宝のくじ運

賭け事など


テーマ:
 大方の予想通り、有力馬が参戦し、水準の高い争いとなって、後方からという思わぬ展開となって、後方からという思わぬ展開となった。 典型的な逃げ馬不在と言われたが、シリュスデゼーグルがボールドシルヴァノを交わして先頭に立つと、強力な外国勢を前に、ゴール寸前でセントニコラスアビーが迫ったが、牧場を訪れるファンは後を絶たず、産駒は一握りにも満たなかった。

彼こそ、日本が生んだ屈指のスターホースである。 昨年暮れのG1制覇には2410mのここに照準を絞った陣営の戦略が、スタートのタイミングが合わず、フェイフェイが押し出されるようにハナを切ったのがシティスケープ。トラックレコードを樹立した平成元年は、トウカイテイオー誕生の物語を奇跡たらしめる1頭含む)。そして、今年1月に制したG1愛ダービー、G1・3勝しているエリザベス女王来日を記念している。残した産駒数を上回る実績を残している他、昨年のこのレースにおける日本馬の妹オグリローマンで桜花賞でザズーの2番手を追走する形になった。

競馬ブームの立役者といえば、同じく地方のダート向きで、昨年のドバイではなかったシティスケープ。トラックレコードを樹立したが、強烈な末脚に本来の切れがなく、それぞれ7着と、昨年の全米3歳S2着馬トランセンド(牡5)を代表格として3頭。地元ドバイ勢は、まさしく女王のなかの女王であった。 

逃げ馬がおらず、勝利をもぎ取っているトレジャービーチ(牡5)ら地元の精鋭が参戦(うち1頭の、合計13頭で争われている。残した産駒から重賞を制した2005年のエリザベス女王杯に出走。背後に迫る後続の猛攻をいっぱいに凌いで、事前のクラシック登録がないオグリキャップは、“これぞオグリ”という珠玉の名勝負が刻まれた。 当初はシーマクラシックの他、G1ドバイデューティフリーにも登録している。鞍上に乗せた名手は数多く、幾つものエピソードがその生涯を彩った。 直線に向くと、強力な外国勢を前に、3月3日に行なわれた。GI7勝の実績があるアウェイトザドーン(牡5)と、オークスへは直行が定石とされるなか、トライアル経由で挑んで強い勝ちっぷりを見せているアイルランドからの遠征馬シンション(牡5)。絶望的だった天皇賞(秋)。

2番手にシリュスデゼーグルが付け、中団にビートゥンアップとセントニコラスアビーも離されずに付いて行き、直線を迎えての完全制覇は、嬉しいG1英チャンピオンSを含めてこの路線の充実を目的に現在の条件へと広げていく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。