1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年06月30日

名古屋への雨中行軍

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,811km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,400km
【現在地】愛知県 名古屋市緑区 

昨日は珍しく雨の中を、しかも30km以上を歩いてついに名古屋に到着!
ふだん雨の日に歩くことはないのだが、天気予報によればこの後数日雨が続くらしいことと
名古屋では屋根の下で眠れそうなこと、あゆみちゃんの体調不順の週が目前にせまっていたことなどなど
の理由から無理して歩くことにしたのだ。

一昨日は午後2時半。その前日は午後1時半。その前は午後5時半。
それが行動を終えた時間ではなく歩き始めた時間なのだから呆れたものだ。
ここ数日間で一日でもしっかり歩いていればこんな苦労は無かったのだろうが、いつも通り「あとの祭り」だ。

一昨日も日が暮れるまで歩いて適当な場所が見つからず結局テントを張ったのは自転車道の横の小さな空き地。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-近くには牛舎 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-自転車道脇
夜が明けてみればよくわかるが、夕闇の中で犬の散歩してた人も
「なんなんだ、こいつらは?」
と驚くような道端である。

そして昨日は5時半起きの7時半出発。
こんなに早い出発は今年初めてだ。
それも当然の話で天気予報ではその日の夕方から雨。
しかもあてにしている名古屋市内の家まで少なく見積もっても30km近くはある。
天気予報では日中はくもりのはずだったが雨は昼頃から降り始めた。
もはや雨でも歩いていくよりあるまい。
あゆみちゃんは午前中の14kmでもはや充分歩いた気になっていたが...
合羽を着たり脱いだりを繰り返し、名古屋市内に入った頃にはすでに夕刻。
蒸れてうっとうしいので合羽のズボンを一旦脱いだ後に本降りになってしまってもう体中びしょぬれだ。
夕暮れ時の雨の中を歩くのは危険で気をつかう。しかも市街地で交通量が多くしかも見通しの悪い狭い道だ。
マンチータ号に取り付けたサイクルメーターの本日の歩行距離は28kmになった時に動かなくなって
しまった。肝心な時に... 雨には弱いのか?
下着も靴の中もずぶ濡れ。
私は山を登っていた頃から何度も似たような経験をしているから、体を動かせば濡れたシャツやズボンが
肌に張り付いても「嫌だな」と思いながら我慢して歩けるが、経験のないあゆみちゃんにはさぞきつかった
ことだろう。
しかも初めての一日30km超。
でも浜名湖を出て以来ずっとテント泊だったから、屋根の下で寝られることを楽しみに我慢して歩いてくれた。
本当にごくろうさま。

釧路の友人Jazzzyさんの実家近くにある温泉に着いたのは午後8時。
湯船に浸かってようやくほっと一息つけた。
そこでJazzzyさんの弟さんと待ち合わせた。
嬉しいことにJazzzyさんの実家であるお母さんの留守宅を二人で使わせていただけることになった。

これほどにありがたいことがあるだろうか。
屋根の下でゆっくり寝られるどころか、きれいな家の中で洗濯も料理もただごろごろも自由にできる!!
荷物の心配無しにどこにでも出かけられる!
たまりっぱなしだったやるべきことリストに手を付けられる!

昨夜は初対面だったJazzzyさんの弟さんご夫婦と夜中まで話をし、その後今日の昼まで久しぶりの
快眠爆睡。そして午後、あゆみちゃんはずっと気にかかっていたけど手の付けられなかった様々な物の
洗濯に手をつけられて幸せそうだ。
Jazzzyさんやお母さん、弟さん達にはただただ感謝、感謝。

とらじろうさん、冒険ライダーよしくん、こちらに戻ってくるたっちゃん等、名古屋あたりで会いたい人も
たくさん居る。一度みんなで会うってのもいいな。
やりたいこといっぱいあるなあ。
一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2009年06月26日

歩かない二人

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,749km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,300km
【現在地】愛知県 知多半島南部 内海(うつみ)海岸

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-南国ビーチ気分 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-すぐ横には釣り人が
昨夜のテント場。今日もなんだか南国のビーチ気分だ。実際すごく暑いし。

