ketchup 36oz. on the table ~フードアナリストの小さな日記

映画中心のブログだったのですけれど、突然トラックバック機能がなくなってしまって…。どうしたものかと思っていたのですが、とりあえずコチラはコチラで再開します。料理のこと、お酒のこと、レストランのこと…“FOOD”な話題を語っていきます。


テーマ:

はじめて“バットマン”の名前を冠さない題名となった、

バットマンシリーズ、最新作。


監督:クリストファー・ノーラン

出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン ほか



映画版バットマンには、個人的に強い思い入れがある。

“はじめてアメリカで観た映画”が、ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の、第一作なのだ。

ちなみにこの時のジョーカー役は、ジャック・ニコルソン! であった。


この作品で、“アメリカ人の劇場での映画の楽しみ方”を、僕は学んだ。


本作『ダークナイト』は、クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演バージョンの二作目であるが、公開前からすこぶる評判が高かった。


全米公開の7月18日は、たまたまニューヨーク出張中であったが、前日の新聞などでも高い評価のコラムが目立っていた。

残念ながら向こうでは観る時間が取れず、日本での先行公開をわくわくしながら待つことになったのだが。




バットマンシリーズの最大の魅力はなんと言ってもその“ダークな世界観”だろう。


他のアメリカンコミックス原作のヒーローもの…スーパーマンやスパイダーマンにはない、独特の世界をベストなキャスティングで表現する本作は、シリーズ最高傑作との謳い文句も決してはったりではない出来となっている。


クリストファー・ノーラン監督がやりたかったこと、表現したかった世界観がほとばしる、ノンストップの2時間32分-。

クリスチャン・ベイルも、アーロン・エッカートも、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン… 彼ら全てがすばらしい。


が、しかし…それらを超越する存在感を示すのは、

ヒース・レジャー演じるジョーカーと、バットマンの新兵器“バットポッド”なのだ。


ヒースの演じたジョーカーは間違いなく史上最高にファッショナブルで格好いい悪役であるし、バッドポットは同じく映画史上最高にファッショナブルで格好いい乗り物であると、断言する。


特に、ヒース・レジャー…だ。

この映画の真の主役と言っていい。


ワーナーブラザースは本作『ダークナイト』の広告キャンペーンの軸に、バットマンではなくジョーカーをと考えていたらしい。

それほどの、出来なのだ。



heathledger


ところが、完成前でのヒース・レジャーの急逝。

(何故に彼はこの若さで、ジョーカーを引いたのか…。)


史上最凶にして最高に格好いい悪役…それはすでに伝説になってしまったのである。



2008年7月17日(全米公開前日)付のUSA TODAY誌は、こう表現している。


“Heath Ledger's talent lives on in ‘Dark Knight’”



映画・ダークナイト公式サイト


ダークナイト - goo 映画


ダークナイト@映画生活


Why so serious (英語)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。