• 09 Nov
    • (レポート)2017年11月3日 島根「津和野」ツーリング

      久しぶりの山口方面島根「津和野」ツーリングに行ってきました。今回の相棒も久しぶりなDUCATI-MonsterS4RS新タイヤに交換したばかりなのですが今回は、「PIRELLI ピレリ:DIABLO ROSSO CORSA」赤文字のワンポイントがイタリアらしくオシャレです。そして、よく考えればイタリア車なのに一度もイタリアタイヤを履かせたことが無かったのでした。ピレリは、以前KTMに"ロッソ2"を履かせた時の印象が悪くまったく選択肢に入っていなかったのですがバイク屋さんにいる時に問屋さんセールスマンが来て"ピレリキャンペーン特別価格"に魅せられ発注してしまいました。相棒の選択はこのタイヤの走りに期待しての登場です。さて、ツーリングの話に戻ります。今回の目的地は、島根県「津和野町」コースは定番のコチラ!集合は、「関門トンネル:門司港入口」集まったのは、初参加のImagawaさん職場同僚のOobaさん(だったですよね)を含む7台7ライダーで7:45に元気よく出発!!広域農道を7台で快走しながら1回目の休憩は、"SE長門三隅町店"今日も多彩なメーカーの新旧でバイク談が弾みます。さて、休憩後は萩市内で給油して「津和野路」をガンガン快走するとあっという間に"津和野町"に入りそして、本日のランチ「道の駅"津和野温泉なごみの里"」のレストラン「あかね雲」に10:45到着11:00開店なので先にお土産を買いこんでから入店それぞれに注文しますがお知らせした「ローストビーフ丼:メガ盛り」をほとんどの人が注文したらどうも仕入れた量が足りないらしく数量を限定されました。仕方ないので一部の方を除いて「いのししカルビ丼」に変更先に来たのが「ローストビーフ丼*メガ盛り」1600円肉の量が多くて腹一杯になりました。そして、こちらが本日の"ジビエ料理"「いのししカルビ丼」\950室長は昔のトラウマで"いのしし"の食は無理ですが皆さんはなかなか美味しかったと高評価!きちっと処理されていれば野生肉もありでしょうか11:30頃にはレストランも満杯!秋の行楽シーズンと紅葉で人が多かったですよ皆さん、わき目もふらずに完食します。さて、ランチ終了後は"津和野"が初めての方もいるので少しぶらりとして"SLやまぐち号"を見ようかと来たのが津和野定番の「太皷谷稲成神社」小高い山の中腹にある神社で参道から来ると無数の鳥居をくぐりながら本殿まで登ってくるのが有名ですが足腰と体力に自信の無い我々はもちろん本殿下の駐車場からです。この日は本殿の中で"七五三"の祈祷がおごそかに行われていました。我々のメンバーも都合の良いときだけ"神様"に祈願していますが何をお願いしているのでしょうかね(この二人の年齢差は?)さて、参拝が終われば12:59津和野駅(着)の「SLやまぐち号」を待ちます。定刻になると汽笛と共に近づいてきましたがまったく煙が出ていません。Nakatuさんいわく、下りで負荷が掛からないので煙はでませんよ・・・っとまぁ、車で言えばニュートラルで下っているようなものですか絵的には残念でした。そして、神社を出発してから津和野の街を一周して帰路につきます。R315から県道を快走してR9~小郡IC~中国道~壇ノ浦PA本日はここ「壇ノ浦PA」で"解散"としました。時間は16:00頃なので夕暮れ前には皆さん帰宅できる予定です。本日の走行距離は313kmでした。意外に近いツーリングでしたねそして、DUCATIモンスターの新タイヤ「PIRELLI ピレリ:DIABLO ROSSO CORSA」チューニングにより後軸132psのモンスターS4Rs Testastrettaとのコーナーリング相性は良さそうですが走行後の表面のベトベト感は耐摩耗性への期待はもちろんありませんね。参加された皆さんお疲れ様でした。今回も無事に北九州へ帰還出来ました。これから少しづつ寒さが増してきますが"真のライダー"として元気よくツーリングして行きましょう!それでは次もご参加を宜しくお願いしま~す。!

      10
      テーマ:
  • 12 Oct
    • (レポート②)2017年10月9日 KERC秋の「豊後国」一泊ツーリング"2日目"

      さて、前回のレポートに続き2日目KERC恒例「秋の一泊ツーリング」2日目は前日の疲れにボォーっとしながら起床さっそく朝食の準備を開始米は残りの3合を前日に仕込んでおいたので目玉焼きとウインナーを焼きながらみそ汁、味付き海苔、ふりかけであっさりと朝食は終了です。(残念ながら写真撮影をすっかり忘れてました。)片付けが終わって荷物を積み込み8:30頃に出発!大分県九重町の「くじゅう倶楽部」を出発して2日目は、「やまなみハイウェイ」~「大観峰」~「オートポリスサーキット前」~「松原ダム」~「日田市」~「うきは市」~「朝倉市」~「寺内ダム」~「田川市」~「北九州市」へと帰還します。まずは久住山の登山口「牧ノ戸峠」から「瀬の本」に向かいます。ここはすでに紅葉が始まってますね"やまなみハイウェイ"の有名な木のオブジェを見ながら走ると・・・・・高原の"すすき"が風になびいています。阿蘇周辺もすでに秋ですね~久しぶりなので"大観峰"で小休止しかし、まだ朝早いのに第①駐車場には停められず第②駐車場で記念撮影です。さすがに3連休の人も多いためか二輪車も四輪車も九州外ナンバーが多かったですね再出発して"阿蘇スカイライン"からK12に入って「オーポリスサーキット」入口前を快走して事故っていたサイドカーを横目に"松原ダム"~"道の駅おおやま"で休憩この時で気温は30℃はあったと思います。暑さがたまらず、皆さん冷たいものに飛びついてました。これは、ここ限定の"梅みつソフト"もちろん梅の味がして美味しかったですねそして、ここで1名都合により早期帰還。そして、本日の目的地ハンバーガーショップの「Deli Boy BROS」ここの"手切りザクザクのパテ"を使ったオリジナルハンバーガーが今日のランチです。到着は11:30頃なので何とかすぐに全員が席に着くことができました。余裕の笑顔ですね~さっそくオーダーしますが全員がソースが違うだけの牛肉ハンバーガー値段はちょっと高いような気がしますがテレビの取材も来てたので一回食べてみてもいい雰囲気です。やっぱりパテが某チェーン店等と違いボリーム感があるような食感です。バンズはしっかりと焼かれてパリっとしてます。これで飲み物200円と合わせて1,100円!どうでしょうか。お試しあれそして、ここが最後の休憩地朝倉市の「三連水車の里あさくら」ここも裏の公園や周辺の家それに"三連水車"が豪雨災害にあったところです。ここでお土産の購入などで微力な購買支援をさせていただきました。今回は秋らしく「栗」を購入してみました。"朝倉市"からは"寺内ダム"経由でR500に入り小石原陶器市の渋滞に少しはまったのですが無事に北九州のSE木下店まで帰還し恒例の無事記念撮影で15:00に解散して2日間の一泊ツーリングを終えました。今回の走行距離は2日間で553km参加された皆さん2日間お疲れ様でした。今回も初めて走った道があったかと思います。マンネリ化しないようにコース企画をしようと思いますので次回もご期待ください。BH戸畑店のOkajimaくん「走り」が基本となる真のツーリングのコース企画・トップ走行を覚えて"モーターサイクルを駆る楽しさ・爽快さ"の感動を与える次世代のツーリングリーダーに早く育って下さいよ。(道によってアクセルを開ける・閉めるの緩急が一番大事ですよ)それでは、次回参加も宜しくお願いしま~す。

      6
      テーマ:
  • 11 Oct
    • (レポート①)2017年10月8日 KERC秋の「豊後国」一泊ツーリング"1日目"

      KERC恒例「秋の一泊ツーリング」食って、飲んで、楽しく快走してきました。当日朝の集合場所はR10曽根バイパス沿いの「ローソン小倉田原三丁目店」今回の参加は6台6名です。初参加はBH社員で戸畑店の若者Okajimaくん(今後のBHツーリング企画の勉強参画らしいです。)出発10分前には全員が揃いました。予定通りに7:00に出発で~す!!出発の朝は"少し曇り"気味ですが2日間の天気予報は"晴れ"昼間の気温は夏並みの30℃ということで問題無く、予定通りのルートをチョイスしました。まずは、到着予定時間の関係で東九州道「苅田IC」~「湯布院IC」を使うため"苅田IC"入口に向かいます。高速道を淡々と走ると大分県「院内」辺りから霧が掛かっています。多分この季節にしては気温が高いためじゃないですか「由布岳」も雲のようなものが掛かっています。そして、「湯布院」の街中は"雲海"ですっぽりと覆われていました。「湯布院IC」出口に到着して"道の駅ゆふいん"で1回目の休憩2連休なのでツーリングバイクが多いですね"湯布院"~"湯平温泉入口"経由でいつもの広域農道を快走して竹田市直入~竹田市街~R502~豊後大野市内に入り2回目の休憩は「道の駅原尻の滝」時間は9:50なのですがすでに気温は上昇して暑いのでここにある"ジェラート屋"に入ります。なかなかオシャレで美味しそうなので全員がそれぞれオーダーこれは"ラテ"というやつですが柑橘系でさっぱりといただきました。美味しかったです。ご馳走様でした。再出発してR502を進み"豊後大野市街地"を目指します。R502沿いを走る"豊肥本線"ローカルな一両列車がいいですね終点は"大分駅"のようです。豊後大野市街地からはR326に右折します。この道は"延岡市"に向かう幹線路で意外と交通量の多い道路ですが峠の登りは"登板追い越し車線"が多くありついついスピードの出るところです。調子に乗って飛ばしていると突然レーダー探知機の警告音"ピー"がしたため前の車を追い越す寸前でしたがまずは後ろにスピードを落とす合図をしてから左側の車と並走すると目の前にステルスレーダーが出現・・・・・・・間に合わなかったかなと思いながらじわじわと進むと旗を持った係の方が・・・・・・何と二人で雑談しながら笑ってました。運良く・・・・・セーフ!安全運転に心掛けましょうねとっ言うことで全員が無事にセーフ!安心してR326から"佐伯市"に向かってK39に左折してK53~K35を快走します。その途中にあるのが「大水車の郷」平成5年にできた当時は"日本一大きな水車"だったそうです。近くにはいきませんでしたが建物と比較してもやっぱり"でかい"ですねしかし、ここも先月の台風の被害があって遊歩道も一部崩壊してました。せっかく停車したので記念撮影でもパチリ!佐伯市街地からはR217の海岸線を走りランチの予定場所に向かいます。そして、到着したのが"津久見市"にある今日のランチ「海鮮丸」でも、何となく店内が暗く人の気配がありません・・・・・・入口ドアに近づくと・・・・・まさかのこの張り紙・・・・連休の日曜日に休むなよ!(あぁ電話して確認しとけば良かったっと・・・・反省)ここは魚問屋の直営店で新鮮で安い"海鮮丼"が美味しかったのですが・・・・・がっかりしているその時メンバーから「隣の店も海鮮系がありそうですよ」っと隣は自治体の施設かと思いきや中にはレストラン?食堂?"しおさいの里"がありお客さんもそこそこ入っているようなので急きょここでランチすることにしました。メニューを見ると海鮮丼以外にも名物"ごまだし"を使った料理もありさっそく券売機でそれぞれが"食券オーダー"本日のおすすめ "カンパチ刺身定食"600円名物"ごまだしちゃんぽん"720円まぐろ"あぶり丼"800円"しらす丼"800円まぐろ"ステーキ丼"800円ランチは量的にちょっと足りない人もいたようですが値段も安く、ご馳走さまでした。さて、ランチの後は今日の目的地うみたま体験パーク「つくみイルカ島」へ予定通り12:30に到着!イルカのショーが13:00からなのでさっそく全員で入場します。その前に、時間がまだあるので先に"イルカボート"に乗って餌やりを体験します。家族連れに交じってるところが絵になりませんね。普通はこんな"家族連れ"か"カップル"らしいですが・・・・係員の方が「男五人組の乗船は初めてですね」と笑ってました。でも、イルカは餌がもらえれば誰でも良かったみたいですねハロウィンがテーマの"イルカショー"が10分程開催され楽しみました。その後は"イルカ"との有料撮影会有料のわりに写真の写し方やバランスがヘタですよねもうちょっと勉強してから有料にしましょう!この後は小さい水槽に行って新人?イルカの訓練を見たり・・・・・"ペンギン"や・・・・・"カワウソ"や・・・・・誰かに似てる"アザラシ"や・・・・・"イルカに乗った少年?"Anaiさんを見たりして楽しみました。そして、帰りには"ペンギンのぬいぐるみ"がバイク後方に突き立てられていました。誰へのお土産でしょうねさて、ここからは本日の宿泊先へ急ぐため中九州自動車道(無料)を快速します。そして、終点から竹田市に向かっている途中で地元のスーパー"Acoop"に食材を買うために入ると何とこんな小さなスーパーの中に「豊後牛専門店」の肉屋がありました。ここにあった"すき焼き"用の最高肉が"町田バーネット牧場"より安い値段だったので急きょここで肉も購入することにしました。どうですか。・・・美味しそうでしょう!そして、本日の宿泊先「くじゅう倶楽部」にチェックイン!"町田バーネット牧場"に行く手間が無くなったので17:00に余裕で到着しました。暗くなってからでなくて良かったです。本日は1号館を指定されていますが連休のためか、すでに沢山の車が駐車していて停める駐車場が無いため道路沿いに駐輪して部屋に向かいます。本日の部屋は25号室と26号室それぞれ5名が泊まれますが3名づつで別れます。ディナーは、「高級豊後牛すき焼き」全員で食材を切ったり、米を炊いて準備します。準備が整い"すき焼き鍋"に肉以外の野菜類・きのこ類・豆腐・しらたき等を入れ煮込んでいるうちに"露天風呂"に入ります。そして、全員が揃ったら「かんぱ~い!!」宴会の始まりで~す赤ワインを入れた"割り下"は酒を飲みながらには最高でしたが各自が自分で投入した肉を食べた一言は・・・・・「すげぇ~超うま~~い!!!!!!」あまりの美味しさに朝食用のご飯にまで手を出して4人が5合をペロリと食ってしまいました。あの小さな地元スーパーでこんなに美味しい「最高豊後牛」に会えて良かったです。ご馳走様でした。さて、この後は全員が腹一杯になり焼酎や梅酒でワイワイ言いながら宴会は終了です。室長は早朝からの道具や食材の積載準備で疲れました。いつ寝たかも覚えず1日目は終了です。次回は2日目のレポートをお届けしま~す。

