1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年08月30日

祭り終って山下りる

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,789km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,400km
【現在到達地】奈良県 天理市
【前回からの歩行日数】0日
【前回からの歩行距離】0km



涸沢フェスティバルも昨日の午前中で終了。
山での慌しかった数日間も終わり今日下山した。




昨日の朝は「朝ヨガ」に参加。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-朝ヨガ

涸沢フェスティバルで涸沢カールの昼寝岩周辺で早朝にやっている岩場でやるヨガだ。




今朝の涸沢小屋(標高2,350m)からの景色

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-涸沢の朝焼け   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-月と穂高
  屏風のコルの朝焼け               月と穂高吊り尾根





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-従業員打ち上げ

昨夜の小屋での打ち上げには従業員以外に四角(よすみ)さん夫妻他も参加した。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-四角夫妻と小屋番

四角さん夫妻と涸沢小屋の小屋番(支配人)谷たけし君


世事に疎い歩き人は知らなかったけど四角さん夫妻は結構有名な人らしい。
四角大輔さんはメディア界とフライフィッシングの世界で有名人で、
四角友里さんは「山スカ」と呼ばれる山用のスカートを普及させた人だそうだ。
二人は今ニュージーランドに住んでいる。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-小屋従業員と四角夫妻   $歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-さらば涸沢


涸沢小屋の客室の掃除を手伝った後、涸沢に別れを告げる。
来年も来られるかなあ。



下界に下りたら長野県大町の友人インドカレー青空屋台のおうちのようちゃん一家を訪ねてみよう。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「関西編」 の記事
2010年08月29日

山小屋より

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,789km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,400km
【現在到達地】奈良県 天理市
【前回からの歩行日数】0日
【前回からの歩行距離】0km


長野県、北アルプス山中で行われていた涸沢フェスティバルに参加するため、奈良県天理市で荷物を
預けて標高2,350mにある涸沢小屋に来ている。

上高地から小屋までは通常もちろん歩いて5時間ほどかけて登るのだが、今回は涸沢小屋へ上げる
荷物と人の関係で私も一緒にヘリコプターで上がることになった。
ヘリで入山など8年前涸沢小屋で働いた時の雪で埋もれている小屋に入山した時以来だ。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヘリよりの穂高   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヘリで涸沢着


ヘリで行けばほんの数分で涸沢小屋。
まさか今回、空から涸沢カールを見ることになるとは・・




涸沢フェスティバルは今年で3回目。
私は2年前のフェスティバル初回から参加していて、涸沢小屋のテラスで「山の折り紙教室」を
開いている。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-山の折り紙教室   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-涸沢小屋で働く

空いている時間は厨房に入ったり、掃除したり、小屋の仕事を手伝う。

今年はスライドショーもやったのだが宣伝不足もあって見に来てくれたのは4人。
でもまあ0人じゃなくて良かった。



最近、巷では山が流行だそうだ。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-涸沢カール   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-涸沢小屋テラス   


涸沢カールもテントでいっぱい。
山ガールと呼ばれる女の子がたくさん居るのには驚いてしまう。
8年前には若い女の子が来てれば珍しくて目立っていたのに今では全く珍しくもない。
変わるもんだなあ。



山はやっぱり涼しくていい。


イベントは終わったけど小屋の人手が足りないようでもう1日働いてから下りることになった。
給料もちゃんと出してくれるようでありがたいな。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月26日

山へ

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,789km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,400km
【前回到達地】奈良県 明日香村
【現在到達地】奈良県 天理市
【前回からの歩行日数】1日
【前回からの歩行距離】18km



長野県、北アルプスの穂高連峰のベースとなる涸沢で行われる涸沢フェスティバルに参加するため
長野県に来ている。
一昨日までは暑い中、奈良県の天理市あたりを歩いていたのに・・・



三重県の尾鷲で知り合った人に天理の人を紹介していただき、荷物を預かっていただいている。
そして昨日のバスで長野県松本に到着。
今日上高地から涸沢に登るはずだったのだが、スライドショーで使用するミニプロジェクターが
手違いで届いておらず、明日受け取ってから登ることになった。



涸沢小屋で昨年、一昨年とやった「山の折り紙教室」に加えて今年は「山と歩き旅 スライドショー」
もやることになった。公式プログラムには出てないが。
8年ほど前だが私も涸沢小屋でスタッフとして働いていたことがあって、その頃一緒に働いていた
谷たけし君が現在は小屋番となって涸沢小屋を運営している。
その彼に誘われて「山の折り紙教室」をやったのが一昨年、第一回の涸沢フェスティバル、そして
昨年、今年と3回目の参加となる。


