1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012年04月29日

広島県へ 久々の県境越え

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,511km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,100km
【前回からの行程】広島県福山市 4丁目公園←←岡山県井原市小田川河川敷←←倉敷市高梁川河川敷
【前回からの歩行距離】48km
【この旅で入った温泉】217湯目 福山コロナ温泉コロナの湯




なんだか珍しく進んでる。
あゆみの調子も徐々によくなってきて1日に歩く距離が20kmを超えても平気になった。
そして昨日岡山県から広島県に入った。
旅を再開して初めての県境越えだ。




一昨日の朝、2晩泊まった高梁川(たかはしがわ)河川敷を出る。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-高梁川河川敷

二人でのテント生活も徐々に要領を思い出してきた。

何でもそこら辺へ適当に置く私と、決まった場所に整理して置くあゆみ。
この構図は変わらないけど、道具の定位置が決まってきて効率は良くなってきている。
あがりさん効果が出てきているようだ。




川辺宿(かわべじゅく)を通りかかる。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-「本陣殺人事件」の町

ここには横溝正史が疎開してきて金田一耕介が初めて登場する「本陣殺人事件」を書いた家があり、作品に登場する場所がたくさんあった。
彼の代表作「八墓村」「犬神家の一族」「獄門島」「悪霊島」「悪魔の手鞠歌」などの多くが岡山県内の地をモデルにしている。
岡山県は穏やかでのんびりした所だけど、古くから続いてきた家柄や因習等が数多く残っていてミステリーの題材になるものが多かったということだろう。




小田川の川沿いの道を歩く。
天気も良く、景色も良く、気分良く歩く。
鶯や雉の鳴き声がよく聞こえてくる。






この日も河川敷にテント。
「困った時は河川敷」
テントを張る場所がなくて困った時には河川敷に行けばなんとかなることが多い。
河川敷は公共の場所だから文句の出ることも少ないし、大抵景色も良い。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-小田川河川敷

ただ今回は土手沿いの民家からも良く見える場所で近くにトイレも水道もなく、遠くからじろじろ見る
人もいてあまり落ち着けなかった。





そして昨日は途中で温泉に入り、その後は長く歩く気にならなかったので、町中の「○○町4丁目公園」の隅っこにテントを張った。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-4丁目公園

水道、トイレがあるのが嬉しい。
町中の公園は、早朝に出発しなければならないのと連泊はできないのが難点だけど、元々そのつもりでいれば問題ない。
あと、近隣の家から通報される可能性もないではない。行儀良くしなければ。






夜メールチェックすると友人の訃報が入っていた。
東日本大震災のボランティアで知り合ったひでくんが水の事故で亡くなったというのだ。

あまりのことに呆然となる。
とても信じられない。
大震災の後、まだ小さな子供がいる身ながら単身岩手県山田町にボランティアに駆けつけ、
長い間車に寝泊まりして頑張っていた。
昨年の秋、道東にある彼自らの手で作ったストローベイルハウスを訪ねた時に会ったのが最後だが、
家族と過ごす彼の優しい笑顔しか浮かんでこない。
「なぜ彼が」
現実感が沸かない。これからじわじわと心に入りこんでくるのだろう。





この後は鞆の浦(とものうら)に向かう。
ゴールデンウィークに入って混雑してると嫌だなあ。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「中国編」 の記事
2012年04月26日

歩きの達人その2

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,470km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,070km
【現在地】岡山県倉敷市 高梁川河川敷



昨夜はトイレのある河川敷にテントを張って荷物を中に入れた途端に雨が降り始めた。なかなか運がいい。

あゆみは体を旅モードにもっていくのに手こずっているようで、すごくよく眠る。
昨夜はまるまる12時間も寝ていた。

私は歩き始めてからなんだか調子が良くなって、快食快眠快便だ。



雨が降ってすることもないし、この後も少し温泉のないルートを歩くのでお風呂と食料の買い出し、
パソコン等の充電のために電車で倉敷の町まで往復する。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-倉敷の銭湯

