リズム

テーマ:

(ただのブログなので気軽に読んでください)

 

昔の日本の作曲家が、音楽を建築になぞらえていた。

音楽もまずリズムという基礎がありそこから積み重ねていく。

その築き方が西洋式なのか東洋式なのかでずいぶん変わるし、背景にある土着文化などもかなり大きな部分を占めているだろう。

(イギリスのある映像作家は自国に残っている土着文化に改めて焦点を当てて、その現代の民俗性を仮想の未来的儀式として見事に描いてみせた。https://i-d.vice.com/jp/article/as-grime-and-folklore-collide-this-is-future-england

ただ団地のように外観としても面白くもなく単純に住みやすさなどを象ったような音楽がはびこっているようにも思えるが(でもリズム音楽大好きだし今リアーナ聴いてるよ!)

リズムというのは唯一見える波長であり、それが見えることで調和をもたらすことのできる最古にして最強の音言語じゃないかと思う。

リズムはただ並べて、はい終わりというものではなく、ドラムのキックやその他のリズムを刻む音の音色をいろんな音楽と聞き比べてみればわかると思うが、実に精緻に作られている。

数多ある音をうまく積み重ねたとしても、その基礎となるリズム音はそれぞれの様式によって形が変わるまさに要を担う音なのだ。

なのでそれに違和感があればいくら色彩豊かでユニークな形をしていてもそれらは全く活きてこない、ただの飾りになってしまう。

 

 

話は少し変わるが、おそらくリズム楽器を演る人たちは、その時に感じる時間感覚を頼りに様々なテンポを生み出している。

そう考えるとリズムを刻むことは時間を体現し生きていることを実感させ記録していく自分たちのためのメディアなのかもしれない。

リズムは自分の鏡であり特殊な記録媒体であるように思う。

 

一方先ほどの話から考えると、僕がやっているいわゆるアンビエントミュージックにカテゴライズされている音楽はその様式を持っていない。

次回はそのことについて話そうかな。

 

 

AD