DowNasdaq

FTSE100Dow

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008年03月02日(日) 10時29分42秒

2008年2月

テーマ:生存報告


20080229


2月の成績


損益 -1,578,143円 プロフィットファクター 0.39 

(通年確定損益 -1,471,211
資産騰落率 -38.3%(年初来 -41.6%

TOPIX騰落率 -1.6%(年初来 -10.3%)

ベンチマーク乖離率 -36.7%

口座残高(信用評価損益含む/2007年納税予定金252,894円は出金、確定申告納税済み)

2,541,630円

月間支払い手数料 22,035円



主要な月間ベンチマーク


日経平均 0.1%
TOPIX -1.6%

JASDAQ 3.8%  

日経JASDAQ平均 -0.1%
ヘラクレス 3.4% 

マザーズ 6.5%


NT倍率 10.096 ⇒ 10.272


『資産運用』ではなく『四散運用』あるいは『悲惨運用』だなこれは…。

もちろん最大の敗因はサイバーエージェントの空売りで、こいつで120万以上の損失計上。


◎ 決算をまたぐリスクを予定していた20株だけではなく、スケベ心を出して決算前日に20株追加して自分の『許容範囲』を越えたサイズを持ったこと。


◎ 決算自体は微妙(サイバーエージェントは特殊な決算なので、投資有価証券売却益は営業利益カウントなのに、投資有価証券が含み損の場合の評価損は税引き前利益にカウント。ミクシィ株などの売却益により16億の営業利益が出る一方、その他投資有価証券で7億の評価損が出ている。なので経常利益と税引き後利益の間の大きなギャップは、このサイバーエージェントだけの特殊会計事情による。ただし、決算はVC事業以外の経常営業部門がリストラによるEコマース部門(主に上場子会社であるネットプライスドットコムのセグメント)やFX事業などの好転により、赤字から黒字転換。いちおう『株券印刷販売業務』以外でも利益が出せる体勢になったかな?それでも割高かって言ったらめっちゃ割高だけどね)だったけど、直近高値の99900円をブレイクした時に、売り玉を損失確定できなかった事。仮にノーポジだったなら、このポイントはBO順張りスタイルの人にとっては、『黄金のエントリーポイント』なわけで、ここで踏まなかった事で、無駄に損失を倍増させたこと。


とまあ、技術的な要因はともかく、精神的に色々と未熟と言うか、甘い面もあって『損切りしたくない病』が出ちゃってたんだよね、ちょうどその時。サイバーエージェントの決算前に年次損益が+5%くらいプラ転してたんで。

当たり前の話だけど、投機で重要なのは、自分のポジションが『利益が出ているか、出ていないか』ではなくて『正しいのか、正しくないのか』だから。もはや『正しくないことが明らかになった瞬間』にそのポジションは損益関係なく切らないといけない。

ポジションサイズとモメンタム、以上2点を初心に帰って意識していきたい。


今年最初の2ヶ月で大きな痛手を負ったが、残り10ヶ月は本当に大事だと思う。兼業とはいえ、年間通して赤字になるようなら、相場からはきっぱり足を洗うことに決めているので。


以下 『マーケットの魔術師』でのエド・スィコータの項より一部抜粋。


Q 全てのトレーダーは勝ちたいんじゃないのですか。

勝っても負けても、皆自分の欲しいものを相場から手に入れる。負けるのが好きなように見える人もいる、だから、彼らは負けることによって手に入れるんだ。

上げ相場がほとんど始まったばかりのところでいつも買いに入って、2、3ヵ月の間にわずか1万ドルを25万ドルぐらいにしてしまう一人のトレーダーを知っている。その後決まって彼の性格は変わってしまって、稼いだお金を再び全部吹き飛ばしてしまう。そしてまるで時計の針が回るように、彼はそれを何度も繰り返すんだ。僕は一度彼とトレードしたことがあるけど、僕は彼の性格が変わった時に手じまったよ。彼がいつものように稼いだお金を吐き出してしまう一方で、僕は自分のお金を2倍にしたんだ。僕は彼に、僕が何をしたかを話して、彼にマネジメント・フィーさえ払った。だけど、彼は彼自身をどうにもできなかった。僕は彼が何か違ったやり方でトレードできるとは思えない。彼もそうはしたくないようだ。彼は大いに興奮した後、犠牲者となり、彼の友人から同情を買い、皆の注意を引く。そして、もしその回りの人達が彼と同じようなフトコロ具合であったなら、彼はなおさら居心地が良くなってしまう。ある意味では、彼は欲しい物を本当に相場から手に入れていると思う。

