Jの劇場

いらっしゃいませ!


テーマ:
最終の地は首都メキシコシティ。

サンミゲルから高速バスで4時間半ほどかかりました。

大都会にやってきたー。


{C18B3203-D1A1-4D2A-BFA2-EBCE018B81C0:01}
バスターミナルがむちゃ広い!



到着したのが夕方6時を過ぎていたので

暗くなるまで(9時前までは明るい)に

ホテルにチェックインして

どこかへごはんを食べにいくことに。


最終の宿泊場所に選んだのは

風呂トイレ共同のユースホステル。

宿のご主人はいい人だし居心地は良かったです。



{44CB2A0E-5B79-48E6-9065-A3599359B2D8:01}





すぐ近くでどこか晩ごはんにありつけそうな店はないか

ウロウロさまよっていると

大きめの音でメキシカンミュージックが流れ

年配の男女がたくさん入っているお店を発見。

流行ってそうやし美味しいのかな。

入り口に立ってたご婦人に誘われるまま入店するとそこは…





{724C894A-9CFB-4048-9A04-0D31B926EC72:01}


ゴリゴリのカラオケ喫茶でありました。






相当つかれがたまっていた我々は

チャッと食べてパッと店を出て帰ることに心を決めました。


歌の先生みたいなおじさまが歌い上げると

ダンスが始まりました。イヤな予感…

カラオケでもダンシングしちゃう国民性には憧れますが

なにせこの夜は疲労コンパイ。

あまり誰とも目を合わせずに

タコスに集中していたのに




{7E0C69A2-54B0-4E1F-A8A0-998A1218D4A8:01}


やっぱりダンシングする羽目に。






何度も言いますがこの時は激烈にコンパイしてたのです。

しんどさの極みでした笑






そして翌日は

国立人類学博物館へ。




{348FC728-25B8-4786-890A-EF0EFC5810B5:01}




この博物館では泣きたくなるくらいの

大感動が湧き上がりました。

マヤやアステカなどの遺跡から発掘された

数多のお宝!

メキシコ国内に多数存在する遺跡の

重要な発掘物はすべてここに集結しています。

施設の広さも

展示内容も

規模がでかすぎてマヤ文明だか

アステカ文明だかトルテカ文明だか

どれがどれかもうさっぱりわかりませんでしたが

デザインや形状

巨大なのはその巨大さゆえに

ちいちゃいのはその細かさや愛らしさゆえに

色や質感まですべてがツボで

ウワ〜〜〜!ってなって

脳みそパーーンて弾けそうでした。

ものすごく好き!大好き!たまらん!

すごいよすごいよって身悶えがとまらんかった。

昔の人スゲーーー!!



{83567AAB-2028-4F58-B70D-026880CAAA25:01}

{CF338C1D-F1ED-4C03-973A-E229FED23FC3:01}

{AA024D10-D881-4078-B43B-25EA1B3F7DC1:01}

{26939032-13C0-4FE5-9486-C1DEC7A722FD:01}

{4A475DAE-2A62-4DD3-9856-D05D397DE28A:01}




グフーッ!

カッコよすぎる!




{C994D913-F82D-4119-847E-B962EECE98A2:01}



最大の見せ場

太陽の石 アステカカレンダー。

直径3.6mの石の円盤で宇宙の歴史が刻まれてるそうな。

なんかわからんけどむちゃくちゃかっこいい!





広い施設に膨大な展示数なので時間はかかるし

興奮のしすぎで出てきたときにはグッタリでした。



疲れた体と頭をぶら下げてお次は近代美術館へ。




{0BCF6ED8-95F8-4D21-80DC-CA489CF9A22F:01}
『2人のフリーダ』

ひとつでもフリーダカーロの作品が見えてよかった。


この日はメキシコシティのデパートやスーパーを巡ったりで終了。





最終日は夜中の2時発の飛行機で帰国予定だったので

まる一日ぶらりメキシコシティ散策。

まずはルイスバラガン邸へ。




{446FDAA0-9E81-42E2-A98F-213BABC834EE:01}


とにかく静けさを保つように工夫された家というかんじでした。

バラガンは孤独を苦にせずむしろ楽しめる人だったのかなーと。

随所に繊細なこだわりと

研ぎ澄まされた美を見ることができ

五感の保養になりました。




バラガン邸ののち

こんどはひとりで

もっかい博物館へ!


