1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-04-22 23:53:25

Humanities and social sciences for space

テーマ:研究
Brief summary of what I'm going to present in the coming 29th International Symposium on Space Technology and Science
http://www.ists.or.jp/2013/

The “humanosphere”, the region in the universe where all the human activities are taking place, is expanding in three different senses. The first aspect is of course the human activities by the professional astronauts, as well as the emerging space activities by the private companies. The second aspect is the increasing utilization of the satellites and the space environments. Satellites for global navigation system, communications and remote sensing have already become the essential infrastructure in the modern civilizations on the ground. The third aspect reflects the advance in our scientific understanding of the terrestrial environment and its relation to the space. For example strong solar flares emit huge amount of magnetized plasmas and high energy particles into the interplanetary space, which causes geomagnetic storms, satellite damages, radiation exposure of astronauts etc. Furthermore, it is known that the number of sunspots and the climate of the Earth seem to have weak but significant correlation. Though the detailed mechanism remains unknown, the important point here is the fact that today the number of dark stains at the surface of the Sun is not just a mere subject of an academic research but of a practical interest of the general public.

Whereever there is a human activity, there exist problems that are subject of the humanities and social sciences. The problems may be classified into two categories. One is related to the fundamental questions for mankind such as the origin of the human existence, and the other is about the contemporary problems to which the modern space exploration is facing, such as the space laws and other political problems. Of course there are overlaps between them. For example, the ethical as well as political problem of what are the acceptable risk and cost for human mission is a contemporary and practical problem for the space agencies, but it may also raise fundamental ethical questions such as the price of a life and whether extremely high risk missions are ethically permitted with a sufficient informed consent.

Thus the space invokes many important and interesting problems in the field of the humanities and social sciences. This is why the Unit of the Synergetic Studies for Space (USSS) was set up in Kyoto University to bring the researchers in natural science, engineering, humanities and social sciences together to encourage the interdisciplinary studies on space. While I have been working to coordinate such interdisciplinary studies in the USSS, I myself have been trying to figure out whether and how we can fill the gap between the practical/contemporary problems and the philosophical problems that lie somewhere between science fictions and reality, so that we have more ideas about what will happen to the human race if we keep expanding our humanosphere into the space and what types of society we wish to have in the 100-1000 years future. The aim of this paper is to present some of the thoughts I had through the activities in the USSS.


The goal of the space exploration raised in the Global Exploration Strategy (2007) by the 14 space agencies in the world is to answer three fundamental questions for mankind; “Where did we come from?”, “What is our place in the universe?” and “What is our destiny?” immediately remind us the title of the famous painting by Paus Gauguin; “D'où venons-nous? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?”. The 2nd question in the Global Exploration Strategy is a bit different so that it is more answerable by natural science, but otherwise they are almost identical.

Why are these questions important? Or more practically, are they worth using big amount of money from the tax payer while we have a huge pile of other, apparently more serious problems in our society? Though I do not have a quantitative answer for this, one may find a hint in the old myths. According to the presentation by T. Kamata in the 28th ISTS, a myth can be defined as “Explanation and representation by stories about why and how we came to exist, and where we are from and where we are going, in the context of historical origin of the world and formation of the people and nation “. Similar explanations have been given by various anthropologists such as Levi=Strauss. Namely myths have a function to provide a "logical" explanation to the Gauguin’s three questions in order to give the people the meaning of their existence and hence a relief.

However, the logic used in the myths, though it has an internal consistency, is different from the objective and positive logic of the modern science and hence not satisfactory for us in the modern society. We therefore rely on science to find an answer. Since science doesn’t answer when it knows it cannot, we will never be fully satisfied. Perhaps that is why we still need and will continue to need religions. But the scientists have been working hard to extend the range of questions that can be answered and keep updating our knowledge. So, what can current space science and technology tell us about our existence and destiny in the universe?


The history of the universe since the big-bang until the formation of the Earth is relatively well understood. I don’t repeat the detail here, but just emphasize the fact that the universe now is much more complex and diverse compared with the early universe in a sense that there are more kinds atoms (only H, He and Li were there just after the big-bang), and because of that there are more kinds of stars and planets.

Regarding the life in the universe, whether there is any extraterrestrial life is the one of the most important unanswered question. But if we look at the evolution of the lives on Earth, though there are many exceptions, in average they also have been increasing their complexity and diversity. We the human race, now prevailing across the globe, has been a single species as a life. But our ancestors seem to keep increasing the complexity of their technology (from stone axes to liquid-fuel rockets) and the diversity of their culture. Although we still don’t fully understand the origin of ourselves, it is probably fair to say that the history of the universe that has eventually led to the existence of ourselves was a history of increasing complexity and diversity.

One important fact the recent development of the space and planetary sciences have elucidated is that our place in the universe, the humanosphere, is an inherently variable system because of both its internal dynamics and the influences from the space. Our long-term survivability hence depends on our adaptability to changes. It is commonly said that diversity is important for adaptability. And as mentioned in the previous section we have been increasing our diversity. So far so good? However, the space exploration may have brought us a concern.

The concern indeed looked a good thing at first. One of the most important results of the space exploration in the 20th century is without doubt the picture of the Earth taken by the Apolo missions. It showed the contemporary people in a very dramatic way that they lived in this beautiful and isolated planet. It must have played an essential role in cultivation of the cosmopolitan spirit that is necessary to tackle the common problems such as global climate change. What is the concern then? The concern is that the picture of the Earth along with the rapid developments of the transportation and communication technology, standardize the way of people’s thinking and the culture, thus reducing our diversity.

However, the things may work in the opposite direction if the expansion of the humanosphere continues and some people start to settle outside the Earth and form something like a small society there. The extremely different environment as well as the difficulty in mutual visiting may help to develop the different culture from those in the Earth, and hence being the seeds for the long-term diversity of the human race. It looks even more hopeful if we consider who will be the early emigrants to the space. As pointed out by Freeman Dyson in “Disturbing The Universe”, it is likely that the early emigration to the space will be pioneered by groups
of relatively small number of people who has strong will (possibly driven by the despair to the society in the Earth) and dare to take the risk which is too high for the national agencies to take. This indicates that the space pioneers will have a tendency against the Earth from the beginning.

It is a good news if we consider the diversity in the human race is always a good thing. However, one can easily imagine that such different cultures and values in the new space society will not be comfortable in our current standard, as they may be so different that we may not share our very basic values such as freedom, democracy and personal dignity. Do we head for such a grotesque destiny? It still sounds a question in a hackneyed SF, but I believe it is becoming more realistic, serious but interesting question for the researches in the humanities and social sciences.

Hiroaki Isobe
Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research
Kyoto University
AD
2012-11-20 00:35:15

人類は宇宙をかき乱すのか?

テーマ:研究
来年度、日本文化人類学会で発表することになりそうです。発表要旨の下書きをメモ代わりに公開。


人類は宇宙をかき乱すのか?

物理学者のフリーマン・ダイソンはその自伝的著書「宇宙をかき乱すべきか」において、未来の宇宙植民と、ヨーロッパから北アメリカへの移民の比較を行っている。ダイソンは、ピルグリム・ファーザーズを載せたメイフラワー号(1620年)、モルモン教徒(1847年)、ラグランジュポイントに置く1万人収容の宇宙コロニー、そして20人程度の小集団による小惑星への自営入植の4つの遠征について、かかった経費が移民に参加する1家族当たりにして当時の平均年収何年分に相当するかを概算した。モルモン教徒の遠征が1家族当たり年収2.5年分で実現したのに対し、メイフラワー号では7.5年分かかっている。平均的な家族にとって年収2.5年分は生涯一度の買い物として可能な金額であるが、7.5年分は困難である。それゆえモルモン教徒に比べメイフラワー号は投資家からの借金の返済に苦しんだとされる。

 これが未来の宇宙植民ではどうなるかというと、大規模宇宙コロニーは年収1500年分、小惑星への小規模植民は年収6年分という数字が出ている。未来に起きるこれらのイベントの経費見積もりは極めて不確定要素が多く、ダイソン自身が希望的な見積もりだとしているが、少なくとも大規模宇宙コロニーが私的冒険ではありえず国家レベルのプロジェクトとせざるを得ないことは分かる。一方で小惑星への小規模移民は、強い意思を持ち、危険を顧みない少数の集団が、自らの意思で実行に移すことが可能になる日が来ることを予感させる数字である。

 物理学者によるこの比較は極めて単純であるが、なお人類の宇宙進出のあり方について様々な示唆を与える。王侯貴族がサポートした探検家達による大航海時代を経てメイフラワー号やモルモン教徒の移民が実現したように、宇宙開発の主要なプレーヤーが、NASAやJAXAのような政府機関から、地球上の国境など気にしない個人や集団へとシフトするかもしれないのである。事実、先進国の多くが財政難で宇宙開発へ大規模な投資が難しくなって来ている中、MARS ONEという民間のグループが「片道切符=地球には戻らない」という政府プロジェクトではあり得ない戦略で2023年までに火星で居住を開始するとしている。