奈良盆地の暑~~~~い日々と少し離れて標高2,350mの涼しい夏を楽しんでくることとしよう。
いつもとは違ったテーマのスライドショーの準備で全然落ち着かないのではあるが・・・


パートナーのあゆみはその間別の場所で涼んでいる。
四国人の私にとってもこの暑さは厳しかったのだから北海道人の彼女にはかなりきつかったに
違いない。
ゆっくり休んでねー



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月24日

明日香路

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,771km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,350km
【前回到達地】奈良県 橿原市
【現在地】奈良県 明日香村
【前回からの歩行日数】1日
【前回からの歩行距離】10km



奈良盆地でこの猛暑はきつい。
テントの中は夜でも暑い。
明日香村での夜は日本縦断の旅で一番暑い夜だったに違いない。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-明日香村でテント


今日は藤原宮の跡で昼食。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-藤原宮で昼食




先日はとも君の家で泊めていただいたのだが、その時のことをブログに書いてくれている。
⇒⇒⇒たびせいかつ


ともくん一家の皆さん、すっかりリフレッシュさせていただきました。ありがとう。
とも君。楽しかったよー。
またいつか一緒に歩こうねー



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月22日

追いつかない

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,761km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,350km
【前回到達地】奈良県大淀町
【現在地】奈良県橿原市
【前回からの歩行日数】5日
【前回からの歩行距離】55km



毎日いろんなことが起こってて、全部ブログに書きたいんだけど電源がないことも多く全く追いついて
いかない。




歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-テレビ取材        歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-滝行       

ここ数日もテレビ局の集材を受けたり、カートが壊れたり、大峰山で修行していたお坊さんと話し
たり、滝に打たれたりした。





現在はブログを見て連絡をしてくれてきた方の家にお世話になっている。
旅の途中で2ヶ月間、尾鷲でパン焼きの石窯を作ったりしていたライダーの健さんと再会もした。
この後は四国に歩き遍路に出かけるそうだ。



今週末は北アルプスの涸沢で行われる涸沢フェスティバルに参加してスライドショーをすることに
なって、荷物を預けられる場所とスライドショーで使うプロジェクターの手配で悩むことに
なりそうだ。スライドショーの準備もまだできてないし。



どこかでゆっくりしてブログを書いたり、壊れたカートを修理したり、いろんな作業を進めたい。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年08月13日

あゆみ、暑さにへばる

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,706km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,300km
【前回到達地】和歌山県橋本市
【現在到達地】奈良県大淀町
【前回からの歩行日数】2日
【前回からの歩行距離】34km



先日の夜は橋本の町中でテントを張る場所が見つからず、小さな公園でキャンプした。
隣の建物は交番。近所の大型スーパー、オークワも見えている。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-町中でテント   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-町中でテント2


暗闇の中で料理を作っていると近所の女子高校生ら3人が声をかけてきた。
いつもの公園に突然怪しいテントが現われたんで驚いたようだ。
そして私達の話を聞いてさらに驚いていた。





今日は休養日。
昨夜から奈良県吉野川の川岸でキャンプをしている。
お盆だからたくさんの人が川辺にきて水辺で水浴びしたりバーベキューしたりしている。
私達は昼間は暑くて川辺にいる気がしないので、温泉でゆっくりしている。


昨日は神奈川の友人しろ~♪君一家が旅行の途中に立ち寄ってくれた。
今までも名古屋や徳島までも会いに来てくれている。
旅先で友達に会えるってのはいつも楽しいもんだ。
伊勢路から熊野を車で走ってきて、尾鷲の端無さんにも会ってきたらしい。
川辺でしばらく話をしていたが、それから神奈川まで帰っていった。
遠いところ、ありがとう。差し入れも嬉しかったよー。




あゆみは連日の暑さがかなり堪えている。
彼女は北海道人だということもあって暑さにはめっぽう弱い。
高野山から下りてくるまでは
「体が暑さにも慣れてきて、真夏の暑さの中でも歩けるようになったぞー、よしよし」
などと考えていたようだが、平地に下りてくると途端にへろへろになってしまった。
ここまでへばらなかったのは山の中の比較的涼しい場所ばかりを通ってきていたからなのだ。



夜も寝苦しかったし休養日の今日は横になって休みたい、という。
もっともだ。
やけどしそうな石がごろごろしている川辺や蒸し風呂状態になっているテントには近寄りたくない。
水浴びはしたいのだが、熊野の透き通ったきれいな川ばかりに入っていたせいでぜいたくになっていて
どことなく濁った川には入る気がしない。