      6
      2
      テーマ:
  • 25 Sep
    • 2017年9月24日 (レポート)長崎「松浦の島」海の幸ツーリング

      2017年9月24日(日曜日)今回は久しぶりの「海景色ツーリング」目的地は長崎県松浦市の「福島」&「鷹島」陸地からは佐賀県経由でしか行けない長崎県の不思議な島です。ご案内した通り北九州市~福岡市~佐賀県伊万里市は往復共に高速道を使用したコースがこちら!集合場所は九州道"小倉南IC"本日の参加者は5名+(お見送り1名)定刻7:30に出発!九州道~福岡都市高速道~西九州道に入ります。西九州道はまだ無料区間があるのでお得感があって良いですね伊万里市"南波多谷口IC"が現在の終点ここから県道を快走して「福島」にまず向かいます。「福島」の名所と言えば"海の棚田景色"で有名な「土谷棚田」当日の朝方は曇って"もや"が掛かっていたので以前、天気が良かった日に撮影したものを使っています。そして、夕日をバックにした"田植えシーズン"に水を張った棚田風景の写真来年再訪して自分で撮影したいですねこちらは9/23に終わったらしい「土谷棚田の火祭り」幻想的な「ろうそく?」が良いですね・・・・・・・・っと駐車場でお二人が何か見つけたようでガサガサとあつかっているようです。よく見ると単三電池を使用する"LEDランプ"どうもこれが"火祭り"のロウソクに似た明かりのようで下は土に刺すようになっていますね子供達がいろんな"思い"を書いていたのでまぁこれはこれで現代の祭りらしくて良いですねこれも来年はぜひ見に来てみたいものです。「福島」の棚田を見た後は、次の「鷹島」に向かいます。この島は「本まぐろ」と「とらふぐ」の養殖魚が有名見えてきたのは唐津市と鷹島を結ぶ「鷹島肥前大橋」・・・(以前撮影した写真)ここを渡って島内に入っていきます。※以前訪問した時に撮影した写真も混載します。渡ってすぐにあるのが「道の駅"鷹ら島"」(たからじま)島の特産品が多く販売されていてここで「本まぐろ」の解体がされ店頭に並びます。もちろん冷凍されたブロックも販売されていますがバイクでの持ち帰りはちょっと厳しそうです。そして、この中にあるのが本日のランチ「味処まつばら」我々が到着したのは"10:55"と予定通り既に沢山のライダーを含めお客さんがいましたが誰も並んでいなかったので我々が一番乗りですんなりと入れました。こちらがお店のメニュー今回は「鷹島ちゃんぽん大盛」と「鷹島産まぐろ丼」の"普通"と"特盛"のセットを各自注文!すると後ろのテーブルでさっそくグビグビと飲んでいるのが"ビール"いゃ"ノンアルコールビール"を美味しそうに!でも一気飲みはやめましょうねこちらのテーブルに来たのは「鷹島ちゃんぽん特盛」880円美味しかったのですがもっとイカや貝類がたっぷり入った"海鮮ちゃんぽん"を想像していたのに海鮮系はほとんど入って無く玉ねぎとキャベツがたっぷりでちょっと残念。島料理らしく"特選海鮮チャンポン"になることを期待したいですねそして、本命の「鷹島産まぐろ丼」普通セット1,550円新鮮そうで美味しそうですねこれに"醤油ゴマだれ"をかけます。そして、こちらが「鷹島産まぐろ丼」の特盛セット1,900円やっぱり350円差の普通と違い大トロと中トロが5切れ程多く盛られていますよいゃぁ~"まぐろ"は何回でも食べてみたいです。さて、ランチ後は同じ「鷹島」島内にある「モンゴル村」に向かいます。くねくねとした細い道を走ると立派な門をした「モンゴル村」に到着です。しかし、施設はすでに閉鎖状態。広大な芝生の敷地や温泉施設がありますが経営をしてくれる会社がいないらしい。もったいないですが、ここまでの道路拡張の方が先じゃないですか松浦市さん頑張って下さい。そして、駐車場にあるのがこんな山のような岩のモニュメントそれに鷹島の「鷹」なんでしょうか現「ソフトバンク"ホークス"」のモニュメントがずらりそして、これがしたくてここまで来たのか「王 貞治」さんのモニュメントの前でパチリ!再出発しようとしたら岩の上に誰かお一人登頂してました。そこのお猿さ~ん!さぁ次に行きますよ~いよいよ「鷹島」を後に次の目的地に向かいます。次はここ「名護屋城博物館」"豊臣秀吉"が周辺国への出兵のため築城した「名護屋城」の資料が展示されています。歴史の勉強が似合わない5名が入場します。何と「無料」です。これが「名護屋城」と多くの"武将陣屋"を再現した"ジオラマ"当時は最大20万の人が集まっていたと聞いてびっくりです。日本の城の中では"大阪城"の次に大きかったそうなので"天下人"の権力が絶大だったことを想像できます。そして、すぐ隣の広大な敷地に「名護屋城跡地」があり石垣が多く残っています。ここには城は残っていませんが無料タブレットの貸し出しでVRによる再現してくれます。なかなか良かったですよ我々は天守閣のあったところまで行く元気はなく入口で記念撮影です。(後ろは呼子大橋)早々と降りてきて「名護屋城」を後に北九州への帰還の途につきます。行きと同じく高速道路をつないで今回は九州道の"直方PA"て解散です。本日の走行距離は362km参加された皆さんお疲れ様でした。KERCでは初めての「松浦ツーリング」でしたがトラブルも無く、無事帰還できました。さて、次回はいよいよ10/8~9「KERC秋の一泊ツーリング」です。すでに参加申し込みが6名なので残り4名です。1日目は「つくみイルカ島」に行きます。宿泊は長者原「くじゅう倶楽部」のコテージで「豊後牛ディナー」を楽しみます。参加費は"宿泊&宴会食事・酒&朝食"費用と"つくみイルカ島"入場料含めて8,000円を予定しています。参加希望はBH戸畑店長にお伝え下さい。尚、詳しくは当ブログでまた案内させていただきます。それではまたの参加をお待ちしておきま~す!

      7
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 2017年9月10日 「耶馬渓・日田・朝倉」原2ツーリングのレポート

