立ち直り!

昨日は仕事でへこんで、今朝までどんよりでした。

でも今日はうって変わって仕事がうまくいき、気分がかなり向上しましたよ。ニコニコ
単純です。

私は変なところだけ生真面目で、正義感が強かったりするので、
その場しのぎの対応
相手によって態度を変えること
自分だけいい子になること
というのが大嫌い。プンプン
そういうことが昨日は重なり、自分のポリシーに反することばかりで、ストレス最大でした。ショック!
人材育成もなかなか日の目を見ないし。

でも、今日は自分でやれることをやったら、うまくいき始めました。
本当はみんなでやろうと思っていますが、たまにはこうやって自分で片付けちゃえば気分もすっきりするんですね。ニコニコ


それから最近育て始めた若者がいて、その人が見込みがあるので期待しています。キラキラ
前からチームにいたんだけど、直接育ててはいなかったんです。
一仕事任せていますが、がんばってくれてます。
最近はどんどん前に出てもらって、クライアントにもまれ始めており、どんどん成長してくれそうです。ニコニコ
手応えありでうれしいです。
AD

あー疲れた

今日は朝からトラブルがたくさんあり、本当に疲れました。
人間関係のトラブルなのでたちわるい。
プロジェクトはいつもこんなことばかりです。しょぼん

人それぞれ役割があって、私は謝っても全然ダメな人らしく、
「すみませんでした。こちら側のミスです。」
と言っても
「本当は誰が悪いんだ?」と言われ、絶対に許してもらえない。あせる
代わりに謝りに行ってもらいました。
その人も悪くないのに。


そういえばだいたいどこに行っても謝っても結構ダメなんだよね。
謝ってもらっても…と言われる。
それに免じて許してもらえるときもあれば、逆に許してもらえないときもあります。
いずれも貫禄のなさから来るのかなと思います。
何かに失格だなぁ。
へこむなぁ。

でも貫禄ないのは、別の方面で助けも得られやすいのは事実。
表裏一体なんだな。

暴言を吐いてもあんまり怒られないのも、同じことだな。爆弾


みんなを守ってあげられないのが残念。
へこむなぁ。
疲れた。
もう忘れよう。
そうしよう。
AD

お手入れ

テーマ:
髪の毛を伸ばしている…と以前書きましたが、一番挫折しやすい長さを越したようで、落ち着いてきました。ニコニコ
パーマをかけずに伸ばすのが今回のテーマ(?)です。
きれいに伸ばすには、お手入れが欠かせません。
このまましばらくがんばってみます。


小さい頃からカジュアル大好きな私。
仕事でも可能な限りカジュアルです。
ジャケットは必要なければ着ないし。
ジーンズ多いし。ジーンズ
コンサルタントとは思えない出で立ちです(苦笑)

プロとしてどうかというのはおいといて、油断するとカジュアルって子供っぽくなりやすい。
しかも中身は子供じゃないから、そのギャップが気持ち悪くなってしまったら、世の中に申し訳ない。ショック!
それを回避するために、顔とか髪の毛とか体の手入れをしたり、洋服の素材にこだわったり、実は見えないとこ大変だったりする。(回避できてるといいな)
きれいな格好してる方がもしかしたら無難なのかもとつくづく思う最近です。あせる
でも「無難」という言葉は私の辞書には載ってないし、載る予定もないので、仕方ないです(笑)

見た目も大事ですからね。
AD
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける/村上 憲郎

¥1,575
Amazon.co.jp

著者が苦労して英語をマスターした経験から書かれたシンプルな英語勉強法です。

私も帰国子女でもないのに、外国人と仕事することになり、苦労したタイプですので、その内容にかなりうなずけました。
リスニングは結構続けていますが、単語力がいまいちなので、参考書を買ってやってみようと思います。
あとは、自分のことを話すというのも、外国人とのコミュニケーションでは本当に必要で、相手が何を言おうとわりと自分のことをしゃべってしまえば何とかなるってもんで(笑)、その練習もしておこうと思いました。

実践しないと意味ないので、これから頑張ろうと思います。

パソコンができるかどうか

テーマ:
パソコンができるかどうかで仕事に大きな違いが出てくるんだなと思うことが最近多いです。
事務職ってパソコンが必須でしょ?パソコン
そういう仕事についてる人はそうじゃない人より給料をもらっている。
給料がすべてじゃないけど、生活のために働くなら、給料が高い方がいい。
なんてことを目の当たりにして、いろいろと考えさせられます。

パソコンは使わなきゃうまくならない。
逆に言えば、使えばある程度できるようになる。
それだけで、こんな違いが出てくるなんて!

