私が稼ぐことを絶対にやめられない(むしろ喜びを感じる)のは、自分のもともとの性格からきてます。環境がこの性格を助けたのかどうかは微妙です。


私の育った家庭は経済的にいわゆる普通の家庭だったと思います。
母は専業主婦で、お気楽に過ごしてました。
家事のエキスパートになるわけでもなく、本当にのんびり趣味に生きてるという感じ。
私がもっとも持ち合わせていない能力を彼女は持っています。

そんな彼女は、平凡な主婦にも関わらず、ものすごく進歩的な考え方の持ち主。
「あなたの時代には、女性も男性と同じようにしっかり働くようになるから、能力をつけておきなさい」と私に教え込みました。
でも本人はのんびり趣味と子育てに生きてるの(笑)
考え方と行動に大きなギャップがあるんです。

父は働いていたけれど、あんまりお金儲けが好きじゃないんだろうと思います。
もしかしたら彼も母のように好きなことするのが合ってるのかも^^
ただ野心家ではありました。
そして思想的には母ほど進歩的ではなかったけれど、このあたりは母の考えを優先していたようです。

「うちはそんなにお金がないから○○は買えないよ」とよく言われました。
年をとってからの娘だった私は、その頃家庭はたぶんそんなに貧乏でもなかったと思います。
ただ、親は私をあまやかしてはいけないと思っていたんだろうと考えてます。
それから父は働くことがたぶんそれほど好きじゃない。
「お金を稼いでないなら口答えはするな」と言ってました。
他には「稼ぐのは大変なんだぞ。」とか、「○×さんのおうちはお金がたくさんもらえる職業だから・・・」とか。

私は小さい頃からいつも心の中で思ってたんです。
「じゃあ、私も稼ぎに行くよ。本当に稼ぐのが大変なのか確かめてみるよ。」
「お金がないって言うなら母も仕事に出ればいいじゃん。私は手がかからないようにするよ。」
「○×さんのおうちがお金を稼いでるなら、お父さんもその仕事すればいいじゃん。」
おそらくどの言葉も一度ぐらい口に出したことがあると思います。
そしてものすごく怒られたか、取り合ってもらえなくて二度と言うことはありませんでした。
でもずっと思ってはいました。

「お金をもっと稼ごうよ」なんて小さい頃から思っていた私は、かわいげのない娘だったでしょう。
単純に物欲が多少強かっただけだと思うんです。
物欲を満たすには、収入を増やせばいいんだ!という単純なことに気づいた私は、それを実行しないというのが我慢ならなかっただけです。

大学生になってやっとこさ1人暮らしを始めました。
1人暮らしは子供の頃からの夢でした(笑)
まあそれはともかく。
大学生のアルバイトですら歓迎されない家でした。
「仕送りを十分してるんだからその中でできるはずだ」
はい、できます。でも私はもっとお金を使いたかったんです(笑)
だからこれ以上仕送りしろなんて言わないから、稼がなくちゃいけないんです。

就職するとき、お金を稼げる仕事という選択は欠かせませんでした。
もちろん稼げればいいというほどじゃなくて、やりたいことかつお金を稼げることという観点で仕事を選びました。
その後はお金稼ぎが公然とできるようになって幸せな毎日(笑)

両親の呪縛から本格的に解放されたのは、社会人になってからだったと思います。
両親の呪縛とは
・お金を稼ぐのは大変なんだ!
・お金をたくさん稼ぐなんてはしたない
・お金の話をするなんてみっともない
というようなもの。
私が職業人に育てた親なのですが、仕事の目的はお金じゃないというのが思想だったのです。
私は、仕事とはお金を稼ぐから(給料をもらうという意味じゃなくて売上を上げるということ)こそ面白いと思うんですが・・・。

というわけで全体の教育水準的には高いものを提供した両親も、ことお金に関する教育はダメでした。
なので多少出遅れたりしたと思うけど、私はこういう性格で本当によかった!と心から思ってます。
AD

お久しぶりでございます

テーマ:
もう誰も見ている人はいないだろうと思っていたら・・・
意外に見てくださってる方々がいらっしゃるんでびっくりしました。
ありがとうございます^^

前から続けている他のblogはあるのですが、ここはここで私の密かなつぶやきの場として使おうかなと思って戻ってきました!
つぶやきなので、以前書いていた以上におもしろくない内容となりますが、あらかじめご了承くださいませ。