      今回は「九州北部豪雨被災地の購買応援」を兼ねた「耶馬渓・日田・朝倉」原2ツーリングのレポートです。当日のコースがコチラ!集合場所は「ローソン小倉田原三丁目店」今回の参加は"原2が5台+390cc1台"の6台(お見送りのOno車が1台)いつもの常連メンバーで7:35に出発!今回は"行橋市"経由で"京築アグリライン"にアプローチします。"今川"をのんびりと走って"犀川"より"青の洞門"を目指します。アグリラインを走行しているといつのまにか後方に"金魚の糞"が連なっています。大型らしきバイクなので抜かすだろうと少しスピードを緩めると・・・・・Anaiさんが近寄ってきて・・・「後ろは八幡!八幡!」よく見るとBH八幡店長率いるツーリング集団です。"じゃぁ、アクセルを開けて良いですよね"と原2集団が引き離しをかけました・・・・とさそして、休憩も同じ「SE中津本耶馬渓店」BH八幡店ツーリングの参加者にも顔見知りがいたため久しぶりの談笑を交わします。BH八幡店は12台で"玖珠"でランチらしいですがすぐそこなのでR500から遠回りをするらしくここでお別れです。さて、我々は次の休憩地「岳切(たっきり)渓谷」目指してR500からK667に入り、快走できる田舎道からちょっと厳しい峠越えをして途中からK27に入ります。そして到着したのがちょっと季節外れの"岳切渓谷"ここは、歩いて行ける1枚岩の沢が2km続き夏場はキャンプや涼みに来る観光客が多いのですが今日は9月になったためか閑散としています。休憩だけのつもりでしたが入村料200円/人ということもあり「終点の滝まで皆さん行ってみよう!!」と駐輪してとりあえずは記念撮影です。スタート地点はまだ楽しそうに水に入っていますが・・・・・途中で全員が「まだあるん」、「2kmは遠いな」、「あぁ~疲れた」の連呼歳はとりたくないですね~そして、やっと着きました。進入禁止の先が滝です。ここまで来たら滝を見たいということで行ってみると・・・・・ちょっとした落差かと思い覗き込んでみると30m位の高さがあり、足がすくんで戻ってきました。これは危険なので進入禁止ですねと皆さんが戻ってくると・・・・・お一人危険な行動に出るKawamuraさん皆さんが「危ない!危ない!」と言っても「大丈夫!大丈夫!」と滝つぼを撮影してます。きっとこんな方がニュースで「あやまって足を滑らせ転落したようです」と報じられるのでしょうね(良い子は真似をしちゃダメですよ)でも、こんな立派な"滝"があれば階段でも設置して下から"滝"が眺められるようにしたら"滝"を見る目的で2kmを歩く気になるしもっと観光客が来ると思うのですがどうでしょうか・・・・もったいないですねさて、2kmを戻ってから"岳切渓谷"を後に"メイプルファームロード耶馬"を経由して次は"日田"に向かいます。当初のランチは"うきは市"にある牛肉をざく切りにしたパテを使ったハンバーカーを予定していましたが予定時間をかなりオーバーしたこともあり"日田焼きそば"にランチを変更。日田市内からはAnaiリーダーの先導で「私がよく行く常連店」と言う店に向かいます。到着したのがここ「銀馬」さん見た目は普通のラーメン屋さんです。でもメニューを見るとさすがに"日田市のラーメン屋""焼そば"が先頭に鎮座しています。注文したのは"焼そば(普通)"680円と"ライス(小)"150円それに"スープ"100円このスープがラーメン一杯分位の量があり中にはチャーシューときくらげが入っていて腹一杯になりました。美味しかったです。ご馳走様でした。皆さんもそれぞれ大盛を注文したりして満足そうに完食してました。さてお店を出発してからはR386を直進して朝倉市の"道の駅原鶴"に向かいます。途中の"夜明ダム"も被害があったらしくまだ工事がされていました。また杷木地区に入ると国道沿いにも民家や学校が多く被災されていました。そして到着したのが杷木地区農家の方が生産した果物や野菜を多く販売している"道の駅原鶴"ここで気持ち程度ですが地元の販売品を購入して早期復興の応援をしたいと思います。道の駅の前には遅咲きの"ひまわり"が満開で迎えてくれました。ここら辺に養蜂場があるのかたくさんの"みつ蜂"が乱舞していましたねまだまだこれから開花するものもあります。一度行ってみてはどうですか場内は他県ナンバーの方も含め多くの方で大賑わいでイベントが開催されていました。皆さん購買応援に来てたようですねご当地ソフトもしっかりいただきました。やっぱり名産の"巨峰ソフト"美味しかったです。そして、購入したのは梨(豊水)と巨峰(種無し)今回はリュクサックに入る量だけで申し訳ありません。次はパニアケース装備の大型車で訪問します。いよいよ本日の目的地はこれで終了です。ここからは北九州へ帰還しますが当初はR322で筑豊回りの予定を時間がかなりオーバーしてきたので通行可能になった"寺内ダム"経由を使うことに変更。寺内ダムにはまだ流木が多く残されています。湖畔ではまだ流木の除去工事が継続されています。山肌にもまだ災害の爪痕がくっきりと残っています。そして、最後の休憩は「道の駅歓遊舎ひこさん」ここで今回は解散することになり恒例の記念撮影で無事終了しました。それぞれが自由に帰宅しますがR322を戻っていると久々に見かけました「田川のマリオカート」それをニヤニヤしながら追跡体制に入った2台のカブこのあと"マリオカート"はいなくなっていました。そして、今回もまたTRIPのセットを忘れてしまいましたが自宅でODO2924kmだったので走行距離は250km位でしょう参加された皆さんお疲れ様でした。9月~10月はツーリングシーズンなので今月はもう一度"大型車ツーリング"を予定しています。そして、10月8日~9日の連休には"KERC秋の一泊ツーリング"開催がすでに決定しています。宿泊先は恒例の大分県九重「くじゅう倶楽部」の"コテージ"こちらは定員10名の限定となるので早目にスケジュール調整して参加表明をお願いします。詳しい内容は当ブログで後日ご案内の予定です。それではまたのご参加を宜しくお願いします。

      14
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 2017年8月27日 久住「長者原」ツーリングのレポート

      2017年8月27日(日)集合場所の「デイリーヤマザキ新道寺店」猛暑の中、集まったのは・・・・10人のライダーお見送りには、ホンダS660のimagawa夫妻本日は久々の方も登場です。そして、本日のコースがこちら!"長者原"を折り返してきました。7:05に出発してR322~"犀川"経由で"京築アグリライン"に入ります。予想以上にバイクが少ない"京築アグリライン"早朝は意外に少し肌寒かったですが快走できました。第1回の休憩はいつもの"青の洞門"近くの"SE中津本耶馬渓店"ここからはR500~院内~玖珠~日出生台~湯布院と10台で高速コーナー満載で快走していきますが途中でギアシフトが無くなるトラブル発生。ブレーキシフトを取り付ける応急処置で何とか再出発。・・・・誰とは言いませんがそして、"道の駅ゆふいん"で第2回目の休憩ここで2人が早期帰還のため離脱。8台で再出発です。トラブルの時間ロスもあり、すでに11:15になっていたので大分県九重町"やまなみハイウェイ"沿いにある「農家レストラン"べべんこ"」で本日のランチに決定。ここには駐車場横に動物が飼育されています。"馬"、"やぎ"、"アルパカ?"などなどこのお店は牧場一家の家族経営レストランもちろん大分の牧場と言えば"豊後牛"中心のこちらがメニュー!こちらが一番人気"豊後牛焼肉丼"1,520円"豊後牛カレー"1,030円"豊後牛コロッケ定食"1,030円お一人だけ"うどん"を頼みましたがまだ来ないのでカレーを見つめている方それ以外の方は脇目もふらず完食です。食後はメンバーの新しいマシンの撮影会Anaiさんの空油冷最終型の"BMW-R1200GSラリー(DOHC)"中々出回らない希少車でF800Sから乗り換えです。Kawataさんの"DUCATI-スポーツツーリングST4S"L型2気筒 4バルブデスモドロミック 水冷996cc発売当時は超豪華装備なのに国産並みの価格設定で大人気になりディーラーの取り合いになった伝説車です。前所有車のDUCATI-851は他のメンバーへお譲り・・・・・※お2人のメンバー紹介も更新していますよ~さて、ランチから再出発後は本日の折り返し点「長者原」で記念撮影!曇り空がちょっと残念でしたがやっぱりここは涼しかったですね"長者原"のやまなみハイウェイからは九重町~玖珠~裏耶馬渓~山国へと帰路につきます。ここ「道の駅やまくに」が最後の休憩になります。さすがにここはツーリンク゛集団が大勢いますねしかし、この時間の平地はまだ暑さが強烈でした。出発後は英彦山"野峠"経由で英彦山駐車場~油木ダム~香春町~R322最後は、いつもの「SE木下店」で無事"解散"!!時間はトラブルもあり予定より遅れて15:45でしたが、まだ余裕のある帰還でした。そして、本日の走行距離は325km帰りにBH戸畑店に寄ったため実質300km程でしょうこれも予定通りのミドルコースでした。まだまだ昼間は猛暑が続いていますが早朝は平地でもメッシュジャケットではちょっと肌寒く感じそろそろ秋のツーリングシーズンを感じた1日でした。参加された皆さんお疲れ様でした。9月からのツーリング企画もまたご期待ください。そして、10月8~9日は"KERC秋の一泊ツーリング"も企画中です。またのご参加をお待ちしておりま~す。

      10
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 2017年7月2日 「能古島めぐり」原2ツーリングのレポート

      2017年7月2日(日)博多湾に浮かぶ"小さな島"「能古島」原2ツーリングのレポート今回は初夏の"島めぐり"がテーマ!観光とランチがメインなのでツーリングコースは最短をチョイスそして、実走したコースがコチラ!集合場所の"DY新道寺店"6:45までには6台とお見送り1台が集合しかし、いつも参加するRider-Anaiさんが見当たりません。前日参加するとの情報があったので電話してみましたが応答無しあきらめて7:05に出発準備を始めたらやってきました。"赤いカブ"皆の前に近づこうとしませんので、いよいよ出発です。本日の参加は合計7台7人全員が原2です。R322~R201~八木山バイパスを順調に快走早朝なのに既に日差しが暑くて痛いほどです。福岡の中心街を横断しましたが渋滞にも巻き込まれず予想時間どおりのペースで着いたのが福岡市"姪浜"にある「能古島渡船のりば」9:00ジャストに到着して9:15発に何とか間に合いました。1時間に一本しかなくバイク・自転車の乗船限度は5台ぐらいですが今回は車の台数が少なく全員が乗船できました。良かったですね!そして、景色を楽しむひまも無く10分程で「能古島」到着です。観光案内で島内ガイドをもらい"ちっちゃな島"めぐり開始です。まずは、"展望所"へ訪問です。誰も来そうに無い山道を上がり着いたのがこんなところで本当に何もありません。地図看板を見ると一応島内のど真ん中で一番の高台のようです。北の方には、2005年"福岡県西方沖地震"で被害が大きく有名になった「玄海島」がよく見えます。「能古島」より、さらに小っちゃい島ですねそして、南の方向には福岡市内が見渡せますが手前の森が邪魔になってせっかくの景色が台無しです。"あと10m展望所を高くしてよ"と思った所でした。さて、次は今回の観光目的地「のこのしまアイランドパーク」に向かいます。とは言ってもバイクで1分程ですが・・・・ちょっと高いなと思う1200円を払って10:15頃に入園!ここで季節の花を見て園内にある"うどん屋"さんで「能古うどん」を食べる予定です。"あじさい"がありましたが、もう終わりかけでしたね今はやっぱり、"マリーゴールド"がメインですかこれは何でしたっけ名前が出てきませんが、一番鮮やかで奇麗な花でした。そして、向こうに見える作業服っぽい方はパークの園芸員にしか見えませんがメンバーのRider-Komaiさんでした。この先に入ると"思い出通り"というエリア昭和のレトロっぽい自動車や建物が並んだお店通りここは、ちょっとレトロでオシャレなCafe"喫茶夢路"アジア系外国人の方が入っていました。こちらは、レトロな駄菓子とおもちゃを売っている"思い出屋"そして、"うどん屋"に入ろうとしたら11:00開店ということでまだあと30分あるのでこのパークのメイン広場に行ってみました。ここは、良い景色ですね正面に見えるのは「志賀島」傾斜のついた花畑には今は「マリーゴールド」が満開でした。本当の園芸員の方が黙々と手入れをしてました。そして、皆さんで記念撮影。パチリ!(園芸員の方がお一人飛び入りしたと思ったのは私だけでしょうか?)そして、この広場の後方にあるのが結構大きなお店のレントラン"防人"メニューもオシャレなものもありますがメインは「のろし焼き」という炭火焼バーベキューのようです。そのバーベキュー会場には早朝にもかかわらず若い女の子が集まりスピーカーから音楽とトークが大音量で聞こえます。聞いてみると、まだマイナーな男子アイドルグループ名前は忘れましたが、ファンとの交流会のようです。でもこんな早朝にどうやって離島に来たのか不思議でしたねさて、"うどん屋"の開店時間になったので入店します。なかなか雰囲気の良いお店構えですよねもちろんメニューは"うどん"がメイン全員"能古うどん"の"冷やし"かと思いきやお一人が「能古うどんの"冷やし釜揚げ"」と訳の分からない注文をしてお店の人に「ええっ」っと言われ、慌てて"釜揚げ"にしたようです。まず来たのが、能古うどんの"釜揚げ"暑いときに熱いものを食べるとは粋な方です。そして、残りの方には能古うどんの"冷やし"細麺でコシがあり、普通に美味しかったです。博多の"軟々うどん"と違って何となく"五島手延べうどん"に似た食感でしたねご馳走様でした。!どこか別の一品も食べようということでここは、"能古うどん"だけに抑えてパーク入口で"能古島サイダー"を飲んで出発します。渡船発着所までの帰りは海岸線側を通って帰ります。"福岡タワー"や"ももち浜"も見えますがマリンレジャーを楽しんでいる方が沢山います。ジェットスキーやヨットが涼しそうですが実はバイクと同じく炎天下では地獄だろうなって感じです。でも、女子とタンデムで楽しそうに快走しているのはやっぱり・・・・・羨ましいですね予定通りにあと一品を選択するためお店をチェックします。でも、海鮮系はどこでも食べられるのでここでしか食べられないものと言えば・・・・・・能古島オリジナル「のこバーガー」これしかありません。渡船発着所のすぐ隣にあるため1時間後の13:00の乗船予約して待機所にバイク7台を停めて入店します。それぞれ、普通のバーガーかチーズバーガーをセットで注文して10分ほどで来ました。あまり期待していませんでしたが少し焼いた"バンズ"も、粗挽きの"パテ"も炒めた"オニオン輪切り"も、新鮮な"トマト輪切り"も美味しかったですねここしか食べられないキャッチフレーズ「のこバーガー」OKで~す。!美味しかったです。ご馳走様でした。さて、「のこバーガー」を堪能したら13:00発のフェリーが到着!全員が難なく乗船です。上から見ているとただの現地の人しか見えませんねさて、"姪浜"に無事に到着した後は、猛暑の福岡市中心街を走って犬鳴峠~直方市で休憩&解散です。正月のBH初詣でよく使う「ジョイフル上津役店」あまりの暑さに全員が「かき氷」をオーダーしましたが予想以上の量とギンギンのエアコンにちょっと躊躇!頭の痛さをガマンして完食です。この「マンゴーミックス」は最高に美味しかったです。さて、ここで解散です。皆さん、まったりしていると雨がチラチラと降ってきましたがすぐに上がり一安心でした。参加された皆さん、猛暑の中本当にお疲れ様でした。まさか真夏のような最高な猛暑になるとは思いませんでしたが初めての"能古島めぐり"を楽しんでいただきましたかでも、夏のツーリングは"山"が快適で良いですね次回7月は、大型車による"山"ツーリングを企画したいものです。次回の参加も宜しくお願いしま~す。!