もしトレーダーが自分のトレードのパターンをじっくりと振り返ってみれば、自分のあらゆる目標も含めて、皆相場から自分の欲しいものを手に入れようとしていることに気づくはずだ。それを理解できないかもしれないし、認めたくないかもしれないけどね。

僕は医者の友人から、あるガン患者が、周囲の注意を引き、そして回りの人間から優越するために自分の病状を利用したという話を聞いたことがある。ひとつの実験のために彼女の家族と前もって打合せをして、その医者は彼女によく効く注射があると話しか。そうしたら、彼女は次々に注射を避けるための言い訳を考え出し、結局ついに受け付けなかった。たぶん彼女にとって、自分の病状は自分の命より大事だったんだろう。トレーダーのトレードの成果は、たぶん自らが認識している以上に自分自身の選好を反映しているものだと思う。

最も華麗で興味深いトレーダーの何人かは、稼ぐためだけにトレードしているわけではないと思う。彼らはたぶんトレードを刺激を得るための手段としているんだ。利益を増やす最良の方法の一つは、目標を立て、それを実現させていくこと、つまり意識と潜在意識を金儲けと調和させることだと思う。トレードにおける選好を調べ、目標と調和させるために、僕は多くのトレーダーと一緒に仕事をしてきた。僕は催眠、呼吸、ペース調整、視覚化、ゲシュタルト、マッサージなどを組み合わせて使っている。その結果、トレーダーはたいてい、(1)もっと成功を収めるようになるか、(2)実は最初はトレーダーになりたいわけではなかったことに気づくんだ。


自分自身が何を求めて、この相場の世界に身をおいているのか、再確認すること。現在の相場の性質と自分の手法をマッチさせること。十二分に意識して残り10ヶ月取り組んでいきたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年02月02日(土) 18時17分17秒

2008年1月

テーマ:生存報告


20080131


1月の成績


損益 -230,446円 プロフィットファクター 0.91 

(通年確定損益 -46,819
資産騰落率 -5.3%(年初来 -5.3%

TOPIX騰落率 -8.8%(年初来 -8.8%)

ベンチマーク乖離率 3.5%

口座残高(信用評価損益含む/2007年納税予定金252,894円は控除して評価)

4,119,773円

月間支払い手数料 19,334円



主要な月間ベンチマーク


日経平均 -11.2%
TOPIX -8.8%

JASDAQ -13.2%  

日経JASDAQ平均 -10.1%
ヘラクレス -14.5% 

マザーズ -16.6%


NT倍率 10.373 ⇒ 10.096


なんだこの糞相場…っつー感じでしたね。正直2007年の3割増しくらいの難易度なら、まあなんとかなるかなとか思ってたけど、そりゃ単なる過信でしたなぁ。しょっぱなから難易度5割増しきちゃったかもw そりゃ俺も医者から抗鬱剤増量される罠_| ̄|○


以下、主なヤラレ要因。


◎ 年末に持ち越したハイテク精密(コニカミノルタ、日本電産コパル、タムロン)の損切り約-35万


◎ 買い持続しているメッセージ、オンリーの評価損益悪化約-20万


◎ 売り持続しているサイバーエージェントの評価益+6万…だけど、これだけ糞相場なのに、これだけしか下がらない新興最強銘柄を売り持ち越しって・゚・(ノД`)・゚・


それを考えると、自分の能力を考慮したら、まぁまぁ健闘したほうかなと。資産推移は25日に一瞬だけ月間損益プラ転したので、下げ相場そのものよりも、下げ相場後のランコルゲに弱いのは昨年8月同様であり、全く進歩してないな、という感じでそれはちと残念。


現在は暴落後特有の不安定相場+3Q決算による評価替え相場の最中であり(ハイテクでいうと、松下が直近高値に迫りつつある中、ソニーは再度安値ブレイクしてる)物色がぼやけてて難易度が非常に高いので、なんとか無駄な失点をせずに相場にトレンドが出てくるの待ちですね。


