今年のお話し

テーマ:
カナヘイピスケあけましておめでとうございます鏡餅

いつも 雪の音雪の結晶ブログを読んでいただき誠にありがとうございます✨

雪の音は、暮らしをほんの少し豊か虹にするお店として今年もがんばります。
どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ〜✨
{EA6A76A5-742F-4238-A384-E3794E424C71}
(友人の友人に借り受けた 素敵なお写真✨)

さて今月のお話し

お正月ですけど、
暦としては年の区切りはまだだったりするのですが、その辺は一旦置いといて拍手

今回は2017年の全体の流れつながるうさぎをお話をしたいと思います。

2017年を一言で言うと、場が整う。
よくも悪くも。なのですが…

2016年は、いろんな意味で試行錯誤の年でした。とびだすピスケ1
いろんなものを分解くんのように一旦バラバラにポーンして、世界がどこへ向かうのか心配になってきたころあいと言えるかもしれません。ガーン

2017年は、色々試した結果あしあとを出していこうと動き出す年鳥となりそうです。

バラバラにしたものを元の形に戻すという訳ではなくて、バラして解ったいて座ことから先に進むという感じです。

その流れは、結果を出して行こう気合いピスケ
まだ結果に向かっています。流れ星

まだまだカチッと固まる訳ではないのですが、
これまでは 
どうしよう?どうにかなるか…
と投げやりにできたことにも、いやいや それではだめだょ。バイバイと、バランスを取りながらもてんびん座なあなあは許される雰囲気ではありません。注意

2015年の終わりに射手座いて座に入った土星恐竜くんが、今年の終わりに山羊座やぎ座に移動します。
これまでのルールや既成概念に囚われず、
自由に対する挑戦をしてきた射手座の土星が、そのテーマを仕上げ、次のステージへ進むとき
何かの結果になっているのかもしれませんね。

また、そのバランスを取る秩序のようなものダンベル
一見 衝動的いのししに見えても、 
根本的なところから出た情熱ハートであったり、変えるべきでないグラサンハート(または変えざるを得ない)と魂が決めたことであったりするので
揺るぐことではありません。


2017年は
個人レベルでは、
自分が理想とするもの花束に少しでも近くなるよう赤薔薇工夫して来たことが、形ピンク薔薇として整う。というようなことが言えます。
また
深く自身に向き合う結果クローバー 他者とも向き合うことになりそうです。
そうすることで見えてくる方向性ヘビがとても重要になるでしょう。

鳥鳥鳥

既成概念がなくなってきて、常識が何なのか?
自分の立場をはかるものも不確かになりがちな昨今、星のメッセージを受け取って上手に取り入れていきたいですね(๑>◡<๑)。

雪の音の裏地では、今年もぼちぼち星のお話を更新していきます。
今年のお話は、ちょっと抽象的になってしまいました大泣きうさぎ
近い内に1月のお話しも更新予定です
お楽しみに〜とびだすうさぎ2
AD