地図にあった近くの温泉施設に行ってみるとなくなっていた・・・
横になれる場所が見つからないのでバスで下市温泉まで行って休憩室でゆっくりすることにした。



どうでもいいことだが、日本徒歩縦断の旅を始めて旅先で入った温泉の数が200を越えた。
北海道知床の相泊温泉に始まり、和歌山県橋本市の「湯の里」で200。
今日の下市温泉で201。



温泉の休憩所でのんびりして、さあこれからまた暑い川原に戻る。
吉野山に上ったら少しは涼しくなるかなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2010年08月12日

忘れられた自転車道

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,671km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,250km
【現在到達地】和歌山県 橋本市
【前回からの歩行日数】0日
【前回からの歩行距離】0km



和歌山県南部を歩いてた3週間ほど前の話。

潮岬から海岸線を通って白浜に向かう途中、友人のgyonさんから連絡が入った。
連休に潮岬でキャンプしていて、自転車で白浜方面に向かうとのこと。
この日我々はすさみの海岸の公園でテントを張っていた。

公園や海水浴場でテントを張ることもたまにあるがそんな場合大抵は朝早くテントを撤収しなければ
ならない。すさみでは特によく目立つ場所だったし。




海岸線の道路は熱い。国道を歩くと地面からの熱気で一気に汗がふき出してくる。

地図で見ると自転車道が載っていたのでそちらを歩くことにした。
カートを押しての歩き旅にとって自転車道の存在はありがたいことが多い。
車は通っていないし段差は無い、景色も良い。

海岸沿いにこれがその自転車道に違いないという道があるんだがどこにも看板が無い。
少しだけ不安になるがその道を行く。

アップダウンはあるが林の中を続く細い道なので木陰が多くて国道に比べるとずっと涼しい。

しかし国道はなぜあんなに暑いんだろう。アスファルトが熱を持ってるせいか?
影もなくただひたすら暑いのだ。
そういう理由もあって私達は普段国道を出来るだけ避けて旧道や細い道を選んで歩いている。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海


木の陰で風が吹くとかなり涼しく感じる。
木々の間からはきれいな海が見えたりするし。



車一台が通れるか通られないかという道だが昔は峠越えに使っていたのだろう。
一応整備はされているのか倒木なんかは取り払われている。

一時期自転車道として使われていたのが地図には残っているのだろう。
しかし全く誰も通らない。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-自転車道線


途中で唯一見つけた「自転車道」の文字。
「自転車道線」という名前が付いていたのか!?




いったん国道に合流し、再び元自転車道に戻る。
そして道端の広くなった場所で堂々と昼食。
車が通る心配はないし、自転車が迷い込むこともおそらくないだろう。
こんな道もたまには悪くない。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-昼食   歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-あゆみ特製サンド


パンと野菜があったのであゆみ特製サンドを作って食べる。





歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-Gyonさんと   

食後のコーヒーを淹れている最中にgyonさん登場。
昼食をとっていた居場所はメールで知らせてあったのだ。

潮岬から炎天下を走ってきてくたくたに疲れている様子。

gyonさんがコーヒーを飲めないと聞き残念だった。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-Gyonさん去る

そして翌日から仕事があるgyonさんは疲れた体に鞭打って自転車にまたがり去っていった。

まあそれが普通なんだよなあ。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月10日

熊野の歩きルート

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,671km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,250km
【前回到達地】和歌山県 高野町
【現在到達地】和歌山県 橋本市
【前回からの歩行日数】1日
【前回からの歩行距離】19km




私は四国徳島の出身ではあるが、未だ四国八十八ヶ所を歩いたことが無い。
歩き旅の途中でも気まぐれに東海道の一部を歩いてみたり、松尾芭蕉の歩いた道を一部なぞってみたり
はするものの、あらかじめ決まっているルートを歩くのが好きじゃないので例えば
「この街道をずっと歩いてみよう」
などと考えることはない。


あらかじめルートを決めてそれを優先すると、そのために犠牲にしなければならないものができる。
ルート通り歩くという事柄が、他のいろんな楽しみを犠牲にするほど大事だとは私には考えられない。


しかし熊野古道は元々興味があったがもちろんその全部を歩く気はなかった。
ただ歩いてみたい古道のほとんどはカートを押しては歩けない。
通しで歩くならカートを置いてバックパックだけで身軽になって歩くしかない。
で、そこまでやるつもりもなくカートを押して古道に近い道路を歩き、カートを預けられる拠点が
できれば古道を歩く、という風に進んできた。


