もし早朝の荒れた海に入りにきた女性がいて、シャワー室を使おうとしたらさぞびっくりすることだろうな



シャワー室に寝る夜に先日のバーベキューがあって、私は酒を飲んで酔っ払ってすぐに寝てしまったんだけど
あゆみは排水口の臭いが気になったのと私のいびきがうるさくてあまり眠れなかったそうだ




台風が沖永良部島に最接近するのは翌日で、今度は女性シャワー室の中にテントまで張ってしまう始末

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-女子シャワー室でテント
キャンプ生活を長いこと続けているとテントの中にいるだけで気分が落ち着くのだ





台風一過、再び外にテントを張り直す


あゆみはあずまやの下の広い台の上にエアマットを敷いて朝の日課のストレッチ
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あゆみのストレッチ


これをやらないと一日が始まらない。
腰と背骨に問題のある彼女はストレッチをしないと体がギクシャクしてうまく動かないんだそうだ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あゆみのストレッチ2
なんだかとても気持ち良さそうにストレッチをしている。


その途中でその場を離れる時にエアマットが飛んでいってしまわないよう
重しとして選んだのがなぜかノートパソコンだったのだ。


お約束で、急に強い突風が吹き、エアマットと共にノートパソコンは宙を舞い、床に激突した。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-落ちたパソコン
旅先での過酷な取り扱いに耐えうるよう、頑丈なパソコンを選んである
表に割れがあるものの、立ち上げてみると普通に立ち上がった。

強いパソコンで良かったなあ



でもそこはネットが繋がりにくかったので気付かなかったのだけで、Wi-Fiが使えなくなっていることに気付いたのは次のビーチに着いてからだった



あれこれといじってみるが、全く繋がらない。
駄目だ。どうなってるんだろう

修理か?
いったいどれだけの時間とお金が必要だろう




その時、あゆみがそういえば和泊町の商店街を通った時に、「パソコン」に関する店を見たような気がする、という

あゆみの思い違いかもしれないが、藁にもすがる思いで行ってみる

すると確かにあった
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-@えらぶ・ねっと
「@えらぶ・ねっと」
聞いてみるとパソコンの修理なんかもやっているみたい


見てもらうと、やはりWi-Fiのスイッチが内部で壊れてしまっているようで、そう簡単には直りそうにないようだ
修理となるとメーカーに送ってのことになり、日数もかなりかかるそうだ。

落胆しかけるが、次の言葉で復活した。
ネット接続だけが問題なら、外付けのUSBアダプターを付ければWi-Fiは使えるようになるとのことだ。

そのアダプターも、ご主人が自分で使おうと思って買っていたのがたまたま手元にあるという。

なんという幸運!
正直な話、ほとんど期待せずにテントを出てきたのに、もう解決してしまったのだ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-@えらぶ・ねっとで
素晴らしや
「@えらぶ・ねっと」さん

お陰でブログが更新出来るようになった



沖永良部島で、パソコンを台風に飛ばされたりのトラブルがあった方はぜひ「@えらぶ・ねっと」にご相談を!






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
4つ巴で抜きつ抜かれつ
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ。ランキング再びトップに⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年06月28日

まるで「寄生獣」クモ貝を食す

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,525km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km 笠石ビーチ(沖永良部島)
【現在地】鹿児島県 知名町 沖泊海浜公園(沖永良部島11日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯





沖永良部島にきて12日目
海が大荒れでない限り、ほぼ毎日珊瑚礁の海に入っている


私は自分の手で採れた物を食べるのが大好きだ

リーフの内側で見つけられる貝が何種類かある
ど素人の私の目でも見つけられるのが「クモ貝」だ
割と大きいのが簡単に見つかるところをみると島の人たちはあまり食べないのだろう


この「クモ貝」
貝の形もだけど、中にいる貝自体もなかなかグロテスクだ
形といい、動きといい、岩明均の漫画「寄生獣」そっくりだ



ではその奇態な姿を動画で見ていただきましょう



youtube動画「クモ貝を食す」






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
抜きつ抜かれつデッドヒート中
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年06月27日

