カラダ・ファクトリーPAPA上尾店のブログ

北上尾駅近くのカラダファクトリーPAPA上尾店の
スタッフブログです。
皆様の健康に関する情報や、私たちの近況をお知らせしてまいります!


テーマ:

こんにちは、こんばんは

カラダファクトリーPAPA上尾店です。

 

もうすぐ年末、忘年会やなどで、お酒の席が増えてくる方も多いとお思いますが、

特に忙しいと、ストレスなどで、いつも以上に飲みすぎたりしてしまうものです。

気を付けないと、年の締めに体調を崩すなんてことにも繋がります。

 

ではまず、純アルコール摂取量の適量は、、20g以内と言われています。

これは、ビールなら中瓶(500mg)、ワインなら2杯程度です。

 

お酒好きには物足りない量だと思いますが、これが適量です。

 

続いて飲み方ですが、

まず、一気飲みは避ける。そしておつまみをしっかり食べる。

肝臓への負担を減らし正常な活動を保つのに、タンパク質が必要なので、枝豆や、チーズなどを取りましょう。

 

最後に、二日酔い対策です。

飲みすぎ承知で、行ってしまった場合、果物を摂ることをお勧めします。

果糖が、アルコールの分解を助けてくれます。

水分補給には、お茶などが望ましいです。

 

 

それでは、ラスト一か月、頑張っていきましょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、カラダファクトリーPAPA上尾店です!
今回は引き続きこたつとみかんについて書いていきたいと思います。

こたつに入ると気持ち良いですし、人によってはついつい眠ってしまう方などもいるのではないでしょうか。

ですが、こたつは身体にはあまり良くないのです。
例えば下半身は温められてぬくぬくですが、上半身は冷気にさらされたままというギャップが生じた状態になってしまいます。
こたつ自体、体温よりも高い温度を常に放出していますので身体が体温調節をすることが難しくなります。
当然、体温上昇によって水分不足になり脱水症状や便秘、重いものだと脳梗塞やエコノミー症候群になってしまったりもします。

他にもこたつで眠ってしまった場合、寝返りをしにくい状態になってしまい、無理な体勢や同じ姿勢がずっと続くことになってしまいます。
勿論、こたつの下に敷いてある布団やパッドは寝るときに使う布団よりも厚みが薄く、硬い床で寝るようなかたちになってしまいます。
こうした点から睡眠にもあまり良くはありません。

気持ちは良いのですが、身体にはとってもストレスがかかってしまう状態な訳ですね。
このストレスに抵抗するために、私たちの身体は抗ストレスホルモンというものを分泌します。
実はこの抗ストレスホルモンを作るために必要なのがビタミンCなのです。
ただ、私たちの身体は自分でビタミンCを作る酵素を持っていません。
その為、外から摂取する必要があるのです。
前編で書いたようにみかんにはビタミンCが豊富に含まれています。
なのでやっぱりこたつにはみかんが手軽でオススメです。

(*-ω-)。o○(因みに我が家にも先日段ボール箱でみかんが届きました )

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、こんばんは

カラダファクトリーPAPA上尾店です。

 

今日は、冬に向けて足の冷え対策を書いていきたいと思います。

まず、原因としては、食生活の乱れからくるミネラルとビタミンの不足ですね。

これにより低体温、冷え性、貧血などが起きやすくなります。

 

また生活習慣でいうと、

運動不足、不摂生からの自律神経の乱れ、喫煙などがあげられます。

 

この対策として、足湯、または握って開いてを行うグーパー運動。

そして暖かい飲み物等で体を温めることが、大切になってきます。

 

今は気候の変わり目で体調を崩しやすくなっているので、年末に向けて忙しくなる方が多いと思いますが、

出来る限り体をいたわって、あげて下さい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
カラダファクトリーPAPA上尾店です。

だんだんと寒くなってきましたね。
こたつを出したよーという声もちらほら聞こえるようになりました。
(ちなみに我が家も先日こたつを出しました)