お風呂に入ってさっぱりし満足げなあゆみ。

お風呂は美観地区近くの昔ながらの銭湯「えびす湯」に入った。
なんというか、本当に「昭和の銭湯」という感じの銭湯らしい銭湯だった。





さて先日までお世話になっていた備前市の「歩きの達人」あがりさんの話の続き。



あがりさんが常人と違っているところは物事への徹底した追及だろう。

例えば、家の内部はお客さんを迎え入れるために徹底的に準備されている。
全て20人分用意されている備前焼の食器にしても、親切丁寧な部屋内の表示ラベルにしてもそうだ。
小学3年生が読んで分かる表示を心がけているらしい。

備前焼の食器の中には特大のカニを載せるための大皿もあり、カニ鋏やカニフォークまでもが全て
20人セットある。
「これが必要だ」と思ったら翌日にはすでに20セット揃っているというのだかすごい。



しかし、あがりさんのふだんの生活は質素なものだ。

例えば電力を多く使うような作業はほとんど深夜電力を使ってやっている。
中国電力では深夜電力は夜11時から朝8時までで、電気代は昼間の1/3だそうだ。
だから掃除機や洗濯機、IHコンロでの煮炊きなどは早朝に起きて朝8時までに全て終わるようにしている。

食事に関してもカレーやおでん、お好み焼きなど作り置きのできるメニューをもちろん深夜電力時間帯に
驚くほど大量に作って冷凍してあって、普段はそれを食べている。
趣味のウォーキングはもとよりお金を必要としない。


客人の歓待にはお金を惜しまないが、無駄なお金は一切使わない、という姿勢もまた徹底している。



ゴミの分別にしてもそうだ。
私もゴミの分別は結構徹底して分けている方だと思っていたが「これは負けた」と思った。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-プラごみ干し

食品等の入っていたビニール包装を全てハサミで切り開き、洗剤を付けたスポンジで洗い、さらに
それらを干す専用の物干しがあるのだ。



道路の清掃ボランティアにも参加し、それ以外に普段もその清掃場所から外れている場所を自分一人で掃除している。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-道路端の草取

私も一度少しだけ道路わきの草取を手伝わせてもらったが、不慣れなせいかすぐ手や腰が痛くなってしまった。
誰に言われるわけでもなく、一人黙々とゴミを拾ったり草を取り続けることは誰にでも真似できることではない。



そして趣味のウォーキングのバリエーションとも言える、家の周辺地域の山歩き。

同じ道を何十度と通って、地元の人でも「小さい頃にはたしかそんな道もあったな」というような、
昔の地図にしか残っていない道をいくつも探しだし、一人整備している。
山歩きにはいつもロープや剪定ばさみを持ち歩き、分かれ道には道標の札を用意しておいて木に吊る
してくるそうだ。
おそらく地元の誰よりもその辺りの山々を知り尽くしていることだろう。



合理的に作業することに対する工夫も半端ではない。
その姿勢には私達も啓蒙されて旅の道具をいろいろと工夫するようになり、実際日々の作業がかなり
効率化されたと思う。

ただコーヒーを淹れた後すぐ次回用にあらかじめ豆をセットしておくのは、普段豆をできるだけ空気に
触れさせないよう気を遣ってる私達にはちょっと抵抗があったけど・・・



しかしあがりさんの家にいた1週間、いろいろな話が聞けて非常に良い刺激になり触発もされた。


あがりさん、いろいろと知恵と工夫盗ませていただきました。
戴いたころもちも本当にうまいですね。

感謝してますよー




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2012年04月25日

お風呂問題

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,470km

【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,070km
【前回からの行程】岡山県倉敷市⇐⇐⇐岡山県岡山市
【前回からの歩行日数】2日
【前回からの歩行距離】37km





昨日は岡山市内、後楽園の横を通った後、吉備路自転車道に入り一日自転車道を歩いた。
川沿いの土手や田舎の細い道を通り、桃太郎伝説ゆかりの吉備津神社などの史跡などをつないでいるルートだ。

久しぶりに歩くためかあゆみがまだ本調子でなく、歩く距離は20km弱だ。
午後3時頃にトイレと水のある小さな公園を見つけキャンプ地に即決した。
明治天皇が軍事演習を見学したという塚の下だ。



人家から離れていて静かで水とトイレのあるという都合のいい場所はそう簡単に出合えるものじゃない。
なかなか幸先がいい。
テントを張るとあゆみは疲れているからすぐに寝てしまった。
最初に旅を始めた頃もよく寝ていたから体が慣れるまでは休息が必要なのだろう。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-顔を洗うあゆみ