      8
      テーマ:
  • 31 May
    • 2017年5月28日 山口「須佐」いかツーリングのレポート

      2017年5月28日(日)山口「須佐」いかツーリングのレポートです。集合は「関門トンネル門司港入口」急なお誘いにも関わらず5台のバイクが集まりました。DUCATI-3台、HONDA-1台、YAMAHA-1台予定通り、7:10に出発です。今回の実走コースはこちら!予定外の観光をしたので帰りは中国道の利用となりました。さて、ここ一週間は天気に恵まれたためイカの入荷は心配していませんでしたが「須佐男命いか」の取り置き依頼のため8:00頃、本日のランチ「梅乃葉」へ電話して取り置きをお願いしたところ「前日はシケで本日の活イカはありません」とのこと。「え~うっそ~」と、つい言いましたが前日が強風で漁ができなかったとのこと無いものはしょうがないのでkawataさんオススメの店に変更することになりました。そして、「萩市」の手前R191から将来は「山陰自動車道」になると思われる自動車専用道にある道の駅「萩・さんさん三見」で休憩ここは初めて寄りましたが日本海がよく見えて景色は良いです。しかし、駐車場が大きい割には店は小さく人がほとんどいませんでしたが地元産の大きな「びわ」に魅せられてお土産にして再出発!萩市からは海岸線を気持ち良く走りいよいよ「須佐」に到着!そのままkawataさんオススメのお店に向かいますが何と営業は7月~9月の土日のみでした。ん~残念!ということですぐ近くに「ホルンフェルス断層」があるのでとりあえず行ってみましたが下まで降りる元気もなく駐車場で休憩皆さんとここの売店をうろうろしているとこんなものを発見!「須佐湾遊覧船」漁船を使った遊覧で約1時間海から「ホルンフェルス断層」も見えるらしい面白そうなので皆さんをお誘いすると「乗ってみようか」とのご返事まずはランチを先にとるためやっぱり「梅乃葉」に行くことにして須佐駅の駐車場に駐輪まだ開店前の10:50頃ですが、「活イカ」は無いのに、すでに沢山の行列です。我々一行は11番目で待ちます。皆さん、まったりと待ちますが意外に入店していくテンポが早いです。店内が広いのでどんどん案内されて10分程でとりあえず着席「活イカ定食」は、もちろん全員が今回強制見送りです。そして、オーダーしたのが3名が「イカ三昧丼」、1名が「イカの肉味噌丼」もう1名が「イカ墨美人カレー」イカ料理以外にもこんなメニューもあります。まず、やってきたのは「イカ三昧丼」1,890円単品の「イカ天丼」「刺身のまかない丼」「イカの肉味噌丼」これを小ぶりの器に盛ったものです。三つの味が楽しめて美味しかったですよ次は「イカ墨美人カレー」1,200円見たとおり、イカりんぐとイカ墨の入ったルーですね美味しそうでしたよそして最後に来たのが「イカの肉味噌丼」980円イカとキャベツをピリ辛の肉味噌で炒めたもの結構、辛かったですが美味しかったです。さて、食後は「須佐漁港」に移動して「遊覧船発着場」に行きましたがなぜか、人っ子一人誰もいません場所が違うのかとお一人が地元らしいの人を探して聞いてみるとやっばりここらしいでも、誰もいないし他の客もきません。anaiさんが「そういえば駅に案内所みたいなところがありましたよ」ということで私が行って聞いてみると「遊覧船は予約ですから急な申込はね・・・・」「え~じゃダメなんですか」「いゃ~、お一人は難しいですね」「いえいえ5人ですが」「えっ、5人いるんですか」突然ビジネスチャンスと思ったのでしょうか笑顔になってどこかに電話・・・(ちなみに50代の女性)(チラシには最低5人から運行と書いてます)そして・・・「あっ大丈夫ですよ。13:00出航なので少しお待ちくださ~い」最後は妙に明るく元気に送り出されました。そして、来たのがこの「遊覧船」まんま「漁船」です。到着すると、座席やら手すりやらの遊覧船改造の準備が始まりました。でも、漁船に乗って遊覧するのはここぐらいじゃないでしょうか逆に初めての体験で嬉しかったですねもちろんガイドさんも急いで駆けつけてきました。ちょっと前まで若く美人だったのでしょうこんな地元の「お姉さん」ご当地の唄が上手かったですねさて、いよいよ出発です。こんなに天気が良く、海は「なぎ」の日で良かったです。小さい船はちょっと苦手と言っていたnakatuさんにも強制的に乗船してもらいました。それでは、須佐湾の景色を海からパラパラとどうぞ!海から見た「ホルンフェルス断層」予定外の観光でしたがまったりとした「遊覧船」でゆったりとさせていただきました。先を急ぐツーリングじゃないのもたまには良いですねこのあとは予定よりかなり遅くなった帰還準備になりますがちょっと「須佐駅」に寄って休憩します。皆さんとは雑談しながら、帰還コースを打合せして中国自動車道を使うことに決定!ここでちょっと須佐駅構内を覗いてみると丁度、一両列車が到着してました。でもだれも乗降せず寂しそうに停車してました。一日の運行は上下線共にたったの8本です。さて、そんな「須佐駅」を後にしてR315を一気に高速快走して「鹿野IC」へここから中国自動車道に入り「美東SA」で休憩最後は「壇ノ浦SA」で無事に解散です。本日の走行距離は、253km?・・・ではなく1回目の給油110kmでモンスターS4RSのTRIPメーターが1つしかないのを忘れつい間違ってリセットしたので本当は、363kmでした。皆さんお疲れ様でした。天気も良く、遊覧船も高速快走も楽しめましたねそろそろ梅雨に入る時期で憂鬱ですが雨以外の天気はツーリングの企画をするのでぜひ次回も参加をお願いします。

      10
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 2017年4月23日 「熊本地震1年」復興加速祈願ツーリングのレポート

      2017年4月23日(日)「熊本地震1年」復興加速祈願ツーリング!超快晴の天気で気持ち良く走ってきました。当日は雲一つ無い快晴の天気!こんな久々の良い天気に魅せられたのかまだ少し肌寒い中で急なお誘いにも関わらず新旧の外車・国産車が入り乱れて10台10人のライダーが集合です。今回のコースは、はっきりと決めておらずその時の時間を見ながらコース選択したのがコチラ!他のツーリンググループがまだ大勢いる中でKERCは7:30に予定通り出発です。まずは「京築アグリライン」を快走して耶馬溪「青の洞門」近くのSEで休憩!ふっと見ると・・・???北九州では有名な「マリオカート」のおじさんこんなとこまで出張して来てます。もう一台とマスツーリング途中のようですねでも・・・マリオは結構なお歳のようです。マリオカートは本当に普通のカート構造です。サスはもちろん付いてないようですがこんなので公道走って大丈夫なんですかねエンジンは2サイクルの50ccでしょうかマリオカートは田川の香春町ナンバーもう1台は太宰府市ナンバーご安全に!さて、休憩から再出発してR500~K50と超快走できる道に入りましたが前方の軽自動車の後に北九州ナンバーの男女3台のバイク1300cc、1000cc、250cc軽自動車も抜かず道も譲る気配が無いようでちょっとイライラして直線で強引に抜きましたが最近、こういう周りを見ないグループも増えました。もう少し気を使って欲しいものですね・・・(我々も)そして、2回目の休憩は、道の駅「ゆふいん」今日は、やっぱりバイクが多いです。ここからは、R210~「大野川広域農道」を快走して久住高原にある本日のランチ「Cafe Boi Boi」に到着!しかし、まぁ、まとまりのない駐輪ですよね車で来られた皆さんゴメンなさい。11:20頃、すでにお客さんも一杯ですが何とかまとまってテラステーブルに座れそうなので入店出迎えたのは「黒の看板犬」名前は分かりませんが皆さんに愛想を振りまくってました。ここは、わんこも入店OKでわんこメニューもあります。これがランチメニューセットはサラダとお好みの飲み物付き一番人気は「オムライスセット1150円」6名がオーダー残り4名は「チーズカレーセット1350円」2名「ドリアセット1350円」2名そして、満席の中でそんなに待たずにきました。チーズカレーセットオムライスセットドリアセットそして、プラス300円で追加できるデザート4名が可愛くプリンをオーダー美味しかったです。ご馳走様でした。ランチの後は、今日の本題!「阿蘇神社」で熊本地震復興加速の祈願です。やっと復旧予算にメドがたったのか工事が始まってました。本殿前でお賽銭と復興加速のお願いをして本日の目的を終了しました。ここからは北九州への帰路につきます。阿蘇市~大観峰~小国町~ファームロード日田市~小石原~添田町~香春町~R322いつもの「SE木下店」に5:20頃に到着!本日も全員無事に解散でした。本日の走行距離は360kmちょうどいい距離でした。皆さんお疲れ様でした。久しぶりの方も含め10台で快晴の「阿蘇」周辺を豪快に走れたのは楽しかったですねやっぱりバイクツーリングは爽快な「走り」に限ります。これからも本当の「気持ち良く走るツーリング」をやります!!それではまたのご参加をお待ちしていま~す。!!

