一難去ってまた一難(新築編)

テーマ:

本日もお越しありがとうございます。

前に更新してから2か月と少し間が開きました。(^^;


今日は久しぶりに女性読者からのメッセージが届きましたので更新します(笑)



その間東南アジアへ物件視察ツアーなどにいっておりましたので、その模様は近日公開させて頂きます。

(と書いてみましたが、また近日中にツアーに出ます。。。)


さて、既に過去の経緯をお忘れの方も多数かと思われますので少し振り返りますと。。。



1.楽待セミナー教材として土地を探してみた。

2.非常に良い土地があったので買付を入れた。

3.仲介会社で多々ミスが発生したが何とか土地の契約が完了した。


というところでした。


さて、土地の契約が完了とのことで、本格的な融資付けに動くため、ゼネコンさんに再度建築の概算価格を確認しました。


前回は、立ち話程度(電話ですが)で、おおよその所在地と物件概要を説明したところ、


間取り: 1LDK

RC1戸 1?00万円

重量鉄骨1戸 950万円


と言われ、かなりの差であったため重量鉄骨との判断で、その金額で銀行にも打診をしておりました。


これから銀行の本審査に向けてより詳細な数値を出さなければならないため、図面をお送りし、まず電話で確認したところ。。。。



「ケイマンさんごめん、この前の重量鉄骨の値段、1Kの大きさで考えてたぁー。1LDKだったら、


重量鉄骨 1戸 1200万円 くらいかかるなぁー。」


って。。。。。。。。




銀行にはもう950万円で打診していいますよー!


総額で、4000万円くらい上がるなんて銀行に言えません!(キッパリ)


これは非常にまずいことになったため、何とかしなければなりません。


何ともならないような。。。。


つづく。



↓ 応援のポチをお願い致します!
人気ブログランキング 不動産投資ブログランキング

AD