2013-03-12 20:07:55

【公的年金に頼らない、自分年金で安泰な第二の人生を いつかはゆかし】

テーマ:独り言
『1億円は貯められる。月5万円の積立で』と言う強烈なコピーで海外ファンドを紹介している「いつかはゆかし」と言う商品はご存知ですか?


私の周りで少々話題に持ち上がったので調べてみました。すると分かってきたことがありますので、ご紹介しておきます。

「いつかはゆかし」と言う商品は「アブラハム・プライベートバンク株式会社」の商品になります。そして、海外ファンドを使った長期積立による運用です。よって、時間を見方に付けた運用となるわけです。時間を見方に付けると言うことはこのブログでも何度か取り上げていますから、今更ご説明の必要も無いでしょうが、ゴールが相当先の場合、そこから逆算して今の時点を考えて行く。漠然としたものではなく将来のある地点、年金をもらう地点をゴールに設定し、そこから逆算して今を考えてみましょう。


「いつかはゆかし」の商品ページにシミュレーション設置してありました。あなたの年齢を入れて1億円が貯まるのはいつなのか?試してみて下さい。
http://itsukaha-yucasee.jp/simulation/


$15歳から理解の出来る易しいマネーブログ!-シミュレーション



試しに35歳から毎月5万円を積立し、想定金利を10%で計算すると、65歳のときに1億円を突破すると言うことになるようです。


公的年金の受給年齢や受給額が曖昧な時代だと言うことは、多くの方が認めることでありますが、第二の人生を考えるのは多くの方が子育ても一段落するような50代に入ってから。
その年齢になってからだと時間を見方に付ける戦略は確実に不利な状況になっています。


ちなみに、先ほどのシミュレーションを使って、50歳から5万円の積立を始めることをシミュレーションしてみましょう。


$15歳から理解の出来る易しいマネーブログ!-シミュレーション



先ほどの35歳のときと同じ条件で積立をすると、75歳で6400万円になります。「いつかはゆかし」は75歳までと言う年齢制限があり、これ以上の積立はできないのですが、35歳からの15年間でと云う時間の差が、これだけ大きくなります。
35歳 65歳で1億円
50歳 75歳で6400万円



時間を見方に付けると言うことの大切さがご理解頂けたかと思います。




そもそも「海外ファンドって安全なの?」とあなたは思っているかも知れませんが、あなたはヘッジファンドと言うのを聞いたことがありますか?株式や為替、商品などをあなたが運用しているならば聞いたことがあると思いますが、ヘッジファンドとは今の世界のマーケットを牛耳っていると言っても過言ではない連中のことです。そして、世界中の資産家はこのヘッジファンドに運用を任せているのが世界中の金融界の実態なのです。


$15歳から理解の出来る易しいマネーブログ!-ファンドの動向




上記のグラフは、ヘッジファンドの運用残高を示したグラフです。出処のはっきりした資料ですので、納得して頂けると思います。
そして、このヘッジファンドと言うのは、まとまったお金での運用しかしていなかったのです。私がファンドを販売していた時には最低販売価格は1千万円でした。


この「いつかはゆかし」が「自分年金」を作るのに適していると思うのは、この大口顧客しか扱っていなかったファンドに毎月5万円から積立方式で参入ができるサービスを開始したところです。
世界中の富豪だけしか得られなかったサービスを提供し始めたことは非常に画期的だと考えています。


知らないと言うのは、ある意味、幸せなことではありますが、知らないことによる機会の損失を招いているわけです。
ファンドが安全かどうか、あなたの目で確かめてみて下さい。


私はここにひとつの情報を提供させて頂きました。「アブラハム・プライベートバンク株式会社」が提供する「いつかはゆかし」と言う自分年金にはもってこいの商品を。
この情報を活用するかしないかはあなた次第です。


下記に私が集めた情報等が集まっているサイトのリンクを貼っておきます。
じっくり検討してみて下さい。
http://itsukaha-yucasee.jp/about/



