カラダ・ファクトリーPAPA上尾店のブログ

北上尾駅近くのカラダファクトリーPAPA上尾店の
スタッフブログです。
皆様の健康に関する情報や、私たちの近況をお知らせしてまいります!


テーマ:
こんにちは!
カラダファクトリーPAPA上尾店です。

今回は『ハチミツ』について書いていきたいと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ハチミツには色んな成分が含まれています。
古代エジプトでは薬としての用法記録が残っているそうですよ!

まず、初めに…
ハチミツは蜜蜂が採集した花の蜜を糖度80%になるまで濃縮した物です。
糖分が高濃度の為、自然と細菌の繁殖が抑えられます。

更に成分として含まれているグルコン酸に殺菌消毒作用があります。
グルコン酸は医療現場でも消毒等に使われている物です。
また空気中の水分を吸収すると過酸化水素(オキシドール)を発生させます。
これも医療現場で消毒に使用されている物です。
小さい頃、怪我をするとオキシドールで傷口を消毒された記憶がある方もいるのではないでしょうか。私はそうでした。(とっても沁みた思い出があります…)

話を戻しまして。
ハチミツが当分濃度が高いというお話はしましたが、それだけ糖分濃度が高いとカロリーが気になりますよね。
実は砂糖100gあたり384kcalに対してハチミツは100g辺り294kcal。
普段口にすることの多い砂糖よりも低カロリーなんです。

因みにハチミツは主成分がブドウ糖と果糖です。
構造が簡単な単糖類なので身体への吸収が早いです。
短時間で吸収されるので胃腸への負担も少なくすぐにエネルギーに変換できます。
なので胃腸の弱っているときやスポーツ後の疲労回復、頭を使うような仕事の際にオススメです。

ハチミツは糖分以外にもビタミンがとっても豊富です。
ビタミンCやビタミンB群、ミネラル、アミノ酸…etc
様々なビタミンが含まれていますが、ハチミツに含まれるビタミンの92%が活性型ビタミンと言われています。
(活性型ビタミン:少量で効く 不活性型ビタミン:大量に用いる必要がある)
花の種類や蜜蜂の種類によって成分は多少異なるようですが、おおよそ150以上の成分が含まれているそうです。
蕎麦や栗の花のハチミツもあるそうですよ。

さてはて、ここまでハチミツの成分について書いて参りましたが…
ハチミツは経口摂取以外に塗ることでも効果があります。

例えば保湿効果。
ハチミツは元々濃度が高い為、空気中の水分を取り入れてお肌を保湿させてくれる効果があります。
乾燥がちなこの季節には持って来いですね!

他にも肌がコラーゲンを作るのに必要なアミノ酸やビタミンCが含まれています。
その他のビタミンやミネラルも豊富なので、肌の新陳代謝を活性化させ老化を防いでくれます。
更にビタミンCにはメラニンの発生を抑えてしみやくすみ、しわ予防の効果もあります。
ハチミツ自体の分子が非常に細かいので古い角質を落としてくれるんです。
殺菌効果もありますのでニキビや肌荒れ対策にもなります。

また、ハチミツに含まれる成分にはコリンやカリウムという成分があります。
コリンには血管を拡張させる働きと悪玉コレステロールが血管に沈着するのを防いでくれる働きがあります。
カリウムは塩分の取りすぎによる血圧の上昇を防いでくれます。
(カリウムはバナナなんかにも含まれてますね)
つまり高血圧や動脈硬化予防にも効果的なんです!

