帰ってきた

テーマ:
金曜夜長男次男が相次いで帰宅。
初めて弓を引いた長男、一番まとにあたったらしい。
字がきれいだから記録係にいいのではと言われたらしい。
中学生になって初めて見せた得意なことかも。
続けるために勉強しろ。

次男はカヌーが楽しかったらしい。
一昨年家族でカヌーをやったときは腰抜けだったけど、吹奏楽のおかげで姿勢がよくなったとか言ってた。
とにかく休みたくないからと昨日も部活へ。
クラリネットを吹いてきた。


部活にはまる中学生。
楽しそうだな。

でも部活を続けるためにも勉強しろ。
AD

もう1人も

テーマ:
次男も今朝出発。
林間学校的な修学旅行。
頼りないながらも昨夜自分で荷造りして、元気に出かけていった。

そして今夜。
静かだなぁ。
兄たちいないので、三男は水鉄砲で遊び、宿題やってピアノやって、ゲーム。
1人だとのんびりだ。

明日は早朝出発がいない。
早朝出発向けのおにぎりもいらない。
三男にお弁当を作って出かけさせるだけだ。
小学生だけだとだいぶ楽なんだよな。

iPhoneからの投稿
AD

私ならできる?

誰もが「あなたならできるでしょう」と言ってくれる仕事が出現。
他にできる人がいないけど、私ならできると満場一致で言われるなんて、すごいことだよね、ありがたいよね。

この表現し難いスキルでこれまで生き残ってきて、でもこれって目に見えないから今後どうすんだよと思ってたとこ。
何て説明すりゃいいんだかわからず。

私の仕事ぶりを知らない人に私の印象を聞いてみると
「落ち着いていて安心感がある」
「大変なことを楽しくやる」
「場を明るくする」
「説得力がある」
「前向き」
と、愛のあるコメント(笑)

こういうことなんだなと思う。

あとはたくさんの気難しくて優秀な人たちとやってこれた自信。
きっと私なら大丈夫だという自信。

油断せずにがんばろう。

iPhoneからの投稿
AD

バカ息子

テーマ:
合宿に行く、弓を持つ息子を送った月曜朝。
ママ友のお茶の誘いを断り、会社に行くために急いで電車に乗って順調に進んだ頃。
長男から電話。
「お金ないんだけど」
なんだよ!今さら。
お金なくても困らんだろうと言ったけど、1円もなきゃ人にたかることになる。
それはいかん。
仕方ない。
タクシーで引き返した。

「出発時間になっちゃうよ。」
と電話あり。でも後ろから、友達がまだ大丈夫だよと言ってる。
「お前は大丈夫でも、ママは会社に遅刻だ!」と怒る。
「そうだけど」そうだけどじゃない!
バカ息子!

無事にお金を渡し、会社に行く。
遅刻だけど最小限に食い止めるために、途中で降りてタクシー。
ほんとやだ。バカ息子。
こんなバカ息子、親の顔が見たい。
私だ!_| ̄|○

大変だったよ。
…バカ息子は元気でやってるかな?

iPhoneからの投稿

夏休み開始

テーマ:
昨日は帰宅後、長男と話し、今日も長男と夏休みの計画を立て、勉強も見て、合宿の用意をし、次男の合宿の買い物もし…気づいたら一日終わってました。
疲れた。
選挙に行く時間は全くなかった。

子どもが中学生になると、それはそれで大変。
三男なんてほぼ放置。
でも下の子は上の子をよく見てるからたぶん大丈夫だけど。

明日は合宿の長男につきあいつつ通勤。
弓とか矢も持って満員電車に乗れるのかしら。

早く寝よ。

長男の面談

テーマ:
やはり史上最悪。
お母さんはあんまり心配しないでとは言われたけど、長男は相当ひどいようです。

やる気ない、テスト悪い、態度悪いみたいな感じ。
担任の先生達も長男という人間がつかめない様子。
私も最近彼がよくわからないよ。

あまりひどければ、部活制限をかけたり、態度が悪ければきつく叱ったりはしてくれると先生もおっしゃってくれたけど、彼に効果があるかどうか。
とにかく何を言われても平気な厚顔無恥なんだよな。
私は家で怒るのはほぼ長男のみってぐらい、彼の言動や態度はよくなく、怒ると怖い私をここまで怒らすかというぐらいなんだけど、彼は平気。