 宇宙分野から人類学に期待することとしてまず挙げられるのは、この物理学者ダイソンの先駆的な試み、即ち一定の学術的根拠を持って宇宙時代の人類の未来の大きな物語を描く試みに、人類学がこれまで蓄積してきた知見を活かして参画、あるいは主導する ことである。なおこの場合対象のフィールドとなるのは、地球の大気圏外という意味での宇宙に限らない。宇宙空間へとフロンティアを拡大した人類生存圏全体がそのフィールドであり、地球外で人類が居住し新しい社会を築くという「可能性」が、地球上における同時代の個人と社会にどのようなインパクトを与えるのかといった問いをも含むものである。

 宇宙分野から人類学への期待は、人類の宇宙進出に人類学の知見を活かして欲しいというだけではない。国際宇宙ステーションの完成により、宇宙という生存環境としても文化的環境としても極端に異なる場所に常時ヒトが滞在する時代がやってきた。これまで宇宙に行ったことがあるヒトは500人を越えているが、ほとんど全てが厳しい選抜と訓練を受けた職業宇宙飛行士である。しかし民間による観光宇宙旅行など、職業宇宙飛行士でない「普通の人」が宇宙へ行く時代もすぐそこまできている。地球上と極端に異なる新しい環境に置かれた人類の変化を見ることは、人類の本質的な性質に新たな知見をもたらす可能性があるのではないだろうか。その意味で、宇宙という新しい人類研究のフィールドを、ぜひ人類学の研究者に活かして欲しい。

 人類は様々な技術と文化を手にすることで、様々な環境に適応するだけでなく、その環境を能動的に変えたり、或いは作り出したりする能力を手にした。遠い将来、太陽系、そしてその外へと人類の子孫が拡散してゆくならば、いつかこの宇宙の物理的な有り様に影響を与えることもあるかもしれない。アポロ11号のニール・アームストロング船長が”one small step for man, one giant leap for mankind”と呼んだ月面での第一歩が、ビッグバンで始まった宇宙の歴史に人類が能動的に関与する最初の一歩だったとすれば、人類は今その2歩目をゆっくりと踏み出しつつあるのだろう。これがこの宇宙の歴史において画期的なできごとなのか、他の恒星系の生物によるありふれた営みに加わるに過ぎないのかはまだ分からないが、少なくとも人類とその子孫にとって一大事である事は間違いない。

 人類は宇宙をかき乱すのか。一人の天文学者として我田引水を承知で言うならば、これは天文学者と人類学者こそが取り組むべき問題である。この発表では宇宙分野から人類学へのラブコールとして、宇宙の研究者から見た人類学への期待を述べたい。

AD
2012-06-14 02:55:49

宇宙がいつか滅びるならなぜ進歩する意味があるのか

テーマ:etc
以下の原稿は、ある学校で中学生向けに「自分の夢や希望の実現に向かっていくうえで、幅広い知識や経験を大切にしたり苦難に直面してもしっかりと向き合ったりする態度を培うためにどのような中学生活をおくるとよいか」について話して欲しいと頼まれて、書いたものです。

僕が尊敬する二人の学者である、フリーマン・ダイソンとビクトール・フランクルの本からもらった考え方を、自分なりにつなげてみたものでもあります。まだ最後はうまくつながったとは言えませんが、読んで/聞いてもらってフィードバックもらった方が考えも深まりそうなので、えいっと公開。

2万4千字!と結構長いです。そして中学生向けなのでとてもマジメに書いてますが、ほんとはもうちょっとシュールなテイストがが好みなので、自分で読んでてもちょっと恥ずかしいんですと先回りして書いときます。


ここから~

突然ですが、みなさんは人類はこの先どこまで生きのびると思いますか?いつかは滅びると思いますか?普段このような問題をマジメに考えることはあまりないかもしれませんが、こう聞くと「いずれは滅びる」と答える人が多いですね。理由を聞くと、環境の悪化とか戦争など、人類が自らで自らを滅ぼしてしまうという答えが多いです。

僕は人類はそう簡単には滅びないと思います。衰退と発展を繰り返すことはあるかもしれないけど、破滅的な戦争を避ける程度には人間は賢いと信じたいし、あまり考えたくありませんがそういう状況になったとしても、最後の一人まで(より正確には子どもをつくって世代をつないでゆくのが難しくなる人数まで)殺すのは現実問題として簡単ではないでしょう。地球環境の変化は人類にとって大きな脅威で、いずれ今のような巨大な人口を養うことは難しくなるかもしれませんが、人類が手にした知識、技術、文化は相当過酷な状況でも人類の生存を可能にするところまで来ています。

そうは言っても、「永遠に」生きのびるのはもちろんとても難しいことです。そもそも100万年、1000万年という時間が立てば人間が生物的に進化したりして、今とずいぶん形を変えているか、もはや人間とはいえなっているかもしれません。この生物学的変化は人間が生命工学により自ら引き起こすかもしれません。とにかくことでは、ここでは人類の遺伝子を受け継いだ、広い意味での私たちの子孫が生き延びていればいいということで話を進めましょう。

地球にはこの先様々な変化が待ち構えています。今一番問題になっている地球環境の変化といえば地球温暖化ですね。人間の活動により大気中に増えた二酸化炭素による温室効果で引き起こされていると考えられています。ご存知のように地球温暖化は、海面の上昇や局地的な砂漠化、豪雨・洪水の増加、生態系の変化など様々な問題を引き起こすと考えられていますので、二酸化炭素の排出をできるだけ抑えて人為的な温暖化を防ぐことはとても大切です。

しかし、長い目で見れば地球の環境は必ず変化します。皆さんは、今地球が氷河期だということをご存知でしょうか?「氷河期」の定義とは、地球に氷河が存在していることです。温暖化により氷河が小さくなっているという話は聞きますが、それでもまだ地球には氷河がありますよね。氷河期の中には比較的温かい間氷期と呼ばれる時期と非常に寒い氷期と呼ばれる時期があり、今は1万年ほど前から続いている間氷期です。地球の気候はとても複雑で、氷期と間氷期のサイクルを決めるメカニズムは完全には分かっていないようですが、歴史的には間氷期は1万年くらいで終わってしまうことが多かったようです。だとすると、今の間氷期もいつ終わってもおかしくないということになります。5年や10年で氷期がやってくることは多分ないのでしょうが、100年とか1000年の時間スケールではまた氷期がやってくる可能性があるでしょう。逆にもっと長い時間スケールで見れば、大きく温暖化する可能性もあります。恐竜が絶滅したのは今から約6500万年前のことですが、その頃は地球は氷河期ではなく、今よりずっと暖かかったそうです。

また、実は太陽は少しずつですが明るくなっています。太陽が生まれた45億年前は、今の7割ほどの明るさしかなかったと言われています。そこから少しずつ明るくなって今の明るさになり、約50億年後、太陽が寿命を迎える直前には、今の2倍程度明るくなると考えられています。太陽が明るくなれば当然地球は暖かくなりますから、10億年以上の長い長い年月で見れば、地球はいずれ確実に温暖化します。

地球環境というのは人間が悪さをしなければ変化しないというものではありません。それ自身でダイナミックに変化するものです。そして人類の生存という観点から見ると寒冷化は温暖化よりずっと大変です。食料生産がぐっと下がるからです。これは人間が出した二酸化炭素による温暖化の問題がどうでもいいということではありません。変化はスピードが速いほど影響が大きいので、今の環境をできるだけ変えないように守ることはとても大切です。でもそれが成功するとは限りません。だからこれからの社会を支えるみなさんがやらなくては行けない事は(もちろん今の大人の責任でもありますが!)、今の素晴らしい環境をできるだけ守るとともに、例え環境が変わってもあまり悲惨なことにならず、みんながそこそこ幸せに暮らせる社会を作ることです。具体的には、熱さ寒さに強い農作物の品種改良、省エネや新エネルギー、砂漠化や洪水を防ぐ技術など科学・技術に関わることと、食料が減っても奪い合って戦争したりしない、といった社会の仕組みに関わることがあります。どちらも同じくらい大切なことです。

ちょっと話が脱線しました。人類はどこまで生き延びれるのか?という話に戻りましょう。この先地球に待ち受けている変化は気候だけではありません。長い長い年月で見れば地形も変化します。皆さんはハワイが年間数センチくらい日本に近づいてきているという話を知ってましたか?地球の陸地はプレートと呼ばれる岩盤みたいなのに乗っていて、それは地球の内部のマントルという部分がゆっくりと動くのに合わせて少しずつ移動しています。