たとえば、私が誰かを雇うとする。
パソコンが使えないのだけはやはりNGだもんね。
一から教えるほど時間に余裕ないし。ダウン
結局そういうことなんだろうと思う。

おおざっぱは大切

今のプロジェクトは大規模です。
しかも関係者(プロジェクトメンバーもそれ以外も)がたくさんで複雑に絡み合うものです。

この手のプロジェクトは私の得意分野で、意見の一致しない人達をまとめて、どの人も「まあいいんじゃない?」という落としドコロを見つけることが必須になります。
関係者に分担してもらわなくてはいけないことも多く、そのわりふりや濃淡もとても大切です。

全部を成り立たせるためには、ミクロで見たらかなりおおざっぱにやらざるを得ないこともたくさんあります。

それのたった一つを取り上げて、私を叱責した人がいました。ショック!
「そんなこと(おおざっぱにやってよいかどうか)はキミが決めることではない。」と。爆弾

確かに間違ってはいない。あってる。
でも私の考え方は違うんです。

私ができるだけ少ない予算で、大規模プロジェクトを遂行できるのは、ひとえにある程度決めちゃってるからです。
そんなのいちいちみんなの総意かどうか確認してたら、進まないよ。
当事者意識を持ってやるってことを前提にクライアントには一任されてると考えてます。
逆にそれができるからお金をいただけるんです。
生き残っているんです。

このあたりの考え方の違いって結構大きいんだよね。

そこそこ尊敬している人のしかもこのポイント以外の内容も若干間違った指摘でもあったので、残念でした。しょぼん

「そうですね」

前から思っていることがあります。
目上の人が何か間違ったことをおっしゃったとき。
あまりにも関係が遠い場合はそのまま流しますが、そうでなければ、気を遣いながら指摘することをポリシーにしています。
自分の中の職業倫理みたいな感じ。

でもなるべくならそんな指摘したくない、感情的には。
だから多少指摘する前に躊躇します。ちょっとだけ。

するとたいていどなたかが
「そうですね。」
と言うんです。
そんなこと思ってもいないのに。ショック!

これを言われると指摘しづらくなるんです。
指摘しないと、後でどっかに影響が出てくる。
上の人の発言ゆえに混乱を起こしやすい。爆弾

「そうですね」のタイプの方々を責めはしません。
目上の人には逆らわないとか、ことを荒げずに処理できたらそちらのがいい…という考えなんでしょう。

でもここで「そうですね」と言ったら、どのくらい無駄な時間を使うことになるか考えてくれたらなぁ。
なんて言いづらいな。

課題いろいろ

プロジェクトもだいぶ終盤にさしかかり、課題が毎日出てきてます。爆弾
少しずつ片付けていくしかないですね。

こうやって課題が出てくることも、やることが最後に盛りだくさんになることも、プロジェクトだといつものことです。
つらく苦しい時期ではありますが、片付けて無事にプロジェクトが終わったときの達成感は並々ならぬものがあります。
そのせいで私は何年もこの仕事を続けてきてるんだと思います。あせる


正念場です。ニコニコ

お酒アレルギー

テーマ:
昨夜はお世話になった方の送別会でした。ビール
それほど飲んでないのに、今朝は調子悪かったです。
二日酔いというのともちょっと違って、アレルギーみたいなもので、体がお酒をとにかく異物と認識してしまうんです。
昔は酒豪だったのに(笑)、三男を出産したのを境にこの体質になってしまいました。
不便なことに飲むときは特に昔と変わりなくどんどん飲めるので、つい飲み過ぎてしまいます。(それでも昔ほどは飲みませんが)
というか私がアホなだけです(笑)



ところで、送別会で「サーフィンやってそう。」と言われました。波
実際には水泳しかやってません(笑)

見た目だけでサーフィンやってそうって思われるのも不思議。
色黒だからかな。

あと、トライアスロンを勧められたりしました。汗
スポーツ系のイメージなのかな。