熊野古道で実際の古道を歩いたのは、伊勢路の尾鷲から新宮までと、中辺路(なかへち)の
本宮大社から那智大社までの大雲取越、小雲取越、それに中辺路で一部舗装道路と一緒になっている
部分や大日越という短いルートだけである。


$歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-熊野歩きルート図


赤い線は伊勢から現在まで歩いてきたルートで、そのうち青い線が本来の熊野古道である山道を歩いた部分。

奈良方面に向かうにも、本宮から高野山までの小辺路(こへち)や、本宮から吉野山への修験道、
大峰奥駆道なども歩いてみたかったが、カートを押しては行くのは無理なので谷沿いの十津川街道
を通って途中から高野山に抜けた。


とても「熊野古道を歩いてきた」とは言えないが熊野の奥深さの一部はわかったような気がする。
これまで歩いてきたどことも違う独特のものを持った土地だ。

熊野はその地形と同じで、知れば知るほどさらにその奥があって、私達が知りえたことは表面に
出てきている一部に過ぎないのでは、とは思うがまあそれでも少し書いてみよう。


・・・次回から(歩き人の得意な言葉)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月06日

ふみも歩けば・・・

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,652km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,250km
【前回到達地】和歌山県 高野町
【現在到達地】和歌山県 高野町
【前回からの歩行日数】1日
【前回からの歩行距離】1km


高野山は山の上にあるからかとても涼しい。
昨夜は肌寒かったので久しぶりにフリースを着た。



ブログの内容は3週間ほどさかのぼり、潮岬を出た後の話になる




潮岬の半島から見ると串本の町の両側に海が見えて函館山から見た函館の町のミニ版みたいな感じだ。
ただ海の色は断然こちらがきれいだ。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-串本




梅雨が明けて急に暑くなった海岸線を歩く。
夕方になってテントを張る場所を探すが道沿いには空いた土地はなく、海岸にもカートでは簡単には下りていけない。
仕方なく海沿いの道から外れて坂の上にある集落に向かってみる。
集落で最初に見かけた人は犬の散歩をしている男性で、テントが張れそうな場所がないか聞いてみると
「うちのヤギ小屋の前で良ければ」
と言ってくれたのでありがたくそこで張らせていただくことにした。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ヤギ小屋の前で


その方の話をよく聞いてみるとどうやら県外から移住してきた人らしい。
しかも前にも日本を徒歩で縦断していた人がその人の家で滞在していたこともあるそうだ。
最初に歩いてくるのを見た時にどことなく違う雰囲気を感じていたし。

夜にはお風呂に入れていただいた。ヒノキの香りがする良い風呂だった。



翌朝出発の挨拶に訪れるとコーヒーを淹れてくれて、奥さんや娘さん、その恋人と話をした。
奥さんはなんと「串本の歌姫」と呼ばれているシンガーソングライターの柴田野苺さんという人で
とても明るくて気さくな女性であった。


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-やぎと

彼女がやぎを散歩させている光景はとても日本とは思えない・・・


歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-柴田さん一家 


一家の人たちと。楽しい人達だった。
家の周りではたくさんのハーブや野菜が植えてあり、鶏が飼われていた。
出発の際には生みたての卵の味付き卵をいただいた。
歩き始めてから昼食にいただいたが美味かったなあ。



しかし不思議なものだ。
名も知らぬ集落に入っていって最初に通りかかった人に声をかけたというのにその家族がまた面白い
一家であったということ。
この集落に何軒の家があるのだか知らないが、その中でただ一軒だけ田舎を求めて移住してきた人の家
だったということ。

もしかして私達二人にはただ歩いていても面白い一風変わった人達と出会える特殊な能力があるん
じゃないかと思ってしまいそうな一日であった。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年08月05日

熊野から高野山へ

テーマ:関西編
【北海道知床からこれまでの歩行距離数】5,651km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,250km
【前回到達地】奈良県 十津川村 湯泉地温泉
【現在到達地】和歌山県 高野町
【前回からの歩行日数】3日
【前回からの歩行距離】63km



奈良県十津川村から天狗木峠(標高1,000m)を越えて再び和歌山県に入り、高野山に到着した。
これまでかなり速いペースで進んだのでこの辺からはまたのんびりペースに戻ろうかと思う。



歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-熊野の山    歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-高野山着



山また山の道のりを歩いてきて、暑くなるときれいな川に入って汗を流す、という日々を送ってきた。

山を下りると暑いんだろうなあ。



これからしばらく書けないでいた潮岬以降の話も書いていこうと思っている



・・・明日からね



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ  にほんブログ村
いつもクリックありがとう


一緒に歩いているパートナーあゆみのブログ⇒⇒⇒「ただ歩いてゆく旅」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。