既存のハンバーグで。

テーマ:

既存のハンバーグで。


ちゃちゃっと手抜きごはん。


賞味期限が近づいているという既存のハンバーグを

使ってーと母からの指令により簡易煮込みハンバーグに。



セロリ、人参、玉葱の角切りをバターで炒めて、

白ワインちょびっと。お水を加えて煮込み、

市販のビーフシチューの素と食べやすく切った

ハンバーグ加えて煮込んで出来上がり。

ごはんにかけて一緒にいただきます。




手抜きだわー。

あんま市販のハンバーグとか使う好きじゃないんだがね。



地震の話題相変わらず。

節電で毎日電気が消えている。節電節電。

買いだめとか別にする必要ないと思うし、

普通に生活することが今の僕らに出来ること。








AD

あさりと春キャベツのぺぺロンチーノ



地震すごかったすね。

久々にあんな揺れ体験しました。

まだまだ余震があるので気をつけなきゃですね。




簡単シンプルに。

でもパスタって難しいんだよなあと思います。


あさりと春キャベツのぺペロンチーノ




ボンゴレにキャベツ入ってる、みたいな。



ちょっとキャベツ火通り過ぎて若干食感イマイチでした。

むずいー

むずいー

でも母には好評。

好みだな。






AD

豚肉のシャブリの煮込み




豚肉のシャブリの煮込み



これもフランス料理の何かの本に載っていたもの。

本来は白ワインのシャブリで煮込むものなんですが、

ごめんなさい、家にあった安い白ワイン使ってます(笑)


やっぱ味違うのかしら。


トマトベースの豚肩の煮込みです。

やはり少し脂身がある部位で作るほうが美味しいですねー

煮込みは。


タイムをちょっと多めに入れてみました。



花粉症まじで苦しいっす。

嫌ですねえ、この季節。


AD

大根とブタバラの韓国煮


豚バラと大根の韓国煮



これコウケンテツ氏のレシピから。

本来はコチュジャンでやってその方が美味しいだけど

豆板醤とテンメン醤でも結構いけました。


豚バラ肉は柔らかく煮込めば脂っぽくないし好き。


万能葱を多めにかけるのがポイントでございます。








豆腐と豚肉のピリ辛煮込み



豆腐と豚肉のピリ辛煮込み



まーぼー豆腐に近い感じの味でございます。

白いご飯にかけて食べます!!



自分用のメモも兼ねて。



<4人前>


木綿豆腐(ペーパーで事前に水切り) 1パック

豚肉薄切り 150g

長ネギみじん   1/3本分

にんにくみじん  1/2欠片分

しょうがみじん  ひとかけら分

ごま油

ニラ     1/2束 


紹興酒  大さじ1 

豆板醤  小さじ1

てんめん醤 大さじ1

水  1カップ

醤油  大さじ1

砂糖  小さじ1

オイスターソース 小さじ1

水溶き片栗粉



①鍋に胡麻油、葱、しょうが、にんにく入れ香り出るまで炒め

 豚肉加えて白くなるまでいためる。酒加える。

②豆板醤、てんめん醤加えよく炒めて香りだし、水1カップと

 残りの調味料加える。

③豆腐を手でちぎるか、木べらで切って加えて、軽く煮る。

④味を調えて水溶き片栗粉加える。とろみがついたら

 5㎝幅に切ったニラ加さっと和えて火を消す。







 


      

生きてましたー・・・・・・・・・。



もうブログもやめようと思っていました。

気力も体力でも持たないから。

でもちょっとだけ復帰してみようかなと。


やはり作った料理を記録した場所は欲しいから。


いろんなブロガーさんとの交流で気付くこともあるから。



本当にこの一年色々あったなー

人生の難しさ、を痛感した一年でまだ状況的には真っ只中。

どうなるかなーって感じです。

そして、私フランス料理の所謂ビストロ料理大好きなので

普通の家庭料理と共にそれも勉強がてら家で作っていこうと思います。




ブフブルギニオン(ブルゴーニュ風の牛の赤ワイン煮)



今回作ったのはこれ。

フランスの郷土料理の定番中の定番。


赤ワインで煮込む為ちょっとした苦味もあります。

なので、トマトペーストやトマト缶が入ったレシピの方が

私は好きだったりします。


軟らかく三時間煮込んだお肉と濃厚なソースが特徴的。


もう少しソースの煮詰め具合あまくても良かったかなー。




フランス料理店でも普通にあるお料理なので

食べたことの無いかたは是非ー。

私の中では大人な味なイメージです。




あ、本日ひなまつりじゃん。



お肉のパイ包み焼き

テーマ:

お肉のパイ包み焼き




前回に引き続き。

折込パイ生地が残っているので何か使おう!

