ミュージックランドKEY ~スタッフ日記~

楽器専門店ミュージックランドKEY心斎橋店のスタッフの日記です。


テーマ:

Roland AIRA 連載記事 第一回 ~AIRAとは?~

 


どうも! デジタルスタッフの楠です!

今日はローランド AIRAというブランドについて、

またどのような商品を出しているのか?について書いていこうかと思います!

 

音楽が好きな人はローランドという楽器メーカーを勿論知っているかと思いますが、
RolandのAIRAについて皆さんは御存知でしょうか?

 

AIRAは
ローランドが現在のダンス・ミュージック・マーケットにおいて、より新たなサウンドを築いていこうと作られたブランドです!

ではどの様な商品をAIRAは音楽市場に展開しているのでしょうか?

 

2014年3月にRolandから初めてAIRAとして
4つの製品
「TR-8」、「TB-3」、「VT-3」、「SYSTEM-1」の4機種が登場しました!

 

これらの商品はかつて1970年台前後にRolandから発売された
アナログ時代の“名機”と呼ばれる電子楽器を

ACBテクノロジー(*)によってモデリングされ復活した機材たちなのです!!

(*)ACBテクノロジー(Analog Circuit Behavior)・・・アナログ時代の電子楽器を正確に再現するため、アナログ回路の振る舞いのレベルまでモデリングする新技術。

 

ではこれらの機種はどの様な楽器なのでしょうか?

AIRA TR-8 リズムパフォーマーを例であげてみます!

 

TR-8は約30年前にRolandから販売された商品
TR-808」と「TR-909」の伝説的なサウンドをモデリングされた物で、
さらに、より実用的なリズム・パフォーマンス機能やPCとの接続など、
ライブはもちろん、楽曲制作にも使いやすい楽器として生み出されました。

 

このように、往年から世界中に愛され続けているサウンドを、現代の音楽シーンに適応させた楽器がAIRAシリーズなのです!

その後も続々とラインナップは増え、ダンスミュージック、エレクトロミュージックには欠かせない機材として多くのユーザーに親しまれています。

 

次回のAIRA記事では「TR-8」について詳しく!紹介していきたいと思います!

 

 

ではこれで!

 

AIRA ホームページ AIRA 商品

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめまして、デジタルスタッフの楠です!

 

今日紹介するデジタル商品は

スウェーデンの人気ハードウェアシンセメーカー

elektron

新製品 Analog Heat HFX-1 !!です。

 

先ず、elektronと言う会社を知らない人も多いかと思うので

簡単に紹介致しますと、

elektronは1998年にスウェーデンに会社を設立し、

これまでに数々の電子機材を世に出してきました。

 

最近では、elektronのハードウェアマシンをプラグインソフトウェアのようにDAW内で使用できるようになったテクノロジーOverbridgeが有名です。

http://www.elektron.co.jp/overbridge/

 

またelektronの使命は

素晴らしい音を通じて、世界を救うこと

公式HPでも記載されており、常日頃あらゆる場所で音楽愛好家の生活が向上する為にあらゆる努力を惜しまない、

音楽探検家の集まりです

 

そんな研究家達が集まった会社の新製品 Analog Heatが

どういうものか?これから簡潔に伝えていきます!

Analog Heatを一言でいえば

オーディオ・エンハンサー/オーディオ・デストロイヤー!!

ドラムマシンやシンセ、サンプラー、マスターバス等に歪みの効果を与える機材であり、

ギターリストやベーシストにお馴染みのエフェクター、音響効果を与える目的で使用される機材になります!

 

ギターの歪みエフェクターの種類で言いますとディストーションに位置づけられます!

 

また8種類のステレオ・アナログ・ディストーション回路に加え、ステレオ・アナログ・フィルタリングおよびEQ(イコライザー)が付いており、これらを使って色んな音に歪の効果を入れていきます。

 

elektronさんの公式サイトにて、

SOUNDCLOUDにUPされた沢山のサンプル音源が公開されているので、

是非試聴してみてください!

↓Analog Heat 公式ページ

https://www.elektron.se/analog-heat-ja/

 

オススメのポイントは?

 

どんな音でもAnalog Heatを通すと心地よい歪みを加える事ができます!

 

先程紹介したOverbridgeを使用すると、Analog Heatをソフトウェア・プラグインとしてDAW内で使用できます!

 

本物のサウンド・カードとして使用できること!

(即席でスタジオとしての利用や路上ミュージシャンに最適です、移動先のその場で輝くような高品質のレコーディングが可能!)

 

DAW内で使用するソフト音源はデジタル音源の為、アナログ音源より音の暖かみや厚さなどがあまりしっくりこない、、、

という方には、アナログ・ディストーション回路を搭載しているAnalog Heatを使って歪みのさじ加減に合わせてパンチの利いた音を出します!

 

ただ歪みと言う音響効果は入れすぎるとサウンドのぬけが悪くなったりしてしまいますので

その音に合った歪みレベルを入れてあげてEQで整えてあげれば、

きっと貴方が求める音の極致へ辿りつく手助けをAnalog Heatはしてくれるでしょう!

 

では、今回はこれで!

 

elektron Analog Heat HFX-1

商品の詳細、ご注文はコチラから。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2015 11/14、11/152日間に渡り、10,000本の楽器が大阪南港ATCホールを埋め尽くした日本最大級の楽器イベント、サウンドメッセ
MUSICLAND KEYも出展し、大変多くのお客様にご来店頂き、大盛況となりました!!
当日ご来場頂けなかったお客様のために、会場の様子をお伝えします!!





前日よりセッティング。開場を今か今かと待つギター達が輝いています。
出展の目玉はアコギではCorona Guitar、エレキではCrews Maniac Sound、James Tyler等KEYならではのギター達。
東京にて開催されたミュージックパーク2015でも話題沸騰であったRealdeal 1967 Flying Vもセッティング!!






いよいよ開場!!午前11時の開場と同時に多数のお客様が来られ(過去最高の動員とのこと!!)、
KEYブースも一挙に大賑わい!!




KEY50周年記念限定モデルであるKTR 1960 the BeanoKTR NEXT 5Dも大好評!!
各店入荷しておりますので要チェックです!!



Corona Guitarも大変試奏が多く、大好評です!!


遂にそのヴェールを脱いだRealdeal。当日ご成約も頂きました!!


コチラは番外編。Crews Maniac Soundブースにて調整会でもお馴染みCrews坂本氏が超絶良い音を響かせている新製品…コチラも近日入荷予定、詳細は追って連絡致します!!

いかがでしたでしょうか?ごく一部の様子しか伝えられないのが残念ですが、当日の会場の熱気は凄まじく、楽器好きの楽器好きによる、楽器好きのためのイベントでした!!次回も開催決定とのこと、今から期待が膨らみますね!!
出展商品はKEY各店にて在庫がございますので、気になる商品はお問い合わせ下さい!!
(入れ違いに完売の際はご容赦下さい。)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。