目を覚ますと真っ先に顔を洗う。彼女の手洗いや洗顔、歯磨きはいつも念入りだ。

そしてまだ明るいうちに夕食を食べて早めに寝る。



すると自然に早朝に目が覚める。
ウォーキングや犬の散歩のコースになっているらしくすぐ横の土手の道を朝早くから歩いている人が結構いる。
そのうち何人かはテント横のカートに興味を持って話しかけてくる。
地元の人と話をすると辺りの歴史や地域性、伝説などもわかって楽しい。


この地に残る伝説では、古代吉備国(きびのくに)の鬼ノ城(きのじょう)に温羅(おんら)という
鬼が住んでいたが、悪さをするので大和朝廷が吉備津彦命(きびつひこのみこと)を送り温羅を倒した。
この吉備津彦命が桃太郎のモデルだそうだ。

一説には温羅は大陸から製鉄技術を携えやってきて吉備国(きびのくに)を治めていた豪族で、
大和朝廷は製鉄技術の入手と大きな勢力を持っていたこの地を平定する目的で吉備津彦命を送ったとも
言われている。




最初はこの日も自転車道の続きを総社(そうじゃ)方面に歩くつもりでいたが、2日間風呂に入られず
にいたのでコースを変えて、銭湯のある倉敷市内に向かうことになった。

あゆみとの旅になって、二人でルートを決める時の重要な要素となったのが温泉や銭湯、つまりお風呂だ。
私も温泉は好きだから問題ない。
私だけなら数日間風呂に入れなくたってどうってことはない。特に海外の旅の間は一週間や10日
シャワーも浴びられないことはざらにあったし、学生時代ネパールの山に登った際には30日近く
水浴びすらできなかったこともある。

しかし元々きれい好きだった彼女はそういう訳にはいかないだろう。
できれば毎日入りたいところを我慢してもらってるのだ。

そのかわりお風呂に入ったら大体2時間は出てこない。
時間に全く制限がないなら4~5時間は入っているだろう。
でも非常に急いでいる時は最速45分くらいで入ることができるようになったのは最初の頃に比べると
かなりの進歩だ。




温泉や銭湯には二人とも石鹸を持って入る。
シャンプーやリンスが備え付けで置いてあっても自分の石鹸を使っている。
理由は前にも書いた通り⇒⇒⇒体・衣服・食器を洗う(ホームページ
私は石鹸自体使わなくてもいいかなと思っているんだけど、あゆみが気にするんでたまに使っている。




今夜から明日にかけて雨の予報だから明日は停滞日にするつもり。
歩き始めて4日目。休養をとるのにちょうどいい。


雨の中、テントで過ごすのも久しぶりだなあ




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年04月23日

ついに始動

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,433km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【前回からの行程】岡山市⇐⇐⇐瀬戸内市長船
【前回からの歩行日数】1日
【前回からの歩行距離】14km





やっと歩きだせたーーー!!!!!
歩いているとやっぱり楽しい。
昨日は出発準備で寝不足だったので昼過ぎには行動を切り上げて河川敷でキャンプ。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-久々のキャンプ

久しぶりのテント生活も嬉しい。
テントを張って中で昼寝する。
堂々と昼寝できるのもいいなあ。
今日は夜も9時には寝よう




やっぱり歩いて初めて本当の自分に戻ったような気がする。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
こちらもついに更新されたよーーー!!!
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年04月22日

歩きの達人その1

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】岡山県備前市





ブログは更新されないし、二人はあれからいったいどこまで歩いたんだろうと想像してくれている人も
いるかもしれない。
毎度毎度期待を裏切るようで申し訳ないが、まだ歩きだしてなかったりする・・・


今朝は酷い風雨だったけど明日は晴れるようだ。
この天候とある事情のせいでのびのびになり、出発は明日、ということになった。

これまではずっと備前市のあがりさんのところで滞在させていただいていたのだ。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-一休庵

