悔し涙

テーマ:
次男が先月卒業したスイミング(続けてますけどね)。
長男はまだ卒業してません。
今月卒業しよう!と家族で応援してたんですが、昨日のテストであがれなかったようで・・・。
今月合格できれば、次男と一緒に卒業式に出られたのですが、来月以降の合格だと別々の卒業式になっちゃう。

本人は落ち込んで泣いてました。
えんえん泣いてたんじゃないけどね。

ちょうど誕生日のケーキを買いに行くときだったから、手をつないで、ぎゅっと握って、何も言わずに一緒に歩きました。
後から、今月の結果がどうだったか聞いて、「卒業式は別々になっちゃうけど、ママは行くから大丈夫だよ」というよくわからないというか当たり前だろ的なぐさめ言葉を言ったらそれで気分も完全に戻ったようでした。

こういうのは本人が乗り越えないと。
双子だと大変だよね・・・。

ちなみに、次男は合格したとき、コーチから「続けろよ」と何回も言われたそう。
卒業しても卒業した人専用のクラスがあって続けられるんです。
でもやめてもかまわない。
そのとき次男は心の中で、「ママは厳しいから続けることになるに違いない」と思ったらしい(笑)
なんだ、その心のつぶやきは。
もちろん厳しい私は続けさせてますが(笑)・・・やはり次男は正解か。


そうそう、塾の試験では長男のが成績がよくてクラスが上でした。
顔はそっくりだけど結構タイプが違う二人は、いろいろと違ったりします。


関係ないけど三男はスイミング1ヶ月にしてだいぶ上達。
先生に抱きつかなくなったし、自分で飛び込めるようになったし。
本人的にはもうバタフライ泳いでるぐらいの気分らしい。
図々しいところ、私に似てるわ(笑)
AD

9歳

テーマ:
お兄ちゃん達が昨日9歳になりました。

彼らを産んだことが私の一番の人生の分岐点。
自分がこの人達を産むために生まれたんだと思ったのは一生忘れない。
それからはいっぺんに二人を育てる大変さから逃げ出したい日々だった。
あんまり何も準備せずに、自分なら絶対にできるという根拠のない自信だけで乗り越えてきた働くママ業。
最近じゃ慣れて何も恐れない人になっちゃったけど。

自分のことはともかく。

息子達はちょっと抜けたとこあるけど、元気にしっかりと育ってくれてます。
自分の子供だから仕方ないけど、多少変人でそれを失わずにここまできてるのがありがたい。
世界で生き長らえる人材になるように、これから最大限働きかけようと思いますが、結果は本人の意志で決まるから、とにかく芯のある人になってくれればと思います。

18歳まで面倒見るとして、半分が終わったんですよね。
そう思うと感慨深い。
子供はどんどん大きくなります。

これからも楽しく厳しくいきましょう。
AD

お遊戯会

テーマ:
幼稚園のお遊戯会に行きました。
最初は舞台からママを必死に探すあまりほとんど踊ってなかったんですが、見つけてからは満面の笑み。
はりきって踊ってました。
みんなかわいかったです。
おばあちゃんも連れて行きましたが、喜んでくれました。
AD

もしかしたら

今度こそ今の境遇から脱出できるかも。
よくなるかどうかはわからないけどさ。
周りはやめた方がいいって言うけど、私はどこでも大丈夫だから。
今より悪くなることはないよ。

結局長期的な仕事の結果ってのは、本人の総合力を的確に表してるもんだと思う。
そして業界全体の動きは無視できない。
会社全体の動きも。
そういう意味では私が今いる境遇は、極端に言えば骨折り損のくたびれ儲け。

周りの人は止めるけど、私が今のところにいて未来なんてあるんだっけ?
でも自分も悪いとこはあると思ってる。
今の会社に就職するときにある程度業界の未来なんてわかってたのに、とりあえず潜り込むことを選択したんだから。
そのうちきちんとした決断がなされるだろう。
どこに行っても誰が上になっても死なない力を持っていれば大丈夫。


結局私は最初に就職した会社に合いすぎていたようで、どこに行ってもそこ出身の人と仕事をすることになる。
運命みたいなもんだろう。
そして最初の会社の選択だけはたぶん正しかった。
私が子育てさえ始めなければいつまでもいたのかな。
それでもやはり飛び出してたかな。
後者かな。


まだ油断してはいけない。

テーマ:
上の息子達を春期講習から塾に入れようかと思ってます。
今はやる気満々だけど、入ったらどうなるかな。

あっという間に大きくなりますね、子供は。
もうすぐ高学年の仲間入り。
緊張しながら入学したのがつい最近のできごとに思えるけど。

突き止めた

今の会社に入って以来の私の不幸の原因が突き止められました。
前からそうだろうとは確信していたんですが、確証を得た。

私は適当に見えて(笑)、実は詰将棋風な攻め方をする人なので、一応確証を得るまでは自分から行動を起こすつもりがなかったんですよ。
敵と味方の判別がつかないうちに動くのは危険。
でもようやく誰が敵で、誰が味方かわかったから安心して始動できます。

しかも敵が自ら敵であることを無意識にしゃべってしまったので、間違いない。
私も大人だから敵を陥れたりするつもりはないけど、敵からできるだけ離れるようにしなきゃ。
近くにいるのは絶対にメリットなしだから。

すっきりしたよ。
今までよくじっと我慢した。
新参者はこのくらいの忍耐が必要なんだと思う。

これからは少し開けるといいな。

iPhoneからの投稿

ビッグ

ファンキーに引き続き、ビッグ。
今日はビッグな仕事の話を聞いた。
詳しくはわからず、本当にビッグかどうかも不明だけど。

やはり英語が必要らしい。
飛躍的に英語がうまくなる方法ってないかな。
ま、もちろん私がその案件にのれるかもわからないんだけどさ。

ファンキー

またしても身近にファンキーな仕事があることを発見。
グローバルだな、本当に。
私は今違う仕事でいっぱいだからやれないけど、誰がやるかまだ決まってないみたい。
最近は英語ができる人が求められますね。

私も英語もう少し何とかしなきゃな。

ファンキーな仕事は一体誰がやるのかな。