ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

映画中心のブログだったのですけれど、突然トラックバック機能がなくなってしまって…。どうしたものかと思っていたのですが、とりあえずコチラはコチラで再開します。料理のこと、お酒のこと、レストランのこと…“FOOD”な話題を語っていきます。


テーマ:

『ブーリン家の姉妹』

原題: The Other Boleyn Girl
監督: ジャスティン・チャドウィック
脚本: ピーター・モーガン
原作: フィリッパ・グレゴリー
出演: ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ライランス、ジム・スタージェス、ベネディクト・カンバーバッチ、オリヴァー・コールマン、アナ・トレント、エディ・レッドメイン、ジュノー・テンプル
製作国: 2008年アメリカ・イギリス合作映画


ブーリン家の姉妹

(C)2008 Columbia Pictures Industries,Inc

and Universal City Studios Productions LLLP

and GH Three LLC. All Rights Reserved.


ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの競演ときいて、

観ないわけにはいきません。


後に王妃となるアン・ブーリン役にナタリー・ポートマン、そして歴史の陰に隠れる妹のメアリー(史実では姉)役にスカーレット・ヨハンソン-。期待にたがわず見ごたえある二人の演技に引き込まれます。


二人のキャストを入れ替えても、という議論が色々とあったようですが…いやそれはありえないでしょうと断言できるくらい、それぞれの役にぴったりとはまっています。


特にスカーレットは、その自由奔放な言動からか近年はスキャンダラスな印象で語られがちでしたが、さすがの演技力というかこういう役こそ光り輝くのではないでしょうか。

真珠の耳飾り…以来の、ぞくっとさせるほどのピュアな美しさに魅了されます。


夫のある身でいやいや宮廷に入りながらも、ヘンリー8世を心から愛してしまう…むしろ、したたかなアンよりもずっと深い女の業を感じさせるのです。


それにしても“英国”が入ると、画面に深み・奥行きが出るのですね。

衣装・美術も素晴らしい。

これが、伝統の力なのでしょうか…。


こんな風に歴史を教わっていたら、もっと成績が良かったのに。


この映画を観たあとで、ケイト・ブランシェットの『エリザベス』(1998)を観るというのは、いい考えかも。

ユナイテッド・シネマがスポンサードしたことで、むしろ上演劇場数に制約が出たのではないでしょうか。

もっと話題になっていいはずなのに、ちょっと残念です。



映画『ブーリン家の姉妹』公式サイト


ブーリン家の姉妹 - goo 映画

ブーリン家の姉妹@映画生活

ブーリン家の姉妹 上 (1) (集英社文庫 ク 17-1)/フィリッパ・グレゴリー
¥880
Amazon.co.jp

ブーリン家の姉妹 下 (3) (集英社文庫 ク 17-2)/フィリッパ・グレゴリー
¥840
Amazon.co.jp




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

AD
いいね!(0)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。