よかった

テーマ:
長男次男が通う塾。
六年生はクラスがふたつ。
次男が上のクラス。
長男が下のクラス。
今日、月例テストがあり、無事に長男も上のクラスに上がれました!
よかった。
一緒にお友達も上がれたらしい。
兄弟、友人と切磋琢磨できてるかな?

おめでとう!

iPhoneからの投稿
AD

ピアノ

テーマ:
子供の頃、結構まじめにピアノをやってた。
三男がピアノを始めたので、できるだけ毎日練習につきあうんだけど、私の習ってた先生って厳しかったな。
きちんと弾けてないと、絶対に丸をくれない。
だから何度も練習していった。

三男の先生はとても優しくて、ものすごく励ましてくれて、いっぱい丸をくれる。
私のがずっと厳しい(笑)

とりあえず三男もやる気はあるので、今のうちにがんばらせておくか。

iPhoneからの投稿
AD

先生に怒られること

テーマ:
自分の思い出は何かと美化しがちなんだけど、よく思い出すと、私はそんなにいい子じゃなかった。
先生がいい子を期待すればするほど、絶対になるものかと思ったものだ。
やることやってるんだし、いいだろうぐらいな感じ。
先生に怒られればどうやって反論するかを考えたもんだ。
何て子供だ!

で、何となく子供は自分に似てほしくないと昔から思っていた。
いいことなんてあんまりないしと思っていた。

次男は非常に私に似てなくて、へー、がいっぱい。
彼は先生に期待されればちゃんとやる。
怒られることもあんまりない。
理想か?とおもったら、実はこういう人は怒られるのを恐れるんだと。
そんな悩みが世の中にあったとはぐらいな気分。

長男はそういう面もあれば、私に似た面もあり、苦労している。

三男はもしかしたら一番私に似てるかも。

みんなそれぞれに苦労するもんなんだね。
当たり前か。


iPhoneからの投稿
AD

下級生を連れて行く

テーマ:
先週で学校の集団登校は終了した。
次は夏休み明け。

うちのコミュニティに三男を入れて三人の一年生がいる。
私はともかく、初めての子供が一年生のママたちは何となく不安なもんだ。

ということで、毎朝上の息子たちに一年生三人を連れて行くように頼んだ。
六年生にもなると歩くのも速いし、下手したら走ればいいので、家を出る時間も結構遅い。
でも一年生はそういうわけにいかない。
だから兄たちは下級生のために早く家を出て、ちゃんと連れて行く。
こうやって少しずつ責任感が芽生えるといいと思う。
頼られるのも悪くないよね、きっと。

iPhoneからの投稿

仕事が見えてきた

テーマ:
来月末で仕事に区切りがつくので、その後どうするかなぁと考えていたんだけど、今日思いついた。
難しくないんだけど、もう長いことうまくできてないことが見られて、それはきっと私がやらなきゃいけないんだなと気づいた。
もっと早く気づいてもよかったんだけど、きっと無意識にやりたくないと思ってたんだな(笑)

何とかしてよと上の方々に訴えても、結局うまくいかない。
やっぱり私にやれってことだよね。
あわよくばと期待してるんだな、みんなも。

今まで時間がないからできなかったけど、それがなくなったらためらうことないんだ。
個人で成果をあげなくても、組織を変えて全体の成果を底上げしたらそっちのが価値がある。

やる気少し出てきた。

iPhoneからの投稿

双子ですから

テーマ:
上の息子たち。
双子ゆえのいいこと、悪いこと、いろいろあるんだと思う。
本人たちは双子にしかなったことないから、他を知らなくて普通だと思ってるかも。

今朝長男が、次男の方が一年生に人気があって自分はないと言い始めた。
次男は集団登校の班長だし、元来穏やかな優しいやつなので、ぷいっとしてる長男にはないものがあろう。
顔は似てるのに、一年生はちゃんと見分けているらしい。
たまたま班長になったのにと悔しいに違いない。