難しいなぁ。

次男の面談

テーマ:
次男の面談終了。

友達がいないんじゃないかと先生が心配してくれてたけど、たぶんいないけど、本人が人に合わせてまで友達を作る必要性を感じないので、あんまり気にしなくていいですとお伝えしました。
しゃべる人はいるみたいで、特に困らないらしい。
コミュニケーションのプロトコルが非常に限られてるからね。
彼にコミュニケーション能力を上げましょうというとストレスになるので、あんまり複雑なコミュニケーション能力を重視されない道に進ませたい。
きちんと文章も書けるし、時間かかるけど話もできるからそれでいいじゃん。


で、思い出した。
次男って赤ちゃんのとき、黙々と寝返りやハイハイの練習をして早くできるようになったんだよね。
長男をまだ認識してない頃、次男のが強かった。
でも社会を意識してから(彼は最初の社会が長男)、臆病が強くなってきた。
小学校に入ってからは、友達を作れ、手を挙げろと苦手分野が出てきてさらに臆病に。
中学になって、長男とも離れ、男子校に進んだらきっと元の次男が顔を出し始めた。
自分は吹奏楽やる、勉強する、決めたことに邁進し、人との交流は優先順位が低いよう。
それならそれでいいよね。

長男が友達とつるんでばかりなのとは対称的だね。
双子も全然違うもんなのよねー。

英語の自主練

テーマ:
いよいよまじめに英語をしゃべれるようにしないとまずいとかなり遅ればせながら本気で思い、自主練することを決意。
でも続くかな。
練習不足が原因で、長男の勉強不足と同じ(いや、レベルが違うと思う)なので、まずは私がやんないと。
長男は私がやってもやんないだろうけど。
そう、やつはやらないんだよね、何を言っても。
ま、いいや、私はやろう。

iPhoneからの投稿

学校をはしご

テーマ:
今日は次男の学校に行ってから長男の学校へ。
反対方面だから移動距離がすごいぞ。
がんばれ、わたし。

本人たちは…。
次男は部活の練習で学校にいます。
会わないだろうけどね。
クラリネットをがんばったら難しい方を演奏するグループに入れてもらえたと喜んでたから、夏休みは練習に励むんだろう。

長男は部活の大会に行ってます。
まだ出られないんだけど、お仕事と応援(と言っても、弓道だから黙って立ってる)です。

私はどちらの担任の先生とも面談なのでいろいろ聞いてこようと思います。

iPhoneからの投稿

女性のキャリア

テーマ:
今日で超忙しいのは終わるはず。
がんばろう。
今週はよく戦った。感情的にならずによくがんばった、私(笑)

この間、すごく目から鱗なことを聞いた。
仕事で成功して強い女の代表格みたいにみんなに言われてる人が、実は大々的に「強い女」と言われることに対して今でも落ち込むという話。
知らなかったよね、みんな勝手にそういう人は、強い女であることに迷いがなくて悩まないのかと思って自分とは違うと思ってたでしょ。
「父に怒られるんじゃないかと思った」という言葉がかわいくて、普通の女性なんだなと共感した。
お父様も怒るどころか、喜んでくれたという話だったけど。

それを知って、みんなそれぞれの役割を演じなくちゃいけなくて、本当の自分とのギャップに悩んだりするんだなと気づいたんだ。
シェリル・サンドバーグが言ってるのもこれか。
そして役割は必ずしも自分が選んだんじゃなくて、どっかから降ってきた使命みたいなものだったりして、逃げたいと思ったこともいっぱいあるんじゃないかとも思う。
だからこそ、わかってくれる仲間が必要なんだって教えてくれた。
で、仲間や先輩を紹介してくれる場が提供された。
ちゃんと生かさないとね。


iPhoneからの投稿