昔、世界中の大陸がパンゲアと呼ばれる一つの超巨大大陸だったという話は、聞いたことがある人もいるかもしれません。パンゲアが存在していたのは今から約2億年ほど前のことで、そこから少しずつ大陸がバラバラになって移動し、今の形になっています。大陸の合体と分裂は2,3億年くらいの周期で繰り返しているので、また2億年ほどすれば、一つの超大陸ができると言われています。今皆さんが住んでいる日本列島は当然ながらいつまでもあるわけではありません。「日本」という国が存在したことや、その文化を残してゆくことはもしかしたら可能かもしれませんが。

地形の変化は人間の活動する時間スケールに比べればごくゆっくり起きますから、これがただちに人類の子孫にとって危機的な状況を引き起こすわけではないと思いますが、地殻変動に伴って大規模な火山活動が起きれば話は別です。例えば熊本県にある阿蘇山が大昔に噴火した時は、今の九州全体が噴火による溶岩に覆われてしまったそうです。もし今それが起きれば大変なことですね。さらに大規模な火山噴火が起きると、噴火によって出てきた火山性のガスや塵が地球全体を覆い、太陽の光を遮ったり極端な温暖化を引き起こして、地球全体の気候を変えてしまう可能性もあります。

危機は宇宙からもやってきます。恐竜の絶滅は約6500万年前に地球に巨大な小惑星が衝突したためだと言われていますね。直径10kmもの小惑星が衝突したら、その周囲が壊滅的な打撃を受けるだけでなく、海に落ちれば巨大な津波が発生しますし、衝突により巻き上げられた塵が長い年月に渡って地球を覆って気候を大きく変えてしまいます。このような巨大な小惑星衝突はそれほど頻繁ではありませんが、いずれまた起きる可能性は大いにあります。もっともこのような小惑星の衝突を事前に察知して、事前に少し軌道をずらして衝突を避けるための研究がされていますので、将来研究が進めば小惑星の衝突に関しては避けられるようになるのかもしれません。

さて、地球環境の変動は大変なことですが、人類が十分賢ければなんとかそれに適応して生き延びられるでしょう。今の人類がそれほど賢くないといって悲観することはありません。人類には(ゆっくりですが)経験から学んでより賢くなるという素晴らしい能力がありますから。

人類の子孫にとって、最初の「決定的な」危機は太陽系の終わりです。約60億年後、太陽は寿命を迎えて赤く膨れ上がり、地球は飲み込まれるか、少なくとも生命が住めるような状態ではなくなってしまいます。そしてそのまま太陽は死を迎えます。私たちの遠い遠い子孫がその時までに地球を脱出して他の恒星系に移住するすべを獲得しておかないといけません。

例えその危機を乗り越えても、100兆年先には星の原料である宇宙のガスが使い尽くされて星がまったくできなくなります。全ての星はいずれ寿命を迎えて、白色矮星や中性子星、ブラックホールなど、少なくとも今の地球にいるタイプの生命が生存してゆくには極めて難しい天体しか存在しないような状況になります。宇宙のさらに遠い未来がどうなるかについてまだ科学的に確実なことは言えないのですが、この先宇宙全体がどんどん膨張を加速させ、いずれ、どのような形の生命も存在が難しく、だれとも通信できない孤独な宇宙になってしまうという説もあります。

さて、私自身は、人類の短期的な未来にはわりと楽観的です。ここで言う短期的というのは1000年とか1万年くらいの期間だと思って下さい。この先地球と人類には色々と問題はおきるでしょうが、きっと私たちの子孫はたくましく生き延びてくれることでしょう。

ですが、私たち自身の血を受け継いでいようといまいと、この宇宙で永遠に生命が存在し、活動し続けるのは、現在の物理学の範囲で考える限りなかなか難しそうです。人類、もしくはその子孫は、いずれは滅びる運命にある可能性が高いと言わざるを得ません。もちろん、今の科学では分かっていない何らかのメカニズムがあって、宇宙の膨張が止まったり他の宇宙に逃げ出ることができたりして、人類の子孫が永遠に生き延びられる可能性が全くないわけではありませんが。

仮に人類の子孫は永遠には生きられないと分かったとしましょう。少なくともこの地球上での生命活動は遅くとも60億年後には終わることは間違いありません。ではいずれ滅び、消え去ることが分かっているとすれば、人類は何のために生きて、何のために文化や芸術を後世に残し、何のために進歩を続けようとするのでしょうか。

この問いは一人一人の人生にも当てはまります。人間はせいぜい100年かそこらで死にます。少しくらい寿命はのびるかもしれませんが、それでも200年になることも多分ないでしょう。これは今のところ、恐らくは将来も、避けようがありません。

人はどうせいつか死ぬ、なのにどうして「良く」生きる意味があるのか。どうせ死ぬなら今を楽しめばそれでいいじゃないか、などと思ったことがある人は結構いるのではないでしょうか。

その問いに対して私ははっきりとした答えを持っていません。我々は何のためにここにいるのか、この問いは古代から多くの人が問い続けてきた、おそらく決して答えの出ない問いです。もしかしたら、人が生きる意味、人間が宇宙に存在する意味なんて、大してないのかもしれません。

ですが、それでも人はその問いを考えてしまいます。そして、自分が生きている意味を見つけたいと思います。

「なぜ我々はここにいるのか」が分からなくても、「どのようにして我々は生まれたのか」という問いは、実は現代の科学である程度は答えることができます。「なぜ我々はここにいるのか」その問いに対する、少なくとも自分なりの答えらしいものを探して、「我々はこれからどう生きるのか」を考えるヒントにするために、次は「どのようにして我々は生まれたのか」を宇宙の歴史を振り返って見てみましょう。

私たちの住んでいる宇宙は、ビックバンという大爆発から始まりました。なぜそういう始まり方をしたのかはよく分かっていませんが、そういう始まり方をしたという事実はかなり確かなものです。

宇宙ができたとき、実はごくごく初期にも色々な面白いことは起きているのですが、ともかくビックバンがある程度終わって今の宇宙ができた時、宇宙には水素とヘリウム、それにほんのわずかのリチウムという元素しかありませんでした。もちろん星もありません。水素とヘリウム(それにごく少量のリチウム)のガスが、宇宙全体にほぼ一様に存在しているだけです。宇宙はどこに行っても同じような景色しかない、退屈な場所でした。

しかしこの退屈でのっぺりとした宇宙にも、ほんの少しだけガスの濃さにムラムラがありました。ガスの濃い場所には、自分自身の重力でガスがさらに集まってきます。逆に薄い場所はどんどん薄くなります。そうして、集まって来たガスは、重力でやがって丸くなって星ができます。また星が集まって銀河ができます。

星の中は非常に温度が高くなるので、やがてその中で水素と水素がくっついてヘリウムになる、いわゆる「核融合」という反応が起きます。これにより大量のエネルギーが発生して、星は明るく輝きます。核融合は核兵器である水素爆弾に使われているのと同じメカニズムで、私たちの太陽のエネルギー源もやはり核融合です。

星の中では、始めは水素と水素がヘリウムを作る反応が起きますが、やがて、炭素、窒素、酸素、鉄などの様々な元素が核融合で作られてゆきます。始めは水素、ヘリウム、リチウムしかなかった宇宙の中で、重力でガスが自然に集まってできた星が、元素の合成工場になるのです。

星はある時間が発つと、核融合に使える燃料が尽き、寿命が来て死を迎えます。星が死ぬ時、特に質量の大きい巨大な星は超新星爆発という大爆発を起こして、それまで中で作っていた炭素や窒素や酸素や鉄などの様々な元素を宇宙空間に放出します(超新星爆発の最中にだけできる元素もあります)。太陽くらいの比較的小さな星はもう少しおとなしく死を迎えますが、それでもやはり最後は星を作っていたガスが宇宙空間に放出されます。こうして宇宙空間に、新しい元素が少しだけ供給されます。

新しい元素が少しだけ加わったガスの中から、再び星が作られます。その星は同じ様に中で新しい元素を造り、死を迎えると作った元素を宇宙に放出します。その過程が何度か繰り返されて、宇宙に、鉄、ケイ素(岩石に含まれる元素)、酸素、炭素などの元素が増えてくると、新しい星ができる時に、まわりに岩石の塊のような小さな星、つまり惑星ができるようになります。私たちの地球と太陽系は、このようにして宇宙に惑星の材料となる元素が作られたことで、始めて誕生することができたのです。

そして、星の中で作られたのは星としての地球の材料だけではありません。私たち生命の材料も、やはり同じ様に星の中で作られたものです。みなさんの身体で一番多いのは水ですが、水は水素と酸素がくっついたものです。骨はカルシウム、肉はたんぱく質ですがたんぱく質は窒素や酸素、炭素などからできています。血液には鉄が使われています。これ以外にも、みなさんの身体には実に多くの元素が使われています。