毎日歩いちゃいるがそれほど進んじゃいない。
一日の歩行距離が10kmに満たない日も多い。
疲れて歩けない訳じゃない。ただ二人のペースがゆっくりになってるだけだ。
といっても歩くスピードが遅くなってるわけでもない。
歩きを開始する時間が遅くなっているのだ。
毎日寝る前の決まり文句。
「明日は朝早く出発して早く行動を終えて早く晩飯食べて早く寝よう」
二人して言い合っているのだが...
早起きしてもテントを張る場所を提供してくれた人や通りかかった人と話をしていたり、
写真を撮り始めたり、テントやカートの修理を始めたりなんだかんだやってるうちにお昼前になっている。
そののんびりタイムが癖になってしまいつつある。
出発しても公園や東屋を見つけると今さっき出発したばかりだというのに嬉しげに昼食を作り始め
食後にはコーヒーまで淹れてのんびりしてたりする。

今日みたいに昼過ぎて出発する日もある。
昨日の夕方出会って魚をくれたおじさんに今日の昼もう一度会ったんだけど
「今朝早く出発するかと思ったらいつまでたってもテント張ったままだし、釣りをするわけでもなし
何をするわけでもなし、よっぽど時間が余ってるんだな、あんたたちゃ」
と呆れていた。

しかも今日なんかは来た道を引き返して温泉に入りにきてるし、これじゃあ進むわけもないわな。
今日の歩き開始は午後4時過ぎになりそう。
今日も10km歩けないな、こりゃ。
一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2009年06月25日

歩き人フェリーに乗る!!

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,737km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,300km

一昨日は伊良湖岬のフェリー乗り場近くでテントを張った。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-伊良湖岬 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-伊良湖岬2
夜中に大雨が降ってまいった。
濡れたテントとかシートとかを乾かすのに午後までかかってしまった。
さて伊良湖岬からいったいどうするんだろうと思っていた皆さん。
選択肢は3つ。
1.歩いて豊橋に引き返す
2.フェリーで伊勢に渡る
3.フェリーで知多半島に渡る

あゆみちゃんの希望としては2番なんだけど正解は3番の「フェリーで知多半島に渡る」
歩き旅にフェリーは反則?別にそんなことは考えない。どうせ島を渡るにはフェリーを使うんだし。
伊勢に渡らなかったのは名古屋方面を通りたかったから。
名古屋の中心部は歩かないけど名古屋の端っこをかすめて岐阜県を通って西に向かおうかと思っている。
名古屋周辺には友人も多いし。再会が楽しみだなあ!
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-知多半島到着
さてフェリー料金は
ふみ+マンチータ号→自転車料金 1,900円
あゆみ+キウィ号 →人のみ料金 1,150円
どうやら大きさで判断されたようだ。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年06月24日

あり得ない素敵な旅2

テーマ:東海北陸編
先日の続き

都会の清潔で規則正しい生活しかしたことのないようなあゆみちゃんが本格アウトドア生活(というより
どちらかといえばホームレス生活に近い)歩き旅を始めたとしたらもちろん大変なのは間違いない。
でもまあ本気で歩きたいと思っているのならともかく一緒に歩いてみようということになった。
そもそも旅に誘ったのは私なんだけど、まさか本当に会社を辞めて一緒に歩くという人が現れるとは
思っていなかったのだ。
しかし二人での歩き旅を始めてみて良かったと思っている。
最初の頃は予想通り問題山積みで困難なことばかりのように思えたが、しばらくたつと彼女にはかなりの
適応力があることがわかった。
最初の頃は知り合った人の家に泊めてもらっても歩いていてもクモの巣ばかりが気になっていたし
キャンプでは小さな蜘蛛を見かけるたびに大声を上げていたが、やがて少しずつ変わってきた。
今も虫嫌いや清潔好きは変わってはいないが少なくとも以前のような極端な潔癖ではなくなった。
昨シーズンの終り頃にはテントの中のアシナガグモをなんと手でつかんで放り出せるくらいにまで
なってた。
今では食べ物の汚れもあまり気にしなくなって時々
「今地面に落ちたように見えたけどそのままでいいのか?」
と思ってしまうような行動をとることさえある。
人間て結構早く変われるもんなんだなあ。
隣から
「気にしてちゃ歩きの旅なんかやってられないよ」
というあゆみちゃんの声が聞こえてきそうだ。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-麦わら帽子を買う
麦わら帽子だけはかぶらないと言ってたのについに自ら買ってきた麦わら帽子

また考え方もやはり変わってきたようだ。
札幌で居た時は普段生活していて見も知らぬ他人から親切を受けるようなことはほとんどあり得ないこと
だったらしい。しかし今の日々は、世間にはどこにいったとしても必ず親切な人々がいて実際に出会える
ということを信じない訳にはいかない、そんな毎日なのだ。

しかし変わったのはあゆみちゃんだけではない。

  続く(またかい!って)

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月23日

伊良湖岬到着

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,734km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,300km