相変わらず起業仲間を作るでもなく、一人もんもんと今後のことを考え続けていますが、なかなか将来定まらずといったところです。
まだ時間はかかりそうですが、そのうち必ず答えが見つかると信じて進んでいくこととします。
AD

のんびりモードへ

テーマ:
amebloで書き始めたのは、自分の起業に向けての考えをまとめたかったからというのと、同士が見つかるかもというのと、匿名性を狙ったというのの3点から。
(最初そう思って始めたわけじゃないけど、あとから振り返るとこういう結論。)

で、今少し考えがまとめり始めて、もう少し具体化するかってとこです。
具体化するプロセスは、自分の中で進めたい。
同士はリアルに欲しい。

と思い始めたので、amebloの更新頻度をかなり下げます。

もともと自分のblogを別で持っていて、そちらはリアルの知り合いもアクセスするんです。
リアルな知り合いにアクセスしてほしくなかったので、ここを始めてみたものの、やはり実際の私をあまり出せずに、blogとしてはおもしろくないものになってしまってます。
多少問題あっても、顔がある程度見れる状態じゃないと、blogって楽しくないのかもと思い始めてます。

それもあってamebloを続けていくパワーを持てずにいます。

のんびり、ときどき現れるかも・・・という感じです。
AD
そもそも起業を考え始めたのは、母となり男社会での出世に意味を感じなくなったからとも言える私ですが、
働かずしてお金を稼ぐ方法というのを見出したいわけです。
と同時に、お金だけ稼げばいいのでもなく、社会貢献という形で満足感も得たい!なんて思ってるわけです。


両立できるビジネスモデルと考えていて、でもなかなかまとまらなくて、起業以外の道も模索しつつ進めているところです。

先日、ある方とお話しをしたときに
私はぬるま湯かな にいて、抜け出せないんじゃないかと不安なんだと打ち明けたところ、
外から見るとぬるま湯なんかじゃないですよ!
と言われました。
男社会で、しかも男社会の中で技能を磨くというよりは世渡りも必要とする仕事なため、少なくとも女性から見れば、ありえないほどの戦場に身を置いてる人に見えるらしい(笑)
だからちっともぬるま湯なんかじゃないそうだ。

ただ、おそらく私の身の回りにロールモデルがいないことが踏み出せない理由ではとのこと。
確かにネットで、雑誌で、テレビで、素敵な女性起業家をたくさん見るけど、自分の身の回りにいるわけじゃない。
でも起業したいという女性は、日本全国に点在している。
そういう人たちとのネットワークに入ることで、一歩が踏み出せるんじゃないかというアドバイスをいただいた。


確かに男性の起業熱とは全く違ったものを感じるんですよね。
絶対に24時間を仕事には捧げたくない。
ただお金をもうければいいってもんでもない。
戦いに勝てばうれしいわけじゃなくて、自分として納得のいくものであるかどうか、美に抵触しないものかどうかってのが結構大切な観点でして^^

でもこういうのって私だけじゃなくて、女性全般の傾向なんだと聞きました。

もう少しだけ考えがまとまったら仲間を探す旅に出ようと決意した私でした^^
私はコンサルタントとして、クライアントのためを思って、クライアントの立場に立って、でも客観的な視点を失わずにお仕事してます。
なので、結構あるんですけれど・・・
「うちの会社に来てもらえませんか?」
・・・
結婚しよう、なんて言われる感じです(笑)

これは一種仕事がきちんと評価されていてコンサルとしては何よりではあるものの、「ごめんなさい」します。
なんというか、コンサルしてると、相手のことを好きになった気持ちでがんばるんだけれど、魂込めるんだけど、悪いところをいっぱい知ってるんですよね~。
あと、仕事で擬似的に好きになるだけで、実際に好きなわけじゃない(笑)
だから行けません。
ごめんなさい。

あと、一生を共にしようと言われると、私はかなりひいてしまいます。
だって、いやですよ、もっと楽しい会社があるかもしれないのに(笑)

昨日お客さんに「お給料安いですけど来てもらえませんか。お給料が安すぎて、もしかしたら振り込まれたことに気づかないかもしれないですが。」と言われ、お茶を濁した私でした。あはは。