こたつといえばやっぱり定番なのが、みかん。
最近よく「なんでこたつといえばみかんなの?」という質問を頂きます。

これに関してですが、“明確な起源は不明”とのことです。

ですが推測は幾つかありまして。

・昔は暖房器具といえばこたつでした。
みかんは常温保存出来ますし、皮を剥くだけでその場で食べられました。
そんな手軽さと、安価であったことが理由ではないか?という説

・今は温室栽培で1年を通して野菜も果物も手に入りますが昔はそうではありませんでした。
ご存じの通り、冬場は野菜が不足していました。
そしてみかんの旬は11月~1月。
野菜が不足しがちな冬にビタミンC豊富なみかんを食べて補おうとしていた説

・みかんに含まれているビタミンCは免疫力を上げてくれます。風邪が流行ってくるこの季節に免疫力を上げてしっかり冬を乗り切ろうとしていた説

ちなみにみかんの外皮を乾燥させると風邪症状に効果のある『陳皮』という生薬になります。
尚、市販のみかんは外皮にワックスが付いているのであまり食用には向かないということです。
食べる際はしっかり洗浄する必要があるようですよ。

旬のみかんはあまくておいしいですよね。
(*・∀・)つ(:゜::)



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、カラダファクトリーPAPA上尾店です!

 

昨日はハロウィン本番でしたね。

スタッフの中でも仮装をしに行った人がいたとかいないとか。

 

今はすっかり仮装をしたお祭りのイメージが強いハロウィンですが、元々は収穫祭と悪霊払いの意味があったそうです。

古代ケルトでは10月31日が1年の終わりとされており、日本のお盆のように死者の霊が家族に会いに来ると考えられていました。

ところが日本のお盆と違うのは、死者の霊が帰ってくるときに悪霊の類も一緒に来てしまうということ。

こうした悪霊たちから子供達や家畜を守るために、魔よけの火を焚いたり仮装をして悪霊たちを追い払おうとしたところから、現在の仮装の習慣が出来たようです。

 

ちなみにハロウィンというとぱっと思い浮かぶのはボチャですが、カボチャはβ-カロテンの含有量がとっても多いんです。

このβ-カロテン、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高める働きがあります。

身体をあたためる作用もあるので、この時期多い風邪等の予防にも良いそうですよ。

カボチャが苦手でなければぜひ取り入れてみて下さい。

 

(ちなみに私はパンプキンパイが食べたいです)Oo。。( ̄¬ ̄*)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ、こんばんわ
カラダファクトリーPAPA上尾店です。

最近は雨が続いていて、気温も急に冬並みになってますね。
また台風も、、とかなり体調をくずしやすくなっています。

今日は気象病についてです。
これは、気圧低下により、体内の血管が拡がる事と、空気中の酸素減少により自律神経のバランスがくずれ、起きます。

症状は様々ですが、頭痛、目眩等自律神経関係が多いようです。

対策としては、まず、深呼吸をして、酸素をしっかり取り入れる。

次にお風呂等で、しっかり体を温め、血流を良くし、体をリラックスさせてあげる事が大事です。勿論その後体を冷やさないようにしてあげてくださいね。

日本人の6割、女性の7割が気象の影響を受けると言われています。自覚が無くても、日頃から体の状態を意識して労ってあげてください。

それでは、また






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、カラダファクトリーPAPA上尾店です。

すっかり秋めいてきましたね。

お身体を冷やさないように過ごしてください。

 

今回はくしゃみや咳のお話です。

 

くしゃみに関するあらましは以前こちらの記事で書きましたね。

なので今回は少し違ったお話です。

 

くしゃみや咳をするにあたって『良い姿勢』というものがあるそうです。

 

まず、くしゃみに関してですが、多くの場合くしゃみが出る予兆があるかと思います。

この時間を利用して、身体に負担をかけない姿勢をとるのがポイントです。

 

具体的には身体をやや後ろに反り気味にし、手を腰に当てて支えておきます。

咳やくしゃみをする瞬間は、タイミングを合わせて軽く膝を曲げて衝撃を吸収します。
他にも壁にもたれて立つことで、衝撃を壁に逃がす方法もあります。

 