もう菓子系はいいや、ご飯にしようということで。



「パイ包み焼き、肉の詰め物ホウレン草包み」



えー、これ若干写真で誤魔化していますが。

ちょっと成型が割れて失敗しております・・・・・。難しい。




お肉のパイ包み焼き





豚挽肉、鶏挽肉、ハム、マッシュルーム、パセリ、生クリーム、

パルミジャーノなどを混ぜ込んだ肉の生地を作って。

茹でたホウレン草の葉で包んでからパイ生地で包んでいます。


・・・・・・手間はかかるけどパイ包み焼きって好き。



バイト先で教えてもらった、この肉の詰め物のレシピ。

色々応用も効いて好きな味!使う材料多いけど・・(・∀・)


この肉の詰め物、加熱してもピンクなんだなあ。

一瞬ちょっと「・・・生?」と言われてしまった。大丈夫っす。




カットした時に溢れる肉汁。ううむ、これぞ。


ハイカロリーなメニューですが、

滅多にやらんからいいかーということで・・・ね。











いつの間にか明けてました。

テーマ:

いつの間にか明けてました。





ブログさんやる余裕もなくずっと放置していたら、

2010年に突入していました。

さりげなく記事なんぞ久々にアップしてみよう。



大量に頂いた林檎達が、置いてあったので

バターと砂糖で甘く煮て詰め物を作る。


前に作っておいた折込のパイ生地を伸ばしてー、

成型に迷うが結局こんな小ぶりなものにしました(゚∀゚*)ノ

葉っぱみたいな模様を仕上げにナイフで書いて、

焼き上げれば、ほれ完成。



「ショーソン・オ・ポム」



「ショーソン」とはスリッパという意味。

「ポム」は林檎。


主にパン屋さんとか、偶にお菓子屋さんでもみかけるフランス菓子。

ま、、、アップルパイみたいなやつです。


焼きたてにシロップを塗って、ツヤだし。

これやると美味しそう度アップ!!




出来立てをはふはふしながら食べるのが幸せvv

次の日とかだとサクサク感半減だものね。















野菜ラグーのファルファッレ

テーマ:

野菜ラグーのファルファッレ



ショートパスタは種類が沢山!

それによって食感も変わるので面白いですねー。


今回は蝶というかリボン?みたいな形の

「ファルファッレ」という種類のを使って。



「野菜ラグーのファルファッレ」



すっごい簡単ですけど、個人的にすげえ好きv

簡単に言えば、ラタトゥユにパスタを絡めたようなやつ。



小さく切ったズッキーニ、茄子、ブロッコリー、パプリカ、玉葱

などの野菜をオリーブオイルで炒めて、ざく切りトマトを加えて

蓋して、野菜の水分のみで蒸し煮にします。


んで塩・胡椒で味をととのえて茹でたパスタと和える。


野菜の美味しさが前面に出てるメニューです。




もうほんっとに毎日暑い暑ーい・・。

バテないようにしっかり栄養とらなあかんな。







生きてます・・・・・。

テーマ:

生きてます・・・・・。


お久しぶりです。

元気です。

生きてます。


ってことで、久方ぶりの更新です(・∀・)


「鶏モモ肉のマリナード、オーブン焼き」


簡単、手間要らずな手順ですー。



モモ肉を、はちみつ、大蒜、生姜、白ワイン、

醤油、コリアンダー、塩、胡椒に漬け込み。

オーブンで焼きました。


ううむ、オーブン調理って簡単だけど、初めてなもんで

ちょっと温度調整がいりそうな出来。

パリパリになる前に焦げそうになっちったよ。




蜂蜜でマリネしたせいか軟らかく。

味がしっかり染みているので、ゴハンと食べたい味です。

コリアンダー=チャンツァイで、苦手だけどコレは大丈夫。




夏休み、もうしなきゃいかないこととか沢山あるし・・・

でも遊ばなきゃやってらんない精神状態。

そんななか、料理もちょいちょい作ってるけど

どーにもこーにも、ちゃんとしたものは作れてないなー


がんばろ。