1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年03月27日

震災ボランティアへ

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
この酒蔵で冬の間蔵人として酒造りの仕事をしてた。ここの酒は本当にうまい!⇒⇒⇒ひとさけひと  




前回の写真ですぐに場所がわかった人も多いようだ。
現在2人は神戸市内にいる。





インターネットなどでいろいろと震災ボランティアのことを調べていた。

そして昨日は災害ボランティアセンターを運営していた経験があり今も災害ボランティアのネット
ワークがあって現地にいる仲間と連絡を取り合っている人と会って話をした。
やはり今回の旅の途中で出会った人だ。

ボランティア活動も場所によってかなりの格差があり、すでにたくさんのボランティアが入り援助物資
もたくさん届いている場所もあれば、ボランティアも物資もほとんど届いていない場所もあるようで
圧倒的に人手が足りない所もあるそうだ。

結果的に被災者の邪魔になってしまうようならすぐにはボランティアに入らないつもりでいたが
その人を通じて入れば、実際に今すぐに人手が必要なのに行政による援助の手からは漏れてしまって
いるような場所に行ってすぐにでも役に立つことができそうだ。



近いうちにここから被災地のボランティアに入るかもしれない。
余震も続いているしまだまだ東北は寒いようだ
被災地に入るなら最低限自分達のことは自分達でできるようしっかり準備をしていこう。
持って行くものも考えなければ。


旅の再開はもう少しだけ後になりそうだ。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
近いうちに更新されるはず・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「関西編」 の記事
2011年03月24日

仮ぐらしのマンション生活

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
この酒蔵で冬の間蔵人として酒造りの仕事をしてた。ここの酒は本当にうまい!⇒⇒⇒ひとさけひと  



旅館仲居の仕事を終えたあゆみと3ヶ月ぶりに合流した。
そして現在二人はある街でマンション暮らしをしている。


そこは私が会社時代(17年前)に同じ課だったFさんのマンションなのだがその人は2週間に一度
ほど空気の入れ替えなどに来るぐらいで現在ほとんど使っていない。
Fさんの好意で旅の準備をする間そこを使わせていただいているという訳だ。


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ベランダより

そのマンションのベランダからの景色だがいったいどこの街でしょう?



歩き人には全く似合わない都会のマンション生活だが、札幌育ちのあゆみはこの生活をいたく気に
入ってる。

旅ばかりしててお金もないくせに相変わらず幸運に恵まれている。
気軽に自分の家を使わせてくれているFさんに感謝するばかりだ。






地震被災地の様子も気になるし、いろんな情報に迷いながらもまずは旅を続けることに決めた。
こんな時に旅なんかしていていいのか、と思う時もあるがやはり旅を続けることが今の2人のできることだ。

その上で、災害ボランティア活動をしていたり、活動に詳しい友人と連絡をとりながら適当な時期に
被災地でのボランティアに入れるよう考えていくつもりでいる。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
ついに合流。でもいつになればブログを更新するのやら・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011年03月17日

あゆみ仲居の仕事明日終了!!

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【現 在 地】岡山県倉敷市
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
この酒蔵で冬の間蔵人として酒造りの仕事をしてた。ここの酒は本当にうまい!⇒⇒⇒ひとさけひと  




現在滞在中の倉敷でも昨日は雪が降って寒かった。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-倉敷の雪

瀬戸内でこの寒さなのだから東北ではどんなに寒いんだろう。




海外では日本への支援の申し出とともに大災害につきものの略奪などの治安の悪化が起こらないことに
感嘆や賞賛の声が相次いでいるようだ。
今まで日本中がこれほど一つのことに思いを合わせたことはなかっただろう。

テレビやネットで、被災地での救助活動や原発の現場での命を懸けた作業、避難所での助け合いの様子など
を見ると胸が熱くなってしまいどうにも落ち着かなくなる。

今現地に行っても大して役に立たないとわかってはいても、どうしてもかけつけて何か助けになりたいという気になる。
三重県で働いているあゆみもやはり同じだったようで、被災地でのボランティアを考えていたことを知ってとても嬉しかった。

