北九州エンドレスライダーズ倶楽部      【 KERC 】広報室

★Kitakyushu Endless Rider's CLUB

★北九州のバイク店に集まる生涯ライダーへ向けてプライベートツーリングなどの
企画や情報を発信するブログです。

★日記形式ではないのでテーマ別にランダム掲示します。
目的のテーマから記事をお読み下さい。


テーマ:

 
ちょっと前まで所有していたエイプの話です。



HONDA Ape100TypeD

(ホンダ エイプ100タイプD)  HONDA縦型エンジン




エイプ・100 空冷4ストローク100ccOHC単気筒直立エンジン

ノーマルパワーは6.3ps/8000rpm  0.67kgf・m/6000rpm

ヨシムラ  HEAD 125ccKIT
                             Type-Rへの道



 


 





もともとはミニバイクレースを久しぶりにやってみたくなって

NSRmini(2スト50cc)レース車両を買いましたが

このポジションでの耐久レースには歳がついていけず

もっとアップポジションのミニバイクでレースはもちろん

せっかくだからツーリングも楽しもうと思い

エイプを買ったのがことの始まり!


 





とりあえずノーマルのままではレースは走れないので

当時のBH戸畑店Y口店長がミニバイク好きと聞き

ライトチューンをお願いしに戸畑店へ >>>>>



とりあえずはヨシムラのパワーアップキットVer.2で

レースでそこそこ楽しめる仕様にチューンすることに決定!!



115ccボアアップキット、TM-MJN24、スロットルセット、K&Nフィルター、カムシャフトST-1

それにミニバイクには高級すぎるOVERレーシングのバックステップに

ヨシムラのチタンサイクロンマフラーでレースも公道も楽しめる仕様にパワーアップ



       
 
 
 


そして公道で走るとエンジンは元気良くなり快適ですが

何か一つ不満・・・・・・・そう足回りが

レースにも不可欠な足回りの強化ということで

オーリンズも考えましたがミニバイクに10万円以上する高級品は高すぎと

コストパフォーマンスの高さでベリアルのサスとBSのレース向けタイヤを投入


  
 
 


これでレースも楽しめる仕様になりました。

 
 
 
 


 気になるのはパワーはいったいどのくらいなのか

そこでY口店長の改造カブとパワーチェックにアドバンテージ九州さんへ

コレがその時のデータ!


 
 
 



 ノーマルのエンジン単体出力が6.3ps

後軸出力で8.6psなのでエンジン単体出力で10ps位でしょうか

調子に乗ってホイールもゲイルスピードのメッキタイプに・・・・・



    
 
 

ここらへんからレースに参加するにはちょっと勿体ないような気がして・・・・

転倒したら嫌だなと思ったころには・・・・・・

公道専用になっちゃいました。



そこでここまでやったら徹底してチューンしてやりたい思いがふつふつと・・・・
 
いろんなメーカーを考えましたが

 
気が付いたら、ヨシムラの最高峰

ヨシムラヘッド125ccキットTYPE-Rのシンプルさにひかれて

ヨシムラに耐久性を問い合わせしたところ

指定どおりに組んでオイル管理をしっかりしてもらえれば

絶対に壊れない自信があるとのこと

但し、周辺は同時に強化してくださいね・・・と



こりぁ~かなりの予算が必要だと思ったが

やってみたいと思ったら止まりません

ヨシムラヘッド125ccキットTYPE-Rに決定!!!

  

 


 




そして同時に周辺パーツも強化


●オイル温度計             ●レーシングCDI  
     
 
●FCC強化クラッチ           ●デジタルメーター
     
 
 ●TM-MJN26キャブ        ●5速クロスミッション
  
 
 ●オイルクーラー           ●強化オイルポンプ
    



そして素晴らしいのは12000回転も回るエンジンの点火を管理するCDI

レブリミッターがついているので間違ってもエンジンを潰すことはありませんでした。

オートシフターも追加してシフトアップを早く楽ちん仕様に!

 
  




そして出来上がったのがコレ!!!

 
 



パワーはものスゴイ!の一言

(今所有のKTM125DUKEのパワーとは比較にならない程の激パワー)



この時はまだどのくらいのパワーが出ているのか分かりませんでしたが

もう原2バイクとは一緒に走れないほどのパワーになっていながら

低回転のトルクもしっかりとあり街中もぜんぜん気になりません。

これでリッターバイクと一緒にツーリングしましたが

それでも速いと皆さんもビックリ!

いったいパワーはどのくらい出ているのか気になります。

そして壊れる気配はまったくありませんでした。(これがスゴイ)



ある時Y口店長(元はアドバンテージ九州の社長)から

ゼロヨンレースに出ないかとお誘いがあったので

更にヨシムラの新しいアップタイプのレーシング専用マフラー

レーシングチタンサイクロン GP-MAGNUM R-SPECで武装


 
  
  



キャブ調整でアドバンテージ九州さんにお世話になり

当然パワーチェックです。



  
 


そして出たのがこのデータ!


 



ヨシムラのデータで予想はしていましたが

本当にここまで出ているのにはおどろき!

エンジン単体で測れば20psくらいは出ているのでしょうか



そしてオートポリスでゼロヨンレースにチャレンジ!


 
 


同じBH仲間とも勝負!

  



・・・・・・が

125cc以下クラスにエントリーしている常連バイクは次元が違い過ぎです。

フレームもエンジンもミッションも完全なゼロヨン専用にチューンしていました。

聞けば横型エンジンは決勝まで4レースほどもてばいいほど

耐久性は二の次でカリカリにチューンしているそうです。


  




決勝には出られなかったですが、まぁ~結構楽しかったし

公道を走れて耐久性のあるエンジンでここまで健闘したのには満足でした。

(そして分かったのがこのクラスの勝ち負けの一番はライダーの体重だということ)
 
 
 



さて、APE100のチューンにかかった費用はコレ!



 
 

※クリックすると拡大
  
  
 


工賃まで入れると車両代は別にして130万くらいですか

    
 まぁ~人によってはいい年してこんなに金かけて

バカじゃないのっていう人がいますが

やってみて初めてミニバイクのチューニングの楽しさが分かりました。


長いバイク人生の中でこれもいい経験になりましたね

そしてやってみないと語れませんからね

でも多分、ここまでのフルチューンは二度としないと思います。


エンジンパワーばかり上げてもバイクは快適に走れないことが

分かったからです。(遅いっちゅうの)

要はバイクはバランス!ですかね

パワーに見合った

フレーム、サスペンション、ブレーキ、タイヤ

これのバランスがとれてないとやっぱり気持ち良くは走れませ~ん



そして最後に一言!!

ライトチューンの範囲であれば少しづつパーツを増幅させても

あまり問題ないと思いますが、

フルチューンの世界に足を踏み入れるならば

それなりのトータルバランスを考えなければ

耐久性への信頼感は期待できないと思います。

そして、それに伴い一時的なお金も相当に必要になりますね



フルチューンするならば気合が一番!!!!・・・です。




でも世界のヨシムラがチューンした

耐久性バツグンのハイパワーエンジンはさすがです。

興味のある方は一度チャレンジしてみてはどうですか



  
 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>