友人と話してたんだけど、今の相場って、『外国人総追証相場説』があるんじゃないのかなという感じ。外国人機関投資家が好みそうな国際優良ブルーチップがエグイ下げをする一方で、買う要素が限りなく少ないけど、外人さんが握ってなさそうなゼネコンなどは下げない相場。だから個別のファンダメンタルズだけで考えると余計に混乱する相場だよなぁ…。まあ、なんとか取れる相場が来るまで辛抱するしかないですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月29日(土) 18時01分55秒

2007年・生存報告

テーマ:生存報告


20071228


久々の更新。

2007年12月末現在の口座状況。とりあえず、生存してます。
鬱は可もなく不可もなくといったとこですが、1度更新しなくなると、更新再開にものすごいエネルギー使うねw

とりあえずリハビリ程度に月末くらいは更新しようかなと。


   損益  残高 パフォ TOPIX

1月 284,896 2,902,837 10.9% 2.4%
2月 -57,379 2,845,458 -2.0% 1.8%
3月 -28,780 2,816,678 -1.0% -2.2%
4月 199,950 3,016,628 7.1% -0.7%

5月 529,943 3,446,572 17.6% 3.2%(出金100,000円)
6月 270,446 3,717,018 7.8% 1.1%
7月 155,196 3,872,213 4.2% -3.9%
8月 -137,959 3,734,254 -3.6% -5.7%
9月 470,329 4,204,583 12.6% 0.5%
10月 228,752 4,433,336 5.4% 0.2%
11月 725,547 4,658,883 16.4% -5.4%(出金500,000円)
12月 -308,664 4,350,219 -6.6% -3.7%


年初 2,617,941 ⇒ 年末 4,603,112

出金 +600,000 再投資しなかった配当金 +15,300

年間確定利益 2,528,935 に対する納税予定金 -252,894

それらを考慮した年間実効パフォーマンス +89.7%


2007年の目標達成度合い


長期:退場しない

◎ 文句なしの達成


中期:TOPIX、あるいは0%、どちらか高い数字以上の月間パフォーマンス

× 8ヶ月達成 4ヶ月未達


短期:毎日平常心でトレードする

△ 前年に比較してかなり改善したと思う


2007年は8月のクラッシュ前までは比較的地合良好だったと思うし、わりと稼ぎやすかったが、8月以降はほんとうに苦しい展開。ファクター面でバリューが全くといっていいほど利かない展開(業績不振割高新興がリバーサルして、比較的業績好調なBRICS依存の資源・海運・機械などが不振)で、なんとか耐えてたけど最後の12月は逃げ切れずドローダウン(主にハイテク買いLCが主因)


2008年は意識して先入観を持たずトレードしたいかなと。おそらく2007年よりはタフさが要求される相場になるのだけは必至。実体経済の先行き見通しの不透明さに輪をかけて、各国中央銀行の迅速な金融緩和により、現在の商品相場のような投機資金の「逃げ場」になったマーケットは急騰する可能性も非常に高く、また今年9月末からの新興株市場のように、安値圏でのショートポジの積み上がりで、業績不安があっても意外な踏み上げ相場が発生することも充分、頭に入れておかねばならないので売り一辺倒というわけにもいかないと思います。


来年もなんとか生き残っていけますように…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月29日(土) 12時07分34秒

9月の反省…更新終了のご挨拶

テーマ:今月の反省

9月の成績


損益 470,329円

(通年確定損益 1,799,268
資産騰落率 12.6%(年初来 64.4%

TOPIX騰落率 0.5%(年初来 -3.8%)

ベンチマーク乖離率 12.1%

口座残高(信用評価損益含む/確定益税金考慮)

4,204,583円

月間支払い手数料 12,300円

主要な月間ベンチマーク


日経平均 1.3%

TOPIX 0.5%

JASDAQ -0.8%  

日経JASDAQ平均 -2.4%
ヘラクレス -1.2% 

マザーズ 0.4%


NT倍率 10.303 ⇒ 10.383


今月は三菱地所や三井不動産などの空売りでなんとかしのいだ感じ。確定益のほとんどがこの2社の売り利益。後は、精神状態もあまり良くない、いや悪かったのでポジもひたすら少なかったしね…。