      10
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 2017年4月9日 「桜満開お花見」原2ツーリングのレポート

      2017年4月9日(日)「桜満開お花見」原2ツーリングのレポートです。週の初めは、完璧な「雨」予報ほとんどの方が中止と予測していたようですがやっぱりKERCは「神ってますね!」前日(土)の雨と風の中で当日(日)の「降水確率0%」になっちゃいましたねそして、当日を迎えると前日の予報通り、ご覧のような「晴れ」のお天気!集合場所に集まったのは8台8名のライダー達で予定通り8:00に出発で~す。本日のコースはこちら!桜満開の各所をお散歩気分でツーリングしました。まずは、行橋市から「今川」沿いのまさしく「桜と菜の花」街道を気持ち良く走ります。そして、カメラマンも多く集まる犀川で一旦停止!ゆっくりと春の景色を楽しみます。あまりにも景色が良いので皆で記念撮影。桜と菜の花のコントラストが最高ですねさて、次は「今川」をさらに上って「赤村」でも川沿いの桜を楽しみ源流となる「油木ダム」~「英彦山」を目指します。「油木ダム」もこれまた桜満開英彦山では有名な「一本桜」を撮影していつもの駐車場で休憩を取りました。休憩後は、英彦山を下り小石原~朝倉市~うきは市に入って本日のお花見メイン会場の「流川の桜並木」に到着!約2kmに渡って1000本桜が満開でいつ来ても「素晴らしい!」の感動です。今回は去年の駐車場が閉鎖されていたため土手に降りたり、道端の小スペースに駐輪しました。こんな時の「原2」は機動的で邪魔にならないのが本当に便利です。そして、桜は満開の状態で時折吹く、風で「桜吹雪」が堪能できましたよここは、こんな桜並木のトンネルが魅力です。そして、大勢で宴会をしているグループもなく純粋にお花見散歩が楽しめる所です。そんな中、今年もKomaiさんがクーラーBOXにBeerを用意してくれたので全員で「かんぱ~い!」もちろんノンアルコールですよそうすると何故かKawamuraさんからつまみの差し入れが・・・・・・もう気持ちは「宴会」です。今年も「桜満開」を楽しませてくれた「流川の桜並木」有難うございました。(維持費100円の募金)さて、お次は本日のランチタイム去年と同じく、ハンバーグの「ジョージ吉井店」へこの看板が目印です。メニューを見てそれぞれがお好きにオーダーします。どれもこれも美味しそうで迷いますねかぶりつきベーコンハンバーグセット 1280円コンビハンバーグセット 1480円ロコモコ☆ラージ 1050円ジョージハンバーグセット 920円桜満開も、お腹も、いっぱいになったのでここからは早くも帰路に着きます。「うきは市」からは、寺内ダム~小石原~添田~大任町「おおとう桜街道」前を通過します。「花畑」には「菜の花」が満開になっていました。そして、いつものR322沿いの「SE木下店」に2:30頃到着ちょっとお早い帰還ですが、雨が降り出す前に解散です。皆さんお疲れ様でした。走行距離は200km弱でしょうか桜満開ツーリングで春を感じてもらえましたかこれからが本格的なツーリングシーズンです。近々また大型バイクの企画をするのでご準備下さい。次回のツーリングも乞うご期待!!

      12
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 2017年3月19日 山口「R191海岸沿いのお散歩」原2ツーリングのレポート

      2017年3月19日(日)山口「R191海岸沿いのお散歩」原2ツーリングのレポート急なお誘いでしたが集合場所の「関門トンネル・門司入口」に集まったのは8名のライダー達(朝の集合写真を撮り忘れていました。)今回は"原2お散歩ツーリング"ということでコースとランチは行き当たりバッタリ!予定通り9:00に出発して実際に走ったコースがコチラです。出発が遅かったため「萩」まで行く余裕が無かったのでR191沿いにある「いさ路」でランチすることに決定!11:15頃の到着で既に3組程の待ち状態でしたが10分程で呼ばれ、大テーブルに着席それぞれがオーダーして静かに大人しく待ちます。10分程でまずはここでは初めて見る「天丼」970円がきました。コチラは「刺身定食」1,930円これも初めて見た「いか丼」?円こちらは「まかない丼」860円そして、定番の「海鮮丼」1,620円それぞれ美味しくいただきご馳走様でした。さて、ここからは早くも帰路につきます。もちろん帰りは定番の「角島」しかし、連休のせいかはたまた、春日和のせいか帰りは他県ナンバーやレンタカーでこんなにたくさんの車で渋滞!こんなの初めて見ました。そして、バイクもいっぱい!でも、めったに「角島大橋」の上で停まることが無いので皆さん意外に楽しそうです。帰りの渋滞がひどいです。入口の交差点をなかなか出られないのが原因ですねそろそろ信号を付けましょう!「角島」を後にして関門トンネルに入りますがここも渋滞!先頭はすり抜けて行きましたが後続がきませんねあきらめてお先に出口へ向かいます。解散場所の門司出入口にあるローソンに15:30頃に全員無事到着!皆さんお疲れ様でした。走行距離を測っていませんでしたが200kmぐらいだったでしょうかさて、次回の原2ツーリングは毎年恒例の「お花見ツーリング」雨予報でなければ4月2日の予定ですよそれではまたあらためてお知らせしま~す。

      7
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 2017年2月26日 山口「柳井」ツーリングのレポート

      2017年2月26日(日)山口「柳井」ツーリングのレポートです。(都合によりレポートが大変遅れてしまいました)さて、今回のツーリング企画とリーディングはKawamura(BIG)さんです。いつものお得意な山口県!コースはこちら!集合は「山口」と言えばもちろん「関門トンネル-門司出入口」ぞくぞく集まったのは9台でも1台見かけない限定車のBMW-R1200GSが到着。むぅ・・・・誰?何とRider AnaiさんがBMW-F800からお乗換えのようです。この手のバイクに興味は無い方と思ってたので皆さんは唖然・・・・出発前にジロジロ(写真撮るのを忘れてました。次回にでも・・・・)さて、一行は予定通り8:00に出発!菊川~K260~R2をひた走ります。久しぶりの後方からの撮影。そして、第一回目の休憩はR2号沿いのいつもの"SE宇部吉見店"ここでもAnaiさんのGSがイジられてましたねここからはK216経由で"周防大橋"を渡って山陽自動車道"山口南IC"を目指します。"山口南IC"ではETC通過しますがいつもトラブルKitadaさんが入口でまたETC開かず係の人を呼びます。今度は何でと聞くと・・・・ETCカードの期限切れ。マスツーリングの時は準備と確認をしましょうねそして、無事に全員が通過して第2回目の休憩は"佐波川SA"ここから更に山陽自動車道で"徳山東IC"まで走ります。"徳山東IC"を出てからはR188~K63~K68~K158~K138~K22と「柳井市」に向かいます。そして、到着したのが本日のランチ、らーめん工房「麺や のぉくれ」既に沢山のお客さんが待っています。記帳してお好みの食券を買って順番待していると10分程でまずは4名様のお呼び出し早速テーブルについて食券を渡します。●しろ(鶏塩ラーメン)650円+やきめし(小)300円●担々麺750円+チャーシュー丼(小)250円●くろ(牛きりだしラーメン)680円+やきめし(小)300円九州の豚骨ラーメンとは違い"あっさり"と頂きました。次はどこへ行くかと思いきや柳井市街の「白壁の町並み」に向かいます。とりあえず、がらんとした駐車場に駐輪して散策します。「白壁の町並み」はこんな地域です。そして、町並みはこんな感じで静かで情緒あるところですね無料資料館もあって、見どころはこんな感じです。民芸品の「金魚ちょうちん」は有名らしいですよせっかくですからここのお土産を一つ"ぬれせんべい"でも・・・・人気No.1にひかれてお買い上げ!柳井市を後にして向かったのが最近海外でも有名になってTVでも紹介された岩国市周東町の旭酒造「獺祭DASSAI」安倍首相も一押しの日本酒ですが飲むことはできないので日本酒の香りが楽しめるスイーツ「獺祭アイスクリーム」を楽しみました。こんな高級品種も販売されていましたよ最高の味わいでしょうが、370ml 37,800円 高~い!さて、ここからは「徳地IC」から中国自動車道で帰還です。途中、「美東SA」で休憩して下関「壇ノ浦SA」で無事に解散式でした。本日の走行距離は376km皆さんお疲れ様でした。そろそろ気温も上がってきてツーリングシーズンになりそうです。次のツーリングもぜひご期待下さ~い!

      5
      2
      テーマ:
  • 04 Jan
    • 2017年1月3日 「2017初日の出」お散歩ミニツーリングのレポート

      2017年1月3日(火)「初日の出」お散歩ミニツーリング集合は「関門トンネル」門司港入口出発前ギリギリに到着したら何か、予想外にいっぱい集まっていますよ2017年もバイクお好きな方々、12台で出発です。関門トンネルから本日の第一目的地下関「火の山公園」8:00開門の入口ゲートに6:50到着7:20頃の「日の出」ですが前日の電話確認では開門時間は担当者によって7:10~7:40の時間差があるとのこと。「日の出」に間に合うことを期待して待ちますが今日の担当者は期待ハズレで遅く、7:35に到着すでに明るくなりましたが、急いで展望所に向かいます。やっぱり「ご来光」は見事に昇っていました。残念ですが仕方ないですねでも展望はバツグンなので、まぁ~良しとしましょう!ここで2017記念撮影!!「初日の出」と一緒にうまく撮りたかったのですが明暗差が激しく、大容量のストロボもなかったので・・・・・仕方なく背景を思いっきり白飛びさせて新旧の「Monkey」を前に記念撮影をパチリ!第一目的地の後はR2を北上して次はモーニングランチへ名物「貝汁」のレストラン【みちしお】さっそく入店すると注文はこんな「タブレット」になってました。何か、最新の回転寿司みたいなシステムですね周りはシニアの人達でいっぱいほとんどが「朝定」630円をご注文!我々のテーブルは「朝のおむすびセット」480円中には「かつカレー」と「貝汁」のセットを注文した方も・・・・そして、室長は朝から贅沢な「はまちの刺身」と「特盛の貝汁」を堪能う~腹いっぱい!!モーニングランチ後はクラブ員の新しいバイクの撮影会です。まずは、Rider-AnaiHONDA-「Monkey」5L(12V)限定モデルRider-KomaiHONDA-CrossCUB CC110Rider-KawataHONDA-SuperCUB 110ProRider-ImagawaHONDA-CLICK125撮影終了後は、「みちしお」からR2を戻り途中からK33に入って門司港に戻ってきました。10:00ちょっと過ぎで、予定よりちょっと遅れましたが今年の安全を願いながらの解散式です。皆さん、正月からのお誘いに参加していただき有難うございました。今年も元気にツーリングやランチを楽しみましょう。!!