上記に出てきたグルコン酸やオリゴ糖等は体内の善玉菌を増やしてくれますので腸内環境を整える働きもあります。
お通じの改善にも是非試してみたいですね。

最後に…
様々な効果のあるハチミツですが、1歳未満の赤ちゃんには与えないで下さい。
乳児ボツリヌス症という感染症を引き起こしてしまう可能性があります。
コーンシロップや野菜ジュース等に含まれている物もNGですのでご注意を。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

1月も10日程過ぎ、お正月気分も抜け、通常の生活に戻ってしまいましたね。
ちょっと寂しいような…

かなり強い寒波がいすわっていて、今週末は冷え込みが厳しくなるようですね。
体調管理には十分気を付けてください。

今回は「ゆず」についてです。
食材に少し加えるだけで、風味が増し私も好きです♪

中国が原産ですが、埼玉県の毛呂山町は日本最古の原産地として有名です。
ご存知でしたか。
ゆずのお祭りや、ゆずをモチーフにしたゆるキャラがいますよ。

そんなゆずの効能ですが、体を温めるのはよく知られてると思います。
皮に含まれるリモネン、ヘスペリジンという成分が毛細血管を拡張し、血流をよくします。
輪切りにして湯船に浮かべるとよいでしょう。

また、リモネンは香りの成分として、大脳に直接働きかけ、ストレスを緩和しリラックス効果が得られます。

リモネイドという苦味成分には、がんの抑制効果もあります。
これは種に多く含まれています。

血糖値やコレステロール値をコントロールする効果もあります。

ビタミンCも多く含まれているので、美肌効果、アンチエイジングにもよいでしょう。

ゆずは酸味がきつく、生で食べるのは不向きかもしれませんが、皮や種に栄養分を多く含んでいます。
輪切りにして、ハチミツづけにするとよいでしょう。
香りにもよい効果があるので、フレーバーとして食べ物やアロマとして使用されることも多いです。

これからが寒さの本番。
ゆずでしっかり温まって、体調管理に気を付けましょう!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

新年が始まりましたね。
今年は「酉年」ですね。
「酉年」は商売を始めるにはよいとされています。
これは「酉」と「取り込む」をかけて、福や財産を取り込むということだそうです。
ちなみに私は年男、幸運を取り込みたいですね♪

「酉」といえば、鶏肉。
唐揚げ、焼き鳥、チキンカレー…美味しいものがたくさんありますね。
鶏肉の栄養についてみていきましょう。

鶏肉はたんぱく質が豊富で、人間の体を構成するには欠かせない食べ物です。
牛や豚より脂肪分が少ないのも特徴です。

・むね肉 鶏の胸の部分
ビタミン、ミネラルが豊富
血糖値の上昇が穏やかになる
ビタミンK 骨を丈夫にする、骨粗鬆症予防
ビタミンB6 ホルモンバランスを整える
ナイアシン 肌荒れ、口内炎によい
アルコール分解、二日酔いによい
(調理法) チキンカツ、棒々鶏

・もも肉 鶏の足の部分
鉄分が豊富
貧血、血栓予防
若い鶏より運動をよくした成長した方 が鉄分が多い
ビタミンB2 新陳代謝促進、髪や皮膚によい
ビタミンB12 赤血球、ヘモグロビンの生成
(調理法) 唐揚げ、カレー

鶏肉は高たんぱく、低脂肪なのでスポーツ選手の体作りには欠かせない食べ物です。
鶏の皮には脂肪分が多いので、気になる方は取り除いて摂取するのがよいでしょう。

私もこの時期は鍋に入れて、たくさん食べてます。
大好きです♪
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

今年も明日で終わりですね。
あっという間に過ぎてしまったなぁ~、という感じです。

今回は声についてです。
年末年始は忘年会や新年会、カラオケなどに行く機会も増えて、声を出すことが多いのではないでしょうか。

声は息を出して、喉にある声帯で振動をさせ声の元を作り、共鳴腔と呼ばれる体の空洞で響きを増幅させ、口の器官で母音子音を形成し、声となります。

声帯は喉の中に2本ある帯です。
呼吸するときは開いていて、声を発するときに閉じて振動します。
1秒間に100~200回振動します。

声を出すメカニズムは同じなのですが、声を出す器官の大きさ、長さに個人差があるので、人それぞれ様々な声があるのです。

男性が女性よりも声が低くなるのは、声帯が長いからです。
喉仏が出てくるのも、長くなった声帯を支えるためです。
思春期のホルモンの分泌量の影響を受けるため、差が出てきます。
ちなみに赤ちゃんは声帯が喉ではなく、頭の中にあるのでしゃべることができないそうですよ。

声が小さい、こもってしまうという方、上手く発声するコツは、口を大きく開けることです。
声の響きを邪魔してしまうのが、上唇です。
上唇を意識して、開きやすいように顔の筋肉を引き上げてみるのもよいでしょう。
あくびをイメージして声を出してみてください。
あ~っとあくびの時は、比較的大きな声が出てるでしょう。

今年もありがとうございました★
来年もよろしくお願いします★
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんお久しぶりです!