海の旅人と出会う、沖永良部の夜

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,525km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km ワンジョビーチ(沖永良部島)
【現在地】鹿児島県 知名町 屋子母海岸(沖永良部島10日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯






ワンジョビーチで泳いだり洗濯したりしてのんびりと過ごす

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-洗濯


すると車で公園に来た人に声をかけられた
徳之島の丸野さんからの連絡で私達のことを知ったそうだ。




徳之島を出る前に徳之島町で出会った丸野さん

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-丸野さん
徳之島観光協会の事務局長で、トライアスロン大会の司会をしたり、島の様々なイベントでも中心的な役割をしているようだ。

フェリーの見送りにまで来てくれた時に言ってくれてた
「奄美の島々はみんな繋がっているからね。これから先の島には連絡を入れておくよ」

早速繋がりました
ありがとう、丸野さん



声をかけてくれたのは和泊町で美容室等をやっている入佐さん
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-スイコウさん



たまたまカヌーで奄美群島を旅している人が沖永良部島に来ていて、夜にここワンジョ公園でバーベキューをするので参加しませんか?
と誘っていただいた
こういうのって嬉しい!
喜んでご一緒させていただく



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海の男達
海を旅していたのは奄美大島出身の「白畑瞬」君
アウトリガーカヌーを自力で漕いで沖縄の北の端から奄美群島を繋いで奄美大島の先の喜界島まで行くという
奄美群島日本復帰60周年のイベントでもあり、非常時のために他に二人がヨットで伴走しているが
航海中手をかしたり接触したりすることはなく、瞬くんが一人で漕ぎ進めている
→→→結人(ゆいんちゅ)プロジェクト




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-パッション焼酎
島でパッションフルーツを作っている方が、まだ食べたことのない私達に熟したのを持ってきてくれた

上部を切って、中に島の黒糖焼酎を入れて飲む
こういう飲み方があると話には聞いていたがついにそれを味わう機会がやってきたのだ

口の中に果肉の甘い味わいが広がって美味だ!
これは贅沢だな




その夜のバーベキューは島を出て沖縄に行く女性の送別会、沖縄民謡の賞獲得した女性のお祝い、おめでたのお祝い、などなどいろんなお祝いを兼ねているそうだ




さらに、島の人による島唄の演奏が始まった
待ってました!


youtube動画「沖永良部の夜」
途中でこうゆう風に皆で輪になって踊り出す、ってのは本当だった
楽しいぞー



瞬くんも奄美大島の島唄を披露してくれた


youtube動画「瞬くんの島唄」
奄美でも島によって唄だけでなく「三線」自体も違っているらしく、弦の太さが違ったりピックがなかったりするそうだ。

カヌーを漕いで、カヤックのインストラクターもして、島唄も歌えるってのはすごいな





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-バーベキューメンバー
朝には全く知らなかった人達と共に

突然始まった「沖永良部の夜」をしっかり堪能させていただいた

素晴らしい夜になりました
島の皆さん、本島にありがとう






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
一位のべーすけ君と抜きつ抜かれつ
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月25日

南の島を知らない人生

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,525km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】5km 和泊港→ワンジョビーチ(沖永良部島)
【現在地】鹿児島県 和泊町 笠石海浜公園4日目(沖永良部島8日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯





フェリーで沖永良部島に向かう

この春に鹿児島市を出てからいったい何本目のフェリーだろう
数えてみると8本目だった


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フェリー内
フェリーで私達のカートは大抵の場合自転車扱いで自転車料金がかかる
この料金も結構バカにならないのだが、まあこんな大きなものだから仕方ない






オキノエラブ到着!

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-港
港からして青いぞ!




