2012年02月28日

雪国のポスティング事情

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家



ポスティングの仕事を始めてから一月半。
普通に町を歩いている時でも家を見るとついつい郵便受けを目で探してしまっている。



北海道の冬のポスティングは雨こそ降らないが、寒さと雪の多さゆえに他の地域とはちょっと違った困難がある。



ポスティングをしている時には次に行く家の、まず玄関の位置、次いで郵便受けの場所と形式を見る。
雪の降った後などは玄関には足跡がなく、付いている足跡をたどると裏口に出てしまったりする。
最近は郵便受けの形を見ただけでチラシが入れやすいかどうか大体わかるようになった。


郵便受けと言っても様々な種類がある。
昔ながらのポストマークの付いた赤い郵便受け、自立式のしゃれた物、ドアに備え付けの物、壁に埋め込まれている物、等々。


チラシを入れやすいのもあれば、入れづらいのもある。
カモフラージュされていてどこにあるのかキョロキョロと探してしまうようなわかりづらいのもある。




中でもとりわけチラシが入りづらい郵便受けがある。
その郵便受けは雪国に特有のもので、ポスティングの仕事を始めるまでは見たこともなかった。


見たところスリットのついた奥に開く普通の郵便受けに見えるのだがその中が違う。
中にはブラシ状の物が向かい合わせに入っていて封筒や新聞などはその間を通って差し込まれる。
外気をできるだけ屋内に侵入させないためにこういう構造になっているのだが、こいつがなかなか
ポスティング泣かせだ。
薄いチラシだと抵抗が大きすぎてブラシの間をすり抜けてくれずにくしゃっと丸まってしまう。
チラシを4折りくらいにしてある程度の強度を持たせないと入っていってくれないのだ。
指を一緒に差し込んで奥まで入れようとすると入口に指が挟まって抜けづらい。





そのほかにも雪国特有の建物事情がある。

札幌の住宅街には大体2軒に1軒の割合で玄関フードが付いている。

これも北海道に来るまでは知らなかったものの1つ。



$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-玄関フード

こんな風に玄関が2重になっていて外側はガラス張りだ。
玄関を開けた時に直接外気が屋内に入らないための工夫だろう。
3重になっていて階段までガラスで囲まれている家もある。

つまり郵便受けのある玄関にたどり着くためにはドアを開けて入っていかなければならないということだ。

インターホンもこの玄関フード内にあり、郵便屋さんや新聞配達、チラシ配りもここまでは入っても構わない、というか入らなければ用が足せない。
家の中であって中でない、四国出身の私にとっては何となく不思議な空間なのだ。


寒い日には玄関フードのドアが凍り付いていることも多い。思い切り力を入れないと開かないことも珍しくなく、開け閉めにも力がいる。



ただ吹雪の日にはこの空間に入ると一瞬の間、雪や寒さが遮断されてありがたかったりもする。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「北海道編」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年02月20日

住宅街のイベント

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家



札幌の住宅街では冬に住民にとっての一大イベントがある。
それは何の雑誌にも紹介されていないしニュースにもならないことだが、住民にとっては一冬に一度か二度の大切な行事だ。


当日はどこの家の前もそのイベントにそなえて大変なことになっている。



そのイベントとは「除雪」である。


「なんだ、除雪か」
と馬鹿にしてはいけない。

それは皆が持ち望んでいる大切な行事なのだ。

少しずつ、たまにどかんと降り続ける雪はどんどんたまっていって雪を捨てる場所のあまりない住宅街で
家の建っていない敷地には必ず大きな雪の山ができる。歩道上の雪の壁もどんどん高くなっていく。
そして道路はどんどん狭くなって視界も悪くなり道もデコボコになっている。
そんな状態から解放されるのがこの日なのだ。


積み立てられた町内会費で業者に依頼し大々的な除雪に入ってもらう。
その時には道路上に出ている雪はほとんど運んでいってくれるため、どこの家もその日の朝や前日までに
たまってしまって邪魔な雪を道路脇に積み上げる。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-家前の壁

