札幌&東京 ▶︎ノンデュアリティな日々▶︎▶︎とびわたり ちづるの まいにちぱーぴぃ▶︎▶︎▶︎

分離のない世界のこと。
健やかで 豊かな こころと からだ。
マルンガイと ソマチット。

わたしの不在。 ノンデュアリティ。
過去と今、あなたとわたし、
空間と個、その分離のない世界へ。

感情・記憶・集合意識に左右される理由がなくなり
わたしはわたし。が始まる。

テーマ:
{B697B2D1-1A9C-4E0D-AA54-B162599DB5F9}

人それぞれいろんな処世術を身につけて 
無意識のうちに使いこなせるほどになっている技もあると思うけど


無意識のうちに
ひとをコントロールできちゃうひとと


(コントロールされるほうが 
じぶんで決めなくて良いから)
無意識のうちに他人にコントロールされることを受け入れていくひとが 出会うと、


おかしな上下関係や
どっちかだけが負担の多い関係が
発生したりします。



コントロールする側のひとたちをみてると
実はそういう支配的なひとこそ、
いろんなものを怖がっていることが多い。

それに氣がついたら
洗脳なんかされないけど*\(^o^)/*



利用してくるひと
コントロールしてくるひとがじぶんの世界にいるときは

じぶんの中に 支配や管理をされた方がらくだとか、後ろ盾のある誰かにじぶんを変えてほしいとか
じぶんには 責任なんかとれないとか
そういう思い込みや依存心があるので そこを見つめて 要らんわポイすると良いかも。



わたしがあるとき出会った人は
とても知的で 素晴らしいひとだったのだけど
何かしてほしいことがあるとき、話の最後の部分を言わないひとでした。

だからなんとなくその不自然な【 間 】を居心地悪く感じてしまい「わたしがやりましょうか?」と言ってしまう。



長く付き合ううちに、
同じパターンが繰り返されるので さすがに氣がついてきて、なんかうまく利用されてる感が拭えなーいと思うようになっていたあるとき、


玄関に置いていた除湿機の向きがおかしい

とそのひとが言い出した。

(ドアが結露していたからドアに風口を向けていた)

その人は

湿気を壁紙が吸収するんだから除湿機の風向は壁紙に向けてないと!

と言ったあと

さも呆れた風に大きなため息をついた。



それまでのわたしだったら
そのひとからそんなことを言われたら傷ついたり
わたしってほんとに世間知らずで恥ずかしいなぁ。とじぶんを責めたりしていたのだけど、



その時にはあまりにも話題がくだらなすぎて


おぉぉぉぉーー!
こんなどうでもいいことで こんなにひとを嫌な氣分にさせるとはすごすぎる!!!さすがすぎる!!


と若干 興奮さえしました。



こんな小さなことでも
ひとって他人をコントロールできるんだなー!!(≧∇≦)


と思った瞬間に、 
その人にコントロールされないじぶんをとり戻しました。





この除湿機の一件で

これまで氣がつかないようにしていたのに
時々感じていた彼女への違和感
心地悪い上下関係が

彼女の処世術からくる絶妙な技と
彼女に認められたいわたしの依存心との合わせ技からきたものだと腑におちて、


この関係の清算がほぼ完了したことを感じました。



盲目的に素晴らしいひとだと思い込んでたけど、

「ちづ、壁紙の方に向けたほうが効率いいと思うよ」

って言えない ただのひとなんだー。
と氣がついたら、

その他のことでも 
悩んで迷ってそんなじぶんを恥じて、それゆえに身近なひとには支配的になってしまうそのひとがそこにいただけだとわかった。


つまりそのひとも
普通のひとだった。


頭では尊敬しつつも
相手のバランスの悪さを
どこか感じていたけど、

そのひとのことを 
等身大でみれずに依存してたのは

わたしの方だった。



支配的な誰かも
ネガティブな影響力を持った誰かも

ただのひとで、

そうさせているのは
支配されてるひと自身
影響されてるひと自身なのかも。


年長者をたてる とか
男性をたてる とか
じぶんより能力が上だと思うひとを 敬うとかの

バランスを間違えると、
苦しい。


みんな
ただの一人のひと。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{17469537-EE27-4635-B1B9-D671042F5C37}

ふかふかの、雪に ぱふっ*\(^o^)/*



今の生活には何かが足りてない 
今のわたしは何かができてない  

という足りなさ。が前提にあるとき

ひとは無意識のうちに
自分でじぶんを困らせる問題をつくるのかもしれませんねー。


本来足りてるものを足りないと思い込んでいるのだから

その矛盾を埋めるためにつくられる問題や
矛盾をかくすためにつくられる問題が必要になる。

ぜんぶ自作自演。


その孤独な隙間を
手近な時間潰しや
手近な相手との繋がりで埋めようとするとき

創造する可能性からも
遠ざかってしまうのかもしれません。



足りないものはないと氣がつくだけで
探しものばかりしてる人生は終わり
心から喜べないものは手放せるし
セミナージプシーやめられる。
変わる必要がなくなる。

何かを埋めるために 動きまわることもなくなる。

何よりも
すぐそこにある
心からたいせつにしてる何かに
氣がつくことができる。


もしかすると
たくさんのひとの ひとつの目的地が

足りないものはない。という境地かもしれないと思っています。




どうやったら
足りないものはない。と思えるのか

どうやったら
すべて満たされていて

足りないものが出てきたら 受けとるだけでOK。と

おもえるのか?