あがりさんが「一休庵」と名付けているお宅。
ゆうに普通の家2軒分の広さがある。


右半分はあがりさんのプライベート部分だが、左半分はなんとほとんどがゲストを迎えるための場所なのだ。
左と右それぞれにお風呂、洗面所、洗濯機、トイレがある。
ゲストルームは3部屋あり、それぞれの部屋にエアコン、テレビ、寝具などが完備されていてホテル顔負けの設備だ。



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-説明書き

例えば押し入れにはこのような説明書きがある。
家中のあらゆる場所にわかりやすく説明が付いていてあれこれと探し回ることもない。




この家は亡くなった奥さんとの夢だったそうだ。

あがりさんは元々奈良県生駒市に住んでいたのだが、病気で奥さんを亡くして失意で自暴自棄になり、
一時はもうどうなろうと構わないと酒びたりの日々を過ごしていたらしい。
しかし友人の助言もあって何とか立ち直り、遠く離れた備前に移って奥さんとの夢だった家を建てることにしたという。



今はいろいろな人を家に迎え入れ、泊ってもらうことを楽しんでいる。
もちろん宿ではないからお金をとることはない。
20人の人が泊まることを想定して準備してあり、布団や枕から椅子、食器に至るまで全て20人分が用意されている。
しかも丸皿、角皿、大皿、小皿、急須、お椀、茶碗、湯呑からマグカップ、ぐい飲みなど、二十種類にも及ぶ食器の
全てが備前焼だというのだからすごい。





しばらく前に牡蠣をたくさんもらったそうで、私達が居る間は牡蠣づくしだった。
備前市の海沿いの町、日生(ひなせ)にはB級グルメのかきおこ(牡蠣入りお好み焼き)がある。
歩く途中に通りかかった時には食べる機会がなかったのだが(ほとんど外食しないため)、ここで
その機会が訪れたのだ!


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-かきおこを作るあがりさん

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-かきおこ

牡蠣のたっぷり入ったお好み焼き、なかなかビールにあう。
日生では広島風だけどあがりさんのは大阪風だ。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-かき鍋

さらに牡蠣鍋。
こちらは定番だが牡蠣のだしがしっかりきいていて素晴らしく旨い。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-カキカレー

そして牡蠣カレー。牡蠣とカレーがこんなに合うなんて!






あがりさんは自分のことを「奇人変人」と自称しているが、たしかに普通の人とかけ離れているところがある。


椎間板ヘルニアになって医者に足で歩けなくなるかもしれないと言われて始めたというウォーキングもその一つだ。

しかし徒歩の旅をする私から見ても「私なんか足元にも及ばない」と脱帽してしまう。
修験者の修行の道として名高い「大峰山奥駆(おくがけ)」も一人で踏破している。
一度は瀬戸内海を横断するしまなみ海道全長80kmを歩いて四国に渡り、そのまんま折り返して本州まで一気に歩いて戻ってきたというのだ。
途中で食事をしたりビールを飲んだりしながら、160kmを39時間かけて一睡もせずに歩き続けている。
160kmと言えば東京から静岡ほどの距離だ。
ちなみに私は一日に50km以上歩いたことはない。


でも、あがりさんの並はずれているところはそれだけではない・・・続く







さて明日こそいよいよ歩き始める。
今度こそ本当だ。






でも実際一日でも歩いてから言った方がよさそうだなあ。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」

そしてあゆみのブログもいよいよ始動する。

これも実際更新されてから書いた方がいいか・・
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年04月17日

テント

テーマ:四国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】岡山県備前市



テントを干す。


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-テント


一年以上しまいこんだままだったので黴が生えたりしてないか心配だったけど、全く問題なく安心する。
テントを張るのも1年半ぶりだ。

ちなみにテントはスノーピークのランドブリーズHD2.5
テント前で料理することが多いから前室が広く、強風時のポール折れに難儀したから風に強いのを選んだ結果だ。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2012年04月16日

カートの錆落とし

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】岡山県備前市


上利さん宅のたくさんあるゲストルームのひとつで眠る。
夜は雉と鹿の鳴き声がずっと聞こえていた。



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-久しぶりのカート

1年ぶりにカートと対面する。




しばらく見ないうちにカートのタイヤのスポークは錆だらけになっていた。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-スポークの錆とり

ワイヤーブラシでスポークの錆を落とすあゆみ。

上利さんの所にはあらゆる道具が分かりやすく整然と配置されていて非常に作業しやすい。
こういう作業をしていると、これから旅を再開するんだ、という気分になる。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012年04月15日