そして、今みなさんの身体を恒星している一つ一つの粒子は、水素を除けば、かつて一度太陽以外の星の中で作られ、宇宙空間に放出されたものです。みなさんは星の中で作られた元素からできた、いわば星の子なのです。

ところでこの宇宙に私たち地球上の生命以外の生命や、人間と同じかそれ以上の知性を持った宇宙人はいるのでしょうか。残念ながら、今のところ地球以外の生命や宇宙人が存在するという、信頼に足る証拠はありません。ですが、地球と似たような星、液体の水があり、地球上の生命が生きて行けそうな星は、既にいくつか見つかりだしていて、恐らく宇宙全体にはいくらでもあるだろうと考えられています。

今の科学でほとんど分かっていないのは、そのような星があった時に、そこに生命が生まれる確率がどれくらいか、ということです。もしかしたら生命というのはすごくできやすくて、必要な材料と環境さえ揃っていれば、どの星でも生まれるのかもしれません。しかし、もしかしたら、地球に生命が生まれたのはすごく可能性の低い出来事が連続して起きる奇跡のようなことで、宇宙には私たち以外に生命はいないという可能性もあります。

皆さんの身体の細胞の一つ一つには、遺伝子、DNAというのがあって、それが生命の設計図として親から子へ引き継がれているということは、聞いたことがある人が多いでしょう。実は私たちが知っている限り、今地球上にいるすべての生き物のDNAは、同じ材料からできて、同じような形をしており、全く同じ部分も持っています。人間、犬、ハエ、大腸菌のような微生物にいたるまでそうです。これは、私たち人間を含む地球上の生命は、全て同じ祖先を持っていることを意味しています。

地球で最初に生まれた生命、私たちの祖先は、人間に比べればごく単純な微生物だったはずです。そんな一番単純な生命でも、その構造はものすごく、ものすごく複雑です。材料となる物質を海に入れてちょっとかき混ぜるだけで、自然にこんなものができてくるとは、ちょっと考えにくいです。やはり奇跡のように思えてきます。奇跡のように思える理由は、生命が複雑だからです。色々な元素を使って、色々な形の分子を組み合わせて、何かものすごく精巧なものを作っているように見えます。私は、こんな複雑なものが誰の手になるでもなく、宇宙の中で自然に誕生したということを考えると、一種の感動を覚えます。

先ほどの話を思い出してみて下さい。最初、宇宙はほぼ水素とヘリウムだけの、変化に乏しいのっぺりとした退屈な場所でした。その中で誰がコントロールするわけでもなく勝手に星ができ、その中で元素が作られ、宇宙の放出され、その中からまた星ができ、やがて惑星ができ、海ができて、そして生命が誕生したのです。

みなさんの中で信仰を持つ方がいたら、それはやはり神様が作ったのではないかと思うかもしれません。私自身は特に信仰を持っていませんが、生命の発生は、科学者である私にとっても神様のような存在を感じさせる出来事です。

生命はその後も奇跡のような進化を続けます。微生物と人間を比べてみて下さい。道具に例えればラジオと飛行機くらい違います。材料や工具を倉庫に放り込んでおくと、勝手に飛行機ができるなどということは想像しがたいと思いますが、地球ではまさにそのような、いや、おそらくはもっと奇跡的な進化が起きたのです。

京都大学に古い化石などをもとに生命の進化について研究している大野照文先生という方がおられますが、大野先生に、この先地球に人間以外の知的生命が現れますか、と聞いたところ、恐らく知的生命への進化は、生命の発生そのものよりももっと難しく、奇跡的な出来事だろうと仰ってました。私はその分野の専門家ではありませんが、そのように考える科学者は多いようです。

人間が、例えば単細胞生物であるゾウリムシより「すごい」存在かどうか、それは実は簡単な問いではありません。が、人間がゾウリムシより「すごい」と客観的に言う事のできる理由があるとすれば、その一つは人間がゾウリムシよりもはるかに複雑だということです。さらに、人間は自らの手で例えば飛行機のような、または絵画や文学のような、自然にほっといてもまずできなさそうな複雑なものを作り出すことができます。

私が「複雑」という言葉を使っているのは、何が「いい」「美しい」「役に立つ」といったことは、判断する人(生命)や状況によるので客観的に言うことが難しいからです。ですが、「複雑さ」は使っている材料の多さ、形の多様さ、組み合わせの数など、客観的に表すことができます。

それはともかく、先ほど「人間は自然にほっといてもまずできなさそうな複雑なものを作り出すことができる」と言いました。皆さんも、「人工のもの」と「自然のもの」は通常分けて考えると思います。ですが、この二つの違いは実は自明ではありません。なぜなら、人間もまたこの宇宙の中で「自然に」できてきたものであり、その人間が作るものもまた広い意味では「自然に」できたものであるとも言えるからです。

例えば珊瑚礁や熱帯雨林の「自然」は珊瑚や魚、草木や動物、そしてプランクトンや微生物たちが生命活動の結果として作り出したものです。動物や鳥の巣などは、より人間が作るものに近い感じがしますね。そう思うと、良いものでも悪いものでも、人間が作りだしたものを含め、この世界にあるもの全ては、宇宙の歴史と進化の結果として、今存在しているのです。私がこの原稿を書いているパソコンだって、パソコンにつながってる延長コードもそうです。延長コードの上にうっすらつもっているホコリでさえ、かつてどこかの星の中でつくられた元素が、いまめぐりめぐってホコリになって、そこの延長コードに降り積もっているのです。

私はこのことを考えると、生命の発生について考えるときと同じような感動を覚えます。そんな時は世界の全てが美しく、いとおしく見えます。ホコリを見ても、空き缶を見ても、電信柱を見ても、「よくぞまあ宇宙のはじまりからここまで」と思ってしまいます。「思えば遠くへ来たもんだ」とはよく言ったものです。(念のため,四六時中そんな風に思ってるわけではありません。電柱を見るたびに感涙にむせぶようではまともな生活は送れませんので。)

だから私は、宇宙の中で地球や生命や人間が誕生したことに意義を見いだすとしたら、それは宇宙を多様で複雑なものにすることなんじゃないかと思っています。水素とヘリウムだけののっぺりとした宇宙から、天体や生命が躍動する、ダイナミックで、複雑で、面白い宇宙へ。生命と人間はその中でただ受け身に生きるのではなく、積極的な役割を果たしています。私たちは生きて活動するだけで、必ずこの宇宙のなんらかの部分に影響を与え、その痕跡を残しています。みなさんの存在と行動、それ自身が宇宙の歴史の帰結であると同時に奇跡のような出来事であり、新しい宇宙の歴史の一部を作るものであることを、時々考えてみて下さい。(時々でいいです)

もう少し一人一人の人間に引き寄せて考えてみましょう。

一人の人にとって、自分や自分の周り人の人生が、苦しいことやみじめで悲しいことばかりだったら、いくら種としての人類やその子孫が繁栄し、宇宙が多様で豊かになったところで何の意味もないでしょう。宇宙に星ができることと人間が生まれることの違いは、人間には感情があり、自由意志があるということです。人間以外の生命にどれくらい感情や自由意志があるのか、私はよくしりません。恐らく微生物にはほとんどなく、類人猿には人間に近いものがあるのかもしれません。とりあえず今は人間のことを考えましょう。

感情と自由意志があることによって、人間が宇宙にいることの人間自身にとっての意義は、単に「複雑さ」「多様さ」を増すことだけではなくなりました。

人類は、単に複雑さや多様さを宇宙に追加するだけではなくて、人類を構成する一人一人の人間が、幸せに、少なくともすごく不幸せにならないよう、人類の幸福をできるだけ最大化し不幸をできるだけ最小化するようにしてゆかないといけません。

「宇宙の複雑さを増すために」生きていると言われたってまったくピンと来ない人も、ここには意味を見いだしてもらえるのでは
と思います。みなさん一人一人が自分の幸福を追求し、さらにみなさんの周囲の人を一人でも、少しでもいい気持ちにさせることができれば、それは「一人一人の幸福を最大化、不幸を最小化しながら宇宙の複雑さと多様さを増して行く」ということに貢献していることになります。

みなさんもう気付いていると思いますが、これはずいぶん遠回りして当たり前のことを言ってます。つまり、みんなで助け合って、幸福で(不幸の少ない)よい社会を作るのがいいですね、言っているに過ぎません。私がここでいいたかったのは、そのような当たり前と思ってる価値観が、人がなぜ生きているかとか、人類はこの先どう生きるべきなのかとか、そういう根源的な問いの中で、どう位置づけられることができるか、ということに対する一つの提案です。