      10
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 2016年12月11日 2016ラストツーリング「阿蘇周辺と蕎麦」のレポート

      2016年12月11日(日) "超晴天"2016年のラストツーリング「阿蘇周辺と蕎麦ランチ」を目的に走ってきました。今年、最後の「KERCマスツーリング」まだ阿蘇の積雪情報が無いため最後の阿蘇ツーリングの企画ということでツーリングコースはこちら!!今回の相棒は少し放置状態になっていた「DUCATI モンスターS4RS」極寒装備が無く、冬は乗らないのですが久しぶりのS4RS走りを期待して選択しました。しかし、天気予報では相当な「気温低下」予想なので「備えあれば憂いなし」と思い急きょ格好は無視して持っていた、巻き式でシガーソケットで使える「グリップヒーター」を前日に装備してみました。今の巻き式は薄くてあまり違和感がなく冬場だけの使い回しができるので意外に重宝して便利ですよ!さて、当日の集合場所「デイリーヤマザキ新道寺店」出発8:00の20分前から寒い中ゾクゾク集合参加バイクは10台DUCATI-4台、HONDA-5台、YAMAHA-1台簡単なコース説明をして夕暮れ前の16:00解散予定で、いざ出発!!R322~田川~大任町~添田から小石原に向かいますが田畑には真っ白な霜が降りて極寒状態な中で指先がピリピリと痛みを感じます。グリップヒーターが無かったらと考えるとゾッとしました。そして、1回目の休憩はいつもの小石原「行者杉」グリップヒーターもハンドガードも無い方は気温2℃の中で悲鳴を上げていました。やっぱり冬の極寒装備は大事ですね「日田市」からは前日の雨による凍結が少し心配でしたが「ファームロード」を使って「南小国町」を目指します。途中で凍結と勘違いした霜が降りたコーナーがありましたが無事に2回目の休憩、小国町「下城の大イチョウ」に到着。前日の雨には困惑しましたがこの時点で天気は見事な・・・・「超快晴」気温も少し上がってきたようで指先の痛みも無くなりました。再出発して11:05には今日のランチ南小国町のそば街道にある「花郷庵」に到着。いつもは順番待ちで並ぶのですが時間帯が良かったのか、即、入店できました。店内に入れば期待していた「石臼挽 新そば」のポスターとウェルカム「焼き里芋」が迎えてくれました。さっそくテーブルについて多彩なメニューを見ますが・・・・・結局、9人がお知らせに掲載した「温かい地鶏そば」1300円とサイドメニューの蕎麦屋の出汁でつくった「とろろめし」450円のセットをオーダーお一人は、土日限定のメニュー「あか牛丼と蕎麦のセット」1300円をオーダーこの店は古民家風の建物も良いのですがこんな田舎風のオブジェもまた良いのです。美味しくて満腹なランチに満足して出発!次は「マゼノミステリーロード」を快走しようとR212の入口から少し行くと「12月9日より冬季通行禁止」看板とゲートが閉鎖されていてガッカリ!R212に戻って寄ることの少ない「大観峰」へ向かい今日は快晴なので阿蘇の景色に期待してみました。久しぶりの「大観峰」はそれなりにバイクも集まっていて観光客でけっこう賑わってましたよ地震と噴火の観光復興が期待できそうな雰囲気でした。「根子岳」方面も空気が澄んだ綺麗な景色阿蘇山「中岳」は穏やかな煙が展望できました。久住連山方面は鮮やかな「快晴ブルー」で気持ち良い景色そして、「大観峰」を後に「瀬の本」~「筋湯温泉」~「四季彩ロード」「九重町」~「竜門の滝」~「玖珠町」に入ったところでここで、お一人"ガソリンがヤバイんですけど""だけ~ガソリンは大丈夫ってさっきから言っとるやん""すんません。見込み違いで反省します。"と、反省をしてるということですぐに許してGSを探して玖珠町市街地へ戻り無事何とかギリギリで給油が終わり「耶馬溪」を目指します。高級外車のガス欠見ないで、よかった~ですね~。途中、ノロノロのキャンピングカーにイライラしながら最後の休憩地「道の駅 耶馬トピア」へ到着休憩後は、「耶馬溪」~「京築アグリライン」を快走して解散式はいつもの小倉南区「SE木下店」ほぼ予定通りの16:05に到着!時間管理は大事ですよねしかし、新旧のDUCATIが4台揃うのも珍しいですねいい光景です。今回の総距離は320kmこれもほぼ予定通りでした。2016年最後のKERCツーリングお疲れ様でした。今年は転倒や事故もなく無事に終わりました。これも皆さんの節度あるライディングのおかげです。2016年もお付き合い有難うございました。毎年皆さんの加齢が気になりますがエンドレスライダー倶楽部なので体力と健康を維持していつまでも元気な生涯ライダーの継続をお願いしますね。2017年もまた元気にツーリングをしましょう!!宜しくお願いします。

      19
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 2016年10月30日 「佐賀バルーンフェスタ」ツーリングのレポート

      2016年10月30日(日)「佐賀バルーンフェスタ」ツーリングのレポートKERCとして「佐賀バルーンフェスタ」に行くのは初めてです。今回のツーリングコースは「行き」が九州自動車と長崎自動車を使い「帰り」は下道を福岡方面に出て、直方経由で帰還しました。最後に会場とトライアルショーの3分動画も用意していますよツーリングコース地図はコチラ!集合は小倉南ICで6名が6:30に出発!途中、「鞍手PA」待ちの方1名と合流して本日は7台7名で再出発です。九州自動車道を「佐賀大和IC」に向かいますが予想したとおり朝は相当に冷え込みます。防風インナーではもう寒いですね朝夕はライトダウンな防寒インナーが最低必要だなと感じながらグリップヒーターをONにしました。佐賀大和ICを降りる直前に今日1回目の休憩は「金立PA」7:50でしたが、焼きたてパンがあり美味しかったです。長崎自動車道を降りてからはすでにスタートした競技気球を遠目に眺め過去に数回1人でバイク訪問していることもあり混まない道路を選択しながら裏道をスイスイ行くとあっという間にメイン会場に到着しました。目の前には臨時のJR駅「バルーン佐賀駅」曖昧でよく分からない警備員がいてバイク駐車場所の確認に時間が掛かりましたが無事に会場真横に確保!さて、会場では競技気球が離陸した後で予定通り、飛行はしない変形気球の「バルーンファンタジア」の展示が始まってました。この時だけ一般観客が気球に近づくことができ間近で気球のバーナーを見て炎の熱さと迫力を体感することが出来ます。キャラクター気球もいろいろありますが毎年恒例の展示は「トム&ジェリー」のトムHONDAの人型ロボット「ASIMO」これは今年初めて見ました。どこのキャラクターでしょうか・・・・ふくろう?ちょっと風が強くなったのでしょうかね早々と撤収のようですがたたむ方のが大変そうです。また、会場内にはヘリコプターの遊覧飛行も用意されています。結構飛び回っていたので利用する人がいたんでしょうねそして、上空には2機のモーターパラグライダーJRの線路付近を気持ち良く飛行していましたがあんな所を飛行して大丈夫なのかと思って見てました。しかし、夜のニュースを見ているとここら辺に1機の気球が引っかかって墜落したらしいです。こういう、空のスポーツは事故率は低いのでしょうが事故が起こった時は大怪我に繋がるので気を付けて楽しんでほしいものです。(バイクは地上を走るもので良かったですね)さて、次はいよいよ「トライアルショー」初めて見るのでどんな選手がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待しましたが内容は素人向けのほとんどがトークショーで見せてくれたのは基本テクニックだけでした。・・・・ちょっと残念メイン演技をしてくれたのは、「本多元治(43)」15年前位の国際A級スーパークラスの上位ライダー今はプロのデモライダーのようです。そしてもう一人がMCメインの方で「小林直樹(51)」28年位前はHONDAのHRC契約ライダーですが今は「吉本興業スポーツ部」の所属らしいです。しゃべりが上手いはずですねIAスーパークラスの実戦を見慣れている方が演技に期待するとがっかりするのでお勧めしませんが・・・・・・でも、家族連れやトライアルを知らない方にはうけてましたね!トライアルショーが終わった後はB級グルメをゆっくり楽しもうと思いましたが皆さんに会うと「もうランチ終わりました」とのこと慌てて立ち並ぶ「屋台」に行って「富士宮焼きそば」らしいものを買ってとりあえず、一人ランチ!時間は12:20朝とは違う暑い中でそろそろ北九州に帰ることにしました。出発後は、会場でのランチだけでは物足りなく帰りの三瀬峠の付近では「蕎麦屋」に入ろうとしましたがあまりに混雑していてあきらめKERCでは初めての「マック」乱入です。Kawamura(大)ライダーは入店も初めてらしくドキドキ!とりあえずは一息ついて、ここから再出発です。福岡市内の渋滞を久しぶりに楽しみ?「篠栗」のちょっとしたワインディングから「力丸ダム湖」へ向かい「宮若市」~「直方市」に入ります。そして、今回の解散は初めての「SE直方中央橋店」一服して「お疲れ様でした~」・・・・無事解散!さて、ここで最後に気球とトライアルショーの短編動画をどうぞ!トライアルは感激する程のテクニック披露は無かったので撮影は少ししかしていません。その中のスローモーション映像を楽しみながら観客の表情を見る方が面白いかもです。そして、本日の走行距離は270km佐賀って意外に近いですよね皆さんお疲れ様でした。もう昼間もかなり気温が下がってきたので11月は20日くらいに「紅葉ツーリング」を企画したいですねまたの参加をお待ちしま~す。!

      13
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 2016年10月2日 Leading by Kawamura「山口ツーリング」のレポート

      2016年10月2日(日)Leading by Kawamura「山口ツーリング」のレポート今回のツーリングはお知らせしたとおりKawamura(大)さんの企画とLeadingでした。当日の朝まさかの用意されたチラシに書かれたコース内容がコレ!出発前には「関門トンネル・門司港出入口」にぞくぞく集合してきました。天気はドンヨリしていて小粒の雨がたまに舞っていましたが・・・・大丈夫でしょう・・・っとギリギリまで待ちましたが今回は5台の参加でした。まぁ一番走りやすい台数でしょうImagawaさん夫婦はHONDA-S660でお見送りです。そして、予定どおり8:00に出発!!関門トンネル・下関出口からK34~K33をつなぎ豊関広域農道(グリーンロード)へ菊川からは農道や裏道を使って美祢方面に向かいますが先頭は何故か3桁のスピードでぶっ飛ば快走します。一般国道でも前の車をどんどん抜いていきますが何かあったのかと・・・・いやいやお隣さんいわく普通らしい。アフリカツインとDCTで走りが変わったのでしょうか・・・・・!ここで一回目の休憩そして、R435~山口市に入る峠では路面が濡れていて先の天気は「ヤバイ」かな思ったら「道の駅・仁保の郷」に着いたところちょっと青空が見えてきました。ここでお土産の「栗」をゲットして天気は好転しそうなので今日のランチへ向かいます。R376~K26~R489経由で今回のランチは「徳地」地区ここに着いた頃には良い天気が広がり暑かったです。そして、今回のお店は超人気店らしい「御所野らーめん・いなか屋」お店は畑や田んぼに囲まれた農家を改築したもの開店は11:00で10:30頃到着しましたがすでに15人の予約が・・・・一巡目に入れなければ結構な時間待つことになりそうでした。外にはイスが並べられていて全員が静かに待ちます。10:50に早目に開店され次々に名前が呼ばれます。・・・・果たして何とか呼ばれて一巡目に入れました。店内はこのとおり民家のつくりそのままですねさっそくメニューを見ると店名どおり「らーめん」がメイン!種類は少ないですが迷いますねKawamuraさんが「ステーキも美味しいよ」・・・・と「牛肉らーめん」と「国産和牛ステーキ」の両方が気になっていたところ日テレの取材を受けていたマスターの格好を見てもしかしてステーキみたいな肉がトッピングされたラーメンが出てくるのではないかと期待して「牛肉らーめん」1000円+「Aセット」350円を注文!そして、出てきた「牛肉らーめん」がコレ!期待を裏切りませんねまさしくステーキのように焼いた肉を食べやすく切ったものがトッピングされたものですよらーめんとステーキを同時に楽しめて量・質共に満足でした。(Aセットの唐揚げも美味しかったですよ)こちらは「チャーシューらーめん」700円らーめんのスープは透明感のあるもので麺は細めストレートでしたねこちらは「国産和牛ステーキ」2000円5名でガンガン食べて満足感一杯でした。御馳走様でした。!!出発前に日テレの取材を受けて食後のデザートを求めて次を目指します。今日は隊列の真ん中なので前方ばかりでしたがふっと気がついて「バック写」を1枚R489を快走してR9に出てくると天気も良く日差しが暑いです。今日初めてのツーリング隊とすれ違ってご挨拶!R9~R315に左折してしばらくすると到着したのが、「船方農場」農場内には癒し系の「やぎ」と「うさぎ」食後のデザートとしていつもの「ご当地ソフト」310円超濃厚な牛乳味で美味しくいただきました。そして、R315~道の駅・うり坊の郷~K13に入ると到着したのが最後の目的地「雲林寺」通称「ねこ寺」今日はチェーンソーを使って猫のオブジェを創る人の展示会があってるらしいです。正面と玄関にど~んと待ち構えています。こんな金色の仏様も「猫」!何故か静かに横たわる猫も・・・・こちらは今旬のハロウィンと猫たちですよでも上手いこと彫ってますね猫好きにはたまらないお寺でした。さてお寺を後にして帰路につきます。「萩市」に出て給油をして帰還コースを検討しますが万が一の天気悪化も心配なので高速道を使うことに決定!解散式は「王司PA」でした。解散後に自宅へは16:00頃に早くも到着!本日の走行距離は326kmのミドルコースで疲れずに快適なツーリングとなりました。そして、KawamuraさんLeading有難うございました。皆さんお疲れ様でした。10月はツーリングシーズンです。月末にもまた企画したいものです。次回も参加を宜しくお願いしま~す。!!