あゆみの家の前もやはりいつもとは違う。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-歩道の壁

この雪の壁は除雪作業予定日前日に私が積み上げたものだ。



残念ながら作業当日は仕事だったので作業を見守ることはできず、出勤途中で家の方向に近づいている
除雪作業をしばし眺める。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-除雪作業1

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-除雪作業2





そして仕事から帰って来ると家の前の通りは積み上げた雪の壁も雪の斜面もすっかり無くなって
空っぽになっていた。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-除雪後


おそらくこの時のすっきり感は雪国に住んでいる人じゃないとわからないものだろう。
私が雪国で冬を過ごすのは5度目でその気持ちも少しはわかるようになってきた。

数か月にわたって埋もれていた歩道が現れ、見通しもよくなって気分も晴れ晴れとする。

この後もまだまだ雪は降り再び雪はたまっていくだろうけれども数日前までの状態になるまでには
かなり日数がかかるはずだ。




そして次に待つのは春の雪解けなのである。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月14日

ヤシの実騒動

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家




先日近所のスーパーで買った椰子の実のことを書いた⇒⇒⇒「食卓の違和感」

でも
「割るのが大変そうだなぁ」
と思ったので椰子の実はあれからしばらく玄関脇に放置されていた。




$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-椰子の実を割る


すると皮の色が茶色っぽく変わりかけたため、休みの日に斧を出してきて割ってみることにした。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-外で割る

台所で割ろうとしたがなかなか割れず殻の破片が辺りに飛び散りまくるので、そのまま外にもって出る。





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ストローをさす


穴が開いたのでさっそくストローを差し込む。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-飲む


うむ、これは!




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-うーむ

さっぱりしていてほんのりと甘味がある。
南国の味だ。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-椰子の実の中身

斧まで持ち出す必要はなく包丁でも切れることがわかってまた台所に戻る。
要領が分かっていないので時間ばかりかかって効率が悪い。


中の液体を容器に入れ、殻の内壁に付いているコプラというゼラチン状のものをスプーンで掻き出す。
これがヤシ油の原料になったりお菓子の材料のココナッツパウダーになったるするらしい。






外に出た時にあゆみも椰子の実のジュースを飲んだ。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あゆみ飲む

感想

ポカリスエットの味に似てるそうだ。


しかしこれほど椰子の実を飲むのに似つかわしくない格好もなかろうな。





結論

やっぱり椰子の実は南の島で飲むに限る




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年02月11日

地図フェチふみ

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家



私はパートナーのあゆみから「地図フェチ」だと見られている。




実際歩く旅を始めてからずいぶん地図が好きになって暇があれば眺めている。
これから歩くつもりの場所や、いつかは歩きたいと思う土地の地図を見ながらあれこれ考えていると
時間を忘れてしまう。
自分が歩いてきた国や地域の地図を眺めるのも大好きだ。
展示室などで立体的な地図など見つけるといつまでも眺めている。



私は衣服にしても道具にしても自分の持ち物に大して執着もないし気を遣わない。
あゆみはいつもそのことに呆れている。
でもその例外が地図だという。



そして彼女が私の誕生日に地図をプレゼントしてくれた。

インターネットで見つけたのだが、この地図がまた私の地図の好みを満足させてくれる
全く新しい素晴らしい地図だった。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-クニャマップ

一見したところ普通の日本地図のようにみえるだろう。
大きさもA3サイズくらいであまり大きくもない。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-立体地図


しかし実はこの地図は立体地図なのだ!