当たり前のこととは言いましたが、何が幸せで何が不幸かについては、ぜひ柔軟な考えを持って下さい。何を幸せと感じるかは人それぞれ違うということは皆さんも経験から知ってるでしょうし、社会全体を見ても、恐らく今の人が思う幸不幸と、戦国時代の武士のそれは恐らく違うし、クマやカエルやカブトムシとはもっと違うでしょう。千年一万年経てば人間の考え方も変わってくるでしょうし、いずれ人間が進化して他の生命になった時は、「考える」という枠組み自体から根本的に変わってしまうかもしれません。

そろそろまとめに入ります。このお話は「自分の夢や希望の実現に向かっていくうえで、幅広い知識や経験を大切にしたり苦難に直面してもしっかりと向き合ったりする態度を培うためにどのような中学生活をおくるとよいか」について、中学生に話して欲しいという依頼を受けたことをきっかけに書いています。

夢や希望を持って努力することの大切さを、みなさんは大人たちから聞かされていると思います。私もそれは大切だと思います。それには、大きく分けて二つの理由があります。

一つは、それがみなさん自身の人生を、とても楽しく、活力あるものにしてくれるだろうからです。もちろん保証はできません。でもたぶんそうです。何かなしとげたい夢、こうなりたいという希望があって、そのために努力することは、それ自体がとても楽しく、幸せなことです。(もちろん苦しいことも多いでしょうが)夢や目標を持って、何かを乗り越えよう、成し遂げようとすることは、しばしば成し遂げられた夢や目標そのものよりも意味があることがあります。

もう一つは、夢や希望をもって努力する人々が、少なくとも一定の数いることが、社会にとって、つまりその人以外の人を含む人間の集団にとって、必要なことだからです。

しばらく前から、持続可能社会ということが言われ続けています。地球上の資源は有限ですから、いつまでの経済発展最優先の大量消費社会を続けることができないのは明らかです。だから私たちの社会は、足るを知り、資源を使い尽くすことなく、ずっと続けていけるような社会のシステムに移らないといけません。

ですが、経済成長をやめることは、変化のない、穏やかだがずっと同じ社会を維持することは意味しません。なぜなら、私たちの生存の基盤となる自然環境も、また人々の考え方やそれに応じた社会のシステムも、変化せざるを得ないからです。それに、人間が目標に向かって何かを乗り越え、新しいことを成し遂げて行く事そのものに喜びを感じるのだとすれば、「ずっーと同じ」社会は多分幸せな社会ではありません。

だから、これから先も人類は、つねに変化に適応し、新しい技術や社会のしくみ、考え方を生み出しながら、古いものともなんとか折り合いをつけ、進化を続けていかないといけません。そうするためには、将来がよくなるという希望、こうなりたいという夢をもって努力することで社会を引っ張る、活力のある人たちが必要不可欠なのです。

何も全員がすぐ社会のためになるような仕事につかないといけないわけではありません。科学でも芸術でもスポーツでもエンターテイメントでもビジネスでも、何か新しいものを求めて様々な方向性で活躍する、そういう多様で活力ある人々が集団でいることが、トータルで見れば、変化に対応して適応可能な社会を作る源になります。みんながそこそこ幸せで食べて行けるようにするために、そういう人たちが必要なのです。

だから、今何か将来の夢がある人、やりたいことがある人は、どうぞそれに向かって突っ走って下さい。途中で挫折したり、やりたいことが変わってしまうことはしばしばあるようですが、そんなことは皆さんの人生の価値をちっとも減ずることはありません。むしろそれは新しい挑戦の種となって、皆さんの人生を豊かで幸福なものにしてくれると思います。

今、これと言って夢や目標がない人は、焦ることはありません。ゆっくり準備して下さい。大切なことは、興味の幅を広くもつこと、そして自分の可能性をあまり狭めて考えないことだと思います。

最後に、たとえ情熱をかたむけてやりたいこと、夢や目標が見つからなかったとしても、失望することはありません。夢や目標を追い求めるだけが、意味のある人生ではないからです。

私の尊敬する人に、心理学者のヴィクトール・フランクルという人がいます。この人はオーストリア生まれのユダヤ人で、第二次世界大戦中にナチスドイツによって強制収容所に入れられ、死と隣り合わせの過酷な労働を強いられました。その時の手記が「夜と霧」という本になっています。

彼はそこで、人間がここまで残酷になれるのかという恐ろしい事実と共に、そのような悲惨と絶望の中にあっても、他者へのいたわりを忘れず、大切な人の幸せを願って祈りを捧げる人たちを多く見いだしました。そして「どんなに自由を奪われた状況でも、与えられた状況においてどう振る舞うかという人間の最後の自由は、決して奪うことはできない」「どのような状況でも、与えられたその状況で、人間らしく、思いやりと尊厳をもって振る舞うことで、その人の人生は意義のあるものになる」と述べています。

これは極端な例ですし、何よりナチスの強制収容所のような悲劇を二度と繰り返してはなりませんが、ここで言いたかったことは、皆さんのこれからの人生が、夢を追って実現させたり、クリエイティブな仕事や、社会的に意義があって尊敬される仕事についたり、或は経済的に豊かで楽しみにあふれた人生でなかったとしても、みなさん自身が人生をそう悪くないと思って、時々楽しいこともあって、そして他の人の人生をそう悪くないものにするのにちょびっとでも何か役に立てるのなら、それはすごく素晴らしい、意義のある人生だとも言えるのです。

なぜなら今日述べてきたように、宇宙が水素とヘリウムばかりの退屈でのっぺりした世界から始まったことを思えば、みなさんの存在自体が奇跡のようにすばらしく美しいものであり、みなさんのこれからの行動一つ一つが、もっともっと複雑で、多様で、美しい宇宙を形作ることになるからです。


AD
2012-05-20 02:57:11

金環日食から脱線してゆく話

テーマ:etc
以下の文章は、2012年5月13日と20日にJAXAとディスカバリーチャンネルの主催で東京と大阪で開催された、金環日食のイベントで話した内容の一部を文章に起こした物です。金環日食の説明や太陽フレアなどの話は、実際より結構はしょってます。金環日食についての詳細や観測の仕方などは、2012年金環日食日本委員会 http://www.solar2012.jp/index.html や国立天文台 http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/ のサイトをご覧下さい。

なお対象は小学校3-6年生とその保護者でしたので、実際の講演ではもう少しくだけた話し方で、途中に参加者への質問なども入れたりもしてますが、内容の大筋は同じです。小学生には少し難しい内容も含まれているとは思いましたが、小学生たちが全て理解できることよりも、その時はよく分からなくても何か心に残るものがあって、後から意味が少しずつ分かってくるような、そういう話をしたいと思っていました。それができたかどうかは分かりませんが...


ここから

2012年5月21日、日本全国で金環日食が見られます。日食というのはみなさんご存知のように、太陽と月と地球がほぼ一直線状に並び、太陽が月の影に隠れる現象です。

太陽は月よりも直径にして約400倍大きいですが、地球からの距離は月の約400倍遠くにあります。このため偶然にも、地球から見たときの太陽と月の大きさはほとんど同じになっています。ただし月の見かけの大きさは時期により少しずつ異なります(実は太陽のみかけの大きさもそうですが月に比べれば変化は小さいです)。

金環日食というのは、月のみかけの大きさが太陽のみかけの大きさより少しだけ小さい時に起きるため、月が太陽を全部隠すことができず、太陽が輪のように見える現象です。一方、月のみかけの大きさが太陽のみかけの大きさより少し大きいときに日食が起きれば皆既日食となり、太陽の回りに明るく輝くコロナを見ることができます。

月のみかけの大きさが変わるのは、月が地球の周りを回る軌道が完全な円ではなく、すこしひしゃげた楕円の形をしているからです。地球の位置は楕円の中心から少しだけずれているので、月と地球との距離はわずかですが近くなったり遠くなったりします。近い時には月が大きく、遠い時には月が小さく見えるというわけです。


ケログ


コロナというのは、太陽の外側に広がる、温度が100万度以上にもなる超高温の大気です。コロナは皆既日食の時だけ出現するわけではなく、普段からいつも存在していますが、太陽本体に比べてとても暗いため、ちょっとでも太陽本体が見えているとその光に埋もれてしまい見ることができません。

ですが、みなさんの目には見えないエックス線という特別な光を使うと、皆既日食の時しか見られないコロナを見ることができます。下の動画は、日本の「ようこう」という人工衛星が撮影したエックス線の太陽です。時々ピカッと光るのは「太陽フレア」と呼ばれる大爆発で、これが起きると地球でオーロラが見えたり、宇宙飛行士が被ばくしたりします。太陽というのは地球上の生命活動の全ての源ですが、ひとたび地球の大気の外に出れば、人間にとってとても恐ろしい、危険な存在でもあるのです。


ケログ 動画(mpg, 12MB)