 

カラダファクトリーPAPA上尾店の千葉です!

 

今日は、『食は健康の源!!』ということで、『食』についてお話ししまーす(´・ω・`)

 

冬の旬の食材といえば?

 

港町出身の私は、鱈!鰤!平目!鮭!鮟鱇!等、旬の魚がとっても大好きです(笑)

 

旬の食材は、皆さんもご存知の通り、美味しさ倍増!栄養価もとっても高いですよね!

 

ここから、『海の女!!』千葉がさらなるプチ知識をお伝えしますよー(‘’)ゞギョギョッ

 

寒流(親潮)と暖流(黒潮)がぶつかる常磐沖から三陸沖にかけては世界の『三大漁場』とも言われ、ここで出来る潮目、潮境は好漁場になっているんですよー!!

 

寒流は暖流に比べ栄養分が多いのですが、暖流にぶつかることでそれ以上に栄養分がUPします!

 

暖流、寒流のぶつかる潮目、潮境が好漁場となっているのは、小魚の餌となるプランクトンが豊富で、それを食べるのに小魚が集まり、さらにそれを餌とする大きい魚が集まってくるからなんですよー!!(‘’)ゞギョギョッ

 

プランクトンは、植物性の物は川が運んでくる栄養分が豊富で、太陽光が入ってくる浅い海の大陸棚ようなところになります!

 

しかし、潮目では暖流と寒流がぶつかることで海水の温度や比重の違いで海水が縦方向に循環します☆そして、深い所の海栄養分が湧き上がってくるので、それによってプランクトンが多く発生するのです(´∀`)

 

 

だ・か・ら、カラダにもとっても良くて、栄養満点!!

美味しいはずですね!!

 

 

この時季ならではの『旬の魚』をつかって、ぜひ美味しい~ごはんを食べて、健康第一で残りの2016年を乗り切りましょう!!

 

私は、鮟鱇鍋食べたいな~…(´・ω・`)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

12月ですね。
今年も残りわずか。いかがお過ごしですか?

冷えこみも厳しいですが、体調はいかがですか?

今回は体を温める食材についてです。

体を温める食べ物としてよく聞くのが、生姜や唐辛子ですね。
これらの成分、効果について見ていきましょう。

・生姜
漢方薬の約7割で使用されていると言われています。
効果としては、血流促進、胃腸機能向上、脂肪や糖の燃焼、免疫力アップ、抗酸化作用、デトックス、咳やたんによい、生理痛の緩和などがあます。
成分である「ジンゲロール」には、免疫細胞の生産、増加効果があり、「ショウガオール」には、血流の促進、脂肪などの燃焼、基礎代謝アップといった効果があります。

生姜の成分は空気に触れると変化してしまうので、免疫力アップを目的とするなら、生で摂取するのがおすすめです。
すりおろして、なるべく早く食べてください。
体を温めるならば、加熱して摂取するのが良いでしょう。

・唐辛子
ミネラルを豊富に含んでいます。
効果としては、血流促進、殺菌、脂肪燃焼、基礎代謝アップ、生活習慣病に効果あり、消化不良や食欲不振によい、疲労回復によいなどです。
唐辛子の成分「カプサイシン」は、中枢神経を刺激し、アドレナリンやホルモンの分泌を促進させます。
脂肪を燃焼させ、代謝がアップします。
少量でも十分な旨みとなるので、塩分や油分の摂取を防ぎ、生活習慣病にもよいとされてます。
発汗作用もあります。
お風呂に入れるのもよいでしょう。

