お客様が男性の年配の方の場合、女性である私が担当だとやりづらく思われる方も未だにいらっしゃいます。
それは現実で、一緒にタバコを吸ったり、お酒を飲んだりのコミュニケーションで、どこまで本音で話せるかを大事にされる方はいらっしゃいます。
ツッコミキャラな私じゃいやだという方もいらっしゃいます。

で、最近は、気にしないことにしてます。
そういう方でも、嫌がられてるのを自覚しながらも必要なコミュニケーションはとりますし、また、私より気があうと思う人をあてがえばいいのです。
それは何の問題もなし。
またきちんと仕事の中身を提供するので、好きではないけど追い出されるほどにもなりません。

お客様みんながそうというわけじゃなく、むしろ私とコミュニケーションをとることを望んでくれる方もいらっしゃいますし。


社内のコミュニケーションだったりなんだったりは、女性である私の方がうまくできることも多いです。女性だからかどうかは知りませんが。
いろんなところの人たちと交流することで、仕事をやりやすくし、実際に結果にもつなげています。
人材育成にも力を注いでいます。
こうやってどんどんいざというときのための仲間を募ってます。
幕末でもあるまいし。笑

大変ですが、楽しくもあります。
AD

イベント

金曜日に関連プロジェクトのメンバーを集めて、ちょっとまじめなでも楽しいパーティーを。
80人ぐらい集まりました。
決起集会的な感じになりました。
普段いくつかのプロジェクトに分かれて活動しているみなさんに、一緒にがんばろうぜ、みんな同じタグがついてるんだよと語りかけ、それぞれにプロジェクトの報告をしてもらったり。

最近はデスクで資料を作ったり、お客様に会ったり、以外の仕事が増えました。
いろんな場を設定するのが役割に。
積極的に場を設定してみると、いろんなことが起こる。
楽しいことにはみんなが群がる。

仕事は楽しくやらなきゃね。

AD

大変な仕事

すごく久しぶりです。
最近、寝る間を削るぐらい忙しく暮らしてます。
仕事が急に忙しくなりました。

いくらがんばってもなかなか先が見えない状況。
でも少しずつ進んでる。
そのうち見つかるはず。
ポジティブに考えたり。


どん底な状況のとき、私はどっか振り切れた人だなと自分でも思います。
もうだめだとか思わなくなり、なんとかなるさとか、きっと神風が吹くと心のどっかで思ってる。
守りにも入らず、えいやと無理なことに挑んでみる。

なんでかなーと思ったけど、一つは1人で抱え込まないことかな。
みんなに相談する。
遠慮なく助けを求める。
幸いなことにいろんな人が助けてくれる。
だからどうにもならないんじゃないかと思っても悩まない。
私にはどうにもできなくても、きっとなんとかなるといつも思ってる。

うまくいきますように。

AD
昨日久しぶりに仕事でめちゃくちゃ不快なことを言われて、一晩寝ても怒りがおさまらなかった。

私が仕事で大事にしてるポリシーがあって、どんな無理な仕事にも前向きに取り組んでみるというもの。
こうだからできません、ああだからできませんとやる前からやらない言い訳を探してしまいがちだけど、まずはやってみないと本当にできないかはわからないもの。
意外と頭で想像するネガティブな未来は、ネガティブを作り出してるだけだったりする。

だからときどき思いがけない結果を生んだりする。
これが私の一番の強みだと思う。

そんな私に向かって、私のことをよく知らない人が、
「いつもネガティブなことばかりあげつらって、マネジメントにどうしましょうかというやり方はどうかと思いますが」
と、何人も重要な人が宛先に入ってるメールに書いてきたのでびっくり!

誰に言ってるの?
私は最も遠い人だよ。

相当腹が立ったから無視しようかと思ったけど、メールそのものはその誹謗中傷さえついてなきゃまともだったので、そこだけ全く無視して事務的に返し、ネガティブなことを言ってる人たちにふってみた。
私はネガティブじゃない。
でもネガティブな人もいる、仕方ない。
その人たちを代表して誰かが悪いとは書かずに事実を述べたんだよ。
それを解決できるのは、マネジメントからの指示だけだからと考えに考えた結果のメールだったんだ。失礼だ。

でも結局ネガティブの方々が、やりますと相次いでメールしてきたので結果オーライ。
マネジメントが認めればやらざるを得ないよね。

前にも書いたかもしれないけど、黙ってやらないどこうとするのが結構普通みたいで、見つからなきゃそれでいいじゃんらしい。
今の私のやってることも、わざわざそんなことをやって、バカじゃないの?と言う人もいるみたい。
でも私はこのやり方を変えるつもりはないの。

燃え盛る炎に飛び込む勇敢な消防士みたいで、見てる方も楽しいじゃん。
一緒に飛び込まなきゃならない人には不評だけど、許しておくれー。
居場所がない仕事ってのは結構あって、私がチームで一番新参者だし、一番役にたってないなと思ったりすることも。
でも、そこであきらめちゃいけないなと最近がんばるようにしてる。
同じ仕事を同じようにうまくやるのは、専門性を高める意味では非常に重要だけど、私の価値は専門性ではないから。
先が見えない状況で、アウェイな状況で、どれだけ力を発揮できるかが大事だし、そこで成果をだすことができれば本物だ。
ということで、最初はちょっと辛いけど、がんばらなきゃと思う。

そして、機会を与えてもらったことに感謝しなくては。

ミッション

大変な仕事をいただいた話。
昨日詳細を聞いたけど、やはりすごい。
なんでこんなもんが?
これをやりなさいっていう指示じゃなくて、ミッションを与えられてやり方は任せるって感じの指令で、私はどうやらエージェントだったもよう。
しかもみんな全くどうやったらいいかわからないと言う。
なんだよ。
でもやらなきゃ。

実は私は今年ようやく仕事のために自分の大切なこだわりを捨てるというか、脇に置いておくことができるようになった。
別の言い方をするとミッションを冷酷に遂行できるようになった。
これがもしかしたら誰かが言ってた「悪魔に魂を売る」ってやつなのかもしれない。

ゲームに勝つためには、冷酷さも必要なんだよな。
勝てなきゃ生き残れないし、生き残れなきゃいいことも悪いこともできない。
頭でわかってるのと、本当にやるのとでは大きな違いがあるもんね。

もちろん悪いことは全くしてません。
あくまで自分のこだわりとの対決だから。

見通せない仕事

未来予測なんてしてたからか、関係ないのか、たぶん関係ないけど、昨日すごい仕事が降ってきた。
私はどんな仕事でも、ま、たぶん大丈夫だろうと思って始めるけど、今回ばかりは見通しが立たない。
今まで数々の毒まんじゅうを食べてきた私にも、想像を絶する毒まんじゅうだよと言われた。
気が重い。
面倒だ。
でもまた私にということでいただいた仕事なので、ありがたく取り組もうと思う。

週明けからなので、三連休はすっかり忘れて過ごそう。
そういえば義父母が来るんだ。
次男のコンサートがあるんだ。
長男の大会があるんだ。
近所の集まりがあるんだ。
楽しみ。

未来予測

昨日、仕事で情報交換してて、お互いの情報を合わせて少し先の未来を予測すると思いもかけないものに。
しかも一度予測したら、なぜか妙に真実味を帯びてきて、間違いなくそうなるような気までしてきて。
でもちょっと恐ろしい未来だから、一旦忘れよう。