三男が大人になったら

テーマ:
三男が自分が大人になったらという話をいっぱいしてた。
子供は四人いたらいいな。
男子2人、女子2人。
もし子供が2人なら女子男子。
名前はいろいろ候補を出してみたけど、難しいから奥さんに決めてもらおう。

北海道あたりに兄たち家族と住もうかな。
子供を育てるのは大変だから、半分は途中からママのとこにいって、ママが育てるんだよ。
あ、待って、ママは兄たちの子供も見なきゃいけないから大変か。
じゃ、やっぱり近所に住んで一緒に見るか。

習い事は、男子はピアノ、テニス、野球、サッカー。
女子はピアノ、バレエ、スケート。
英語の学童入れるかな。
塾も、ママがいかせる方針なら、僕もそうさせるかな。


だってさ。
AD

長男の様子

テーマ:
最近、長男の学校のママ達との交流で感じたこと。
みんな勉強より部活に一生懸命で、いろんな個性の中学生ばかりでおもしろい。
何よりそんな子供を深い愛情で包むお母さんたち、お話もみんな上手だし、一緒にいて幸せな気分になれます。

長男が自ら選び、運よくも合格した学校だけど、出会えて本当によかった。
長男が選ばなきゃ縁がない学校だったけど、意外にもうちにはよく合った学校なのかも。

長男の成績は相変わらずよくはないけど、1年生のときに比べたら多少勉強するようになったし、このままがんばってくれればと思います。
部活はかなり真剣だし。
学校に慣れるまでに一年間必要だったってことかな。

AD

単純な鬼母

もし私が自分の母親だったら、怒ると怖いけど、こんな単純な人はいないと思うと思う。
怒らせるのも怒らせないのも、スイッチを押すか押さないかだから。
スイッチはめちゃくちゃわかりやすい。
なのに、息子たちはしょっちゅうスイッチを押す。
不思議だ。
それも母親が怖いのをさほどいやがってないからか。


長男が大雪のときにも部活に行くほどの練習熱心である自分をよく自画自賛しているんだけど、そのときに高校生の主将に
「うちの母が(こんな雪にもかかわらず)行けって言ったから来ました」
と言ったらしいことが昨日判明。
主将はいたくそのことが気に入り、今でもおもしろいと言うんだとか。
どのお母さんも「行くのをやめなさい」と言ったんだって。笑

鬼母が名物になる日も近いか?
AD

次男デー

テーマ:
3人も子供がいてよくやれますねーと言われますが、やれてませんよ、取りこぼしいっぱい。
昨日は次男デーで、午後はずっと次男の学校に行き、夜も次男ママ友たちとお食事。
で、思ったんだけど、ここしばらく次男ほったらかしだったなー。

成績もまた悪く、残念な感じだったけど、もう少し勉強の仕方を見てあげないといけないのかな。

なんて思いつつ、またすぐ忘れちゃう。

3人をちゃんと見て、仕事をやるなんて無理無理。
自分たちでがんばってよね。笑
一個前に書いた、「期待する親、期待してほしい息子」を、以前ある人に話したことがあります。
なぜその人にこの話をしたのかは私もわからないんだけど、日頃の息子たちとのつきあい方で矛盾を感じていたことをはじめて筋道立てて話したときでした。
話したことはすっかり忘れてました。

で、先日、久しぶりに話した相手に会ったら、「あなたがこの間してくれた話、本当に心動かされた。こんなに真剣に子供のことを考えてる人がいるんだなと思って、自分は今までの人生でそんなに真剣になったことはないなと感じた」と言われました。
ええっと何を話したんだっけなと忘れてて、だいぶ経ってからたぶんこれだろうと急に思い出しました。

単純に私が親から育てられた方法を息子たちにもと無意識にやってるんだと思う。
私の親は常に高い期待を私にかけてたけど、一方ですべてを受け入れてくれてたんだな。
だから安心してチャレンジできたし、失敗しても凹みはするけどこの世の終わりだとは思わずにいられた。
息子たちとは全く違うけど。笑

今の私があるのは親のおかげですね。
感謝!

子供たちのことは大好きだし、誰よりもいいと思いたいし、思ってるけど、一方でたくさん期待しちゃっていつももっとこうしたらいいのに、ああなってくれればいいのにと思う。
結構矛盾してるみたいな感じだけど、親ってこういうもんなのかな。

息子たちには私の期待に対していつも不満足であることを伝えてるけど、誰かと比べて、ああなったらいいのになんて絶対に思わないし、思わないから言わない。
もっとこうしてほしいけど、3人が1番好きと結局言ってる。
だからちっとも彼らには危機感がないし、ママは自分をわかってくれてるから大丈夫と信じてる。
じゃあ、もう期待をしなきゃいいんだろうけど、やはり期待はしたいじゃん。
期待をやめてやるぞと息子たちに言うと、実はすごく嫌がる。
当面期待にはこたえるつもりはないけど、いつか大人になればママの期待に応えられるかもしれないし、それまで期待してほしいのかしら。

お互い懲りない親子で、無駄も多い。
でも私たちはこれが親子のコミュニケーションになってる。
いいってことか。

バランス

テーマ:
去年の後半ぐらいから、仕事は勢いにのってどんどんゆけよモード。
今年に入って仕事が大きく変わったわけじゃないけど、お客様が変わったり、私の役割が変わったり。
まあそれなりに大変だったりしたかもな。
課外活動のような仕事も多く、あれもこれもだし。

で、プライベートとのバランスは崩さないようしなきゃ、できるうちにやれることはなんでもやらなきゃとがんばってきました。

ふとつい最近、私もちょっと疲れてるかなと思いはじめました。
体のメンテナンスを怠りはじめて、体はかたい。
なんと言うか、体も変化のときと言うか。

少しゆっくり1人だけの時間を作って考えたい。
でもなかなかそれも難しいな。
うーん。