トレードブログを始めて約2年。自己を律し、自分の思考の過程を記録するため…というブログの目的をとりあえずは達成できたかな…とも思いますし、また、自分の数少ない株仲間の株記事の更新、あるいはブログ自体の更新がほぼ止まってしまった現状、外部の読者もほとんどないので、ブログの更新は終了させることにしました。


なによりも持病の鬱があまりよろしくなく、続けるためのテンションが足りないという内的な問題もありますので。


鬱が良くなって気力が戻ってきたら、ここでブログ再開させるか、別の所に移るか分かりませんけど、株以外の自分の好きなこと(ゲームや仮面ライダー電王やジャズなど)も書きたいな、とは思いますが、それまではしばしお休み…とすることにします。皆様のブログに対するコメントなどは気ままに書かせてもらうこともあると思いますけど(^▽^;)


今までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年09月29日(土) 11時38分12秒

9月25日~28日

テーマ:今週の反省

口座残高 4,384,510円(先週比 104,851円 2.4%)


買い建て額 3,500,984円(評価益 115,041円)

売り建て額 0円(評価損益 0円)
評価損益 115,041円 維持率 515.61%



主要な週間ベンチマーク

日経平均 2.9%
TOPIX 4.2%
JASDAQ 5.8%
日経JASDAQ平均 2.3%
ヘラクレス 10.4%
マザーズ 17.1%

NT倍率 10.510 ⇒ 10.383

◎ 現物買い
2400 メッセージ

3376 オンリー

5855 アサヒプリテック

6301 コマツ

9697 カプコン


◎ 信用買い

2400 メッセージ


新興が久々の大リバーサル!おかげで俺は空売りしていたアルデプロ・楽天損切りで-10万ほど物故いたものの、塩漬けになってたメッセージがやっと砂糖漬けに変わってくれたおかげで、ベンチマーク以下ながらも、なんとか今週+。やっとPF評価損生活から脱出…。評価益が少しだけだけど(;´д`)


しかし胡散臭い上げ相場だね~。アメリカは住宅指標は軒並みコンセンサス以下+GDP下方修正などが、すべて織り込み済みという驚きのポジティブシンキングっぷりで、いやはやこれってどんなプリオン思考???金高ドル安トレンドは不変も、円ユーロが落ち着いてるので、円キャリートレンドは継続と見て、こわごわと戻り相場を買いで取る方針は変わらず。リバーサルの内需ではなく、やはりBRICs中心の外需が本命と見ます。あるいは環境関連。


来週の主要なマクロ指標イベント


1日(月) 日銀短観・郵政公社が民営化(日)ISM製造業景気指数(米)

3日(水) 英中銀政策金融委員会~4日(英)ISM非製造業景気指数(米)

4日(木) ECB理事会(欧)

5日(金) 景気動向指数(日)雇用統計(米)


月曜の日銀短観、それから金曜の雇用統計睨みの展開。雇用統計が先月に続きマイナスになるのか、先月のマイナスが一時的な振れであったかが焦点。

2月決算の小売の決算もぼちぼち始まりますな(先日のニトリは普通の決算も激烈な出尽し失望下げ。ホルダーの血の涙が見えた…俺もオンリーで味わってるので気持ちがよく分かる(´;ω;`)ブワッ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月22日(土) 17時53分51秒

9月18日~21日

テーマ:今週の反省

口座残高 4,279,659円(先週比 98,076円 2.3%)


買い建て額 4,240,984円(評価損 -73,052円)

売り建て額 410,500円(評価損 -786円)
評価損益 -73,838円 維持率 203.39%


主要な週間ベンチマーク

日経平均 1.1%
TOPIX 0.5%
JASDAQ -1.3%
日経JASDAQ平均 -0.7%
ヘラクレス -1.4%
マザーズ -1.8%

NT倍率 10.440 ⇒ 10.510

◎ 現物買い
2400 メッセージ

3376 オンリー

5855 アサヒプリテック

6301 コマツ

9697 カプコン


◎ 信用買い

2400 メッセージ


◎ 信用売り

4755 楽天


節操のない相場。アメリカ利下げの影響だね。ドル安でUSD/EURは1.4の大台突破とともに、金・原油を先導として商品急騰。金は2006年5月の世界株同時暴落の時の高値をあっさり突破。過去の高値800ドル台の時って、FF金利が20%越えて債券大暴落していた1980年でしたっけ?いやはやインフレマンセー相場だな…。この利下げが実体経済(不動産価格下落を緩やかなペースに変える)への影響を与えるのは時間がかかるけど、商品価格みたいなフロー面には直撃で影響してくるね。実際、悩ましいことこの上ないやね。今んトコ、CPIやPPIなどが落ち着いた数字が出てるからこそ、FOMCで50bps利下げという思い切った「意思表示」ができた面もあるけど、これでCPIなんかが跳ねたりしたら最悪の展開(スタグフレーション)まで見ないといけない訳で。


