お腹の風邪

テーマ:

金曜日に次男が嘔吐と腹痛で学校を休み、今日長男が嘔吐腹痛。
三男がこのまま無事であることを祈る。

母も腹痛。

私は今休めないから、かかってはならぬ。


iPhoneからの投稿
AD

ビデオカメラ

実は我が家、ビデオカメラを持ってない。
持ってるんだけど、上の息子達が生まれた頃買ったやつで、ほとんど使わないうちにお蔵入り。
しかも必要だとあんまり思ったことがない。

なんだけど、最近三男の行事によく行くようになったら、欲しくなった。
デジカメじゃズームが足りない。

ちっちゃいのがいいな。
でもズームは必要だし。
値段も安いの希望。

いいのが見つかるといいけどね。
AD
実はかなり忙しい。
締め切り迫ってるから仕方ないけど。

今日また知ってる人が会社を辞めた。
全部入れ替わっちゃうよ(笑)
もちろんそんなことはないけど、昔からいた人がどんどん辞めようとしたり、辞めたりする。
入社するときに「会社が変わろうとしてる」と聞いて興味が湧いたってのがあるんだけど、こういう変わるなのかな~。

私は前も書いたけど、そんなにみんなが辞めるなら、かえって残ってやろうと考えてるから、今はあんまり辞める気にはならない。
何かが変わる前の地殻変動みたいなもんかな。

地殻変動の一部としてそもそも私も入れられたのかもしれないし。
これからどんどん変わりますよって説明されたし。

地殻変動に飲み込まれないように、先を予想して行動しなきゃね。
半年ぐらい前に、仕事でよってたかって失礼なことをされた私。
みんな悪気ないんだろうけど、人として最低限尊重すべきことができない人達はいやだと思ったので、ずっと心の底で怒ってたし、必要以上のことをやってあげないことにしてた。
結局それで損をしたのは私だけなんだけど。

でも、厳密には私がもっとアグレッシブに半年を過ごしたときの周りへの効果を考えたら、みんなで損をしただろう。
周りも私の取り扱いに苦労しただろうし、気も使っただろう。
現に大して役に立ってると思えない私を誰も追い出そうとしなかったのは、本気出してないと判断した結果なんだろうし、その理由が自分たちにあると思ったかどうかは知らないけど、何か彼女なりの理由があるんだろうとは鈍感ながら察しただろう。
気を使わなきゃいけないし、面倒だけど、敵にまわすより味方につけておいた方がいいと思ったんだろう。

そして何よりもう失礼なことをするのはやめようぐらいは思うようになっただろう。
そこまで明確じゃないにしても、私は怒らせない方がいいぐらいはわかっただろう。

だとしたらもういいかとも思う。
いつまでも根に持っていても仕方ない。
今後きちんと取り扱ってもらえればいいとする。

忘れることはないけど、忘れたことにしよう。

熟成

テーマ:
仕事で半年ぐらいかけて熟成してきたものが少しずつ形になってきそうな感じがしてきた。
何にも知らない状況からここまでくるのはそれなりに大変だったけど、あきらめずやってきてよかった。

まだ成果を出さないと何とも言えないけどね。

結果を出さなきゃね。
とにかく結果を。
お金を会社にもたらさなきゃ。
やりたいことやるのは、それからかな。


つくづくあんまり世の中がよくないときに、職種を変えようと思う私はチャレンジャーだな。
景気がよければ、たいして苦労しなくても成果が出るかもしれないのに。
ただ、私のモットーは本物であることだからな。
そういう意味では今あんまり成果を出しづらいものにチャレンジするのは、本物力をつけるのにいいタイミングなんだよ。
楽な道を選ぼうとしない偏屈な私(笑)

そりゃ息子たちが「難しい勉強すると頭よくなるかな」というのも仕方ない。
彼らはまだ口ばっかりだけどさ。



せっかくたまからチャレンジはしていこう。

iPhoneからの投稿

組織でじっくり

テーマ:
自分のキャリアは自分で作らなきゃとか、いつ市場に出てもいいような実績を積まなきゃとか、そんなことは言われなくても昔からやってる(笑)
やったことがないのが、同じ組織でじっくりやってくこと。
やりたくなかった訳じゃなくて、結果としてやってない。
たぶんじっくりやっていく過程にはいろいろあるんだよ。
いいときも、悪いときも。
悪いときもたぶんいっぱいある。
私はそういうとき、いつも違うチャンスを見つけて飛び出してきた。
それがいけないんじゃなくて、そして後悔も全くしてないんだけど。
とにかくやったことないの、組織にじっくり。

