交通事故の患者さんを診ていて感じることは
身体の苦痛によるストレスはもちろんですが
加害者と保険会社への対応によるストレス
抱えられている患者さんが、実に多いことです。

接骨院や病院は倍賞責任保険
(自賠責・任意保険)について、
直接関わることは出来ないのですが
簡単に賠償責任保険について
お話ししようと思います。

意外と思われるかもしれませんが
損害保険会社と損害賠償保険は
加害者を守るためのものであり、
決して被害者の味方はしてくれません。


また、この保険制度は【請求主義】といい
被害者自身で、その被害と損害の証拠を集めて
それを証明しなければなりません。


これは加害者側の保険会社が
被害者側が証拠に基づいて損害を請求しなければ、
支払いの責任は問われない
】ということが
法的に謳われているのです。

しかし、一般人には、何を根拠として示談金が
決まるのかがわからないし、それを知ったとしても、
この証拠集めをどうすればいいのかわかりません。

この仕組みを知らないで
被害者の方が加害者の保険会社担当に
めんどうだからと全ての手続きを任せてしまうと、
保険会社としては願ったり叶ったりで
被害者に有利になるような証拠集めをする義務は
ありません
から、結果、示談金の支払い金額が
低く見積もられる
可能性が高くなるのです。

また、紛争裁判による弁護士基準では
示談金が高くなったという話をよく聞きますが、
それは、【この損害の証拠集めがしっかりとなされて】、
本来貰えるはずの金額を正当に請求できた
ことによる結果が大きいと言えます。

そこで、ひまわり接骨院では希望する患者さんへ
当院が信頼できる交通事故の示談書類の作成に長けた
行政書士さんへの相談をお薦めしてご紹介しています。
必要な証拠収集のアドバイスと
適切な示談書類があれば
保険会社との交渉も納得のいくものになり、
余計なストレスを抱える必要もなくなります。

初回の相談は無料なので、一度お話を
聴いてみるだけでも違うと思います。
保険会社との交渉に不安のある方は
ぜひ、ご活用下さい。
AD