と思いました?



これは
わたしがしている方法ですが

なんか知らんけど
そういうもんなんだと仮定し
過ごしてみること。はとても有効です。



検証生活を送る上で
ひととわたしの違いがどこかにあるとすれば
かける時間かな?と

最近ちょっと思っています。


わたし、ひとを好きになると
ずーっと好きなのです。

その時間のかけ方が半端ない。


足りないものはない。

という発想も、

出会って
あ、それって素敵*\(^o^)/*
そう在りたいな*\(^o^)/*と思ったから

わたしの宇宙も
足りないものはないのかもと
仮に設定して


一ヶ月で腑におちなければ
二ヶ月三ヶ月続けていく。

半年で腑におちきってなければ
一年二年続けてく。


そういう息の長い検証が
できるということは

じぶんの選んだひとつの仮定を信じ続けることができるということで

じぶんへの信頼とか
愛と繋がっているようにも思います。


そして
ひとつの仮定に対する実験を
納得いくまで続けていくからこそ
シンプルにみえてくるものがあると思っています。


ひとつのものを長く愛せると

結果、それが日々の
シンプルな選択と行動に
つながっていくのだと思います。


とにかく
どこまでシンプルで在れるか。


それだけなんだと思うのです。


まだまだシンプルになれる。
あなたも わたしも。


言い換えると
もっともっとシンプルでいい。

ってことでもありますね。


ほんとうにほしいものは
すでに持っているのに
それが何かわからなくなった上に

その他の多くを望みすぎているのかもね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{50231640-4396-47EE-B344-CC419DC3A026}
 
waccaブラについて
オーガニック素材と手染めにこだわった いのちとしてのブラがwaccaブラです。ノンワイヤーでも ラインきれいに 心地よく支えてくれる 肩がこらない不思議なブラ


実家で10数年眠っていた、
買ったはいいけど着ると派手で
一度しか着てない服を

waccaブラにリメイクしてみました*\(^o^)/*


頭の中で考えてた通り、
切って ほどいて 縫うだけで
できあがり!!!


紐を 共布にしなければ
ほんとにカンタンにできて嬉しい(≧∇≦)




waccaブラのワークショップは
じぶんで手縫いしてつくるから
出来上がったブラのお直しや ちょっとしたサイズの調整もできるようになるし

何と言っても こんな風に
家に余っている古布や 手ぬぐい、
眠っている古着から ブラをつくることができるようになります。


{59E7CC72-21C3-4F25-871A-7350ECC2EA59}

(水色の斜線のところが そのままwaccaの本体になります)

waccaブラのちくちく手縫いワークショップでは、オーガニック素材を手染めした手ぬぐいに 絹やリネンの紐を組み合わせてつくります。


じぶんのサイズに合ったブラを
試着したり ワイヤーの形を氣にしたりしなくてよくて

切って ほどいて まっすぐ縫うだけで
きもちよくて かわいいブラが
じぶんで つくれちゃう*\(^o^)/*

快適!


布ナプや フンパンデビューは
すでにしてるよ!という方にも ぜひ
体験して頂きたいwaccaブラのちくちく手縫いワークショップ。


フンパンは 見よう見真似でつくったので
若干 苦戦(^^;;

{E784D239-ECDD-4F61-88F3-81E8A34AA4C8}

フンパンは、カットソーの両袖のところを利用。
これまた 切って縫うだけ。



母衣と書いて ぼろ。

ぼろ雑巾になるまで
使い倒した頃と

ファストファッション
なんでも使い捨ての時代


それぞれの豊かさがあるのかもしれないけど
ひとつのものを 余すところなく
使い尽くす という丁寧さ

とても好き〜。



身のまわりのものを
信頼できるものと
じぶんでつくれるもので
揃えていくと

すごく心地よい暮らしになると思っています。

waccaブラのちくちく手縫いワークショップは
東日本では 東京と 北海道でそれぞれ半年に1度程度開催をしています。


次回開催は、2017年1月19日と21日
東京東日本橋と 東品川です。

東京開催については、

*ただいま 1/19木曜日【残席1席】
  1/21土曜日 【キャンセル待ち】受付中です。



◆関連記事

waccaブラの染めと素材の紹介」ワークショップで使う素材や染め剤のご紹介です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。