電話で話し合い、再度情報を集めてみるがやはり今行くのは止めた方がいいということになった。

まず、まだ余震も続いているため自分達の安全が確保できない。私達自身が二次被災者になる可能性は十分にある。

そして交通網の寸断された現地まで行って滞在し戻ってくるために必要な食料や物資に見合う活動ができる
かというとやはりできないだろう。現時点で必要とされているのはその道のプロや災害ボランティア活動の
経験豊富な人で、私達が行っても右往左往するばかりで邪魔なだけなのは目に見えている。
単なる自己満足にしかならないだろう。
現在募集があるボランティアにしてもほとんど県外からの人は受け入れていないようだ。
滞在できる場所と移動手段、食料などを自分で確保できる人でないと困るということだろう。


正直もどかしいけど、はやる気持ちを抑えて今は時をまとう。





三重県鳥羽市の旅館でのあゆみの仲居の仕事も今日で最後。
ひどい待遇とどろどろした人間関係の中でよく最後まで頑張った、と褒めてやりたい。


まずはゆっくり休んでもらって、それから先のことを考えよう。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居の壮絶アルバイト中。明日で最後だ。よくやった!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年03月14日

大地震に歩き人ができること

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
この酒蔵で蔵人として酒造りの仕事をしてた。ここの酒は本当にうまい!⇒⇒⇒ひとさけひと  




酒蔵の仕事を終え、電車で昨年歩き旅で到達した岡山県まできて、倉敷の友人じゃりてん宅でお世話になっている。
ここ数日間は彼の引越しを手伝っていたがそれも終わった。


普段テレビは滅多に見ないようにしているのだがこのところはよく見ている。
テレビを付けるたびに津波が凄まじい勢いで全てを破壊し流していく映像が流れ出てくる。
原発も見るたびに爆発してる気がしてならない。

こちら岡山ではテレビ映像やラジオ放送以外表面上は生活に大きな変化は見られない。
地震の影響の少なかった西日本ではどこも同じだろう。

しかし友人や知人の消息を探してやきもきしている人も多いことだろう。
何か自分にできることを考えたり探している人もたくさん居るに違いない。




私自身にも今回の日本縦断の旅の途中で出会って親切にしてもらった東北の人たちがたくさんいる。
あの辺りを通ったのは4年近く前だ。
岩手県の遠野から陸前高田で太平洋に出て気仙沼に南下し、それから内陸の一関に向かって歩いた。
陸前高田でも気仙沼でもたくさんの人にお世話になった。家に泊めてもらったり庭にテントを張らせてもらったりした。
そしてその人達はみな海岸線に住んでいた。
奇跡的に生き延びていてほしい。




旅を続けている歩き人にできることを考えていた。

友達の家に居候している今、すぐできることは義捐金を送ることくらいしか思いつけない。
普段歩き人は冬の間だけ旅先で住み込みでアルバイトをして稼いだ数十万円のお金で春から秋まで旅している。
今年の秋までの旅の資金も心許なく追加でアルバイトをしようかと考えているくらいだからお金の余裕は
もちろん大してないのだがこんな時にはなんとかできるだけのことはしたいと思う。
それ以外には、定職はないから自由な時間と体だけはある。
だから私でも役に立てる時がきたら何らかの形でボランティア活動をしたいと思う。


今はまだ余震もあるし交通網もズタズタだし、私自身が特別な技術や能力を何も持っていないから現地へ
行ったとしても邪魔にしかならないだろう。大して役にも立たず、ただでさえ足りない食料や燃料を救援に
行った者が消費するなら何しに行くのやらわからない。

しかしおそらくそう遠くない将来、私でも役に立てる時が来るはずだ。
テントやキャンプ道具は自分で持っていけるし、言うまでも無いが野営生活には慣れている。
それに現地から遠く離れていてもできることはあるはずだ。


時が来るまではこれまでと同じく歩いて旅を続けよう。
パートナーのあゆみも数日後に三重県での仲居の仕事を終え、近いうちに合流する。


歩いて旅を続け、そして自分達にできることを考えよう。








先日の滋賀のまきちゃんの素敵な家で泊った時のことで書き残したことを書いておこう。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-蹄鉄を打ってくれる職人さんたち

たぶん普通はあまり見たことがないだろうと思う。
職人さんに来てもらってまきちゃんの馬のしろくんに蹄鉄を打ってもらう準備をしているところだ。



雪のある間は蹄鉄をしていると脚の裏に雪が詰まってだんご状態になって歩けなくなるので外してあるのだが
家の周りの雪も解けたので再び蹄鉄を付けることになったのだ。





最初に蹄(ひづめ)を削って平らにする。
次に熱く熱した蹄鉄を蹄に焼き付けたあと、釘を打ち込む。
爪だとはいえ多少なりと熱さは感じるだろうから馬は嫌がる。



アルゼンチンで一緒に旅した愛馬マンチータに蹄鉄を打ってもらった時の事を思い出した。

やっぱりまきちゃんといると退屈しない




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居の壮絶アルバイト中。よく頑張った。残り数日だ。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年03月12日

