11日午後7時ごろ、長野県千曲市土口の古大穴神社で、約10メートルの柱を立てる御柱(おんばしら)祭の途中に、御柱が倒れ、4人が下敷きになった。この事故で、近くに住む会社員、篠宮宏幸さん(38)が頭を強く打ち死亡したほか、30代の男性3人が胸や足に負傷した。

 事故が起きた御柱祭は、日本三大奇祭と呼ばれる諏訪大社の御柱祭の時期にあわせて、各地で行われている地域の祭りの1つ。

 長野県警千曲署によると、倒れた柱は長さ約10メートル、直径最大約30センチ。祭りの参加者たちが柱をロープで引っ張るなどして、立てようとしたところ、倒れたという。

 地元関係者によると、男性約50人でロープで引っ張るなどしていた。柱は立ちかけていたが、バランスが崩れるようにして倒れたという。

 同署によると、1本目の柱を立て終わり、2本目を立てようとしていた最中だった。地元男性は「ここ30年ほど、こんな事故はなかったのに…」と話した。

 現場は上信越自動車道の更埴ジャンクションから東に約1キロ。

【関連記事】
空自ショー部品落下 同型機は飛行見合わせ点検
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地
「裸坊祭」で5人重軽傷 山口・防府
台風18号 新潟の芸術祭作品が倒壊
7人重軽傷の松江・花火事故 打ち上げ筒が傾いたのが原因か 

個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
iPhone「アプリ」開発 冴える日本人(産経新聞)
<犯罪加害者家族>全国調査 3人に1人「うつ傾向」(毎日新聞)
新生活を録りつくす新オリンパスペン「E-PL1」に死角なし【新生活特集】
AD