大量に摂取すると、胃が荒れてしまったり下痢になったり、肌荒れにもなる可能性があります。
一回の食事で大さじ半分ぐらいを目安としてください。

ちなみに唐辛子の花言葉は、「旧友」、「嫉妬」、「生命力」です。

成分、効果を理解し、上手に摂取してください★
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

10月も後半突入。
朝晩の冷え込みも厳しく、1日の気温差が大きくなってきましたが体調はいかがですか?
服装にも注意し、体調管理には十分気を付けてくださいね。

風邪予防に重要なのが、体を冷やさないことです。
冷えによる体の機能低下、免疫力低下を防ぎ、風邪予防を心がけましょう。
寒冷刺激が強いと、鼻や喉の血管が収縮し、粘膜の働きが低下しウイルスが付きやすくなります。
また、乾燥はウイルスの滞在が長くなるので、乾燥させないことが重要です。
栄養をしっかり摂り、十分な休養、適度な運動で日常的な風邪の予防をしていきましょう。

風邪をひいたら生姜湯、卵酒を飲む、首にネギを巻くなどと言われます。
これらは日本古来から伝えられた民間療法です。
生姜には体を温める効果や、白血球を増やし免疫力を高める効果があります。
ネギには消炎、殺菌効果があり、臭いには神経を落ち着かせる効果もあります。
これらの方法には、体を温め、休養をしっかり取れる効果があるのです。

日本だけでなく世界にも民間療法はあります。
・ホットワインを飲む(ヨーロッパ)
・胡椒ウォッカを飲む(ロシア)
・唐辛子焼酎を飲む(韓国)
・ホットコーラを飲む(世界各国)
・ニンニクを首からぶら下げる(カザフスタン)
・玉ねぎを耳につめる(スイス)
・ユーカリの葉を胸におく(オーストラリア)

など、様々な民間療法があります。
お酒を飲んで体を温め睡眠をとる、臭いのきついもので鼻の通りを良くするのがほとんどです。
クウェートでは水を飲まないという方法もあります。

いろいろありますが、栄養、休養をしっかり取り、運動も心がけましょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

今日から10月ですね。
9月はスッキリすない天気ばかりでしたね。
気温も上がったり下がったり、日照時間も短く体調を崩してしまう方も多かったようです。

今回は神経についてです。

神経は大きく分けて、中枢神経と末梢神経の2つからなります。

皮膚や身体の各部からの情報を送り、末梢に伝えるのが末梢神経です。
送られてきた情報を分析、整理、判断し司令をだすのが中枢神経です。

末梢神経はさらに、自分の意思でコントロールできる体制神経と自分の意思ではコントロールできない自律神経があります。

体制神経は痛みなどの感覚を伝える知覚神経と、手足など各器官を動かす運動神経があります。

自分の意思ではコントロールできない自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経とは活動時に働きます。
車でいうとアクセルのような働きです。
副交感神経は休息や回復、車でいうと給油やメンテナンスの働きをします。

自律神経はこのバランスを保ち、精神、内分泌、免疫、神経の調整を行い生命維持、身体のバランスを保ちます。

現在、よく聞く自律神経の乱れや自律神経失調症とは、ストレス過多などにより、交感神経が働き続けている状態により、慢性的に副交感神経が機能できず、回復、休息が十分に取れず身体に不調が出るということです。

交感神経が働き続けと、筋肉は緊張し硬くなり、血管は収縮するので循環不良、酸素や栄養素が上手く運べずリンパの流れも悪くなり、老廃物の蓄積により、不調へとつながります。

これらのバランスを乱してしまう要因は様々です。
ストレス、食生活、生活リズムなど思い当たることは、積極的に改善していきましょう。
お悩みの方は、ぜひお問い合わせお待ちしています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