今日は朝には雨が止んでいたので歩いたが蒸し暑かった。
昨夜ちょっと人目を忍ぶような場所にテントを張ったので早起きせねばならず少し寝不足だ。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-人目を忍んで
とある施設の隅に張ったテント

同じ理由で朝食はテントをたたんで出発してから自転車道の脇で作る。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海岸でねぎを切る女
海岸沿いの自転車道でねぎを切るあゆみちゃん。
パラソルは便利だけどこれまで以上に人目を引くようになってしまったぞ。

海岸線をまっすぐに続く自転車道を歩いてると眠気で意識が朦朧として半分眠りながら歩いてた時間帯も
あった。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-展望台でお好み焼き
昼食は展望台のベンチでお好み焼きを作る。どう見ても変なカップルだ。

そしてついに伊良湖岬へ到着。御前崎から続く遠州灘の海岸線を歩ききったぞ。
ほとんど海岸線ばかりで自転車道ばかり歩いてサーファーばかり見てたような印象だ。

伊良湖岬からはすぐ目の前には志摩半島が見えている。
そこはもう紀伊半島ってことだ。
そんでここから鳥羽へはフェリーも出てるんだなあ。ふ~ん。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月22日

道の駅に避難中

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,713km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,300km

渥美半島、伊良湖岬の手前一日の距離の場所まで来ている。今日は朝から雨。
珍しく早起きして出発の準備も出来たところに雨が降り始め、300mだけ歩いて道の駅に避難する。
今日はここで停滞するしかない。でもすぐ近くにこんな場所があってよかったなあ。
一日中道の駅で手紙を書いたりして時間をつぶした。
今夜はなんとかこの建物のどこか軒下で寝られないかと適当な場所を物色している。
建物の外はどこも霧雨が吹き込んできていていつの間にか全てが濡れてしまうのが困るぞ。
施設は5時で閉まってしまうので、この後いったいどこに居たものか。

湖西市の水野さんの所で寮の掃除をしていた時に見つけたビーチパラソルをもらって先日から使っている。
これがなかなか使える。どこにでも日陰が作れるし、激しい雨でもしのげる。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-道端でビーチ 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-ビーチパラソルをさす女
一番良いのはどんな場所でもビーチリゾート気分になれること...ちょっと無理か。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年06月20日

梅雨はつらい

テーマ:東海北陸編
昨日ついに愛知県に入った。
今日は渥美半島の付け根からちょっと半島に入った辺りまで歩き、あるお寺の駐車場でテントを張らせてもらっている。
なんだか雨が降り続きそうで弱っている。
やっぱり国内だと梅雨と台風が一番困りものかな。
滞在できる場所がある時はいいんだけど、移動中はちょっときつい。
一晩だけならどこにでもテント張れるんだけど何日か滞在するとなると場所は限られてくるし。
お風呂も入れないしテントの中だけで何日も過ごすのはやはりつらい。
雨の中を歩く気は元から無いしね。
晴れないものかなぁ。

昨日の続きはちょっと中途半端だけどまた後日書くつもり。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月19日

あり得ない素敵な旅1

テーマ:東海北陸編
私が徒歩の旅を始めて14年になる。
いろいろな国を一人で歩いてきて歩きの旅を二人でやるのはずっと無理だと思っていた。
私と他の人では歩きの速度もペースも生活も考え方も徹底的に違っているから数日間や数週間ならともかく
何ヶ月も一緒に歩いて旅するなど考えられないことだったのだ。

そこにあゆみちゃんから「一緒に歩きたい」という言葉。これには正直驚いた。
なぜなら彼女は...
学校を卒業後、札幌中心部にある会社に通勤して同じ部署で17年間経理の仕事を続けていて
働けるのに働いていない人間など価値は無いという考えていた。
一軒家に一人住まいで、一番の楽しみは家の中を徹底的に掃除してピカピカに磨き上げておいてから
最新オーディオ機器で好きな音楽を聞いたり、大画面テレビで映画を見たりすること。
潔癖症気味で大の虫嫌い(そもそも札幌にはほとんど虫がいないのだが)。
毎晩2時間もかけて風呂に入った上に朝にも必ずシャワーを浴びる。
洗顔に30分、歯磨きに20分。
洗濯も徹底的で、一度でも身に着けた服を洗濯せずに着るなんて考えられない。
枕が変わると熟睡できず、腰はヘルニアで背骨にも問題があり、体も弱く風邪もひきやすい。
そんな女性だったのだ。