大地震を知る

テーマ:中国編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も出ていて最高⇒⇒⇒ひとさけひと  






一冬の間の丹後の酒蔵での仕事を終え、滋賀県の湖西と名古屋経由で岡山の友人じゃりてん宅へ戻ってきた。

その途中、電車の中で大地震の事を知る。
名古屋で居るとき地震の長い揺れを感じて気持ち悪かったがあれがそうだったのか。
大した揺れではなかったのにあれだけ恐ろしく感じたんだから東北、関東の人が感じた恐怖は計り知れない。




友人宅で初めて映像を見てぞっとする。あれでは逃げようがない。
徳島の実家も過去に何度も津波の被害を受けている所で心配だったがどうやら避難していることがわかり
安心する。
三重県鳥羽市の旅館で仲居として働くあゆみとも連絡がとれてほっとした。
ドコモがほとんど通じなくなってたようだ。



関東や東北の友人達が心配だ。
歩いている時にお世話になった人達で気仙沼や陸前高田の海岸線に住んでいた人もたくさん居る。
何とか助かっていてほしいと願うばかりだ。
まだまだ地震や津波は起こってるし、長野でも強い地震が起こってる。
原発の放射能漏れは「やっぱり」という感じだ。



何よりもまず地震が早く治まってほしい




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居の壮絶アルバイト中。残り1週間だけど・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月11日

15万円自作の家

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も出ていて最高⇒⇒⇒ひとさけひと  




林の中の一角にまきちゃんの家はある



材料費15万円。まきちゃんが自分で建てた。

電気もガスも水道もなく車も乗り入れられないがこの冬まきちゃんはここで過ごしている。
今年は雪が多くて大変だったらしいがそれが乗りきれたんだからもうどんな冬だって大丈夫だろう。

ついつい見たまんま「ビニールハウス」と口にしてしまうと必ず訂正される。
「ビニールは要らない。ハウスだから」



まきちゃんは元々は世界を一人旅していたライダーで、バイクで走った距離は海外だけで34万キロ。
訪れた国は100ヶ国。オーストラリアのシンプソン砂漠を単独走破したり、モンゴルを馬で700km
旅したりというつわものだ。
⇒⇒⇒馬、大好き





薪ストーブがあって内部はなかなか暖かい

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-朝のお茶の湯を沸かすための火


湯を沸かしたり料理したりするのも薪ストーブだ

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-鹿肉    歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-鹿肉の油漬け

その夜に食べたのは鹿肉。
丹後ではよく猪肉をいただいたが、こちらでは鹿肉を食べる機会が多いみたいだ。
右の瓶詰めはヤギチーズの中嶋さんが作った鹿肉の油漬けで、一年間腐らずにもつそうだ





まきちゃんは昨年までは町中で住んでいたのだが馬と一緒に暮らすためにこちらに越してきた。
家賃一万円の前の古民家もなかなかよかったのだけど⇒⇒⇒旅人の集い「秋の宴その2」

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-馬の顔の見える家

馬の顔が覗く家。なかなか斬新だ





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居の壮絶アルバイト中。残り一週間、なんとか乗りきるんだ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年03月10日

湖西の個性派

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も出ていて最高⇒⇒⇒ひとさけひと  





丹後の酒蔵、竹野酒造を去った後なぜか滋賀県に行った。
しかも杜氏に車で送ってもらって。

滋賀県の湖西で出会ったまきちゃんや他のいろんな面白い人たちと杜氏の佳樹君を会わせてみたいと思ったのもあった。

馬と一緒に住んでるまきちゃんと、名古屋の友人で詩人で鍼灸師でもあるたっちゃんと杜氏の佳樹くんと
一緒に、ヤギを飼ってチーズを作ってる中嶋さんの家を訪ねた。





昨年歩いている途中にも立ち寄って泊めていただいたのにちゃんと書けていなかったので今書いておこう。
昨年10月に寄らせていただいた時は古民家に3人で住んでいた。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-中島さんと水本さん


右側の中嶋さんはやぎを飼ってヤギの乳でチーズをつくり、左側の水元さんは有機野菜を作っていた。
もう一人は滅多に戻ってこないらしくて会えなかったがキュレイターという仕事をしているそうだ。