ついに岡山県に

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】岡山県備前市



とうとう岡山県に戻ってきた。

赤穂の鍼灸師、福さんに送ってもらって備前市の奇人変人(私が言ってるのではない、自称!)、上利(あがり)さんの家に着く。
⇒⇒⇒工夫一杯のゲストハウス
旅を中断している間、カートやテント等の荷物は上利さんにあずかっていただいていたのだ。

上利さん宅で福さんも一緒に夕食をいただきながら話をする。

2010年に歩いた時は赤穂の福さん宅を出てその日の夜に備前の上利さん宅に到着したのだが、二人に面識はなく直接会ったのは今回が初めてだ。

互いに何か感じるところがあったようでだし、これを機会に新たな繋がりができたら嬉しいんだけどなぁ。


上利さんの所へ来るといつもいろいろと刺激になる。
効率的、合理的に行動するのが苦手な私からすると、上利さんの話は前にも書いたがいつも「目から鱗」だ。ただひとつだけ残念なのは、私の記憶力がお粗末で後に生かせてないことだな。


明日は1年以上手を触れていない旅の道具とご対面、いよいよ歩き出す準備にかかる。
福さん、お母さん、いろいろとありがとう。また次に会える日まで!


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012年04月14日

懐かしの赤穂へ

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】兵庫県赤穂市



また少し出発点に近づいた。

神戸を出て兵庫県の海沿いの一番西の町、赤穂まで電車で行く。



赤穂では一昨年2010年12月に知り合った鍼灸師、福さんと彼のお母さんの所に寄らせていただく。
⇒⇒⇒「赤穂、謎の鍼灸師」


福さんのお母さんは私達が出演した「エチカの鏡」をたまたまテレビで見ていてくれたらしく、
前回の時も大変歓迎してくれた。

今回も私達と会うのを前々からとても楽しみにしてくれていたらしく胸が温かくなる。
最初はお母さんの家で食事をいただいた。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-福さん親子と

オムソバ、旨かったなあ。
そして夜に福さん宅に移動。
泊めていただく。


元陸上選手でスポーツ障害に詳しい福さんの鍼灸院はこちら⇒⇒⇒「福鍼灸 TF Conditioning」
福さんと福鍼灸の人気者黒猫のくろにゃんのブログはこちら⇒⇒⇒走門来福



さあ旅再開地点の岡山県ももう目と鼻の先だ。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
間もなくブログも再開するよーー・・・たぶん
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年04月10日

旅の調理セット

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】兵庫県神戸市




なんだかんだやっておかなければならないことが次から次へと出てきてなかなか出発できずにいる。

来週こそ歩き出せるはず!




時間の余裕ができたので、旅の道具を買い足したり洗ったり修繕したりしている。
簡単なことだけどいったん歩き始めるとなかなかできないものなのだ。




そんな旅の道具のひとつ、調理セット。一日に何度もお世話になる大切な道具だ。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-調理セット

コンロは市販のカセットコンロ用のガスコンロ。
以前はガソリンコンロ等を使っていたが、国内を旅するならこれが一番便利だろう。

鍋セットの横に見えるのが自作の風防。これが意外と重要なのだ。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-風防1

ほとんど毎日外で自炊するから風が強い日にはこれがないと本当に調理にならない。


5年ほど前に旅の途中で出会った旅人が薄い段ボール紙にアルミテープを張った風防を使っているのを
見て「こんなので大丈夫なんだ」とショックを受けた。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-風防2

それ以来いろんな材料を使って作成しもう何代目かになるが、今回は100円ショップで買ってきた
アルミコーティングの油はねガードを切って一部張り合わせ、温度の高くなる部分にはアルミテープを貼ってみた。
一番小さな小鍋だとこんな感じ。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-風防3

一番大きな、米五合炊きの大鍋だとこうだ。

自分の鍋の大きさに合わせて作られるし、軽く、しかもある程度の剛性はある。
つなぎ目が外れてしまえば100円ショップのアルミテープでまたつなぎ合わせればよい。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-風防4

最大に広げればフライパンでも使えるようにしてある。





早く出発して、早く使ってみたいなあ




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。