MyPFはアサヒプリテックやコマツの貢献で含み損がだいぶ軽くなってきた感じだが、しかし内需系は「詰んでる」くさいなー。国内に関しちゃ、すでにスタグフレーションが軽く発生してる気がするんですけど…。原料価格の高騰は既に企業努力でカットできないレベルなのに、可処分所得は強まってない気が…。食品など、少しずつ値上がりしてきてますけど、これがどういう風に働くのか注意したいところ。

あんまり中長期では強気できないけど、まあ、とりあえず需給が良さそうなとこをちょっとだけ買ってみようかなくらいの強気です。


来週の主要なマクロ指標イベント


25日(火) 日銀金融政策決定会合議事要旨(日)中国人民銀行が預金準備率を引き上げ(12.0%→12.5%)(中)S&P・ケースシラー住宅価格指数、コンファレンスボード消費者信頼感指数、中古住宅販売(米)

26日(水) 耐久財受注(米)

27日(木) GDP確定値、新築住宅販売(米)

28日(金) CPI、鉱工業生産(日)個人所得、個人支出、シカゴ購買部協会景気指数、ミシガン大学消費者信頼感指数改定値、建設支出(米)


今週末でちょうどトレード2周年。
なんとか2年、退場せずにすんで、相場の神様に感謝。
1年目 200万⇒270万(+35%)
2年目 270万⇒426万(+58%)
今年も退場はくらいませんように(-人-)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月16日(日) 11時10分37秒

9月10日~14日

テーマ:今週の反省

口座残高 4,181,583円(先週比 96,778円 2.4%)


買い建て額 3,079,984円(評価損 -163,846円)

売り建て額 0円(評価損益 0円)
評価損益 -163,846円 維持率 265.96%


主要な週間ベンチマーク

日経平均 0.0%
TOPIX -0.8%
JASDAQ -3.6%
日経JASDAQ平均 -2.7%
ヘラクレス -5.2%
マザーズ -9.6%

NT倍率 10.354 ⇒ 10.440

◎ 現物買い
2400 メッセージ

3376 オンリー

6301 コマツ


◎ 信用買い

2400 メッセージ


なんとも判断できないね。来週は日米共にFOMC筆頭に重要なマクロイベントも多いし、サブプライムの『震源地』であるアメリカ金融機関の決算も相次ぐし。ここまで、ほぼノポジでリスク回避してきた俺みたいなチキントレーダーが来週ここから新しくリスクを取る意義が見出せない…。金曜の踏み上げ相場を見るに、短期で過度の弱気をするのも怖いしね…。結構空売りが溜まってきてる雰囲気ある。


MyPFだとテルモの利食いがやや早かったかなという印象だけど、まあ、これは最初から大きめなトレンドを取るというつもりよりも、タイトに利食いという狙いだったので仕方ない。後は塩漬けになってるオンリーとメッセージの早期回復祈願するしかっ!ww 資産は久々に高値更新できたが、やはりPFの内容がよくないと、心からは喜べない。


来週の主要なマクロ指標イベント


18日(火) 日銀金融政策決定会合~19日(日)FOMC、PPI、住宅市場指数、BBレシオ(米)

19日(水) 福井総裁定例会見、BBレシオ(日)CPI、住宅着工・許可(米)

20日(木) コンファレンスボード景気先行指数、フィラデルフィア連銀指数(米)


来週の主要なアメリカ金融・不動産企業決算


17日(月) ファニーメイ

18日(火) リーマン・ブラザーズ

19日(水) モルガンスタンレー

20日(木) ベアー・スターンズ、ゴールドマンサックス


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月08日(土) 16時39分10秒

9月3日~7日

テーマ:今週の反省

口座残高 4,084,805円(先週比 206,204円 5.3%)