中嶋さんが飼っているヤギ達

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-やぎ達    歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-乳しぼり

右側は乳を搾る中嶋さん。


その時に食べさせていただいたチーズ。

$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-やぎチーズ

これは失敗作だとか言ってたけど十分美味かったなあ。

うまいチーズはできているのだが、安定供給にまでは至っていないのでまだ製品化はされていない。
でもその日が来るのも遠くないことだろう。

さてここまでは昨年の話。

この冬は9匹の子ヤギが生まれたそうだ。
水元さんは以前まきちゃんが住んでいた古民家に移ったそうで、今この家に住んでいるのは中嶋さん一人だ。




もう一人中嶋さんの友人の鍼灸師が来ていてこの日は「はり灸の宴」ということだった。
囲炉裏を囲みながら竹野酒造の酒を飲みつつ食べる。
ここでも杜氏の持ってきた酒は絶賛。しかも搾りたてだから間違いない。
その日は中嶋さんが鹿肉を用意してくれていた。
中嶋さんは料理も上手だ。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-鹿肉



私が旅で知り合う個性的な人たちはハード貧乏な人の割合がひどく高く、定期的な収入がある人は滅多にいない。
しかしいろんな人と知り合い皆が物をあげたりもらったりの持ちつ持たれつの関係であり、しかも田舎
に住んでいるから、新鮮で安全かつほんとうに美味いぜいたくな食べ物を口にする機会は多いと思う。
ただしその日食べるものを買うお金がないという日もわりとありそうだけど・・・



杜氏の酒造りの話に同じく菌を扱う中嶋さんが熱心に質問する。
酒蔵に一冬居た私はそのレベルにほとんど付いていけず、やっぱり知識は頭に入ってなかったことが確認できた。

これが縁で丹後の人と湖西の人が結びつくことになれば本当に嬉しいな。



肩こりがひどいという杜氏にマッサージ、針灸を施すたっちゃん

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-杜氏をマッサージするたっちゃん

杜氏は翌日も仕事だから朝方に車で帰ったが私は彼の車の助手席の足元に小さなパソコンを置き忘れた、という訳だ。




翌日まきちゃんが昨年末に新しく自作したという家にたっちゃんと共に向かう。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-軽トラでまきちゃんちへ

軽トラに乗れるのは二人。
ただし軽トラの荷台には荷物の監視のために一人の監視要員を乗せることができる。
私は荷物の中の大切な日本酒のビンを守るために厚着して荷台に乗り込み、しっかり監視しながらまきちゃんちへと向かった。

そしてまきちゃんの新居は「えっ!」と驚くような素晴らしいものであった(つづく)



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居のアルバイト中。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年03月09日

さよならタンゴ

テーマ:京丹後の酒蔵の仕事2010
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も最高⇒⇒⇒ひとさけひと   




杜氏の車の中にパソコンを置き忘れてしまい数日間パソコンが手元に無い状態だったが宅急便で送ってもらった。
行く先々で一箇所に最低一つは忘れ物をしている。お約束のごとく・・・
毎度ながら困りものだ。




さて先日は冬の間お世話になった酒蔵でお別れ会をしていただき14~15人の人集まってくれた。
まあお別れ会というのは半分。なぜなら半分は初対面の人だったから。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-お別れ会

「田舎で働き隊!」で丹後に来ている女性3人も来ていた




昨年京丹後商工祭で出会った人も来てくれて猪肉の料理を作ってくれた。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-猪の背骨

これは猪の背骨を煮込んだ物。なかなか旨い。

もちろん酒はかかせない。この日も搾りたての新酒がビーカーで現われた

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-新酒のビーカー

ああ、このビーカーで出てくる新酒のピチピチした味わいも、見納め、飲み納めなんだなあ・・




そして夜中1時過ぎまで盛り上がり、2時頃に寝た。
朝6時の検温に眠い目をこすりながら部屋から下りていくとなんと杜氏を含む三人が起きている。
寝ずに話してたらしい。元気だなあ



そして最後の検温とサンプル取り



櫂(かい)でもろみをかき混ぜた後に、細長い温度計で温度を計り、それからサンプルを採る。
これが一冬の間毎日一番にやる仕事だ。その後に朝食だから朝飯前の仕事だ。



昼まで仕事をして午後、杜氏の二人乗りスポーツカーに乗せてもらって丹後を去る。


通りすがりの旅人に過ぎなかった歩き人を一冬の間使ってくれた蔵元の皆さんや蔵人、酒蔵で働く皆さん。
酒蔵で過ごした日々は二度と忘れないことでしょう。
本当にありがとうございました。
また会う日まで