さて、今回の金環日食は関西では282年ぶり、関東では173年ぶりとなる貴重な機会ですが、ここでもう少し長い時間で日食という現象を見てみましょう。先ほど、月のみかけの大きさと太陽のみかけの大きさが偶然にもほぼ同じであるため、月と地球との距離がわずかに変わることにより金環日食や皆既日食が見えるという話をしました。この「みかけの大きさがほとんど同じ」というのは、実は本当にすごい偶然なのです。

実は、月は1年間に3-4cmほど、地球から遠ざかりつつあります。なぜそうなるかは大学で物理学を学ばないと分からないような難しい話なので詳しくは述べませんが、海の潮の満ち引きに関係している、ということだけは言っておきます。

月がだんだん地球から遠ざかっているということは、昔は今よりも月が近くにあり、従ってみかけの大きさも大きかったということです。3-4cmというのは月や地球と比べればわずかな距離ですので、月の見かけの大きさが10年や100年で変わって見えることはありませんが、長い長い年月が立てば変わってゆきます。

地球と月が生まれてまもない今から45億年前には、月と地球の距離は今の20分の1くらいだったと言われています。これは、夜空の月が今の20倍くらい大きかったことを意味しています。きっと肉眼でクレーターがはっきり見えたことでしょう。太陽と地球の距離はほとんど変わりませんから、この頃はもちろん金環日食は起きません。皆既日食が起きたとしても、月が太陽をすっぽり隠してしまいコロナはろくに見えなかったかもしれません。

一方、このまま月が遠ざかってゆけば、だんだん月のみかけの大きさは小さくなってゆきます。遠い遠い将来には、皆既日食はまったく見えなくなってしまい、金環日食も、リングというよりはドーナツのように見えるようになるでしょう。長い長い地球の歴史の中で、今は皆既日食と金環日食の両方が見える特別な時代なのです。

また月の直径は地球の直径の4分の1ほどですが、これは本体の惑星に大して4分の1の大きさというのは、非常に大きな衛星です。太陽系の他の惑星も衛星を持っていますが、本体の惑星の数分の1もの大きさがある衛星は月の他にありません。実は月の形成というのは今も分かっていないことが多いのです。もし地球にずっと小さな衛星しかなかったら、その衛星がよほど近くにない限りは皆既日食は見えなかったでしょう。

ですから、人類が金環日食と皆既日食の両方が見える星、見える時代に生まれたのは、実は奇跡のようなできごとなのです。


さてここからここから先の話は僕も全く専門ではないので、多分に想像が交じります。

古代の人も、日食は見ていたはずです。もっと言えば、現世人類になる前の原人や猿人だって見ていたでしょう。日食というのは、私たちの遠い祖先が、地球と月、太陽の関係に想像をめぐらせ、宇宙というものに興味を持つきっかけとなる重要なイベントであったことは、想像に難くありません。

そして天文学というのは人類のもっとも古い学問、科学の一つです。歴史に「もし」を言っても仕方ありませんが、もし日食がなかったら、文明の発達、科学の発達は今よりもずっと遅れていて、もしかしたら私たちは未だに石器時代のような生活を送っていたかもしれません。皆既日食も金環日食も見られるような時代に人類が生まれたことと、今私たちがこうして地球上で繁栄していることは、実は関係しているかもしれないのです。

さらにもう少し想像を膨らませてみましょう。

先ほど、昔は月が今よりずっと近くにあったと言いました。月の大きさそのものは変わりませんから、月が近くにあったということは、月の重力が地球に及ぼす影響、つまり海の潮の満ち引きが今よりずっと大きかったということを意味しています。

みなさんは、最初の生命が海の中で生まれ、そこから陸に出ていったということを知っていると思います。海に住んでいた生き物は、どうして陸に出て行ったのだと思いますか?海が他の生き物が増えて住みにくくなったから?新しい生きる場所を求めて?結果としてはそういうことなのかもしれません。だとすると彼らは、「さあ、新しい土地を求めて陸に上がるぞ!」と決心して、海の中で住んでいた生命にとっては危険に違いない陸上に進出して行ったのでしょうか?

京都大学の総合博物館の館長で化石や古生物の研究をされている大野照文先生とこの話をした時に、大野先生は「昔は潮の満ち引きが大きかったから、浅瀬に行っては引き潮で取り残されて死ぬ、ということを繰り返しているうちに、ひょっこり進化しちゃったということじゃないかと思う」と仰ってました。つまり、陸地に行こうと決心してみんなで協力して行ったというよりは、向こう見ずにも浅瀬に行っては死んでしまう、うっかりものの個体が後を立たなかったために、長い年月のうちに偶然にも進化するヤツが現れた、ということになります。(強調しておきますが、今言っていることは科学的に証明された事実ではなく、推測です)

私たち人類が地球上に生まれることができたのは、その昔、私たちの祖先の生命が海から陸への危険な移住を実現してくれたからです。そしてその生命が海から陸へと進出できたのは、たぶん、彼らの中に「よせばいいのに」浅瀬に行っては死にそうな目に合うということを繰り返すヘンなやつらがいたからなのです。

こういう他と違うことをするヘンなやつらは、集団から見ると普段はあまり役に立ちません。それどころか、みんなに迷惑をかけるようなことばかりします。いわゆる「いらんことしい」です。彼らは多くの場合、「いらんことしい」のまま一生を終えて死んで行きます。

ですが、本当に大変なことが集団に起きたとき、今までのやり方ではどうしてもうまくいかなくなった時、新しい道を切り開いて、その集団が生き残る可能性をつないでくれるのは、しばしばこういうヘンな奴らなのです。そしてこれは私たち人類が、この先待ち受けている様々な変化、様々な困難に立ち向かう時にも(たぶん)当てはまるのです。

みなさんの学校のクラスや身の周りにも、そういう「いらんことしい」な人がいるかもしれませんね。周りの人を困らせるようなことをしてる人もいるかもしれません。もちろん人に迷惑をかけるのはよくないことですから、そういう人がいたら注意をしたり、人に迷惑をかけないように手伝ってあげたりするのはよいことです。ぜひそうして下さい。ですが、「みんなと違うこと」をやるヘンな人がいることは、長い目で見れば人類にとってとても大切なことだということも、頭のどこかに覚えておいてもらえたらなと思います。

そしてこの話には別の見方があります。なるほど海から陸へ進出する時に先頭に立ったのは、「いらんことしい」でヘンなやつらだったかもしれません。でも、陸という危険が一杯の厳しい環境に適応し、そこで繁栄することができたのは、ヘンなやつらに続いてぞろぞろとついてきた、マジメでケンジツに生きようとする大多数がいたからです。たぶん。他と違うことばかりするヘンなやつらばかりでは、とうてい集団全体で繁栄することはできないですよね。

実際の生命の陸上進出がほんとにこの通りだったのかどうかは分かりませんが、これは人類の未来にもきっと当てはまると思います。新しい道を切り開くのは、しばしば、人と違うことをするいらんことしいのヘンな人たちです。(もちろんそうでない場合もあると思います。)ですが、みんながみんなそういう人ではやはり困るんですね。人類が集団として生き残り、変化に取り残されて不幸になってしまう人をできるだけ減らすには、集団の大部分は、人と協力してマジメにケンジツに働くことができる人たちでないといけません。

人と全然違う考えを持ったり違うことができたりする、そういう人たちは必要です。たとえ一見役に立たなかったり、それどころかちょっと迷惑だったりしてもです。ですが、人と違ってなくてはいけないというわけではありません。これといった特徴はなくても、マジメでケンジツに生きようとする多数の人々もまた、同じくらい必要なのです。どちらのタイプに近い生き方をするかはみなさんが決めることです。どちらも素晴らしい生き方だと思います。


そんなこんなで、日食からだいぶ話が飛びました。金環日食当日の天気がどうなるかは分かりませんが、もし晴れたなら、たまたま金環日食が見える星の、たまたま金環日食が見える時代に、たまたま人間に生まれた奇跡を感じながら、楽しんでもらえたらと思います。

おわり。


2012-04-29 03:01:32

科学と英語

テーマ:etc
この文章は、2012年4月26日に母校の岡山一宮高校・理数科2年生の生徒さんたちに向けて行った講演内容の一部に、少し言い足りなかったことを付け足して文章に起こしたものです。母校の後輩に向けた話、ということで若干アジテーション気味の偉そうな文章になってるかもしれませんが、そこは大目に見て頂けるとありがたいです(笑)

なおこの文章は講演の後半部分にあたり、前半では太陽活動と地球や人間活動の関係、そして科学と社会の関係について、主に英語で話しています。前半部分を含む資料は
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~isobe/nwork/presen/Ichimomiya-120426.pptx.pdf
に置いてあります。

