Always With you

好きなジャニーズを好きなように応援しています♪
嵐くんは大大大好き!全員溺愛。
智&翔ちゃんは別格♡
大宮には過剰に反応します。

セクゾンちゃんのことは、遠~くの方から愛おしんでいます。
misha


テーマ:
私、割と正直なもんだから、

いい歳して、いつも大人げないんだけど(笑)




今日はことさら大人げありません。

だから、そのうちこの記事消しちゃうかもだけど、

とりあえず書きたいことを書きます。

妄想も入ってるけど書いちゃうよー。













■今日のイベント




セクゾのみんな、お疲れ様でした。

まずは、健人くん、風磨くん、勝利くん、ファンに喜んでもらおうと笑顔で頑張ってたのよね。

今夜はゆっくり眠れているといいなぁ。







でも、3人だけを労っている訳ではありません。

たとえガムシャラレッスン頑張っていたとしても、

きっと心は一緒に代々木にいたであろう、愛おしい愛おしい聡ちゃんマリちゃんもね、

お疲れ様でした。




あの2人は天使だからね、

なんなら自分のコトなんかより、

代々木に立っていた兄3人の心情を思いやっているんじゃないか、

とすら思ってます。




そういうコ達よね、聡マリちゃんは・・・。

ファンはみんな知ってるよ。

兄組だってわかってる。




だからファンも兄組も、聡マリを愛してる。
















■彼らはこれから。でもSexy Zoneは。




人生、何か思った通りにならなかったからといって

それが悪いこととも限らない。

(むしろ、若いうちにうまくいきすぎてチヤホヤされてた人間なんて、

 大体ずれてるし、ロクなもんにならない)




それを良いことにするのも、悪いことにするのも、

その後のその人次第。




今まで彼らを見てきて、

きっと彼らは大丈夫だと信じてる。

それに彼らはまだまだ若い。







究極、彼らが幸せになってくれればいいなぁと、思ってる。

自分の満足のいく人生を歩んでくれればいいなぁと。

できれば、ジャニーズタレントとして成功して。

それを、端っこから応援させてもらえたら、もっと幸せ。













だけど、

Sexy ZoneというGが、

私の心を狂わせた、あのGは

もう戻ってこないかもしれないな、とは思います。




少なくともあの可憐な薔薇のつぼみが

徐々に開いていく様子を、

もう見ることは叶わないかもしれないな、とは思います。







そこは素直に悲しいし、




薔薇の花壇を、土足でズカズカ入り踏み散らかしていく大人達を

見てるしかない自分がふがいない。
















■セクシーヒエラルキー







遂に、発表になった。

【中島、菊池、佐藤の3人を中心に、

常にメンバーが入れ替わる可能性があるグループになる。】

【今後はSexy Familyと総称される】







“遂に”、って書いたのは、

あらゆるジュニアに、Sexy Sexy バカの一つ覚えみたいにつけ始めた時から

いずれこうなるだろうと、毎回セクゾ会で話してましたから。







(あぁ…セクシースプーンだセクシーカレーだのリアスコの悪ふざけを

「なんでもかんでもSexy つければいいってもんじゃない」

って、あはあは笑いながら、無邪気に突っ込んでいた幸せな頃が懐かしい。)













横アリ魂。よりによって、半分終わったところで、

天の声が、5人で考えたコンサートをめちゃくちゃにした。

Sexy Zoneのコンサートじゃなかった。(金返せって思った)

ふまけんしょり中心のセクシージュニア魂を見ながら

半ば諦めの気持ちになった。

あぁ、話してたことが現実になっていくんだな・・・って。







お爺さまは

セクシーファミリーというか、

勝利くんを頂点とし、ふまけんしょりだけは別格カリスマアイドル扱いの、

セクシーヒエラルキーを作りたいんでしょって。







ボ・松を入れた9人なんて楽観的な意味じゃなくてね。

大体、昨日の少年収では、

聡マリいないし、セクボがガイズ中心に戻ってるし、

セク松なんてなかったことになろうとしてるんじゃないかとすら思う。

(ガムシャラTV見ていても、雑誌を見ていても)







セクシーヒエラルキー、

ふまけんしょりの地位は常に守られる安定の座。




その下は常に入れ替え制。

都度都度、有力(お気に入り)ジュニアをひっ替え取っ替え。
このままなら、そんなことになってくんでしょーよ、どうせ。


同じメンツよりは、理論的にはリスクは軽減されるかのように思える。

期間限定ユニットCDも含め、何らか売上も、今より立つのかしらね。







特定の可愛いコ(達)に、安定した未来を遺してやりたいんでしょ。

その安定のために、後は使い捨てだけど。

稼げるジュニアをできるだけ増やしたいであろう女史の利害とも一致するだろうしね。




このやり方、女性ファンに通用するのかは知らない。
















■『セクシー喜び組』







けれどそのヒエラルキーは誰が決めるの?