      12
      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 2016年9月11日 「滝とそうめんとフルーツ」原2ツーリングのレポート

      2016年9月11日(日) 福岡県うきは市「滝とそうめんとフルーツ」原2ツーリングのご報告です。※1週間「飲みごと」続きでレポートが大変遅くなりました。(言い訳かも)さて、台風の影響で1週間延期になりましたがこの日だけは良い天気に恵まれ行ってきたのがこのコース!今回はBH戸畑店前で集合集まったのは9台。予定通り7:10に出発!!河内貯水地を快走して「直方」へR200に出てからバイバスへ左折R200バイパスから直方に入って「遠賀川」を渡ります。直方から遠賀川の土手沿いを気持ち良く「飯塚」へ向かいます。飯塚に入ったところのSE飯塚目尾店で1回目の休憩飯塚市から桂川町を通って原2の難所でもあるK66の急勾配な峠を快走します。峠を下ると城下町の「秋月」武家屋敷の間を静かに走って「朝倉」を目指します。ここからは皆さん初めてのK80のコースも快走!そして、ちょっと寄り道したのが「朝倉の三連水車」鋼製の三連水車で堀川用水路にはあと2つの二連水車があります。朝倉からR210の「うきは」市街地に入ってすぐにK718に右折します。K718の一山峠を超えてK52に出るとちょっと走って右折すれば今日の1つ目の目的地「調音の滝」に到着!!あんまり大きな滝ではありませんが夏場はプールもあるので結構な観光客がくる所らしいですねとあえずは皆さん滝の鑑賞に向かいます。そのあとは9月末まで営業している「流し回転そうめん」をいただきます。流しそうめんは意外に食べにくいですが回転そうめんは全員にまんべんなく行き渡るので箸が軽快に進みますねこちらのチームはなぜか回転スピードが上げられることを発見して笑える程の超ハイスピード「回転そうめん」を楽しんでました。次のランチが控えてるにも関わらず6000円分のそうめんをペロリといただき次のフルーツ農園へ向かってK52を戻り山を下ります。R210に出て日田方面に10分程走って看板を右折すると2つ目の目的地フルーツ農園「うきは果樹の村やまんどん」に到着!今は「梨」のフルーツ狩りシーズンここの小高い丘にたっているのが今日のメインランチ「カフェ夢語寄家(むごよか)」農園の直営店でメインはフルーツを使ったケーキが有名なのです。しかし、到着したのが11時ちょっと過ぎにも関わらずすでに店内満席で予約表を見ると10グループ程の予約が・・・・・・・今日は近場なので気合を入れて待つことにしましたが待ちきれずに帰った方が1名おらっしゃたとです。(そのすぐ後に名前を呼ばれました・・・・・残念)店内に入ると色んなフルーツを使ったショートケーキがショーケース内にずらり!これを買いに来るお客さんもたくさんいました。そして、色んなフルーツを使ったジャムもずらり!贈答用のこんなお洒落なギフトセットも置いてます。メインランチに選んだのは5名の方が「梨カレー」1,080円梨を使って煮込んでると思いますが分かる程の梨の味はしません。以前食べた時は普通に美味しかったと記憶しています。2名の方は「ビーフシチュー」1,240円こちらはパンを選択こちらはライスを選択最後1名の方は「ハッシュドビーフ」1,080円お洒落なランチでした。御馳走様。最後に各飲み物(単品470円)付きなので好みのものがきました。さて、食後はいつものデザートですね。ここもフルーツ園の近くに有る3つ目の目的地はジェラートの人気店「ソルベッチdoうきは」店内のショーケースには16種類のフルーツジェラートがど~ん!!どれも美味しそうですね注文はまずコーンかカップを選択して3種類を選ぶトリプル510円か2種類のダブル460円か2種類の少なめキッズダブル410円の選択これは、「いちじくソルベ」と「くるみレーズン」のダブルカップ美味しくいただきました。店内にはテーブル席も用意されています。(人の顔見て真似しないように・・・・・)さて、これからは北九州へ帰還です。その前に「道の駅うきは」に寄ってみましたが人が多くて店内も見れない状況でした。すると道の向こうにお洒落な「うきはハンバガー」のお店が人気店のように流行っていたので次はぜひ寄ってみたいと思いました。帰りはK52からR211に入って「小石原」を通過して英彦山から油木ダムへ向かいます。油木ダムもかなり水位が下がっています。(今回の大雨で今は水位は戻っているでしょうが・・・・)そして、R322を順調に北上して解散はいつものSE木下店です。皆さんお疲れ様でした。走行距離は約200Kmぐらいでしょう近場だったのでPM4:00前には帰還できました。次は大型車で久しぶりの山口でしょうかK村(大)さん企画を練って先導をお願いします。皆さん日時の連絡をまたお待ちくださ~い!!

      14
      3
      テーマ:
  • 21 Jul
    • 2016年7月18日 「南阿蘇ツーリング」のレポート

      2016年7月18日(月)祝日「南阿蘇ツーリング」のレポート前日7/17午前の雨天を予想して1日延期しての阿蘇ツーリングは良い判断でした。この日が九州も「梅雨明け宣言」天気があまりにも良すぎて猛暑の1日でしたが完全ドライな快走コースを気持ち良く走れました。今回のコースはこちら!集合場所には6:30より徐々にメンバーが集まり今回は6台の参加で事情により7:20に出発!!震災によってまだ国道の通行止めが続いてるので日田経由の「ファームロード」の朝は混雑すると予想してR322から今回は「京築アグリロード」→「玖珠」経由で阿蘇を目指します。皆さんと快走する「京築アグリライン」も何となく久しぶりのような気がします。それにしても他のバイク集団を見ませんでしたねこちらのコースで正解でした。「青の洞門」手前で1回目の休憩新店舗のSE中津本耶馬溪町店ツーリング時の良い休憩ポイントに開店したので感謝します。再出発してR500から本耶馬渓道路を使って奥耶馬溪に入りますが先日の豪雨で観光名所の岩が崩れ落ちて道路も片側通行になってました。自然災害はやっぱり怖いですね玖珠に入ってから、いつもの2つの広域農道を快走して九重町に入りお世話になってる「町田バーネット牧場」ですが今日は時間が無いので「素通り」です。そして、「筋湯温泉」経由で「瀬の本高原」に到着。ツーリングのバイクはそこそこいましたが晴天の日にしては普段の半分ぐらいですかね三愛レストハウス前も車はまだ少ないですね阿蘇ツーリングにもっと来て下さいねお土産を買ってから本日のランチのお店を目指します。「やまなみハイウェイ」から南阿蘇「高森」へここでやっとバイクの集団とスレ違います。何となくホットしました。それにしても晴天の「やまなみハイウェイ」は景色も風も気持ちいいですね以前のようにもっと早く観光客が沢山戻ってくることを願います。産山村の「ヒゴダイ大橋」を渡って「うぶやま牧場」を通りすぎたところでありゃ・・・後ろが来ませんね一旦停止でDOCATIのエンジン止まった。とのこと外車の突然のエンジンストップは怖いなと思いながら引き返すとエンジンは掛かってました。・・・・・一安心その後は特に問題はなかったのでたぶん、DOCATI特有の「ぷっしゅんエンスト」だったのでしょう「産山村」から「阿蘇東部広域林道」を走り、「高森」に入ります。そして、予定通り11:00ちょい過ぎに到着したのが本日のランチあか牛料理の「やま康」さんです。ここは、桜の季節に行くと店の前では「桜満開」が楽しめる人気店北九州のライダーも多い店です。そして、この季節は裏庭から綺麗な「根子岳」が望めます。さっそく店内に入りますがすでに数組の方と数名のソロライダーがいます。メニューを見て各自が品定めをしますが前より内容が変わったように思います。帰ってから以前撮った写真のメニューと比べると「あか牛ステーキ250g」が無くなり「気まぐれあか牛丼」の数量限定が消され「気まぐれメガあか牛丼」が追加されてました。「あか牛ステーキ180g」お一人、「あか牛ステーキ110g」お二人「気まぐれメガあか牛丼」がお三人に決定してオーダー待ってる間は、食べ放題の「お漬物」を楽しみます。いよいよ来ました。「あか牛ステーキ180g」・・・2,450円だご汁とサラダもついてボリュームたっぷり「あか牛ステーキ110g」・・・1,750円これでも結構な量です。ステーキチームはお先に満足そうにいただきます。そして、一足遅れて来ましたこれが、「気まぐれメガあか牛丼」・・・1,850円柳川の「うなぎせいろ蒸し」のご飯だけ2倍の大盛りとは違って肉もご飯も1.5倍で正真正銘の大盛り温泉卵は何と2コ乗せでした。肉も柔らかくて上にかかってる「ピリ辛みそダレ」が最高でした。皆さん、ここの「柔らかいあか牛」を絶賛しながら長時間待ってまで「いまきん」で食べる必要はもう無いなと思ったことでしょう!ライダーにゆっくりする時間は無いからですかねさらに、ホットコーヒー・アイスコーヒーも飲み放題!大満足で満腹になったランチでした。ここからは、次の目的地「阿蘇神社」参拝に向かいます。久しぶりにR265の箱石峠を越えて阿蘇市に入ります。到着したのが「阿蘇神社」テレビで見た方もいると思いますが予想以上の倒壊状態で衝撃的な光景です。我々にできたのは、お賽銭をちょっと奮発してただただ早期復旧を皆さんと祈願するだけです。青空と夏の雲が眩し過ぎるのが・・・・・阿蘇の皆さん頑張って下さい。「阿蘇一の宮門前街」もぷらりと歩きましたが観光客もいて安心しました。でもこのアイス200円は安すぎですよ復旧支援金も含めて観光地なので350円でどうでしょうかさて、ここからは北九州への帰路につきます。もう一度「やまなみハイウェイ」に戻り瀬の本から黒川温泉に下り帰りは「ファームロード」を通ります。しつこい様ですが、晴天の「やまなみハイウェイ」の景色は最高ですね「瀬の本」上空にドローンがいると思えば本物の観光ヘリでした。「ファームロード」ではHAYABUSAに挨拶も無く突然ビックリする爆音でブチ抜かれエキサイトしかけましたが、皆さんいるし、いい歳なのでガマン&ガマンでやり過ごし日田のSEで最後の休憩した後は「小石原」経由でR322で北九州に無事帰還しました。解散式はいつものSE木下店でパチリ!!本日の走行距離は365kmでした。皆さん猛暑の中、本当にお疲れ様でした。今年も猛暑に負けず夏ツーリングを楽しみましょう!次回も参加をお待ちしてま~す!

