凸本書評⑤(最終回)

テーマ:

いいかげんこのシリーズも打ち止めにしようかと。


書こう書こうと思ったもののキーボードの不調により今日まで伸ばしてました。


メンドクサカッタトイウコトデス


今回は新本の記事について少し細かい点(書き忘れた^^)とまとめ・今後の展望などで。



まず新本の何切るについて。


なんでツモギリ線はいっとらんねん!!

今回はなくてもそんなに大差ない問題ばかりだったけど作者のレベルがうかがえるわ!!


ついでに最後の章についても。


こんな書き方しとるとまた「リーチを増やせば成績あがる」とか「2フーロ増やせばいいんだ」とかとられてもおかしくないし。


今回の結果は、成績とリーチ率(あるいは2フーロ・非リーチ仕掛けじの放縦率」とに強い相関があったというだけで。


このみっつを上げれば、成績が上がるという意味ではない。


相関係数っていうのは規格化した時の形がいかに似てるかなので、比べてもそんなに意味ないし。


傾き(Aを上げればどのくらいBが上がるか)じゃないのでこの数値が1(あるいは-1)に近いと互いに独立してるとは考えにくいってことね。


上のことは数学そんなに詳しくないので間違ってるかも。

できる方は訂正願います。



今後の展望


正直あんま興味ないです。

本人があまり雀力向上に興味なく、このままフーロ対応と書かれてもねえ。

今回の本も麻雀のレベル向上というよりは自動代打ちツールの向上に向いてると思うし。


ただその考え方自体には興味ある。


雀力向上のための本よりは、本人のHPにある麻雀論考に書いてあるみたいなシステム作りに頑張ってほしいなと。


なんだかんだいっても有名だからねえ。


一度も見たことないって方はご覧ください。

特に麻雀業界の方は是非。



訂正:まほ公さんのご指摘通り前回の本に続いてということでした。(無論前回よりは噛み砕いてはいる。)


AD

初めての有休

テーマ:

初めて有休なるものを使ってみました。おととい命日の今日・明日が通夜・告別式。

会社の創立記念日?とやらで金曜休みだったので、5連休作成しちゃいました。


今家なき子です・・

会社には「実家に帰ります。」と連絡し、実家には「昨日は会社行ってくる」と伝えてあります。(寮なのでモドレナイ)


暇暇暇暇暇・・

結局昨日は 漫画喫茶→フリー→漫画喫茶で一日が終了しました。

ダメダメすぎる・・


来週は「初めての出張」に行ってくる予定です。

AD

前回の続きで


しつこいようですがルールと目標の確認を。


ルールは完全順位戦であり、期待順位の一番よさそうな選択をする目標です。


あと前回の記事で書き忘れたけど、同点は上家どりではないです。


つまり現状は2.5着目ですね。


それをふまえて問題をみていきましょう。


まあとりあえず1mは切りますね。問題は曲げるかどうかの選択です。


場況としては、トップ目テンパイ・ラス目テンパイ・上家?(まあオリに向かいそうと)


2人全ツのひとりベタオリとしてまあいいでしょ。


その上でリーチのメリット・デメリットを比較していきましょう。(ダマ全ツと比較)


リーチのメリット


・下家からあがったときにトップ確定。ダマで上がった時も予想期待順位が1.7くらいだから、下からあがったときは平均順位0.7向上する。


デメリット


・横移動したときに2.5→3となる。3人全ツで横移動するパターンは対面→下と下→対面の2パターン。

・流局したら若干損。

・上がオリ打ち等で対面に放縦し1000の場合。これも0.5損。

・下家のリーチが1000-2000~1300-2600ツモで1損

・最後のツモ等でもってきた危険度Sをおりれない。(まあこれは危険度Sとかの判断できないひとには関係ないかな。)


あとは起こりうる確率を予想してやって比較すりゃいい。

黒字部分は無視かつリーチでも出やすさ変わらない(3人は当たり牌以外全部ツモギリ)と、リーチに有利な設定で比較してみます。



さてもうひとつこのカンチャンどんくらい上がれますかね?


まあ多めに見積もっても2割ってとこでしょ。脇二人を3割・3割で流局2割で設定してやっても。


メリット   0.2(自分があがれる確率)×0.33(下からという条件)×0.7(増加順位)


デメリット 0.3(対面があがる確率)×0.33(横移動場所の条件)×0.5(損失順位)×2(対面と下ね)


こんなん計算するまでもなく、デメリットのがでかいよね?


