1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年03月31日

箱根も春

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
箱根もたまに肌寒い日はあるものの昼間はヤッケなしで歩けるようになった。
箱根、二ノ平の駄菓子屋。
冬の間かたく閉ざされていたアイスクリームのボックスがついに解禁。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-駄菓子屋
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月29日

リンディス峠へ

テーマ:ニュージーランド編
3月最後の週末はお客さんの数が多く忙しかった。しかしいよいよ3月も終わる。
箱根で仕事を始めて3ヶ月が経った。残り一月半。長いのか短いのか。
今日は午前休みだったので昼まで寝ていて、午後久しぶりに原稿を書いてみた。その一部。

ニュージーランド徒歩縦断の旅日記(2003年、南島 クイーンズタウン→クライストチャーチ)
*******************************************
リンディス峠へ
リンディス峠を越えてオマラマにむかう。
峠を挟んでタラスからオマラマまでの80kmの間には町も村もない。タラスで4日分の食料を買い込んで
出発する。
一日目の夕方、地図に地名の出ていたリンディス谷に着くが予想通りそこには数軒の家があるばかりだった。
飲み水をもらおうと道沿いに一軒だけある家に寄ってみると一人の老人が外で作業をしていた。
何か建築中のようだがそこには彼一人しかいない。
水をもらって話をしていて、その辺でテントを張ってもいいというので庭先で張らせてもらうことにした。
親切なことに彼はキッチンとシャワーまで使わせてくれた。二人で料理を一品ずつ作って分け合う。
彼の名はフェッカで70歳。もともとオランダ出身だがニュージーランドに移り住んで50年になるそうだ。
住居はワナカにあり家族もそちらにいて孫もいる。昔は大工をやっていたが、今は国内でも名を知られる
家具運送会社を経営しているそうだ。
この小さな家は彼自身の手による別邸であり、今はその家の横に大きな車庫兼倉庫をこれもまた自分で
建てている。
「これがわしの人生で最後の大仕事だ。もっと年をとったらここで住もうかと思ってね」
誰の手を借りるでもなく自分一人で楽しみながら作っているのだろう。ただ家族はこんな辺鄙な所には
住みたくないと言っているそうだ。老後を一人静かに暮らしたいのかもしれない。
翌朝7時に目を覚ますとフェッカは既に仕事を始めていた。トラックに付いたホイストを使って壁を組み
上げている。コーヒーを入れてもらって一緒に飲んだ後、別れ際に彼はこう言った。
「私もおまえさんのような旅をしてみたいが、ちょっと歳をとり過ぎた。じゃあ元気でな」
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年03月27日

インドカレー屋 青空屋台

テーマ:関東甲信越編
今回の旅では長野県と縁が深くなり一昨年から昨年に渡り1年近くを過ごしている。
それは前にも書いた大町市美麻(みあさ)にある青空屋台のおうちのようちゃん達、鈴木一家との北海道での
出会いに始まる。
これもまたちょっとした気まぐれと偶然の積み重ねの結果なのだ。

鈴木家と初めて出会ったのは2006年の9月だから2年半前、北海道を歩いている途中だった。
札幌から小樽、積丹半島(しゃこたんはんとう)と歩いて岩内(いわない)に着いた。
そこからはそのまま日本海沿いに島牧(しままき)、瀬棚(せたな)を通って松前(まつまえ)に向かう
つもりでいた。
岩内を出発しようとした朝になってからなぜだか突然気が変わり、ニセコ、倶知安(くっちゃん)を通って
大滝村から伊達(だて)に抜けることにした。函館に向かっていたのだからかなりの遠回りとなるのだが。
そして二風谷(にぶだに)のアイヌモシリ一万年祭でチラッと話を聞いた大滝村の水谷ロッジに寄ってみた。
するとそこにたまたまライジングサンロックフェスティバルに出店するために長野からはるばる北海道に
来ていた鈴木家が数日間だけ泊まっていたのだ。
翌日札幌から遊びにきたあゆみちゃんと一緒に喜茂別(きもべつ)タカラ牧場の牧場祭に顔を出した。
思えばようちゃんのインドカレーを食べたのはこの時が最初だったんだなあ。
ちなみにこの時のお米はようちゃんの友人の櫻井ブルースさんのブルース米。
ようちゃん達は以前この水谷ロッジの管理人をやりながら「カレー屋こころ」という店をやってたらしい。