何度も繰り返してしまう咳やくしゃみに関しては、なるべく我慢せず、軽く咳き込む方が良いそうです。

大きな音や声が出るような激しい咳やくしゃみは喉を痛めてしまうからです。

 

寒暖差によって咳が出たりもする季節です。

パッと行動するのは難しいかもしれませんが、少し気にしてみてあげてもいいかもしれませんね。

 

≧(´▽`)≦

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、こんばんは
カラダファクトリーPAPA上尾店です。

今日は、冷え性対策についてです。
まず冷え性とは、末端の体温が、一度下がると上げられずに冷える、または冷えてると感じてしまうという状態の事を言います。
女性は特に多く7~8割は、程度に差は、冷え性だと言われてます。
対策のヒントは、冷やさない事。
体温が下がると、上げられないのですから下げない工夫が必要です。

一番は、床ですね。冷たい空気は下に降りてくるので、必然と床が冷えます。
そうなると床に着いてる足越しに体温を奪われ続けてしまうんですね。
なので、マットを敷いたり、スリッパと靴下等での保温が大切になってきます。
もう行っている方も多いと思いますが、「体温を一度下げてしまうと上げられない」事を意識して、辛い時は出来るだけ温め、体へのストレスを少しでも減らしてあげてください。

それでは、10月も元気に乗りきって行きましょう。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、カラダファクトリーPAPA上尾店です!

段々肌寒くなってきましたね。
皆様は衣替えは進んでいますでしょうか?

今日は『秋うつ』というものについて書いていきたいと思います。
症状としては、いわゆる普通のうつ病にもある

・気分の落ち込み
・疲労感

以外に

・過度な眠気
・過度な食欲(特に炭水化物や甘いものが欲しくなることが多いそうです)

が挙げられます。
これは自律神経の乱れが大きな原因と言われています。

ひとつは、寒暖差。
昼間は少し動くと汗ばむくらいなのに、夜は長袖じゃないと厳しい…
身体はその時の気温に合わせて変化しようとします。
暑い時は毛穴を開き、汗を分泌して体温を下げようとし、寒い時はぎゅっと縮こまって体温を放出しないようにし…
これがあまりに短いスパンで繰り返されると身体も疲れてしまいますし、段々自律神経もどちらに合わせれば良いのか、分からなくなってきてしまいます。これは冷房病等でも言える話ですね。

もうひとつは日照時間の短縮です。
秋分の日も過ぎ、日照時間も短くなってきました。
人間の身体は日光を浴びることでセロトニンという物質を作り出します。
このセロトニンの分泌が少なくなると脳の活動が低下し、うつに繋がると言われています。


散歩等には丁度良いこの季節。
休みの日に少し出かける等して、日光を浴びるのも良いかもしれませんね。
寒暖差が激しいので、くれぐれも風邪にはお気をつけ下さい!

(*・ω・)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ、こんばんは

カラダファクトリーPAPA上尾店です。

 

先日の台風15号は、北に逸れてくれましたね。

ただ翌日が気温差13℃という暑さに、、、

 

ここで気圧変化によって起きる体調不良の例を何点か書いていこうかと思います。

 

☆コリ、むくみ

気圧低下により細胞への圧が減り、膨張気味になります。これにより血行不、むくみが起きやすくなります。

 

☆頭痛、目眩

気圧が下がると副交感神経(リラックス)が優勢になりますが、同時に体内にヒスタミンと物質も増えます。

ヒスタミンは、アレルギー反応など起こすものなので、これは交感神経(緊張)を刺激する物なので、

相反する反応が出て自律神経のバランスを壊してしまいます。

 

ざっと書きましたが、自覚症状の出方は、それぞれなので、少しでも意識してみるといいかもしれません。

 

自律神経の整え方は、何度も書いていますが、規則正しい生活

 

台風の後も体調管理を入念に行いましょう。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。