今回の講演は、理数科の生徒さんたちに英語を学ぶことの大切さを伝え、英語を学ぶモチベーションをつけて欲しいということで依頼されたものでしたが、単に「英語できなきゃダメだよ」というのは自分の考えとはだいぶ違うので、講演では依頼に沿った内容に加えて、かなり私見も述べました。その内容については呼んで下さった高校の先生からもとても良かったと言って頂きました。で、講演の様子をNHKが取材に来ていて、その日の夕方のニュースで放送して頂けたのですが、その中で僕が「これからの社会はグローバル化だから英語はできなきゃいけません」という趣旨のことを述べているところが放送されて、その後に続けた本当にいいたい部分は放送されなかったようです。ただし放映時に一緒に食事していた同級生の携帯のワンセグでちらっと見ただけなので正確でないかもしれません。英語で純粋に科学の話をしている部分も放映されてました。

ニュース番組の中での放送ですし、講演会のもともとの趣旨からいってもその部分を抜粋して放映したことは理解できますし、そのことへの不平を言うつもりは全くありません。が、以下を読んで頂けたら分かって頂けると思いますが、やはり自分としては一番「そこだけ抜き出して欲しくない」箇所であり、それに地元ということで両親や昔の友人も見てくれてたみたいなので、ちょっと長くなりますがここに掲載しておきます。


*****ここから*****

ここまでは太陽と地球、人間活動の関係、またそこから話を拡げて科学と社会の関係について、英語でお話しました。「英語で理数」ということで今日のような講演会を開催したり、韓国の高校生と研究やプレゼンテーションといった取り組みもされたりしているようなので、英語が大切だということはみなさんはもう耳にタコができるくらい聞かされてるかもしれませんが、このことについて理系の研究者の立場から、また一宮高校の先輩として、後輩のみなさんに少しだけお話させて頂きます。

みなさんの中には、将来の進みたい道をはっきりと持っている人も、まだ将来何をやりたいのかよく分からないという人もいると思いますが、理数科ですから、大学へ進学して理工系の学部へ行こうと思っている人が多いことでしょう。そしてご存知のように、理工系に進む人にも英語はとても重要です。

僕のような自然科学の研究者が業績を評価される時は、研究成果を発表した論文で評価されます。その論文は基本的に全て英語で書かれます。日本語で論文を書いたとしてもそれは業績としてほとんど考慮されません。日本人以外で日本語を読める人はとても少ないからです。この事情は、特に文系の学問分野だと少し違います。例えば日本の文学や歴史について、あるいは日本の法律や社会についての研究であれば、それは日本語で発表する意味があります。そのような研究に関心がある人はもともと日本に関心があるでしょうから、英語で書くよりもかえって多くの、より読んで欲しい人に読んでもらえる可能性があるからです。また日本語に限らず、文学や歴史、文化に関わる問題では、その土地の言語の方がより深く適切な表現ができる場合もあるでしょう。しかし、今日お話したような宇宙や物理の話などは、宇宙のどこにいっても普遍的に成り立つ現象が対象ですがから、そのような地域性がありません。

英語はもはや科学の世界の標準語になっています。実は数十年前には今程そうでもありませんでした。例えば有名なアインシュタインの相対性理論の論文は、ドイツ語で書かれています。その頃までは、ドイツ語やフランス語、ロシア語などで、重要な論文がいくつも書かれています。もっと昔は、主にラテン語という今は使われていない言語で学術的な本が書かれています(イタリア語、スペイン語、フランス語などはラテン語から派生した言語です)。ですが今は、ヨーロッパの人でも論文は基本的に英語で書いています。

そして科学の世界だけでなく、英語は国際社会の共通語として使われています。みなさんが韓国の提携校の生徒と話す時も英語を使いましたよね?世界はどんどんグローバル化して、国境を超えて人もモノも移動しています。科学者、研究者にならなくったって、外国人と仕事をしたり、外国へ行って仕事をしたり、あるいは外国の会社に就職することは当たり前になりつつあります。だからみなさんも、世界中どこへ行っても仕事ができるようになった方が絶対に有利だし、そのためには英語ができないと文字通り「話にならない」ことになります。

英語が苦手だという人から、どうやって勉強したらいいかという質問を受けます。僕もそんなに英語ができるわけじゃないですが、その範囲でアドバイスするなら、まず効率よい勉強法というのにあまり期待しない方がいいです。基本的には勉強した量、英語を使った量に比例するだけです。強いていうなら、問題集をたくさんやるより、薄くて簡単なものでもよいので、がんばって英語の本を一冊読み切ってみることをお勧めします。子ども向けの童話でもいいですし、自分が興味を持っている分野の本だとなおいいと思います。それと、受験のための勉強はあまり面白くないかもしれませんが、受験勉強で身につけた文法や語彙は後から絶対役に立ちますので、つまんなくても頑張って勉強して下さい。

次に英語で会話する時のコツは、何より度胸です。一番よくないのはモジモジしたまま黙ってしまうことで、そうすると相手もどうしたらいいのか分かりません。何を言えばいいか分からない、喋ることがないのなら、「ソーリー、アイキャントスピーク」とか言って会話を終わらせた方がまだマシです。また発音は気にする必要はありません。日本人英語でOKです。どうせ世界の人もそれぞれのアクセントで話しています。勇気を出して話した英語が通じない時もありますが、そういう時は「オレ様の英語が聞き取れないこいつが悪い」と思えばよいのです。相手をバカにするのがいいという意味ではありませんが、自分の英語が通じなくてシュンとしてしまうくらいなら、そうやって自信持った方がいいです。

照れもよくないです。特に他の日本人がいる時に英語で喋っていて、いかにも「ガイジン」っぽく大げさなジェスチャーで「アーハ~ン?オーイェー!」とか言うの、恥ずかしくないですか?でも、さっき日本人英語でいいといいましたが、英語がコミュニケーションの道具だとするならば、表情やジェスチャーもそのうちです。(あまり美しい言い方ではありませんが)「ガイジンっぽく」喋ることへの照れとか、「日本人のくせになにがアーハンじゃ」という自分自身へのツッコミに打ち克つ時が、みなさんの英会話スキルが一つ上の段階へと上がる時です。まあこれは個人の性格とかポリシーとかもあると思うので、できないといけないわけでもないですが。

それから言いたいことの単語が出てこなくてずっとうーんうーんと言ってる人も時々いますが、そういう時は別の言葉に言い換えてみましょう。たとえば「雨」という単語が出てこなければ「ほら何だっけあの、空から水が落ちてくれアレ」とか言えば大抵の人は分かってくれるでしょう。実は、この別の言葉で言い換えることができるというのは、実は英語で喋るとき以外にも大切です。ある言葉をなんとなく言葉のイメージだけで捉えていて、それが本当に何を意味しているのかが分かっていないと、他の言葉に言い換えることはできないからです。


さて、ここまで英語の大切さをお話して来ましたが、実はここまでのお話は、本心でないとはいいませんが、僕が一番言いたかったことではありません。ここからが本番です。

みなさんがこれから世界で活躍する人になるために、一番大切なのは語学力ではありません。もちろん語学力は大切ですが、じゃあ英語がペラペラに喋れたとして、それでみなさんは一体何を語りますか?

違う言語、違う文化の人との話すときに大切なのは、単に言葉を知っていることではなく、自分の意見をはっきりと言うこと、論理的に話すこと、そして相手の話を聞いて自分との考えとの違いを理解することです。そして何より大切なのは、相手にあなたの話をぜひ聞きたいと思わせるような何か、あるいは何が何でも相手にこのことを伝えたいとみなさん自身に思わせる何かが、みなさんの中にあることです。

2008年にノーベル物理学賞を取った益川敏英さんも、実は英語が全然できなかったことで有名です。益川さんは素粒子論という分野で非常に重要な研究をされ、ノーベル賞を取る前からあちこちの国際会議から招待されたそうですが、英語が喋れないというこtで全て断っていたそうです。ノーベル賞授賞式でのスピーチも、最初に「I can not speak English」と英語で言ったあとは日本語でされました。英語ができなくても何か突出したものがあれば、科学の世界でも高く評価されるというよい例です。

とはいえ、もちろん益川さんも研究の内容を発表する時は英語の論文を出版されています。(英語にするのは主に共同研究者の方がされたというように聞いています。)僕は以前、ドイツのある研究所に3ヶ月ほど滞在したことがありますが、そこでは世界各地から大学院生や研究者が集まっていて、毎日の研究の議論やゼミなどは全て英語で行われていました。何度も言うように英語は科学の世界の標準語です。だから科学者は英語を使わざるを得ないわけですが、ここでちょっと違う観点から考えてみたいと思います。それは、日本語から最先端科学の営みが無くなってもいいのだろうか?ということです。ここでいう科学の営みとは、大学の授業やゼミ、日々の研究活動、研究成果の学会や論文などでの発表などのことです。