ある意味、今いるところは、生まれて初めてじっくりをやってみようと入る前に思ったとこ。
いろんな要因がある。

まず第一に今属する組織が私の人生のいろんな局面を受け入れることができるであろうこと。
最初の会社は私にとってものすごく合ってたけど、たぶん一番合ってたけど、私の人生でいろいろやりたい志向とは全く合わなかった。

それから今までさんざん好き勝手にキャリアを築いてきて、腕一本で稼げることもわかり、次はじっくりをやりたくなったこと。
好き勝手なキャリアには、ある程度の限界があり、私がそれに我慢できないこと。

最後に安定した収入。
子供もたくさんいるし。
やっぱりこれって大事だよね、って改めて思ったこと。
これまでもコンスタントな収入はあったけど、子供達を育てながらコンスタントな収入を得続けるのは不可能じゃないが大変。



ものすごく私に合ってる会社ではないと思う。
でも長い目で見て選んだ会社。
見当違いだったらまたやり直せばいいと思ってたし。


そして今、まじめに考えると毎日どちらかというとやめたい。
ずっと。
でもじっくりをやるって決めたんだから。
私の働く母親っぷりを評価することはあっても、差別することは決してないわけだし。
見当違いがあるとすると、キャリアかな。
このままやってて果たしてキャリア的にいいことがあるのか。
甚だ疑問だが、もう少し様子を見るかな。


今は我慢我慢…だな。
まだ見ぬ世界を見るために。

なんだかなぁ

すごくいやになることがあった。

去年の夏に不当な扱いをされたから、結構根に持って、不当な扱いをした人みんなから逃げたくて、使えない人の烙印でも押されようかと仕事を一生懸命しなかったりしたんだけどさ。
結局損をしたのは私一人ということが判明。
嫌われることもなく…。
バカだな、あたしって思うけど、仕方ない。
感情の問題だから。

脱出したくとも出口もふさがれてる。
扱いは悪く、でも手放さないってたちわるいよね。


とりあえず私はあきらめて、仕事だけはきっちり、必要以上にきっちりすることにしようと思ってね。
損までしちゃたまんないからさ。

強く生きるしかないね。
なんだかんだ言って、ずっとコンサルティングを続けてきたから、いつの間にかプロジェクトのすすめ方なら最初から最後までそらで言えるようになっていた。
どこで何をしなくちゃいけなくて、どこを外すと痛い目に会うかもわかる。
経験と体系だった勉強の結果だと思う。

ずっとやってるんだから、これぐらい当たり前だろう。
これできなきゃ、経験者採用される資格もないと思う。

先日、若者に「もしかしてすべてを何も見ないで説明できるんですか?」と驚きながら聞かれた。
「そりゃ当たり前だよ。ずっとやってきたんだから。」と答えたけど、実はみんなそうでもないのかも。
お勉強すれば知識を得ることはできる。
それだけであたかもベテランのように話すことができる人はたくさんいる。
その能力もあっぱれだよね。
それもそらで言えたりすれば天才だ。
うらやましい。

でもそれとこれとでは実は大きな違いが出る。
聞いてる人が、理解できるかどうか。
経験が付加された知識は伝わりやすい。
勉強だけの知識は伝わりにくい。
はったりがうまいと思ってても、わかる人にはわかってしまうもの。


それからどの会社でもだいたい偉くなってる人にはそれなりに理由がある。
自分の専門外の分野ははっきりそう認めながら、実は質問するポイントが的を射てる。
そういう人達には、はったりは瞬間にばれる。
経験に裏打ちされた発言であれば驚くほどすんなり受け入れる。
こいつはちゃんとしたことを言うと思えば、認めてくれる。

だから何でも自分達はできる、コンサルティングできるなんて軽々しく思っていると、本物だと思われなくなる。
絶対にばれるし、見抜ける人が発言権を持ってるもんだよ。

何かひとつ突き抜ければ、他も勘所が働くようになるし、未来も見通せるようになるんじゃないかな。