      13
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 2016年6月26日 水郷「柳川お堀めぐり」原2ツーリングのレポート

      2016年6月26日(日)水郷「柳川お堀めぐり」原2ツーリングのレポート前日のバイク屋さん飲み会で明日は久しぶりの「晴れ」マークに急変しましたが、今日はそこそこにして、明日どこか行きますか?・・・という話に盛り上がり、延期になってた「柳川」へ行くことに決定!!コースはこちら!!前日が飲み会で遅かったので出発はちょっと遅めの8:00集合はいつもの「ディリーヤマザキ新道寺店」集まったのは7名(1名は途中まで)それ以外の方は「二日酔」でダウンでした。一回目の休憩はいつもの「小石原」ここの前は久しぶりの晴れで通過するバイクのオンパレード!休憩後の再出発で、うきは市から耳納高原に上って久しぶりに星野村の「石積の棚田」で2回目の休憩田植え時期なので棚田の綺麗な水田風景を期待しましたが水路の被害で農作出来ないとのこと・・・・・残念ですねここでImagawaさん仕事で帰還です。さて、星野村から星野川沿いを快走して八女市中心街を真っ直ぐに横切り目的地の柳川市へ入ってきました。さっそく目に入ったのが「ばいくやさん」と言うバイク屋さん自転車も売ってました。11:20に到着したのが本日のランチ柳川のうなぎ料理老舗店「若松屋」人気店だけあって、すでに長蛇の列!とりあえずは予約記帳して店外で待ちます。店内に招かれて待ってると厨房がチラっと見えた中では店員さんがせいろ蒸しを大量に調理してます。やっと順番が呼ばれて2階の座敷に・・・・注文を聞かれて皆さん当然名物の「鰻のせいろ蒸し」(並)2,540円でしたが・・・K村さんが大盛り+250円をオーダーついつられて室長も大盛りをオーダー!!しばらくすると来ました。・・・・が、大盛りの器の大きさに一同あ然手前が大盛り、右奥が普通盛りと大盛りの比較です。これどう見ても食えんでしょう!何と聞いてみればコメが茶碗三杯分らしい「はじめから言ってよ~」って言ったら言ってたらしい・・・・聞き逃してました。ここの大盛りをちよっと舐めてましたね~うなぎの量は普通ですが、コメは食べても食べても減らないはずです。失敗した~と思いながらこの歳で頑張ってみましたが、最後は腹パンパンになって茶碗半分を残してギブアップ!・・・・ちょっと後悔他の皆さんは美味しくいただいたようです。さて、柳川名物「鰻せいろ蒸し」の次はもちろんこれも柳川名物の「お堀めぐり」外国の方も大勢が楽しんでました。参加者を確認したところそれぞれの理由で6名中→3名外堀も回る70分コース1500円もありましたが待ってる方もいるので内堀回りの40分コース1000円をチョイス日よけの笠をかぶって、いざ出発!!船頭さんは若くもなく、老いてもなく中年の方でしたが感じも喋りも良かったですよ一番低い橋では乗客が寝そべり船頭さんは入口で橋に上り、出口で再び舟に飛び乗ります。チョット危なげな感じでしたが・・・・・広い堀に出てくると、橋の下がカラオケBOXになるらしく船頭さんの唄が炸裂しましたが・・・・・・音程がチョット微妙お堀には、うなぎも放流されてるらしいです。ミドリ亀も甲羅干しをしてましたが・・・・・異常にデカかった。終点近くなったところで船頭さんが「最後に舟こぎの体験してみませんか」・・・・とまずはお一人目・・・・意外とうまくできないので笑ってごまかしてます。お二人目も思った以上に「竹ざお」がうまく使えないことを実感でも、お二人共楽しそうでしたよさて、柳川観光も満喫していよいよ北九州に帰還です。久留米で給油してまだ江川ダムが通行できないためR210~田主丸~朝倉~寺内ダムを目指します。寺内ダムを快走して小石原経由で途中休憩を入れて北上します。田川~R322で無事に北九州に帰還です。今回も「SE木下店」で解散式カブのメーター確認を怠り、正確な走行距離がわかりませんがおそらく250kmぐらいでしょう!皆さんお疲れ様でした。前日が飲み会だったのによく集まってくれました。次回は梅雨明けにリベンジとなる「阿蘇で沢山お金を使いましょう!」を合言葉に「阿蘇復興支援ツーリング」を実現しましょうまたの参加をお待ちしていま~す。

      9
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 2016年4月24日 「 阿蘇」早期復旧祈願ツーリングのレポート

      2016年4月24日(日)「阿蘇」早期復旧祈願ツーリングのレポート1週間前の天気予報では当日は「雨のち曇り」前日の夜から雨になり降水確率60%となっていたので出発時には雨と予想して「中止」を覚悟していましたが・・・・・2日ぐらい前から天気予報が好転して当日は見事に雨が上がってました。今さらながら「晴れ男」と自画自賛!そして予定時間に集まったライダーは9人 (1台追っかけで10台)目的地を決めて無くてもこの台数やっぱり皆さんお好きですね そして皆さんに提案した本日のコースはコレ!熊本の知人に救援物資を届けた方から地震により倒壊した「阿蘇神社」に賽銭箱が置かれて多くの方が来て、阿蘇を楽しませていただいた今までのお礼と社殿の早期復旧の祈願を兼ねて「お賽銭」というかたちで支援に来ていると聞いたため我々も参拝することにしました。(が・・・・・)そして帰りは「ミカン畑騒動」で全線開通が遅れていた「東九州自動車道」本日「豊前IC~椎田南IC」が開通するので記念に初走行することに決定! 久々の参加者数名を交えてR322を南下します。 一回目の休憩はいつもの「小石原」ここで追っかけの1台A井さんが合流!すると雨粒がポツリいつもの英彦山の雨と思い即出発 そして日田市に入るとまたもや雨が・・・・日田市と小国町をつなぐ幹線道路R212が土砂崩れで「通行止め」必然的に「ファームロード」を使い「瀬の本」を目指しますが途中で山の天気が急変して雨がポツリポツリと降ってきて霧が掛ってきました。「瀬の本」の三愛レストハウスに到着しましたがバイクはもちろん観光客がまったくいなくて1Fのお土産店は閑散としていましたねここも地震の被害がすごくて商品が全て棚から落ち、ビン類が割れたそうです。そして今日も体感できる余震が3回あったらしく用心しているとのこと皆さんは少しでも購買協力ということでお土産を出来る限り買い込んで出発ですが・・・・・ しかし、だんだん雨の勢いが増し始めました。「晴れ男」を信じてレインウェアが無い人も数名いらっしゃる皆さんライディングウェアなのでまだ大丈夫と「阿蘇神社」を目指しますが・・・・・途中でとうとう本格的に雨が降り出し霧も濃くなってきました。朝から阿蘇地区で震度3の余震も起きていることそれにレインウェアが無い方もいることも考えさすがに停車して皆さんと協議して本日の「阿蘇神社」参拝を・・・・・断念仕方なく瀬の本まで引き返してきてウェアが濡れてる方もいるのでどこかで雨宿りしようと入ったのが食事処「八菜屋」お客さんは誰もいませんがさっそくストーブをつけてもらったのでここで少し早いランチをしながらウェア・グローブを乾かします。この方は慌てて家を出てきて薄着だったのか・・・・寒そうですね まったく観光客がいない時に来てくれたのが嬉しかったのかお店から「山菜の天ぷら」の無料サービスです。美味しかったですよ! そして、オーダーしたのは久しぶりの阿蘇定番「高菜めしとだご汁」の定食結構な量があり満腹でした。 皆さんそれぞれ美味しくいただきました。とさ 瀬の本からは「やまなみハイウェイ」で大分に入りますが牧の戸峠を越えたら雨はピタリと止み長者原からは道路もドライ状態「四季彩ロード」~九重町~玖珠町R387を快走して道の駅「いんない」で小休止 いつものご当地ソフトは大分名産「ゆず」でした。 阿蘇の雨が嘘のような天気で宇佐ICを目指します。 そして、ちょっと迷いましたが無事に宇佐ICから豊前ICに向かいますがここで痛恨のミス何と豊前ICから先はまだ「通行止め」・・・・何で~豊前ICを降りて看板をよく見ると開通は15:00からでした。時間を見ると14:40報道カメラやヘリが飛び交う中で20分待つことに・・・・熊本地震のため開通式は中止されたようですが本当の開通記念時間に走行することが出来ました。 報道カメラを横目に直前まで閉鎖されていた北九州方面へ向かいますが・・・・ 先頭をゆっくりとパトカーが先導しているのか渋滞気味にゆっくりと走ります。 そして、いよいよ開通が遅れた「ミカン畑」に近づくと分断された山に何か看板とやぐらが見えてきました。 看板には「公共事業とは?」と問われています。やぐらに人が見えますが、みかん農家の岡本栄一さんでしょうかこの方は道路建設にただ反対したのではなくなぜ建設費が安くなる別ルートの選択ができないのかを訴えていたようですねこの問い掛けには一理あるような気もしています。まぁ公共事業はいろんな方の思惑が渦巻くもので理解に苦しむこともありますよね体を壊さずに頑張ってほしいものです。 いよいよ今回の解散場所にした東九州自動車道の「今川スマートP」に到着ここで解散してそれぞれが帰宅です。皆さんお疲れ様でした。走行距離は311km今回は残念ながら「阿蘇神社」の参拝は断念しましたが何となく神様より「危険だから行くな」と言われたような気もします。そういえば翌日25日のニュースを見てびっくりしました。多分ファームロードと思いますが、直径4mの落石です。  幸いにも運転手の方は軽傷で済んだようですが4/25の10:40頃らしいので前日の4/24であればKERCのメンバーが大変なことになっていたかもしれません。余震が終息していない時期に阿蘇に向かったことを少しだけ反省しています。まだ震度3程の余震が続いていますので阿蘇ツーリングを考えている方は十分にお気を付け下さい。それではまたの参加をお待ちしています。!

      11
      テーマ:

プロフィール

広報室長

自己紹介:
北九州市小倉在住の大型二輪免許歴45年、地元の大きなオートバイ屋さんとのお付合いと共にツーリング愛好...

続きを見る >

読者になる

★室長のバイク★

●BMW-R1200GS Adventure

●DUCATI-Monster S4RS

●YAMAHA-MT07

●HONDA-DC700D INTEGRA

●HONDA-CROSS CUB

●HONDA-Monkey(FI)

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近のコメント