でも双子はだいぶ公平なもんで、世の中はもっと不公平なもんだ。
あんまり悪い意味じゃなくね。
条件が同じとこで戦えることなんて滅多にない。
ある意味受験ぐらいだろう。
受験だって塾にいけるかどうかとかいうとこまで含めるとまぁ多少違う。

でも勝つ権利は誰にもあるし、どう勝とうがルール違反がなければいい。
だから面白いんだよね。

と思うから、長男をこのまま見守る。
ルールは同じ。
でも不遇は状況は自分でなんとかするんだよ。

長男はもともとプライドが高いゆえに自信を喪失しやすい。
何かに頼ろうとする。
それじゃ強くなれない。
強くなろう。そしたら生きていける!

iPhoneからの投稿

楽しい子育て

テーマ:
何度か書いてますが、最近は今までで一番子育てを楽しんでます!
ずっと子育てが私には大変すぎて、義務感だけでやっていたこと否めず。
子供たちが大きくなったからだろうけどね。

きっかけは仕事。
一生懸命やっても、正直なかなか成果が上がらないなぁと思う状況になってもうどのくらいだろう。
打破しようと無駄に力を注いでも、どうも動かぬ岩のようで。
徒労に終わることが多かった昨年。
運に恵まれないのも実力のうちよね~と思い、今年はあんまり無駄な努力をしないことに。
今は息子たちと過ごせってことだと考えて、子育てを積極的に楽しむことにしました。

ちょうど上の息子たちは受験だし、下の子も小学生になるし。
ってことで、遠慮なく満喫してます。

仕事はこのままか、そのうち潮目が変わるか、どっちでもそれなりにいいかな。
のんびり様子を見守っていきます。

iPhoneからの投稿

個人面談

個人面談でした。
三人ぶっつづけの45分。

兄たちはいつもの年度始め通り、猫かぶってるので先生からはよくわからないそう。
でも半分ぐらいの子供が様子見だそう。

受験をするので、がんばってくださいとかそんな感じで終了。


下の子は初めての学校個人面談。
学校では非常に明るく、発言もよくするとのこと。
兄たちとは全然違う。
ただ、ときどき隣の子と盛り上がりすぎるらしい。
これは私と一緒だ!

6年にお兄ちゃんがいるから、6年が教室に手伝いに来たときに、兄たちがいなくても大人気で、本人も大喜び。
ときどきまわりの子を悪気なく泣かせると、ちゃんとあやまるらしい。

という感じ。

学校の様子がわかってよかった。

やる気ある委員会

PTAで広報委員になったんだけど、かなり気合いが入ったとこでびっくり。

私は何も知らないし、知り合いもあんまりいないし、という自覚が消えないんだけど、勘違いらしい。
自分のことを客観視するのは難しい。
なんと知り合いも結構多いし、PTAの常連だと間違われてる!
違うよ(笑)

あと六年間通うから、今時点でこれってやばい。
でも今年やっておけば堂々と断れるから大丈夫なはず。
大丈夫なはず。

iPhoneからの投稿

学校での暮らしぶり

テーマ:
年度始めは、六年生が一年生の教室に行って面倒を見る。
給食準備や片付け、掃除など。

次男も一年生の教室に行っている。
お隣のおうちは三男と同じく一年生。女の子。
次男が雑巾絞りを教えてくれて、なんと「上手にできてるね」とほめてくれたらしい。
とお隣のママから聞いた。
へー、次男ってシャイなので意外。
お隣の女の子は、普段三男に対してる次男の態度と違い、とても優しいとのこと。
弟にしか興味がないのかと思ってた。

他にも聞いたのは、次男が登校中に友達に帽子を取られたとき、三男が拾って砂をはらって次男に渡し、次男が「ありがとう」と言っていたらしい。
仲良し兄弟なんですねーと言われた。

親のいないとこでは三人ともちゃんとやってるのかも。



三男は相変わらず、学校では兄たちとその友達と遊んでいるらしい。
一緒に遊ばされてる六年生たちは、弟ができたぐらいの感覚みたいだけど。

まぁ、いろいろよかった。

iPhoneからの投稿