対して私の旅といえば...
基本的にはテントで寝て起きて歩き、毎日違う場所に泊りコンロで自炊の生活。
テントを開ければ彼女の嫌いな虫共はそこら中にいてずうずうしくテント内まで侵入する。
食料箱も油断すれば猫やカラス、蟻、蠅、なめくじなどに狙われる。
彼女が最も嫌いなクモはテント生活では最も頻繁に見かける生き物である。
洗濯物はためておいて誰かの家でまとめて洗わせてもらうか、公園の水道などでも洗う。
お風呂どころか洗顔すらままならない日も少なくない。トイレも野外ということも多い。
テントに泊らない時は大抵誰か彼女の知らない人の家で居候状態。
金がないので外食はほとんどしないし自動販売機でジュースやお茶を買うことすらない。

180度違う、楽しくはあるがある意味過酷な生活だ。
彼女にそんな生活が耐えられるのか?

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-踏み切り横で休憩

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-海岸でテント 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-林でテント

   続く

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年06月18日

静岡最後の町

テーマ:東海北陸編
まだ湖西にいたりする。
この町は静岡県の一番西の町で、ここを出るととうとう静岡県を出ることになる。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-最近の道筋
地図は赤い線が歩いてきた道。
静岡県に入ったのは去年の10月10日。
5ヶ月間は箱根にいたので実質3ヶ月間ほど静岡県にいたことになる。
富士を出て駿河湾、遠州灘の海岸線をずっと来たが、通りかかった人達は気さくに話しかけてきてくれるし
いろいろと親切にしてもらった。静岡の人たち、どうもありがとう。

昨日も養鰻場の寮の掃除の続きをして全部きれいにしてしまった。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-掃除前 歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-掃除前2
これが掃除を始める前の状態。あちこちから虫やカニの死骸が出てくる。

歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-玄関に住むカニ
玄関に住んでいたカニの夫婦。
かわいそうに追い出してしまった後もまた入り込んでいたようだ。
しかしもう快適な住み家ではなくなったと観念したのか再び出て行って二度と戻らなかった。

1日半かけてまるまる家一軒の掃除をすませてしまったので結構な達成感だ。
美味いうなぎはごちそうになってるけど。
うなぎで有名な浜名湖に来たらうなぎを養殖している友達がいるなんて出来過ぎた話なんだけど本当の
話だ。あゆみちゃんの友人で、数年前に父親から養鰻場を引き継いで経営しているのだがうなぎの養殖も
うなぎの病気やらなんやらかんやらで大変そうだな。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-掃除後の宴会
掃除後きれいになった部屋に彼の友達もやってきて宴会。

うなぎ以外にも美味しい中華の店や同級生のやってる居酒屋、そば屋、ラーメン屋など様々なお店で
ごちそうしてもらった。彼としてはいずっと気にかかっていた寮の掃除ができてしめしめという感じらしい
けど、こちらもこんなに料理も酒もごちそうになってしまっていいのかな、という感じでどちらにとっても
ちょうど良かったのかもしれない。ここ数日の間に少し太ったかも。

明日ここを出て愛知県に入り渥美半島の先端の伊良湖岬に向かうつもり。
愛知県か。面白そうな所だけどなんだか暑そうだなあ。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年06月17日

浜名湖鰻と部屋掃除

テーマ:東海北陸編
【北海道知床からここまでの歩行距離数】4,666km
【これまでの総歩行距離(海外+国内)】約17,270km

浜名湖の西の湖西市に着いて、あゆみちゃんの友達の人の家に泊めてもらっている。
浜名湖と言えばまずうなぎだ。そして彼はそのうなぎを養殖してる養鰻場の経営者である。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-うなぎ!
餌に群がる鰻たちはまるで蛇の群れのようで少しばかり気持ち悪い。

で、その夜はさっそく脂ののったうなぎをいただいてしまった。
歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-鰻!
その結果、一宿一飯の恩義で、そこの元寮で何年も使っていなかった建物を私とあゆみちゃんで大掃除する
ことになった。そしてその日のうちに結局使える状態にまで持っていった。
「俺らは掃除のプロか」と思ってしまうような自分でも自惚れてしまう掃除っぷりだった。
これから「旅の掃除屋」でも始めようかと思ったくらいだ。
掃除前には「くも・ごきぶり・むかで・かに・げじげじ」の死骸多数に生きた蟹2匹が住んでいた。
そして今は自分達で掃除したきれいな部屋で寝させてもらっている。

しかしうなぎはやっぱりなかなかうまいぞ。

一緒に歩いているあゆみのブログはこちら→ただ歩いてゆく旅
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。