2008年08月28日

前穂北尾根を登る

テーマ:関東甲信越編
涸沢から下界に下りてきた。
26日の夕方は20人のお客さんの前で余興でディジュリドゥを吹いたりもした。
その後、小屋メンバーの打ち上げがあり従業員や他のいろんな人達と話をした。
小屋のメンバーの小屋や山に対する熱い思いを聞きながら夜中2時頃まで酒を飲んだ。

翌日27日は小屋番と一緒に奥穂高岳に登って岳沢から上高地に下りるという話になったのだが、
いざ朝6時前に起きてみると前穂北尾根というちょっとした登攀の混じったルートで前穂高岳に
登って上高地に下りるという話に変わっていた。
前穂高
北尾根というのは涸沢カールを挟んで涸沢小屋の正面にそびえる五つの岩峰を通って
前穂高岳(3,090m)に到るルートである。
メンバーは涸沢小屋の小屋番のたにたけしと従業員おのっち、たにたけしの友人のこうすけ君、
上高地で働いているみゆきさんに私の5人。たにたけしとおのっち以外の3人には寝耳に水の話
だったが普通に登るルートよりも格段に面白いのは間違いない。ちょっと二日酔いと寝不足気味
なのではあるがそれは全員同じだ。
小屋のメンバー
出発前、涸沢小屋のメンバーとの写真。麦わら帽子が私。

そして出発
五六のコルへ
雪渓を通って五峰と六峰の間にある五六のコルへと向かう。
北尾根からの涸沢カール
北尾根から見た涸沢カールと涸沢小屋、北穂高岳、そして雲の中から顔をのぞかせる槍ヶ岳。
北尾根五峰
そして尾根を五峰から登り始める。
たにたけしとみゆきさん、おのっちとこういちさんはそれぞれザイルでつながるが、私は基本的には
フリー。核心部の三峰と他に一箇所だけザイルでつないでもらった。
凹角 岩場
6年前、涸沢小屋で働いている頃に一度だけ一人で登ったことのあるルートだったが、岩に登るのも
ほとんどその時以来で、久々の緊張感を味わった。腕はかなり鈍ってたなあ。
岩場と小屋
このルートのもう一つ楽しいのは尾根を登り始めると常に朝出発した涸沢小屋が見えていること。
岩場の奥の方に小屋の赤い屋根が見えているのがわかるかな。
涸沢小屋と槍ヶ岳
雨がちの天気が続く中、我々が登ったこの日の午前中だけが見事に晴れて、奥穂高岳から北穂高、
槍ヶ岳、その右側には白馬の山々が雲の上に浮かんで見えていた。富士山も顔を出していたし。
絶妙なタイミングだったな。
三峰の上で
約3時間で前穂高岳頂上に着く。
久々の山はやっぱり良かった!
今だとまず一人では登る気にならないだろう前穂北尾根を登れたのは今回最高のプレゼントとなった。
雨の中の入山時はかなり億劫だったが、今回涸沢小屋に来て本当に良かったと思う。
たにたけし君、涸沢小屋のみんな、本当にありがとう。
楽しませてもらった上、全く期待していなかった参加報酬まで(しかも結構な額を)頂いてしまい
とっても感謝してる。
涸沢小屋、良い小屋だよ!皆もぜひ遊びに行ってみてね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「関東甲信越編」 の記事
2008年08月26日

涸沢小屋

テーマ:関東甲信越編
24日から北アルプスの涸沢小屋に来ている。
標高2,350m。曇ってて少し肌寒い。
上高地から半日ほど登った涸沢カールにある涸沢小屋は奥穂高岳(3,190m)などへのベースと
なる場所にあり、私が2002年に4月から11月までアルバイトしていた山小屋でもある。
涸沢小屋
6年ぶりに訪ねた小屋はなかなか快適になっていた。
従業員部屋で寝泊りさせてもらっているのだが、エロ本の散らばる足の踏み場もない部屋の汚さは
相変わらずだった...
今の小屋番は私が働いていた時からの友人で、今回は彼に涸沢カールで24日~26日に行われた
涸沢フェスティバルに呼ばれてやってきたのだ。
昨日は涸沢小屋の売店横に「歩き人ふみ」のコーナーを作ってもらい、海外歩き旅の写真や現在の
日本縦断中の地図を展示して、その横で「山の折り紙教室」をやってた。
あいにくの空模様で小屋で暇を持て余していた人も多かったからか、なかなかの人気でほとんど
お客さんが途切れることがなく、一日中ずっと折り紙を教えてたぞ。女の子もたくさん居て結構楽し
かったぞ。
小屋番のブログにはその時の写真が載っている。

このところなかなかインターネットを使える暇がなくてコメントに全く返事ができていない。
そのうちに返信するのでごめんなさい。

北海道を自転車と原付で旅しているチャリダーアキ君夫婦が現在道東を走っている。
私が旅の途中で知り合った友人達にも会ってくれているようで嬉しい。
道東の皆さん、ありがとう。今後もよろしく。

今夜は打ち上げで小屋の皆と飲んで、明日下界に下りる予定。
天気がよければ奥穂高岳、前穂高岳にでも登ってから帰るかな。
でもディジュリドゥが重いからなあ...
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月18日