{4950B27C-BF85-4173-AAFE-F594953F906F:01}



写真だけではなにか大事なエッセンスを漏らしている気がして

この日はお気に入りの土偶をスケッチ。

赤ちゃんを抱く土偶の手の優しさとか

細かい表現を発見できてよかった。



ここにはまた行きたい!何回でも行きたい!



というかんじで

わたしと友人のメキシコ旅は終了しました。

こんなにお腹の底から爆笑して涙を流したのは

いったいいつぶりだろうと思えるくらい

楽しくて興奮いっぱいの旅でした。

一度もトラブルなく

優しいメキシコのひとに助けてもらいながら

そして なにより

一緒にいてくれたバリちゃんのおかげで

たくさんのパワーをもらえた旅になりました。

バリちゃんスゲーって何回思ったかしれません。

このお方がいなければどこかで干からびていたにちがいない。お〜こわ!

バリちゃんありがとー!

心からの感謝と尊敬を込めて❤︎





{C2252CB0-530F-471B-9A7C-900CCC23B9B4:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「J子のお洞日記」 の記事

テーマ:
ケレタロで二泊したのち

バスで1時間半ほどの

サンミゲル デ アジェンデへ移動。


{24371EA5-5F00-48FA-A1FA-963585FC49E8:01}

テレビ付きWi-Fi完備の高速バスはサイコー!

サンドイッチをもらえたりもします。

メキシコの高速バスは

2等バスでも座席が広くてトイレも付いてて快適なのです。



{88EC52F8-22FC-42D1-8138-7693A5D60584:01}
サンミゲル デ アジェンデ。

こちらも18世紀頃の建物がたくさん残っている

世界文化遺産の美しい町です。

芸術の町としても有名で

{F654B7CD-B853-4268-99E0-E8C537F5BF78:01}

{FAB718F4-720C-4B2E-81BF-DB8D1FAD644F:01}

{19B6E717-D5CB-4830-8764-68E749044657:01}

フラッと入ったよくわからないお店の

店内の壁画の素晴らしいこと。




アジェンデ美術学校にもフラッと入ってみました。


{93D797C6-3F38-410C-B527-A548FBA9730E:01}
エントランスの壁画もすごい。




{270D36F0-4B7B-4B99-B6B4-C96509A87DBC:01}
タイミング良く

先生の彫刻作業を見学させてもらいました。




{78144865-F6F4-42C5-AB7F-EE7FC1BA7590:01}

{B5B4071A-E9CC-48FE-9E46-924FC6E1047C:01}
朝から晩までフラフラと

ひたすら街歩きをしていると

幸運にもなにかしら重要な場面に出くわせる

それが旅の醍醐味のひとつだという気がします。



{89D26150-00A6-4989-B698-1412D5C1E325:01}
プラスチックでできた花冠のお土産しか

今まで見たことなかったけど

サンミゲルではドライフラワーでできてて

とってもステキでした。



{5583F0AB-B0E9-492E-B78B-C28C3C976AF8:01}

夜は夜でロマンチックー!



サンミゲルは手工業で発展した町なので

民芸屋さんも軒を連ねて

それを眺めながら歩くだけでも

ものすごく楽かったです。


古い町並みに並ぶ家々を眺めるのも楽しい。

壁面の色やドアをノックするための金属を

しげしげと見て回ったり。

{2CEE4D4B-C5B2-4B5C-B49A-862510E0D633:01}

どれも個性的でおもしろい!




{ED0F5C2B-1F0D-4C11-8B23-5F8243560629:01}

こちらの街では一泊のみ。



朝ホテルの前の公園で三味線練習したの

気持ちよかった!

{8EC6F56A-EF32-42E9-A092-0A090FE571C1:01}


そしていよいよラストの町へ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
グアダラハラからバスで4時間強のケレタロへ。

ここは移動拠点としての

宿泊しか考えてなかったので

行ってビックリ。

山の上にまでキレイなビルが立つ工業都市でした。

1700年代に建てられた全長1000m以上という

美しいアーチの水道橋が街のシンボル。

旧市街は世界遺産なだけあってめちゃキレイ。

{8639EE82-9B88-44A0-BA2C-0A7FDBB5AC6E:01}

{57810C29-42BE-4D61-9933-772BD0FC34D7:01}






ゴミもウンチも全然落ちてない!

