ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

映画中心のブログだったのですけれど、突然トラックバック機能がなくなってしまって…。どうしたものかと思っていたのですが、とりあえずコチラはコチラで再開します。料理のこと、お酒のこと、レストランのこと…“FOOD”な話題を語っていきます。


テーマ:

『レッドクリフ Part1』


監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー
製作: テレンス・チャン
音楽: 岩代太郎
脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ
美術・衣装デザイン: ティム・イップ
アクション監督: コリー・ユン
撮影: リュイ・ユエ / チャン・リー
主題歌: アラン


出演: トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、バーサン・ジャブ、ザン・ジンシェン、チャン・サン



ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー-レッドクリフ

(C)Bai Xiaoyan


まさにジュン・ウー監督、渾身の“三国志”に圧倒されました。


製作にあたっては、北京五輪をひかえた中国が国家をあげての前面バックアップ。


1,000人以上の実際の人民軍兵士を投入し、

合戦の撮影は、本物の軍事演習場を開放して行われたという…


これは、中国じゃないと到底出来ないスケールでしょう。

その迫力に、まずはただただ圧倒されます。


しかも、ただの戦国時代劇に留まらず、あれだけ多くの三国志の登場人物ひとりひとりのキャラクターが、生き生きと描かれているのが…まさにジョン・ウーマジック!


キャスティングが素晴らしいから、ひとつひとつのエピソードが、ピタっピタっとはまってくるんですね。

主役のトニー・レオン、金城武の琴の演奏シーンに代表されるように。


中村獅童も“絶対に死にそうにない不死身感”を出していたし、

『夜の上海』でのキュートな演技が記憶に新しいヴィッキー・チャオも、彼女のキャラを存分に活かした魅力的な尚香を演じていました。


さらに物語に深みを与えているのは、小喬役のリン・チーリン(林 志玲)!

内面からにじみでるような母性で、やわらかく包み込むような表現は秀逸。

う、美しい…

イチコロです…

台湾の至宝-です。


周瑜役は当初チョウ・ユンファが演じる予定で、トニー・レオンにキャスティングが変更されてから、脚本も彼に合わせてかなり変更したのだそう。

チョウ・ユンファが演じていたら、どんな周瑜になっていたのでしょうか。


後編Part2の公開が、本当に待ち遠しい!

その前にもう一度、劇場の大スクリーンで観ておきたい…

そう思わせる映画でした。オススメ!!



最後に、有名な杜牧の漢詩「赤壁」で。

最後の“二喬”とは、大喬・小喬の美人姉妹のことです。

姉の大喬は孫策(孫権の兄)に嫁ぐわけですね。



折戟沈沙鐵未銷、


自將磨洗認前朝。


東風不與周郎便、


銅雀春深鎖二喬。


『レッドクリフ』公式サイト


レッドクリフ PartI - goo 映画


レッドクリフ Part I@映画生活



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ketchup36ozさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。