あれだえげつないやり方で露出の機会を奪われていても

キラキラに存在感を示し、

まじめに努力し、着実に力をつけ、

バラエティでは笑いの中心となってる

天使で才能豊かな聡マリだって

こんな風に、理不尽にその場を追われてしまう。







今言うべきじゃないかもしれないし、

今までこの話題はこのブログでは敢えて触れてこなかったけど、

BI解体で流した血の涙はなんだったのか。

妹はBI時代からのファン。(優馬ファンでもあった)

そこを乗り越えて、聡マリを愛した気持ちまで、

またも軽々しく踏みにじられた気がする。










ヒナが、「ジャニーさんの匙加減や」って言ったそうだけど、まさにね。







ちなみに、加齢と共に味覚って落ちてくるよね、狂ってくるよね。

生物学的な一般論ですけど、何か。







昔は金の匙だったかもしれないけど、

今は、お客さまである我々がどんな味を望んでいるかなんてどうでもよくて

ただただ自分の味覚を満足させるための、

歪んだ匙しか持ち合せてないんじゃないの。




おまけにコロッコロ味付けが変わる。(しかも後出しじゃんけんのように)

味に責任も持たない。

そのくせ、人の口を無理矢理こじ開けて、ねじ込むような真似をしてくる。












【メンバーは流動的】

って、この先どうなるかは知らないけど

少なくとも今は

お爺さま(+少数の大人)の単独投票によるAKB化ってことなんじゃないの。




だったら、

『セクシー喜び組』とでも呼べばいい。










それからさ、

なんでもかんでもセクシーセクシー、うっとーしいわ。




そんなにセクシーが好きなんだったら、

そっちの班はいっそのこと

まとめて、【セクシー事務所】って名乗ればいいんじゃないの。
















■家族って何。




ファンも含めてセクシーファミリーって言ってたよね?

ファミリー、家族って何よ。







私達の愛するコ達に

こんなにだまし討ちみたいな姑息な真似しておいて、家族!?

なんの説明もしてくれないで、家族!?

家族は、こんなに悲しませたり不安にさせたりするものなの!?




私の一族には、そんな人でなしは一人もいないから、

一切理解できない。




ファミリーだの家族だの、白々しいにも程がある。







相葉ちゃんが言ってたことがある。

『家族を大切にできないと、他のものも大切にできないと思うよ。』って。




いつか身に沁みるがいいわ。
















■FC会員総会をすればいい。




私が腹が立つのは、

5人中2人が、今後出るかでないかすらわからない流動メンバーとなったという

大ごとにもかかわらず

その理由が一切説明すらされないこと。






メンバーが増えるのは100000000歩譲って理解したとしても

なぜ、初期メンバーの聡マリが「中心」にいないのか。





少なくともFC会員には説明があって然るべきじゃないの!?

5人だと認識して、FC会員費を払っているのだから!







その大前提が崩れているのに、

お金だけ払わせておいて、知らん顔!?




だって、自分達でコントロールしうるコンサートや舞台ですら

出るかでないかわからないってことでしょ。

もっとも今までだってそうだけど。

もっとそれを堂々とやるってことでしょ。





信じられない。

どんな常識感覚なのかしら。








株主総会ならぬ、FC会員総会をしてほしいくらい。

できないなら、納得できない会員にお金を返したら?













■薔薇は散った







最初にも書いたけど、

何よりも悲しいのは、

私の好きな世界感はもう戻ってこないのだろうな、ということ。




薔薇のペンラは、しばらく要らないね。

違うでしょ。もう。







(人工的な演出面の話だけでなく、

 薔薇要素はかなりの部分マリ自身と

 マリによってメンバーに引き起こされる化学反応に負うところが大きかった。と思う)










今度の新曲のタイトル、

「男never give up」だもんね。

いいんじゃない、

そういうのがおもしろいって思う人達もいるんでしょうから。





この間、あるブロ友さんと

「私のSexy Zoneは、セクサマで終わってた」

と話していたのだけど、

その翌日の少クラで、

3人とジュニア達が歌うセクサマを見て、

この曲すらこんな風になってしまうのか、と肩を落した。

(あれはあれで素敵だった。でも、私のセクサマではない。)










この新体制が進むと

ファン層も変わるだろうね。

箱という概念がなくなる訳だから、

ますます個人担が増えるんだろうね。

それとも枠担?







音楽の力でニノが、15周年の感想を聞かれ

「5人でずっと歩んできた。」

って答えたんだよね。

「5人で活動させてもらう時間がすごい長いグループだと。」




その中で生まれた様々なことに

喜び、笑い、幸せを感じてきた私。







そういうことも含め、

自分は、これからセクシー喜び組とどう付合えばいいのか

少し、考えようと思います。
















■マリ担の相方くんw




ところで、マリ担の相方くんは、この話を聞いても,、動じてはいないです。

聡マリを外すセンスは、おちょくってますけど。w







でね、ジャニーズの事情に疎いのもあるけど、




「聡マリ、脱藩(班)しろ。」

「ジュリー班に行って、お兄ちゃんGに可愛がられれば、人気出るんじゃない?」

「まずはダッシュ村で、丁稚奉公からだな♪楽しそう~!!」




って無責任なこと言ってるわ(笑)

ほんとにその方がよかったりしてね。







「とにかく、スター性あるから大丈夫だよ」って。

うんうん、そうだね。

少し気持ちが明るくなる。







でもさ、あんなに可能性のあるコ達が

意図的にその目の前にある道を歪められる様子を見させられるのは

やっぱり私は気分悪いんだよねぇ。

相方くんに比べて、修行が足らないな。







はぁ~、長くなっっちゃった。

これでも、言いたいことの1%位しか言えてないのに~笑










もう寝よっと!

おやすみなさい。



PR

[PR]気になるキーワード