9月のど真ん中。
涼しい日も増えてきて、季節の変わり目という感じですね。

9月から新しいコースがスタートしました。
「快眠整体コース」です。
その名の通り、睡眠の調整に特化したコースとなっています。

以前、睡眠についてはお話したことがありますが、
もう一度、みていきましょう。

現在、日本では5人に1人、約20%が不眠の悩みを抱えています。
男性よりも女性の方が不眠になりやすいといわれています。

不眠といってもタイプは様々です。

・入眠障害
寝つくまでに時間がかかる(30分~1時間以上)
・中途覚醒
寝ている途中で目が覚める
その後、なかなか寝つけない
・早期覚醒
起床予定より早く目が覚める(2時間以上)
・熟眠障害
睡眠時間が十分とれているのに熟眠感がない
眠りが浅い

これら、不眠に関係する要因としては、

・環境要因
時差、騒音、明るさ、気温、湿度
枕や寝間着の変化
・身体要因
年齢、性別差、痛みがある、かゆみ
・心理要因
過度の緊張、ストレス、イライラ、悩み
寝るときのこだわりが強い
・生活習慣要因
アルコール、カフェイン、ニコチン
薬の副作用

などがあげられます。

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用があり、昔の忍者は新茶の時期は忍びを禁止されたという話もあります。

近年、増加している要因がスマホです。
寝る前のスマートフォン操作による不眠が急増しています。
スマホから発しているブルーライトの影響、興奮状態になりやすいことが大きな要因です。

ブルーライトは太陽光に似ているので、朝日を浴びたのと同じような状態になります。
睡眠を促進するホルモン、メラトニンの分泌を抑制します。
集中して画面を見ることで、興奮状態になり、睡眠を妨げます。

1日の疲れで体は休みたい、無理な体勢で筋肉が緊張する、小さな画面を見て目が疲れる。
集中して操作することで交感神経が高ぶる、光を浴びている。
このアンバランスが睡眠のリズムを崩し、眠れない、寝起きがスッキリしないという状態を引き起こすのです。

不眠でお悩みの方は、まず自分のタイプを理解しましょう。
改善できる所は積極的に改善していきましょう。

それでも解消されない方は、ぜひご相談してください。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

9月になりました!
今年の8月はすっきりしない天気が多かった様な気がします。
夏は満喫しましたか?
私の夏の思い出は、スポーツばかりでした。
オリンピック、甲子園、野球観戦。
先日、大宮で野球観戦してきました。
天気もよく、応援していたチームも勝利し、気持ち良かったです。
観に行った試合で久しぶりに勝ちました。
おいしくビールを飲むことができました★

秋といえば、スポーツの秋。
今回は足の筋肉について理解し、無理なく負担なく楽しく運動できるようにしましょう。

・大腿四頭筋 太ももの前側の筋肉
膝を伸ばす 階段を登るとき体を上にあげる

・ハムストリングス 太ももの裏側の筋肉
膝を曲げる、股関節を伸ばす
速く走るアクセルの役割
歩行時、前に出した足を支点に体を引き寄せる

・内転筋 太ももの内側の筋肉
片足で立つとき骨盤を安定させる
歩行時の安定感

・腸腰筋 足のつけ根の筋肉
直立時、上半身を支える
太ももを持ち上げる
股関節の可動に影響

・ヒラメ筋 ふくらはぎの筋肉
足を前に蹴り出す
重心を前に送り出す

・前頸骨件 すねの外側の筋肉
足首の曲げ伸ばし

・大臀筋 お尻の筋肉
股関節を後ろに曲げる
歩行時、太ももを後ろに引き上げる

・中臀筋 お尻の横の筋肉
股関節を横に開く
姿勢の安定

これらの筋肉の働きにより、姿勢を安定させたり、運動したりできるのです。

太ももの筋肉を強化することで、膝痛の予防になります。
体幹、姿勢を安定させる筋肉の強化で腰痛、肩こりの予防になります。

速く走るためには、姿勢を安定させる筋肉を鍛え、足を持ち上げて降り下ろす筋肉を鍛えるのが効果的です。

登山や坂道などで疲労しやすいのが、すねの筋肉です。
平坦な道より、足首の曲げ伸ばしが大きいからです。

といったように、筋肉の働きを理解すれば、効率よく負担も少なく運動ができるのです。

私も最近、運動不足なのでスポーツの秋でしたと、胸をはっていえるような秋にします。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。