科学の意義というのは、単にその成果が様々な技術に応用されて、私たちの役に立つだけではありません。科学はこの世界がどんな場所で、私たちがどのようにして生まれ、これからどうなるのかを解き明かそうとする営みであり、地球が太陽の回りを回っていること、人間が他の動物から進化して生まれたことなど、科学を通して得た知見は、私たち人間の物の考え方に大きな影響を与えてきました。

「科学」「哲学」「物理」「社会」などの言葉は、実はもともと日本語の中にあった言葉ではなく、明治時代に西洋の学問を輸入した学者たちが、一生懸命に新しい概念を日本語に訳していったものです。西洋の学問に触れた一部のエリートたちをのぞけば、きっと当時はそれらの言葉は何かよくわからない新奇なものに聞こえたのではないかと想像しますが、今や誰でも「社会」という言葉を使って「日本社会の問題はこれこれだ」みたいな議論をしますよね。これは「社会」という言葉とそれが意味する概念が、日本語の中にしっかりと根付いたからだと言えるのではないでしょうか。

最近はあまり新しい日本語を作ることはせず、「コミュニケーション」とか「イノベーション」とか「エコロジー」とか、外来語をそのままカタカナで使うことが多いですね。もちろんこれには利点もあります。日本語と英語(外国語)も両方で新しい言葉を覚えるのは二度手間だし、それに別の言語に置き換えるとどうしても意味が変わってしまうことがありますから、そのままカタカナにしてしまった方が正確に伝わる場合もあります。

ですが、そうやってどんどん生まれてくる新しい概念を日本語にすることを怠っていると、いつか日本語と、日本語による思考がやせ細ってしまうことはないでしょうか。まして西洋の新しい概念を学ぶことが何より大切だった明治時代と違い、今は日本から世界へ新しい知見、新しい考え方を発信してゆくべき時代です。

国際化、グローバル化しなくてはということで、大学でも授業を英語でやったり、日本企業でも英語を公用語にしたりするところがでてきています。僕が今いる研究室でも、外国人の大学院生や研究員がいつもいますから、研究室のゼミなどは基本的に英語でやっています。多国籍の人が一緒に研究したり仕事したりする以上、それは必要なことです。中には大学の授業を全部英語にしてしまうべきという意見もあります。しかし一方で、日本語は非ヨーロッパ言語で最先端の科学・技術の営みが行われている、貴重な存在でもあるのです。

僕の仲のよい友人にインド人の研究者がいます。彼はインドの大学を出た後ドイツの大学院で博士号を取り、しばらくイギリスで研究員をした後、最近インドの研究所に職を得て祖国に戻りました。知ってる人もいると思いますがインドという国は面白い国で、色々な民族がいて国内で何十もの言語が使われています。そのため公用語としては、現地の言葉の中で特に話者の多いヒンディー語と、インドを植民地にしていたイギリスの言葉、つまり英語が両方使われており、大学や研究所などでは基本的に英語が使われています。僕の友人は日常会話はヒンディー語でしているのですが、彼は自分は科学の議論をヒンディー語でやることはできないと言います。どうしてかと聞いてみると、専門用語がないこともあるけど、とにかくヒンディー語で科学の議論をしたことがないのでうまく言葉が出てこないんだそうです。

これは僕の友人だけの特殊なケースかもしれませんし、僕自身はヒンディー語を全く知らないのであまりこの話を一般化することはできません。ですが、最先端の学術書や教科書が日本語で書かれたり、外国語で書かれた学術書・教科書の多くが日本語に翻訳されたりしていることに、彼が非常に感心し、うらやましがっていたことは僕にはとても印象的なことでした。英語が公用語であるインドでは、大学を卒業した人は基本的に仕事や研究をするのに不自由ない英語の能力があります。このことはインドにとってビジネスの上でも科学研究の上でもとても有利に働いています。ですが友人は、インドの科学や高等教育が英語だけで行われていることは長い目で見るとインド人に取って望ましいことではないと言っていました。ちなみにヒンディー語の元となっている古代のサンスクリット語は、宇宙や世界に関して世界でもっとも豊かな想像力に富む思索が残されている言語の一つだそうです。

科学者にとって日本語と英語の両方で科学の営みを行うということは、英語だけでやるよりも負担が増えることを意味します。日本の大学や研究機関が世界から優秀な人材を引きつけるには、授業や研究活動が日本語で行われていることは明らかにマイナスに働きます。ですが長い目でみれば、日本語で大学教育や科学の営みが行われることは、我々日本人にとってはもちろん人類全体にとって意義のあることだと思うのです。

みなさんは生物多様性という言葉を聞いた事があるでしょう。地球上には実に様々な種類の生き物がいます。生き物が多様であるということは、環境が様々に変化しても誰かが生き残ることができるという意味で、地球上の生命全体から見れば生き残るための強さにつながります。人間は生物的な種としては一種類ですが、生物の中で恐らく始めて、多様な文化や技術を持つことで様々な環境に適応し、その結果世界中に広まることができた種です。

温暖化するにせよ寒冷化するにせよ、地球環境はこれからもある程度の変化は避けられませんし、社会の変化のスピードはどんどん速くなっています。人類にこの先待ち受けている様々な変化、様々な危機に立ち向かう時、短期的には一致団結して協力することが必要ですが、長期的には、対立するものも含めて、色々な文化や色々な考え方を持っている人がいることがとても重要になるでしょう。

科学は普遍性を大切にします。ですが、その科学をどう使い、そこから得られた知見をどう文化や思想に組み入れてゆくかには、個人や文化ごとの違いがあり得ます。言語は人が物を考える時のもっとも基本になるものの一つであること、科学が人間の思考そのものにも大きな影響を与えて来たことを考えると、トップレベルの科学の営みが日本語という言語で行われるということは、日本語という言語で繰り広げられる思想が幅と深みを増すことにつながり、それはより広い視野で見れば、人類がより多様な文化と思想を育むことにつながります。加えて日本語、というより漢字文化には、1000年前の文献でも少し漢文を学びさえすれば、現代人でも比較的容易に読む事ができるという大きな特徴があります。現代ヨーロッパでラテン語の文献を読める人はそう多くないでしょう。1000年後の人類にとって、1000年前の科学、或はもっと広く知的な営みが、英語だけでなく日本語や他の言語も残されていることは、より多くの学びをもたらすはずです。

みなさん一人一人にとって大事なのは自分の人生ですから、1000年後の人類のためにああしろこうしろと言われても困ると思いますが、そういう考え方もあるんだということを心の片隅にでも留めておいてもらえたら嬉しいです。


長くなりましたが、最後に母校の後輩のみなさんに期待することを述べて終わりにします。

繰り返しになりますが、まず科学にしても政治やビジネスにしても、日本だけに閉じていられる時代ではありません。共通語としての英語が使えることはもはや前提みたいなものです。かつ英語ができるだけではだめで、例え英語が拙くてもあなたの話を聞きたいと相手に思わせるだけの何かを身につけないといけません。さらにさらに、自分の専門しか知らないのはダメで、幅広い問題に対応できるような知識と視野の広さも大切です。英語も専門もそれ以外もとかなり要求は高いのですが、努力してそんな能力を身につけて、世界を相手にグローバルに活躍し、日本を引っ張っていってくれる人がこの中から出てきて欲しいと思っています。

しかし、です。ほんとにそれだけでいいのでしょうか?

上に書いたようなグローバルに活躍できる人のことを、最近はグローバル人材などと呼んで、そういう人を以下に養成するかが大きな課題とされています。今回僕が理数科のみなさんの前で英語で講演を頼まれたのにもそのような意図もあったと理解してます。みなさんにはこれから先も、内向きではいけない、世界に出ろ、コミュニケーション能力を磨け、グローバル人材になれ、という上の世代からの期待や圧力がかかり続けると思います。

ですが、みんながみんなグローバル人材になれるわけでは、たぶんないですよね。そういう人はもちろん一定数必要で、たぶん少ないよりはある程度多い方がよいのでしょうが、世界で戦えるグローバル人材にならなくては生きて行けないような、そんな社会を僕たちは作りたいのでしょうか。

英語なんかできなくっても、地域でマジメに働いて、のんびり幸せに生きていくこともできる。障害や病気を持ってて色々な制約があっても、やりがりのある仕事をすることができる、その上で望むなら世界を飛び回るような仕事につく可能性もある、そういう社会の方がいいと思いませんか?僕はそう思います。

そんな社会を作るために具体的にはどうしたらいいのか、残念ながら僕にはよく分かりませんが、グローバルに活躍できるだけの意欲と能力があって、かつ自分の身の周りだけでなく社会全体のことを考えられる広い視野をもち、自分の能力とエネルギーを社会をよくするために使うことができる、そんな人材が必要なんだと思います。

みなさんの中から、そのような人材がでてきてくれることを期待しています。

おわり。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>