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-南洲神社
ここにも西郷隆盛の像がある
西郷隆盛は奄美大島と徳之島から沖永良部島と二度にわたって島流しにあっている
島津久光公の怒りに触れたということだけど、いったいどういう経緯でそうなったのか
せっかくだからその辺りの詳しい話を島で読んでみたいもんだ




さあまずは落ち着く場所のビーチに向かおう
和泊港からすぐに歩いていけるビーチは二つあり、そのうち島の裏側にあって静かそうなワンジョビーチに向かって歩いた

沖永良部島は平坦な島だけど少しは坂もある
大半の人は島の南側、太平洋側に住んでいて、東シナ海側には人家も少ないようだ

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ワンジョ公園
きれいに整備されたワンジョ公園に砂浜
これは期待できそうだ



奄美大島以来、砂浜の沖には必ずリーフ(珊瑚礁)がある
このリーフのある地形自体が私には珍しい





落ち着くと早速誰もいない海に入る

これが今回新しく手に入れた新装備
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-シュノーケル
シュノーケル!!



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-いざ海へ
澄んだ水にシュノーケルを装備して入る





このシュノーケルを付けるだけで海の中の世界はこれまでとは一変した


youtube動画ワンジョの海中

なんだ、なんだ!
こんな砂浜近くの海なのにこんな光景が見られるのか!

今まで南の海を知らなかった私にとっては衝撃だった
奇妙な形をした珊瑚があって、カラフルな魚達がいっぱいいて、それがすぐ目の前を泳いでいる
貝だって採れる

リーフがあるのでそこから出ない限り流される心配もない

すっかり夢中になって数時間の間、海の中を泳ぎ回り戻ってくると背中が痛い
日焼けでひりひりする。気をつけなければ

しかもこんな素晴らしい海があるのに誰も泳いでいない



浜に戻ってシャワーでさっぱりする

役場への申請は必要だけど公園でテントを張ってもキャンプ代も要らない

好きなだけ海に入って公園でゴロゴロしてても誰にも文句言われない

知り合った地元の人が野菜や焼酎をくれたりする






歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-夕暮れ

何度も言うが、南の島のビーチってやっぱり楽園だ


ビーチを知らなかったこれまでの人生は損してたなあ、とまで思ってしまう









にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
なかなか一位奪還は難しい
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年06月24日

島から島へと

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,520km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】16km 伊仙町 瀬田海海浜公園→徳之島町 なごみの岬公園→ 亀徳港⇒(フェリー)⇒沖永良部島
【現在地】鹿児島県 和泊町 笠石海浜公園(沖永良部島)
【旅の途中で入った温泉】272湯






島のパソコン店を訪ねて見てもらい、なんとかネットが繋がるようになった。良かったー
詳細は後日書くことにして、まずは前に居た徳之島から現在居る沖永良部島に着くまでのことを書いてしまおう。

もう沖永良部島に来て一週間経つから、内容も一週間前のことになる。




4泊した瀬田ビーチを出発し、徳之島の亀徳港を目指す


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-瀬田ビーチを去る




サトウキビに海、そして海の向こうにはこれから向かう沖永良部島がかすかに見えている


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-サトウキビと海






歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-喜念浜

昼食は途中にあった喜念浜の休憩所





ここのビーチもいいなあ


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-昼食

リーフで広大なプールになっている
どのビーチもリーフに囲まれているから潮が引いている間は流されることもない
恵まれているよな

ずっとこんな海で育ってきたなら本土のリーフのない海なんて危なくて泳げないかもね



昼食後の昼寝も気持ちいい

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-昼寝





徳之島町の中心部に近づく。久しぶりのコンビニがある町だ



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-奄美大島の方

遠くに奄美大島の姿が。
見えているのは加計呂麻島の手前の請島、与路島か






港から2kmほどのなごみの岬公園でテントを張る

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-なごみの岬

日に一便の沖縄から鹿児島へ向かうフェリーが出港していく






町のホームセンターで新装備をいくつか買い足した


その一つはこれ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-どこでもシャワー
「どこでもシャワー!!」

この公園にはシャワーがなかったが、水道さえあればこのホースで夜間にシャワーを浴びられるという優れものだ
この夜、あゆみは早速使っていた・・




翌朝、フェリーで12日間滞在した徳之島を出る
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-フェリーより
昨夜キャンプした岬が遠くなっていく


徳之島も美しくのどかで親切な人の多い島だった。

徳之島の皆さん、ありがとう



島から島へと進む度にますます島が好きになっていく






より大きな地図で 鹿児島県の島旅 徒歩旅ルート を表示
徳之島歩き旅ルート図





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
現在1位をべーすけ君と競いあってる
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月23日