その後、私は再び日本海側に出て函館に至り、フェリーで下北半島の大間崎に渡り本州を南下する。
その次に鈴木家と会ったのは1年以上経った2007年の11月。
私は北関東を横断して上越で日本海に出て佐渡島へ往復した後、糸魚川から南下し長野県に入った。
そして北海道で少し話をしただけの鈴木家に連絡を取り、青空屋台のおうちにたどり着いた訳である。
この時奥さんのみゆきさんのお腹は大きく出産間近だった。
ようちゃんの家に何日か泊めてもらった後、大町に住む北海道時代からの友人シンちゃんを紹介して
もらって何日か泊めてもらいさらに南下するつもりがそのまんまシンちゃんの家に居候してしまったのだ。
そして白馬のスキー場でアルバイトをして一冬を過ごすことになり、ようちゃん、シンちゃんを
通じてサブニュマのたけちゃんや他のいろんな人達とも出会い、気がつけば第一回大町アースデイの
実行メンバーにまでなっていたのだ。
鈴木家では3人目のタオ君が生まれた。
3人の子供は全て自宅出産。しかも完全に家族だけで赤ん坊をとりあげたというのだから並じゃない。

歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-鈴木家
鈴木一家の現在の写真
タオ君、大きくなったなあ。皆にまた会いたいな。
青空屋台のおうち、次はいつ行けるだろ。ようちゃんのカレー食べたいな。
そんな素敵な青空屋台のホームページはこちら→青空屋台のおうち

去年あゆみちゃんと寄った時にはたまたまマクロビオティックの中島デコさんとか来ててようちゃんのカレー
絶賛してたぞ。
ついでに言えばデコさんの旦那のブラウンさんは私の本「歩き人ふみの徒歩世界旅行ヨーロッパ・南米編
買ってくれた。関係ないか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月25日

一番長い旅

テーマ:関東甲信越編
今回の日本・台湾徒歩縦断の旅に北海道知床を出発して既に3年と7ヶ月になる。
これまでで一番長かったヨーロッパ・中南米の時が3年と5ヶ月だったので今回が一番長い旅となった。
今回のように途中でアルバイトしている期間も結構長いのだが、私としては旅先で仕事をしている
という感覚なので、箱根の山にこもって働いている今現在も旅の最中ということにかわりはないのだ。

移動していない期間にニュージーランド・オーストラリア編の原稿も書きたい、日本の旅前半の整理も
したい、写真・地図の整理もしたい、しかし旅の資金も稼ぎたい。
休みが多かった2月は原稿も進んだが収入は少なく、3月中旬以降は仕事が多くてなかなか他のことが
できていない。言い訳に過ぎないか。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年03月24日

短い一日

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
一日があっと言う間にあわただしく過ぎ去ってしまう。
だのに日にちが進むのはひどく遅く感じる。

なかなかブログの更新をする余裕がないなあ。
さあ今からまた仕事だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月22日

忙しい日々

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
箱根は午後から雨。

春休みに入ったからかホテルは連日お客さんが多く洗い場もその分忙しい。
ホテル洗い場の仕事ももう3ヶ月近くになり作業にも大分慣れてきたが、忙しい時の目まぐるしさは
変わらない。幸い私の担当の作業は比較的食器を割ることが少ないのでまだ良いように思える。
手荒れは相変わらずで仕事を止めるまではどうにもならないだろう。
職場の人員の入れ替わりも激しい。この業界はそうしたものなんだろうか。
このところ休日も少ないがその分稼げるのだから文句はない。
というか旅資金を稼ぎに来てるんだから仕事は多い方がいいはずだ。
忙しい時こそ稼ぎ時。
稼ぐ稼ぐと耳障りかもしれないが、そうして自分にはっぱをかけてる訳である。
実は仕事が終わる日を、旅を再開する日を指折り数えているのだ。
とにかく頑張ろ~!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月20日

青空屋台のおうち

テーマ:関東甲信越編
長野県に友人のようちゃん一家がやっているインドカレー屋さんがある。
場所は長野県大町市美麻(みあさ)
長野県に行く用事のある人はぜひメモして行った方がいい。
長年イベントでの屋台出店が中心だったが、今は自宅の古民家のお店をメインにするようだ。