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居のアルバイト中。残り10日ほど!先も見えてきたぞ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月05日

酒蔵最終日

テーマ:京丹後の酒蔵の仕事2010
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も最高⇒⇒⇒ひとさけひと   



酒蔵での仕事も今日で最後、と思ったら明日の午前中も仕事することになった。午後には出発するんだけど・・・

昨日今日と酒の瓶詰めや火入れの作業をしている。
酒造りの最終工程だ。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ビン燗

これは火入れの一つの方法で、ビンに詰めたのを温める「ビン燗」というやり方だ。
火入れとは殺菌するための加熱処理で60℃の温度で温めることだ。
熱を加えすぎると香りも飛んでしまうので60℃から65℃の間で温めるのだが温度管理が難しい。
私には難しいのでもっぱらひたすらビンの栓を栓閉め機で締めている。
手で金属キャップで締めた後栓閉め機で栓の下部を閉じる。
最初は火入れした後に手で栓を閉めすぎてねじ切ってしまったりもした。するとその酒は賞品にならないので気になる。

火入れしてない酒は「生酒」でまた香りも良いし喉越しも良くて美味いんだけど早く飲まないと変な香りが
ついてしまって保存がきかない。
この酒蔵でも新酒の生酒をネットで販売してるけどクール便で送って着いた日に飲めないと駄目だ。


火入れは他にも蛇管(じゃかん)と呼ばれる管を通す方法もある。量の多い普通酒はそちらでやるようだ。



さてこれで洗米から始まって麹作り、仕込み、もろみ、搾り、粕むき、瓶詰め、火入れと一通りの
作業をしてきた訳だ。
酒造りのことがわかったかといえば、おぼろげには分かったと言えるがわからない部分もまだまだある。
でも私にとってなんとなく興味はあったが全く未知の世界だったことを知ることができたのが嬉しい。
これから歩く時にも酒蔵を見かけると気になってしまうことだろう。






今夜は私のお別れ会をしてくれるそうだ。
3ヶ月間お世話になった蔵元や蔵人の皆さん。
杜氏の佳樹君の友人の皆さんや他の知り合った丹後の皆さん。
本当にいい経験ができました。どうもありがとう。





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-酒の林



夕食のテーブルに並ぶ数々の酒ビンともお別れだなあ。名残惜しいなあ





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居のアルバイト中。こちらは残り2週間。ラストスパートだ、ファイト!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年03月03日

GIGAZINEに酒蔵が!!

テーマ:京丹後の酒蔵の仕事2010
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】6,421km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約18,000km
【現在到達地】岡山県瀬戸内市長船町
【今回の旅先越冬地&仕事場】京都府京丹後市弥栄町 竹野酒造 
ここの酒はうまいよー!新酒も最高⇒⇒⇒ひとさけひと   




丹後は今日は雪。気温もぐっと低くなって朝が寒い。





GIGAZINE(ギガジン)というブログサイトをご存知だろうか?
2008年にイギリス・ガーディアン紙の「世界で最も影響力のある50のブログ(英語)」に選ばれ、
アメリカの週刊誌「タイム」の「ブログトップ25(英語)」にも選ばれたブログだ。
私は佳樹君に聞くまで全然知らなかったのだが。




結構前になるがここ竹野酒造に取材が来てそれがブログに掲載された。

⇒⇒京丹後の酒蔵「竹野酒造」で20代の若手杜氏が手がける日本酒作りを見学してきました~前編~
⇒⇒京丹後の酒蔵「竹野酒造」で20代の若手杜氏が手がける日本酒作りを見学してきました~後編~




歩き人が働いているところの写った写真や動画も出ていて、名前もちょこっとだけ載っている。
上下紺色の作業服が私だ。むろの中では空色のTシャツ姿になってる。
動画は前編の米洗いの最後の方で米を運んでいるのが私だ。

「あれっ、文章と写真がちょっと違うな」
という部分もいくつかあるが酒造りの仕事と酒蔵の内部の雰囲気を知るにはなかなかいいと思う。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村 日本一周人気ランキング
上位キープ中。いつもクリックありがとー!!



一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅
あゆみは三重県鳥羽市の旅館で仲居のアルバイト中。忙しい週末に突入だ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。