あなたの将来は、今この時から始まっているのです。


$15歳から理解の出来る易しいマネーブログ!-いつかは ゆかし  【PR】



*投資をする場合の最終的な判断はご自身でお願い致します。



AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

金融資産運用アドバイザー@FP中村さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

19 ■同業者ですが

この仕事はモラルのないやつがやるべきじゃない
ほんとに迷惑なんですよ

18 ■FPとしての能力がないと徹底的に批判されていましたよ。

こちらのサイトで、FPとしての能力がないと徹底的に批判されていましたよ。

(1) 金に目が眩んだ ⇒ こんな人にアドバイスを求めてはいけない
(2) 本気でよいと思っていた ⇒ FPとしての能力に重大な欠陥有り
(3) バカを引っ掛けようと思った ⇒ 人として問題あり

中村さんは(1)~(3)のどれに該当しますか?
どれにも該当しないなら、ちゃんと反論記事を書いたほうがいいと思いますよ。

17 ■Re:無題

>TAさん

ご丁寧にありがとうございましたm(_ _)m

16 ■無題

予想はしていましたが、どうやら危惧が現実のものになりそうですね。
ご連絡まで。

15 ■Re:Re:Re:疑問

>TAさん

TAさん、ありがとうございますm(_ _)m
お騒がせ致しましたこと、大変申し訳なく思っております。

10%も20%もの予定利回りですから、リスクが相当高いものだと思っております。
TAさんのように知って「危険」と感じるならば良いと思います。
知らずにいれば「危険」かどうかの判断もできません。

個人的に投資というのは、誰に強制されるものではなく、自分の判断で行うべきだと思っております。

いつかはゆかしが詐欺行為だと言うのならば、問題は別のところにあります。
投資行為であり、成功も失敗もあると言うことならば、自己責任であると思っています。

推測ですが、TAさんはそれらのことは重々ご理解頂いていると思います。
いつかはゆかしへの投資で失敗する方々を減らしたいと言うことだと思っています。
ただ、リスクを取った分だけのリターンしか得られないのが投資だと思っています。

今回の記事に関しまして、私の落ち度は【PR】と言うひと一分が入っていなかったことが最大のことだと思っております。
この件につきまして、深くお詫び申し上げます。

14 ■Re:Re:疑問

>金融資産運用アドバイザー@FP中村さん

>アブラハムホールディングスから頂いた資料などを拝見させたいただき、HPなどを確認した上で記事は書いたのですが、評判までは調べませんでした。

評判は御存知なくても、HPなどを確認した上で疑問を感じずに記事にされていると言うことに驚きです。
私は一介のインデックス投資家に過ぎませんが、それでも危険な匂いをぷんぷん感じましたから…。

13 ■Re:Re:Re:Re:Re:疑問

>岡崎良徳さん

ご忠告ありがとうございますm(_ _)m

最初に投稿した段階で【PR】の一文を入れなかったのは私の落ち度です。

この件につきまして、アブラハムホールディングス側に電話で問合せをさせていただいたのですが、担当者がお休みで月曜日以降の対応になるとのことなのです。

【PR】と言うことを最後の一文ににでも入れさせてもらうよう対応をさせて頂きます。

そして、投資に対する但し書きも忘れていましたので、その文も入れておきたいと思っております。

惑わすようなことをし、お騒がせいたしましたこと、皆様にもお詫びさせて頂きます。m(_ _)m

そして、多大なご意見やご忠告をいただきましたこと、感謝しております。

ありがとうございましたm(_ _)m

12 ■Re:Re:Re:Re:疑問

>金融資産運用アドバイザー@FP中村さん
なるほど。誠実なご回答ありがとうございます。

老婆心ではありますが、一般的な広告と異なり「記事風」の体裁を持った記事ですので、その旨はいまからでもしっかり明記された方がよいかと。

第三者の客観的な論評と、なんらかの報酬が発生し得る記事風広告では同じ内容でも情報の持つ文脈が大きく異なります。

他の記事も拝読しましたが、しっかりしたことをたくさん書かれておられますので、中村さんが書かれるとこならと背後にある利害関係など想像もせず無批判に信頼してしまう読者や顧客もいるでしょう。

