Jの劇場

いらっしゃいませ!


テーマ:
昨年の5月

知人に誘われるがまま

うしお連の三味線隊に体験入学して以来

阿波踊りと三味線の魅力に取り憑かれっぱなしで現在に至るワタクシです。

うしお連に入隊する前までは

市内のにわか連で踊ったり踊らなかったり

人が多いし〜暑いし〜遠いし〜と

阿波踊りに行ったり行かなかったり程度のワタクシだったのに

今は夏が近づくにつれソワソワ。

三味線を叩くバチの力も知らず知らずのうちに

ベンベンベベベン!と必要以上に力強くなってしまうほど

めでたく弾く阿呆に成り果てております。



徳島県民にとってお盆期間中は

一年間待ちに待った阿波踊り本番のスペシャル週間!

とうとうその日がやってきてしまいました。


まずは8月11日の日和佐の町流しへ。



町のメインストリートや小道を阿波踊りで練り歩きます。

町の人が楽しんでくれてるのが間近に感じられてとても嬉しい♪




そしていよいよ翌12日〜14日までの三日間は市内へGO!

うしお連は徳島県南の美波町のグループなので

阿波踊り会場へは片道1時間半かかります。

マイクロバスやそれぞれの車で向かうのですが車中はオトナの遠足気分。

ドキドキワクワクがとまりません。






あっちゃこっちゃの演舞場をめぐり








出番の合間の待ち時間には

ほかの連の鳴り物さんの音を聞いてお勉強させていただいたり





有名連さんの輪踊りを堪能したり




現地ではやりたいことが多すぎて

あんまり自力で写真を撮ったりできないのが唯一の心残りです。



女踊りの和恵ちゃんと。

一緒に撮れてうれしー!

もっとみんなと撮りたかったな〜。







今年のうしお連の三味線隊フルメンバー。

来年も揃って弾けますように☆





フォトグラファーのSaoricciさんにいただいたお写真。

帯もくずれてポーチの口も半開きですがw

すごく好きな写真です。

Saoricciさんありがとうございました♪






踊る阿呆に見る阿呆

同じ阿呆なら踊らにゃ損損〜!

阿波踊りを始めてからこの名文句を骨身で実感する日々です。

傍観者よりプレイヤーの方がおもしろいゼ!ってこと。

大変なこともあるけれど

見える景色が全然ちがって得る喜びもすごく大きい。




手足が震えるほど緊張したり

本番でしくじってくやし泣いたり

めちゃくちゃ息が合う演奏ができて高揚したり

いい年して、って言われるかもですが

もしかしていい年になって始めて経験することばっかりだから

こんなに感動も大きいのかも、とも思います。

ヨチヨチ歩きのちびっこから

人生の大先輩まで

同じ舞台で表現し合える祭りってなかなかない。

今より三味線上手くなって来年はもっと楽しむのだ!




8月15日に出番があった由岐のお祭りもアットホームで楽しかった♪


グッバイサマー!

来年のためにまた今ここから。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「J子のお洞日記」 の記事

テーマ:
香川県のこんぴらさんの麓にある

讃岐うどんの大庄屋さんから8月発売予定

桃太郎うどんのパッケージデザインを担当させていただきました。














お味はぶっかけだし味、かけだし味、つけだし味の三種類。

いぬ、さる、きじのお供で味が分類されています。




うどんメーカーの大庄屋(おおしょうや)さんには昨年お邪魔して

私史上最も美味しいと思えるうどんをすすったり
(※会社内にある不定期オープンの讃岐うどん”ゆう玄”というお店の
 お昼開始わずか10分前後で完売する幻うどんのことなのだ!)

面白おかしくうどんが打てるうどん学校に入学したり

ものすごいこだわりがつまったうどん工場を見学したり

やりたい放題楽しませていただきました。

そのときの模様は → コチラ



とっても楽しいうどんの会社である大庄屋さんと

桃太郎うどんのパッケージを共作できて

しごとだというのが憚られるほどとっても楽しかったです。



そんじょそこらの普通のうどん屋さんではなく

うどんを通じて楽しさをお届けている大庄屋さん。



桃太郎うどんのうどんらしからぬパッケージからも

楽しさや遊び心を感じ取っていただけるはず。

お味はモチロン折り紙付き!

うどん生地にモーツァルトを聴かせてたり

信じられないこだわりがモッチモチにつまったうどんなのです。



あとちょっとだけど8月の発売が待ち遠しい♪



桃太郎印の優等うどんをお見かけの際には

ぜひぜひお試しあそばしてーー!




※大庄屋のうどん王子こと

山地専務のブログもおもしろいですよ♪


要チェケラ! → オカシなうどんメーカー専務 山地英登のブログ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最終の地は首都メキシコシティ。

サンミゲルから高速バスで4時間半ほどかかりました。

大都会にやってきたー。


{C18B3203-D1A1-4D2A-BFA2-EBCE018B81C0:01}
バスターミナルがむちゃ広い!