くにゃマップといって合成樹脂でできていて丸めて持ち運ぶことができる。





ちなみに裏側はこうなっている。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-クニャマップ裏側





これに今まで歩いてきたルートを書き込んでいるとあまりに真剣な作業ぶりにあゆみは笑う。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ルート描き込み中



山を越えるルートを描いているとその時のことを思い出す。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-歩き旅ルート

都市や幹線道路を避けているため山道を歩いたり峠をこえたりすることが多くなる。
二人で歩いた山梨のクリスタルラインなどは地図で見てもずいぶん大変そうだ。








地図は食卓すぐ横に貼られることになりこれから私は毎日食事の度にこの立体地図を眺め続けることになるだろう。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-地図のある食卓







こうなると立体世界地図も欲しくなるなあ





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月09日

折る日々

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家




タイトルは「祈る日々」ではない。

ただひたすら折り続けている。
今週はポスティングではなく塾の本部の一角でただひたすらチラシを折っている。
室内作業で寒いポスティングより楽なはずだけどかえって肩が凝った。

塾の本部の様子を見ることができて大変興味深かったが。

来週からはまた違う地区のポスティングだ。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月06日

歩き旅を続けること

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家


夕暮れ、ポスティングの帰り道

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-帰り道





このブログも仕事のことや毎日の生活のことばかりで旅の話など一切出てこず、歩き旅のブログだったということも忘れられているかもしれない。
何せ1年以上歩いてない。

でも毎日最低10km以上は歩いているだろう。
といってもチラシを配りながら。
これもまた仕事の話だな。


ポスティングの仕事で最大の利点は歩くトレーニングになる、ということだろう。
これが結構な運動量で、一週間続けると週末にはへろへろになるくらいだ。
この仕事を続けていれば春に徒歩旅を再開しても問題なく歩き出せるだろう。

私は長年歩き旅を続けているが歩いてない時期に特別なトレーニングをすることはない。
長い時間散歩をすることくらいだ。



何度も繰り返し書いていることだけど、私が徒歩で旅を続けるのはそれが旅を楽しむのに最適な方法だと
思っているからだ。

で、徒歩の旅を楽しむのにはやはり体力は必要だ。
歩きでの旅を始めれば体力も健康も後からついてくる。

病気がちで体力もなかったあゆみが今は驚くほどに体力がつき、ポスティングの仕事も続けられる
ようになってることからも明らかだ。OLの頃の彼女なら一週間もつことはありえなかっただろう。
だから特別にトレーニングしなくてもそう心配はない。体力がついていれば毎日歩いてキャンプしてという生活に慣れるのが早いというだけだ。


歩き旅を始めれば誰でもだんだん体調が良くなり、ものすごく健康になれる。
それは疑いない。

そして普通に歩くことさえできるなら、歩き旅を始めるのは誰にだってできることだ。
おそらく問題はどこまでも歩き続けられるか、ということだけだろう。
体力的に、精神的に、状況的に。

体力でいえば最初は間違いなく苦しい。一週間、二週間はかなりきついだろう。

体が慣れてきたら後は精神的な問題だ。歩き続けられるだけのモチベーションを持ち続けられるかどうかだ。

状況的なことを言えば、回りで自然に歩き旅を続けるための状況が整うことはまずない。自分で無理やりもっていくしかない。
回りからの強硬な反対と冷たい目に晒される。特に近しい者から。

でもそれは何でも同じことだ。
何か本当に自分のやりたいことを始めようとすると必ずぶつかること。代償だ。

長年自分の最もしたかったことをやり続け、ついには一緒に旅してくれる恋人までできたことで、何だか安心してしまって、旅への思いが少しぶれてきているようにも思える。


幸せな中弛み、というものかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年02月01日

食卓の違和感

テーマ:北海道編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現在地】北海道札幌市 あゆみの家




今夜の食卓風景


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-今夜の食卓


炊き込みご飯を始め、今夜はあゆみのお母さんからの差し入れが何品もあってありがたい。
毎日持っていっている弁当にも使わせてもらって助かっている。



食卓に何か気になるものがあるって?

そう!よくぞ気が付いた。


右端のお菓子はあゆみが焼いたショートブレッド。
隅っこが欠けてるのは私が味見をした部分。
さくさく柔らかくてなかなかうまい。


彼女のお菓子作りブームは続いている。
先日はチョコレートケーキを作ってくれた。






違う?


何かでっかい果物のような物体があるって?



そう、それは馬鹿でかい柿・・・じゃなくってヤシの実




$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-一個150円

近所のスーパーに売ってた。





さて、どう料理するかな





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。