月下の自販機

テーマ:九州編

Android携帯からの投稿



【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,504km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km
【現在地】鹿児島県 和泊町 笠石ビーチ2日目(沖永良部島6日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯






島の裏側で電波状況の良くないワンジョビーチから、町に近い笠石ビーチに移動した。

しかし先日、突風でノートパソコンが飛ばされて地面に落ち、パソコンのネットが繋がらなくなってしまった。
頑丈なことが売り物のパソコンだったけど、さすがに支障があったようだ。



スマホで撮った写真を使ってならブログの更新もできる。
ただ、徳之島から沖永良部島、載せたい写真や動画がたくさんあって、簡単に済ませてしまうのはもったいない。

だからパソコンが直るまではスマホで簡単に近況報告だけ載せようかと思う。




現在笠石海浜公園に移って二晩目。
夜になると灯りはなく、唯一明るい自販機の前に陣どって、
缶コーヒーではなく自分で淹れたコーヒーを飲み、日記を書いたり本を読んだりしている。
顔を上げればそこには大きな月。






今夜は満月で充分に明るいのだが、本を読むにはちょっと暗すぎる。

しかし、自販機というのは不必要に明るいもんだなあ。
勝手に電灯として使っておいて偉そうなこと言えた義理じゃないけどね





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
現在2位
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ。
⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月22日

ビーチからビーチへ

テーマ:九州編

Android携帯からの投稿



【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,504km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km
【現在地】鹿児島県 和泊町 笠石ビーチ(沖永良部島5日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯





台風は大した影響もなく去り、穏やかなワンジョビーチに戻ったけど、今日はワンジョ公園に
150人の使用申請が出ているそうなので退散することにした。




パソコンが調子悪くネット接続が出来なくなって、写真や動画のアップロードできないので、スマホで更新するしかない。
出したい写真や動画がたくさんあるのに残念だ。






今日移動した笠石海浜公園。
ビーチというビーチは全て信じられないほどに美しい。






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
現在2位
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ。
⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年06月20日

台風避難中

テーマ:九州編

Android携帯からの投稿



【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,504km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km
【現在地】鹿児島県 和泊町 ワンジョビーチ(沖永良部島3日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯




台風接近中に付き、テントを撤収して、女性シャワー室で寝泊まり中。


「台風の中、泳ぎに来る人もいないだろうからシャワー室に荷物を入れて構わない」
と役場の許可ももらっている。




ただ、ここのビーチは電波の入りが悪いのでなかなか更新できそうにないな







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
現在3位
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ。1位をキープ
⇒⇒⇒
「ただ歩いてゆく旅」

あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年06月18日

お気楽極楽無銭リゾート

テーマ:九州編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】8,504km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約20,100km
【前回からの歩行距離(記事内)】0km 伊仙町 瀬田海海浜公園
【現在地】鹿児島県  徳之島町 なごみの岬公園(徳之島12日目)
【旅の途中で入った温泉】272湯





さとうきび畑の横を通って海岸に下りていく
なかなか良さそうな場所だぞ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-瀬田ビーチ2

やはり!
トイレ・シャワーはあるし、屋根のあるバーベキュー台まである

なによりもビーチが素晴らしい

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-瀬田ビーチ3
しかも誰もいない

梅雨も明けたみたいで、今までみたいに晴れた日には歩かないと雨で進めないという心配がなくなったし
これはここでのんびり過ごしたいなー


バーベキュー台のすぐ近くにテントを張ろうとしたがちょっと考え直す

今日は木曜日でこれから週末だ。
梅雨も明けたとなると土日にはさすがに人がたくさん来るかもしれない
やっぱりちょっと離した方がいいかも

そこにちょうど町役場の人がきて話をすると、キャンプするならバーベキューとの兼ね合いも
あるので一応役場に連絡しておくといいとのことで電話する
するとキャンプ自体は問題ないが、土曜日の夜だけバーベキュー台に団体の予約が入っているそうだ。

まあ一晩くらいにぎやかでも問題なかろう
よししばらく滞在に決定だ!