到着したのが夕方6時を過ぎていたので

暗くなるまで(9時前までは明るい)に

ホテルにチェックインして

どこかへごはんを食べにいくことに。


最終の宿泊場所に選んだのは

風呂トイレ共同のユースホステル。

宿のご主人はいい人だし居心地は良かったです。



{44CB2A0E-5B79-48E6-9065-A3599359B2D8:01}





すぐ近くでどこか晩ごはんにありつけそうな店はないか

ウロウロさまよっていると

大きめの音でメキシカンミュージックが流れ

年配の男女がたくさん入っているお店を発見。

流行ってそうやし美味しいのかな。

入り口に立ってたご婦人に誘われるまま入店するとそこは…





{724C894A-9CFB-4048-9A04-0D31B926EC72:01}


ゴリゴリのカラオケ喫茶でありました。






相当つかれがたまっていた我々は

チャッと食べてパッと店を出て帰ることに心を決めました。


歌の先生みたいなおじさまが歌い上げると

ダンスが始まりました。イヤな予感…

カラオケでもダンシングしちゃう国民性には憧れますが

なにせこの夜は疲労コンパイ。

あまり誰とも目を合わせずに

タコスに集中していたのに




{7E0C69A2-54B0-4E1F-A8A0-998A1218D4A8:01}


やっぱりダンシングする羽目に。






何度も言いますがこの時は激烈にコンパイしてたのです。

しんどさの極みでした笑






そして翌日は

国立人類学博物館へ。




{348FC728-25B8-4786-890A-EF0EFC5810B5:01}




この博物館では泣きたくなるくらいの

大感動が湧き上がりました。

マヤやアステカなどの遺跡から発掘された

数多のお宝!

メキシコ国内に多数存在する遺跡の

重要な発掘物はすべてここに集結しています。

施設の広さも

展示内容も

規模がでかすぎてマヤ文明だか

アステカ文明だかトルテカ文明だか

どれがどれかもうさっぱりわかりませんでしたが

デザインや形状

巨大なのはその巨大さゆえに

ちいちゃいのはその細かさや愛らしさゆえに

色や質感まですべてがツボで

ウワ〜〜〜!ってなって

脳みそパーーンて弾けそうでした。

ものすごく好き!大好き!たまらん!

すごいよすごいよって身悶えがとまらんかった。

昔の人スゲーーー!!



{83567AAB-2028-4F58-B70D-026880CAAA25:01}

{CF338C1D-F1ED-4C03-973A-E229FED23FC3:01}

{AA024D10-D881-4078-B43B-25EA1B3F7DC1:01}

{26939032-13C0-4FE5-9486-C1DEC7A722FD:01}

{4A475DAE-2A62-4DD3-9856-D05D397DE28A:01}




グフーッ!

カッコよすぎる!




{C994D913-F82D-4119-847E-B962EECE98A2:01}



最大の見せ場

太陽の石 アステカカレンダー。

直径3.6mの石の円盤で宇宙の歴史が刻まれてるそうな。

なんかわからんけどむちゃくちゃかっこいい!





広い施設に膨大な展示数なので時間はかかるし

興奮のしすぎで出てきたときにはグッタリでした。



疲れた体と頭をぶら下げてお次は近代美術館へ。




{0BCF6ED8-95F8-4D21-80DC-CA489CF9A22F:01}
『2人のフリーダ』

ひとつでもフリーダカーロの作品が見えてよかった。


この日はメキシコシティのデパートやスーパーを巡ったりで終了。





最終日は夜中の2時発の飛行機で帰国予定だったので

まる一日ぶらりメキシコシティ散策。

まずはルイスバラガン邸へ。




{446FDAA0-9E81-42E2-A98F-213BABC834EE:01}


とにかく静けさを保つように工夫された家というかんじでした。

バラガンは孤独を苦にせずむしろ楽しめる人だったのかなーと。

随所に繊細なこだわりと

研ぎ澄まされた美を見ることができ

五感の保養になりました。




バラガン邸ののち

こんどはひとりで

もっかい博物館へ!


{4950B27C-BF85-4173-AAFE-F594953F906F:01}



写真だけではなにか大事なエッセンスを漏らしている気がして

この日はお気に入りの土偶をスケッチ。

赤ちゃんを抱く土偶の手の優しさとか

細かい表現を発見できてよかった。



ここにはまた行きたい!何回でも行きたい!



というかんじで

わたしと友人のメキシコ旅は終了しました。

こんなにお腹の底から爆笑して涙を流したのは

いったいいつぶりだろうと思えるくらい

楽しくて興奮いっぱいの旅でした。

一度もトラブルなく

優しいメキシコのひとに助けてもらいながら

そして なにより

一緒にいてくれたバリちゃんのおかげで

たくさんのパワーをもらえた旅になりました。

バリちゃんスゲーって何回思ったかしれません。

このお方がいなければどこかで干からびていたにちがいない。お〜こわ!

バリちゃんありがとー!

心からの感謝と尊敬を込めて❤︎





{C2252CB0-530F-471B-9A7C-900CCC23B9B4:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)