このような記事のスタイルは短期的には利潤を得られても、長期的に見れば中村さんの信頼を損なう行為かと存じます。

ご検討のほど、ひとつよろしくお願い致します。

11 ■Re:Re:Re:Re:疑問

>金融資産運用アドバイザー@FP中村さん
なるほど。誠実なご回答ありがとうございます。

老婆心ではありますが、一般的な広告と異なり「記事風」の体裁を持った記事ですので、その旨はいまからでもしっかり明記された方がよいかと。

第三者の客観的な論評と、なんらかの報酬が発生し得る記事風広告では同じ内容でも情報の持つ文脈が大きく異なります。

他の記事も拝読しましたが、しっかりしたことをたくさん書かれておられますので、中村さんが書かれるとこならと背後にある利害関係など想像もせず無批判に信頼してしまう読者や顧客もいるでしょう。

このような記事のスタイルは短期的には利潤を得られても、長期的に見れば中村さんの信頼を損なう行為かと存じます。

ご検討のほど、ひとつよろしくお願い致します。

10 ■Re:Re:Re:疑問

>岡崎良徳さん

はじめまして、今回はお騒がせをさせてしまっているようで申し訳ございませんm(_ _)m

私のわかる範囲とお答えさせていただける範囲でお答えさせて頂きます。

アフィと言うのはアフェリエイトのことでしょうか?
アフェリエイトと言うことでお話をさせて頂きます。

まずアフェリエイトの契約をさせて頂いているのではありません
契約の中のひとつにアフェリエイトが含まれているのかも知れませんが、アフェリエイト単体での契約ではありません

いつかはゆかしの宣伝の契約だと認識しております
宣伝の契約だと言っても、定額を頂戴できるわけではありませんのでアフェリエイトだと言われてしまうとそれまでです

そして、記事の最後にあるバナーをブログにリンクする必要はあるのか?と尋ねたところ、「その必要はない」と回答を得ています

そして、私はいまのところ入会はしておりません。
私に持ち込まれた話の中に、入会の条件はありませんでした。
入会もしていないのに勧めるのか?と疑問をお持ちになるかも知れませんが、保険のあいのり代理店が自分で全てに加入していないと言うこともありますように、必要に応じて入会は検討すると言う形です。


このコメント欄に記載している内容に関しましては、私の一存でお話をさせて頂いております。
アブラハム・ホールディングス株式会社の見解ではありませんので、私が間違った情報を提供している部分があるかも知れませんが、ご了承下さい。

9 ■Re:Re:疑問

>金融資産運用アドバイザー@FP中村さん
どうも、別ブログの人です。
ちょっと気になってるんですが、いつかはゆかしのアフィをするには入会が条件と公式のQAに記載があります。
ということは、中村さんもいつかはゆかしの入会者なのでしょうか?
突然、不躾に恐れ入りますが、後学のためにご教示いただけますと幸いです。

8 ■Re:疑問

>TAさん

別ブログで取り上げられているのですか。
情報をありがとうございます。

いつかゆかしがかなり悪い意味で取り上げられていることは、知りませんでした。
ご忠告ありがとうございますm(_ _)m

アブラハムホールディングスから頂いた資料などを拝見させたいただき、HPなどを確認した上で記事は書いたのですが、評判までは調べませんでした。

お騒がせいたしまして大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m

7 ■疑問

別ブログでアブラハム擁護として紹介されていたので見に来ました。
いつかはゆかしがかなり悪い意味で盛り上がっていることはご存じないのでしょうか?

6 ■無題

お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

持論を持ち込んだ広告記事になります。

ステマと言う言葉を知らず、そういった認識はありませんでしたが、アフェリエイトという認識はありました。


5 ■歴史

FP中山さんにお金の運用相談したら、

5年前の古いデータを基にファイナンシャルプランを立ててもらえるんですかー。
斬新で、儲かりそうですねー。

4 ■黒羊

上のグラフってアブラハムのサイトに乗ってるグラフと同じですよね?ステマですか?

3 ■ステマですか?

リンクのURLに125002って数字が書いてあるのは,アブラハムからお金をもらっているステマということで良いのですか?

2 ■Re:無題

>子トラさん

確定拠出年金は丁寧運用先を見直してください
放りっぱなしではもったいないです

企業にとっても個人にとっても素晴らしいものだと思っていますので
しっかりと経済動向を掴んで運用をして下さい!!

1 ■無題

勤務先で確定拠出年金を導入する事になり申し込みをしました。
父親は投資信託や国債を始めたようです。
ちょっと投資の話が身近になった感覚です(笑)

コメント投稿

AD


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。