まずカレーが美味い。
昨年は私もイベントの出店をよく手伝って何度も食べさせてもらったが毎回でも食べたい。
ようちゃんの家の料理の中心は薪ストーブであり生活の中心でもある。
季節の野菜がたっぷり入ったベジタブルカレーは薪ストーブを使って時間をかけてじっくり作る。
玄米ご飯の玄米はようちゃん自らが合鴨農法で丹精込めて育てたもの。
の小麦粉と塩だけで作ってるチャパティがなぜあんなにうまく膨らみあんなに美味いのか。
食後の豆乳チャイも心落ち着く。

家族がいい。
ようちゃん、奥さんのみゆきちゃん、3人の子供達。なんとも言えないほのぼのとした雰囲気を
かもし出している。ようちゃんのおとぼけにみゆきちゃんの笑顔。心がなごむ。

おうちがいい。
いい感じの古民家で、ゆっくりくつろげる和室と料理を作っているところが目の前で見られるカウンター
の部屋とがある。どうでもいいことだがカウンターの床の半分は実は私が居候中に張った。我ながらうまく
張れたと思うがうまくないと思ったら苦情は歩き人の方へ。
おみせでは時々ライブもやっていて、カレーを食べながらのライブも素敵だ。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-青空屋台のおうち
家のある環境がいい。
山間の農村ですぐ裏には森があり静かな落ち着いた場所だ。
ただ少しばかりわかりにくい場所なので行く時は事前に予約しておいて、近くまで行ったらもう一度電話を
かけて尋ねた方がいいかもしれない。

歩き人一押しのお店である。ホームページはこちら→青空屋台のおうち

長野にいろんな繋がりができたのも元はと言えば北海道でたまたまようちゃん一家に出会ったのが
始まりだ。
それについてはまた次回に。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年03月18日

箱根を歩く その2

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
先日の箱根歩きの続き
駒ケ岳の頂上に小さな祠があった。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-狛犬と?
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-狛犬と??
狛犬(こまいぬ)となんだろう?どっちも狛犬?

駒ケ岳から芦ノ湖に下り箱根園から遊歩道を通って湖尻から桃源台へ。
少々疲れたので帰りはロープウェイで帰りたいところだったが、結局仙石原まで歩いてバスで帰った。
歩いたのはこんなコース。黒い線が歩いた道。出発点は右側中央の小涌谷駅。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-箱根地図
面白かったが久々に歩き回ったので疲れた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月17日

春からの歩き旅

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
ホテル洗い場の仕事が終わるのはまだ先だが、そろそろ足がうずき出してきたので春からの歩き旅の
続きについて考えて札幌に居るあゆみちゃんとあれこれ相談してる。
旅の写真の整理や地図、資料の作成なんかもやっておきたいし。

もう暖かくなってきたし4月になれば充分歩き始められるのにな。
いつでも出発できる時はなんだかんだぐずぐずして出発しないのに、旅が始められないと思うと無性に
出発したくなるのは困ったもんだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月16日

箱根を歩く その1

テーマ:箱根の温泉旅館の仕事2009
昨日は出発時から出遅れてしまった。
休みの日に目覚まし時計を使いたくない人間なので起きられない時はしかたない。
もともと目覚まし時計は好きじゃない。
仕事の日は仕方ないから使うけど、せっかく休みなのにあの音に強制的に起こされるのが嫌なのだ。
休日を有効に使おうと思うなら目覚ましかけて早起きした方がいいんだろうけど、その辺が所詮
期間限定の勤め人的な考えなんだろうな。

そういう訳で出発したのは11時前。
道路を歩いてケーブルカー終点でロープウェイ乗り口でもある早雲山駅から山道に入る。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-神山への道

天気も良くて暖かいしもう春だな。猫はさかってるし。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-春の猫

ぬかるんだ山道を神山(1,439m)から駒ケ岳(1,357m)へと歩く。
富士山がきれいに見えている。
歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-駒ケ岳よりの富士
最初木々の間から見えた時は白い山肌を雲かと思った。
箱根でも小涌谷や湯本の方は山の反対側だから富士山は普段全く見えないかのだ。

歩き人ふみとあゆみの徒歩世界旅行 日本・台湾編-芦ノ湖と駿河湾
駒ケ岳から見下ろす芦ノ湖。その向こう側に広がっているのは駿河湾。

続きは明日。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。