脇二人と同程度あがれたとしてもまだ駄目です。


1.3~1.4倍くらいあがれないと釣り合いません。

ちなみにこのミスった選択で順位にして0.03損します。


この数値を見て「たいしたことなくね?」って思ったあなた。


たった一打の しかも単純な2択ですよ??


大損ですから!!


ちなみに前回の記事で「曲げるわけねえじゃん。あがれなそうで棒で着順落ちるし」って思ったあなた。


これはオーラスの攻防を意識してるかどうか?順位に対する考え方をどういう風にとらえているか?


それについての書くために非常にわかりやすい例を挙げてだしてるだけです。


選択があってたとしても、似たような状況でミスる可能性があります。


だいたい今回の選択なんざ2拓だよ?目つぶってても2回に1回は正しい選択できるわ!それなのに全員リーチって言ってるあの・・・以下自粛


もう一つ上のような計算なんてすぐできないって思ったあなた。


あのね・・オーラス始まったとき点数確認ぐらいするでしょ?


その時に前回の記事


①何点をどういう風に(ツモとか直とか)あがれば何位になるか。

②何家に何点上がられたらどうなるか?

③自分が何点放縦したらどうなるか?

④何点横移動したらどうなるか?


これらを考えておけばすぐできるでしょ?


しかもオーラス始まってすぐって状況じゃないんだから、考える時間はいっぱいあったでしょうと。


自分はいつもこんなこと考えながらオーラス打牌選択してますよと。



AD

久々にこのテーマで書くのでもう一度大前提を。


あくまでこの目標

http://ketu.ameblo.jp/ketu/entry-10007037735.html


をもとに打牌選択やリーチ選択・仕掛け選択の解説をしていこうと思います。


念のためもう一度言います。


東風荘は完全順位戦です。


なんぼなんでもこれを意識してない人多すぎじゃないですか?


というわけで今回はオーラスの攻防というテーマで書いてきます。


まずオーラスの攻防で意識することとして。


①何点をどういう風に(ツモとか直とか)あがれば何位になるか。


これはまあさすがにほとんどみんな考えてるでしょう?


マンツモすれば1位とか1000点で4→3とかetc


ただみんな知ってのとおり


麻雀毎回あがれるわけじゃありません。


むしろあがれない局のほうが圧倒的に多いです。


んで次に意識するのが、このあたりかな?


ほんとはこっちのほうがケースとして多いんですが。


②何家に何点上がられたらどうなるか?


③自分が何点放縦したらどうなるか?


まあここまでは最低でも考えてほしいものです。


んで驚くほどに意識されてないのが、


④何点横移動したらどうなるか?


こう書いたのも


東風荘ではほとんどだれも考えてないんじゃ?って出来事がありましたので。


別に上3つよりも重要って意味で赤くしたわけではないです。


以下に実例のなに切る画像を


どっかで見たことある人は、俺の選択も知ってるはずです。


ちなみに当然のダマです。


次回はその解説と考え方等を。





できすぎデータ

テーマ:

そういや去年の後半は成績一回もUPしとらんわ。


諸事情があってブログ書けなかったしなあということで、


できすぎデータでも。早く更新しろや!!とういう意味も含めて。


第1超のみで、3年分。1年づつで載せます。


まずは2005年から。東風荘を本格的に初めて1年目の成績です。


2005年


ついで2006年
2006年


最後に2007年。ちなみに6月まで。
2007年6月まで



ちなみに2005→2006は、それなりに麻雀のレベルが上がったと思ってます。


雀荘Zで働いてた頃だからねえ。


2006→2007は、おそらく変わってません。

すでに現役引退してますw


おそらく今の環境ではそうそうレベルUP出来そうにないです。


まあそれでもスコア1位なら試合数重ねれば十分狙えると思ってるんですが、どうでしょ?


ついでに自己紹介でも、

すでに知ってる方も多いと思いますが、HNは理不尽大王という名前で打ってます。



日常

テーマ:

サラリーマンってなんかあんま日記書くことないよね?


退屈すぎて暇なんじゃなくて、守秘義務?とかいうやつがうるさいからあんまぶっちゃけトークできないじゃん?


そんなこと思ってたら7月からの配属がいちばんガチガチのとこに配属になりました。


扱ってる製品がそういった危機感に疎い俺でもヤバイとわかる部署です。


建物のあちこちに秘密の部屋がありますw

さてこんなところでやっていけるのやら・・