買い建て額 3,615,184円(評価損 -166,144円)

売り建て額 450,000円(評価益 15,156円)
評価損益 -150,988円 維持率 184.98%


主要な週間ベンチマーク

日経平均 -2.7%
TOPIX -3.2%
JASDAQ -1.5%
日経JASDAQ平均 -1.4%
ヘラクレス -4.3%
マザーズ -3.4%

NT倍率 10.303 ⇒ 10.354

◎ 現物買い
2400 メッセージ

3376 オンリー

4543 テルモ

6301 コマツ


◎ 信用買い

2400 メッセージ


◎ 信用売り

4755 楽天


雇用統計が驚きのマイ転ということで、とりあえず、月曜寄りは安く始まる事が確定ですが…。うーん、それでもやはり買うなら為替変動リスクなどを背負っても、コア外需だと思うんですよね。内需にヘッジ売りをかけつつですけど。雇用統計は確かに悪い意味でインパクトだったけど、商品はしっかりだったので、最悪の展開まではあるかな?まあ、内需系銘柄はもう既に最悪な展開なんですけど(;´д`)

資産こそ増えたものの、今週もイマイチな感じ続行で、一向に維持率が下がってこないですわ。俺の場合は調子が良いか悪いかは、維持率を見ると一目瞭然なんで。調子悪いときは無理しないタイプなので。調子いい時なら、勝ってるポジは引っ張れるし、負けてるポジはすぐ切れるんだけど…PFの評価損は今年最悪レベル。

今週は週頭に空売りしていた三菱地所がそれなりに利益になって、木曜の突っ込みで買い戻して利益確定。返しでガシッと買いポジを積み増したら、このNYお暴落ですお(´・ω・`) うーん、ドリフターズのコントじゃないんだし、堪忍やでぇ…。


来週の主要なマクロ指標イベント


10日(月) GDP改定値(日)

11日(火) 機械受注(日)ECBトリシェ総裁、欧州議会公聴会で証言(欧)

13日(木) イスラム ラマダン開始

14日(金) MSQ(日)小売売上高、鉱工業生産、ミシガン大学消費者信頼感指数(米)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月02日(日) 10時00分09秒

8月の反省

テーマ:今月の反省

8月の成績


損益 -137,959円

(通年確定損益 1,443,470
資産騰落率 -3.6%(年初来 46.5%

TOPIX騰落率 -5.7%(年初来 -4.3%)

ベンチマーク乖離率 2.1%

口座残高(信用評価損益含む/確定益税金考慮)

3,734,254円

月間支払い手数料 21,520円

主要な月間ベンチマーク


日経平均 -3.9%

TOPIX -5.7%

JASDAQ -3.7%  

日経JASDAQ平均 -7.2%
ヘラクレス -13.7% 

マザーズ -15.6%


NT倍率 10.110 ⇒ 10.303


焼け野原の瓦礫の山の中に立ちすくむのは、これで何度目だろうか…。気持ちがくじけても、自分の足で立ち上がって、自分の力で、また歩き出さないといけない。このままマーケットに居座り続けることを自分自身が選択し続けるかぎりは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月02日(日) 09時48分48秒

8月27日~31日

テーマ:今週の反省

口座残高 3,878,601円(先週比 -44,535円 -1.1%)


買い建て額 1,276,784円(評価損 -60,784円)

売り建て額 0円(評価損益 0円)
評価損益 -60,784円 維持率 999.99%


主要な週間ベンチマーク

日経平均 2.0%
TOPIX 1.4%
JASDAQ 2.9%
日経JASDAQ平均 0.6%
ヘラクレス -0.3%
マザーズ 0.4%

NT倍率 10.246 ⇒ 10.303

◎ 現物買い
2400 メッセージ

3376 オンリー


二日酔いなので結果のみ記載。頭痛いね。いろんな意味で。


来週の主要なマクロ指標イベント


3日(月) 法人企業統計(日)米国市場休場(米)

4日(火) ISM製造業景気指数、自動車販売、建設支出(米)

6日(木) ISM非製造業景気指数、チェーンストア売上(米)ECB理事会(欧)

7日(金) 景気動向指数(日)雇用統計(米)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。