徳島より

テーマ:関東甲信越編
徳島に数日間だけ居て数日後に長野に戻る予定。
日数がなくバタバタなので地元の友人とも会えずに徳島を出ることになる。
今日は実家の稲刈りを手伝ってた。

8月24日~26日、北アルプスの涸沢で行われる涸沢フェスティバルに参加して、また折り紙を
折ったりすることになった。

山を下りた後、歩き旅を再開。
ここまでとは少し変わった旅になると思う。
理由は1週間後くらいに!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月12日

小樽より舞鶴へ

テーマ:関東甲信越編
相変わらず全然歩きもせずあちこちうろうろしてる歩き人である。
今日の夜のフェリーで小樽から舞鶴に向かう。
ちょっとだけ徳島に戻るのだ。久しぶりだな。
でも暑くて込んでるお盆なんかには戻りたくないんだけど...

札幌ではあゆみさん宅で自転車と原付で北海道を回るチャリダーアキ君夫婦と、長野で出会った
スペイン人女性のアサちゃんを迎え、皆で数日間を過ごした。
アサちゃんパエリアとトルトゥージャ
ある晩、アサちゃんがスペイン料理を作ってくれた。
スペイン料理
食卓に並んだスペイン料理。パエリアにスペイン風トルティージャ、ガスパチョ(冷たい野菜スープ)。
アサちゃん、料理上手だ。とってもうまかったよ~。

チャリダーアキ君と奥さんは自転車と原付で昨日の早朝、旅立っていった。
チャリダーアキ君夫妻チャリダーアキ君夫妻2
富良野から宗谷岬、そして道東に向かう。
旅立つ二人
北海道のどこかでこの二人を見かけたら応援してあげてね。旅のブログはこちら→チャリダーアキ

アサちゃんは私が以前お世話になった積丹(しゃこたん)のウーフ(WWOOF)の高野ファームに向かった。
高野さん、ご無沙汰してます。どうぞよろしく。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年08月06日

青森ねぶた

テーマ:東北編
8月1日にシンちゃん達の車で青森に来て、シンちゃんとユッキーは2晩で帰ってしまったけど
私は毎日ねぶたで跳ね続けて今夜で5夜目。
大声の上げ過ぎでのどが痛く、跳ね過ぎでふくらはぎも痛いがそれでもまた今夜も跳ねまくることだろう。
ちなみにねぶたでは「踊る」と言わず「跳ねる」という。
文字通り「ラッセラー、ラッセラー」という掛け声と共に終始跳ねてるからだ。
そして跳ねる人たちを「跳人(はねと)」と呼ぶ。
夜跳ねた後と昼間は、青森のフェリー乗り場近くにねぶた期間だけ開放されるテントサイトで
ごろごろしてる。
ライダー、チャリダー(自転車乗り)中心のテントサイトで、ここに集まる人たちもまたどこか
おかしな連中ばっかりだ。どうも行く所行く所、一風変わった濃い人たちにしか出会わないなあ。
私は今回ねぶた初参加。
キャンプサイト内にいろんなグループがあり、一緒に行ったシンちゃんやハッカイさんの関係で、
私が属したのはここに書くのさえはばかられるような名前の「尿道会館」
ひっでぇ名前だよ!
出発前
跳人ライダー隊の出発前風景。
ライダー隊
いまや青森ねぶたの風物にもなってる浴衣姿の跳人ライダーのバイクの列。
私もヘルメット借りてバイクの後ろに乗って走ったがなかなかこれが気持ちいい。
チャリダー隊
こちらはチャリダー隊。一足先に出発して、橋の上で自転車を持ち上げてライダーの列を迎える。
いやあどっちもほんと皆馬鹿だなあ。
跳人
一緒に跳ねてる女の子たち。なかなか美人ぞろいでしょ。でもみんな「尿道会館」に属している...
しかも一番右の「ねこ姫」は昔なんと徒歩だけで日本を一周してるのだ。
しかも途中で拾った猫をバックパックの上にのせて...ありえねぇ
まあ普通の人はいないと思っていいと思う。
跳ね開始前
そして跳ね開始前。
ねぶた
今年跳人ライダーが跳ねさせてもっらてる青森県板金工業組合のねぶた。
元気よく跳ね回った甲斐もあって4位に入賞した。

ねぶた楽しいぞ。
地元徳島の阿波踊りも大好きだけど、ねぶたは衣装さえ揃えればすぐ簡単に参加できるってのが
素晴らしい。
一緒にキャンプしてたのもお馬鹿な人ばかりだったけど(自分も入ってるのは言うまでもないね)
すっごく楽しかった。
ねぶたにはまって毎年この時期になるとはるばる遠くから走ってくるのもよくわかる。
ちょっと癖になっちゃったかも。来年のこの時期はどこまで歩いてるかわからないけど
なんとか参加したいもんだな。

明日北海道に渡って札幌のあゆみさん宅で北海道自転車+原付旅に出るチャリダーアキ君夫婦を
向かえ、長野の高遠で出会ったスペイン人女性アサちゃんとも会う予定
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。