ホテルもひとり1泊2700円くらいの安さなのに

とってもいいかんじー!




{B4C1EDED-8B7B-45D3-B22A-9700D0281029:01}

{99194881-C7BD-471F-B4F5-60B9732F54CF:01}
チェックインしてすぐに街を散策し

ごはんを食べたらホテルに戻って

明日の移動に備えました。


翌朝またまたバスに乗ってベルナルを目指しました。

我々のお目当ては

世界第3位の巨大さを誇る

ペーニャ デ ベルナルという聖なる一枚岩!


{EA6287CD-09B3-4A41-B68C-CA0E28FE974E:01}



地球の歩き方いわく

映画「未知との遭遇」のモデルで

たびたびUFOが目撃される場所とのこと。

そいつはぜひ見てみたい

そして先住民が聖なる場所として讃えた

宇宙パワーなるものを

この身に浴びれるもんなら浴びてみたい!


高地なのでとにかく登りがキツイ。


{771F3DC1-A371-4DC8-9F31-4517DD35A708:01}

{BFB186E7-F57F-421A-9482-6A4D907E1EE2:01}

{5280D881-C58C-4827-93FA-3D9107F26289:01}



ヨボヨボと登ります。




{CF8001E4-51E0-430F-AF91-32127B657DB2:01}
要所要所で「U・F・O!!」と叫びます。


余談ですが先日のルチャでの興奮冷めやらぬまま

浮かれて買ったルチャTシャツが

宇宙人ぽいのでUFOをおびき寄せるために着用。

心の準備、受け入れ態勢はバッチリなのです!


登ってる最中も空を見上げてUFOを探そうと思うのですが

しんどすぎて歯をくいしばりながらうつむくしかありません。

と、その時!


地面にフンコロガシおったーー!!



{973A95A0-F8D0-44B7-AEC3-D0F545FF5A67:01}


ホンモノやー!

リアルなフンコロガシを初めて見て感動。

転がしてるフンがでかすぎて

フンと一緒に自分もコロコロ転がりながら移動。

厳密にはフンコロガシコロガサレの

大変キュートな虫さんでした。



ヒーヒー言いながら

なんとか自力で行ける最上の展望場所へ。

そこから上へはロッククライマーのテリトリーのようでした。

{7A16885E-8FC2-4DBD-A8DA-1160CB105448:01}



絶景かな!



{047776E1-EFDA-4BDC-86A1-EC49FC92B2F5:01}



U・F・O!

U・F・O!

カモーンU・F・O!!

……


UFOコールもむなしく

泣いても喚いてもこの日UFOは

現れそうにありませんでした…。

出てくる気分じゃなかったんでしょうか。




{7FF831D4-EBAF-4F1D-BC74-CCB653549DD4:01}





それはザンネンでしたが景色と空気はサイコー!

宇宙パワーがなんなのかよくわかりませんが

元気をもらって帰りました。



途中からペーニャ様とお呼びしていた

ペーニャ デ ベルナル。

お達者で〜〜!

{D58454C0-9556-4677-B7F4-E18CAD240143:01}

{27CD867D-E9EC-4A07-BEBE-1664A9BF4693:01}






話は変わって

ケレタロで出会ったカルロスという人から

自分と娘と兄弟の名前を

漢字でタトゥーとして彫り込みたいから

文字を教えてくれて頼まれました。


見ず知らずの我らにそんな重大なことを

ポップなノリで頼んでくるなんて!

ちょっとシンキングタイムをくれと伝え

翌朝返事することにしました。

名付け親を頼まるってこんな感覚なんかなーと思いながら

頭を悩ませ漢字の意味を調べ

このような字面に決定。

{E1C4184E-6C07-4192-A66F-B71637359FEB:01}




意味は英語でともだちに書き添えてもらい

翌朝カルロスに渡すとすごく喜んでくれて

「来週彫ってくるぜ!!」と

これまたポップに宣言してくれました。

タトゥーのように心に彫り込まれた

メキシコのおもしろい思い出。


いいね!した人  |  リブログ(0)