考えてみると私達のような野宿・自炊生活で旅をする者にとって、島のビーチでのキャンプは
最高に素晴らしい条件が揃っていると思う

まず
・公園でテントを張っても誰も文句言わない。キャンプ代もかからない。
本土ならば結構気を遣って、あまり一所に長居しないようにしなければならないし、下手したら
付近の住民に通報されたりして、職務質問を受けることもある

・シャワーがある
徒歩旅だと近くに入浴施設があるかどうかは大きな条件だ。
一晩くらいなら我慢もできるが風呂がないと長く滞在はできない。
わざわざバスで風呂に行くのも不経済だし。
その点ビーチだとシャワーがあってしかも無料だ

・ビーチがある
まあ説明は必要なかろう
これが一番かもしれない


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ビーチでキャンプ

テントを張ってくつろぐと早速海に行く




すぐに泳ぎ始めるあゆみ


YouTube動画

あゆみと私では、海での楽しみ方が全くと言っていいほど違う

あゆみはひたすら泳ぐ
クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ
泳いでばかりいて何が楽しいのか私にはさっぱりわからない

私にとっては泳ぐのはまあどうでもよくて、ぷかぷか海に浮いていたり、磯辺に潜って貝を探したり、
魚を追っかけてみたりするのが楽しい。
反対にあゆみはそういうのには目もくれず、ほとんど水に潜ることさえない

だから海ではお互いの楽しみ方で、別々に泳ぐことが多い





テントを張っていると地元の人と話ができるのもいい
バーベキューにきた人達に呼んでいただいて、ご馳走になった。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-バーベキュー
一族が集まっての飲み会だそうだ。
島の人の話が聞けるのも嬉しい。

疑問に思っていたことを聞くチャンスだ!

なぜこんなにきれいなビーチがあるのに誰も泳いでいないのか?

島の人にとって海は魚介類を採ったり釣ったりする所で、泳ぐという習慣はないそうだ。
その証拠に島では泳げる人があまり居ない、ということだ。
それを聞いて唖然としてしまった。
本土の人にとってはよだれものの快適ビーチがあるというのに、信じがたいことに
皆わざわざプールにいくのだそうだ

週末となれば流石に家族連れも現れるが、確かに泳いでいる人は誰もいない。
さらに肌を露出させている人もいない。
女性だけでなく、男性でもTシャツを着たまま海に入り、歩き回っているだけだ。
平日ともなればほんの日暮れ頃にきてちゃぷちゃぷしてるばかりだ。

だからビキニでいろんな泳法で泳ぎまくっているあゆみは非常に目立っていた




散歩に来た人に島の野菜を教えてもらった


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-うみほうれんそう
これはウミホウレンソウという植物。
新芽を摘んで塩で湯がくと美味いそうだ







歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-にら
近くにはニラも自生していた




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-島の幸
ウミホウレンソウは塩ゆでしてマヨネーズしょうゆとゴマであえる。
ニラは卵と炒めてこれで2品。いいぞー


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ゴミ拾い
ボランティアで浜を清掃する人達が来たので、当然私達も参加させてもらう



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ボランティアの人達と
終わった後でお茶をいただいてしまった



その翌朝、そのうちの一人が自分で作っているという「にんにく漬け」と「ニンジン漬け」を差し入れして下さった。
これは嬉しい
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-差入れ
食べるのが楽しみだな



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-夕焼け
夕焼け



また島の人は徳之島のことを皆何もない島だと思っている。
こんなに素晴らしい自然があるというのに。

島を訪れる人が少ないのはやはりあまり知られていないことと交通が不便だからなのだろう。

飛行機だと高いだろうし、フェリーだと日数はかかるし、そう安い訳でもない。
沖縄へ行く方がずっと安く行けるのだ。

でもだからこそ、人も素朴で親切で自然も残っている。



のんびり、ゆったり過ごしたい人には
徳之島、穴場だよーー




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
ついにべーすけ君に追い越されて3位に
いつもクリックありがとう





一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ。1位、2位を争ってる⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
あゆみのお兄さん(タスマニア島のフォトグラファー)のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」
a>
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。