大阪市東淀川区で18日朝、乗用車とタクシーの接触事故があり、大阪府警は同日、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で、乗用車を運転していた府警運転免許課主任、寺前彰容疑者(61)=大阪府摂津市南別府=を現行犯逮捕した。府警によると、寺前容疑者は「昨夜に焼酎の湯割りを4、5杯飲んだ。それ以上は覚えていない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、18日午前7時10分ごろ、東淀川区井高野の市道で、酒気を帯びた状態で車を運転しタクシーとすれ違いざまに接触事故を起こしたとしている。寺前容疑者からは、呼気1リットル中0・5ミリグラムのアルコールを検出。出勤前に病院に行く妻をバス停まで送った帰りだったという。

 寺前容疑者は運転免許課に10年以上在籍し、一般職員として事務を担当。昨年3月にいったん退職し再任用されていた。

【関連記事】
長崎県警巡査を逮捕 酒気帯びの車に同乗の疑い
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許
消防職員が酒気帯び運転 秋田で摘発
自転車で飲酒ひき逃げ 容疑の男を書類送検
ビートルズ物まねバンドの男、生番組出演直後に逮捕
中国が優等生路線に?

<国際バラとガーデニングショウ>21万人が来場し閉幕(毎日新聞)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕-福岡県警(時事通信)
村井仁長野県知事が退任表明(産経新聞)
海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
感染拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し―口蹄疫(時事通信)
AD